2019年04月14日

2019年4月のダイサギ

2019年4月のダイサギ
4月上旬から中旬にかけてダイサギが度々、中島公園を訪れた。

4月14日
190414daisagi1.jpg
ダイサギは人々と距離をとり中島にいることが多かった。

4月13日
190413daisagi.jpg
飛んでるところはなかなか撮れなかった。今回はタイミングが好かった。

190413daisag2.jpg
飛び始める瞬間。

190413daisag3.jpg
首が長い。

4月8日
190408daisagi.jpg
首を縮めて何をやってるのだろうか。寝てる?

4月7日
190407daisagi3.jpg
こうして見ると首が長いダイサギとは様変わり。

190407daisagi4.jpg
上とは対照的に首を長くした姿。

4月6日
190406daisagi.jpg
水面にダイサギの姿が綺麗に映っている。

190406daisag2.jpg
ここではいろいろな姿を見せてくれた。

190406daisag3.jpg
まるで水面に映った我が姿にうっとりしている様に見える。魚を探している?

190406daisag4.jpg
二本の線はカモが引いたトレイルだろうか。

4月5日
190405daisagi.jpg
マガモとダイサギとカラスが写っている。

190405daisag2.jpg
飛んでるダイサギと思う。

4月3日
190405daisag3.jpg
池は融けているが陸には雪が積もっていた。

190403daisag.jpg
マガモとダイサギ。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2019年04月07日

すすきのコイ放流場を綺麗に

2019年3月下旬 すすきのコイ放流場を綺麗にする作業
コイを移動させて川底の泥を取り除く大規模な工事が行われた。これでコイが綺麗に見えるようになる。すすきのコイは「1980年ころから毎年春に放流され、保護のため冬は回収されていた。だが2006年から管理費の節約などのため、回収せず、半野生状態に。現在200匹ほどいるとみられている。(3月30日、北海道新聞夕刊)」

190328kouji1.jpg
3月28日、薄野のコイ放流場を見ると何らかの作業をしていた。

190328kouji2.jpg
未だこの時期は人道橋の下でジッとしていることが多いのだが、この日は出ていた。

190328kouji3.jpg
コイを回収した後で水が抜かれた。下流へはホースで流しているようだ。

190329kouji4.jpg
29日も引き続き作業中。川の中央が掘られている様子が分かる。60cmだそうだ。

190330kouji5.jpg
30日には泥は取り除かれ水が入った。後は回収されたコイを戻すだけ。

190403kouji6.jpg
4月3日、ここは藻山橋(駅前通南8条)上流の人道橋。冬のコイの居場所だが今は居ない。

190405kouji7.jpg
4月5日、ここからここから下流が放流場。人道橋が見える、その先が藻山橋。

190405kouji8.jpg
少しだがコイが戻っている。見え難いが上流から綺麗な水が流れて来れば解決する。

190407kouji8.jpg
4月7日、だいぶ増えたがまだまだ。水もだいぶ綺麗になったがまだまだ。先が楽しみ。

posted by nakapa at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2019年03月30日

春を迎える中島公園

2019年3月 春を迎える中島公園
3月中頃から春の気配が公園内各所で見られたれるようになった。今後を楽しみに更新中。この時期は雪は降ったり融けたり、池も凍ったり融けたりしながら春を迎える。水鳥もマガモやオオセグロカモメが来たり去ったしている。一部でフキノトウも咲き始めている。

3月30日
190330kujohiroba.jpg
春の陽射しになって来た9条広場。

190330kamo.jpg
菖蒲池も融けマガモも定住している感じになった来た。

190330hasi.jpg
木々が緑になれば完全に春。

3月29日
190329yuhodou.jpg
キタラ裏の鴨々川沿いの遊歩道も雪融け。

3月28日
190328moiwayama.jpg
菖蒲池越しに見える藻岩山。

190328kamo.jpg
菖蒲池の9割が融け水鳥もあちこちに来ている。左側がボート乗り場。

190328kitarahiroba.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場の雪が無くなりクロッカスの芽が出た。

3月26日
190326houheikan.jpg
豊平館前の池の氷が融けて来た。

3月22日
190322hato.jpg
人形劇場こぐま座と広場の彫刻「のびゆく子等」の像、その後ろに児童会館。

3月21日
190321kamome.jpg
オオセグロカモメが今日もやって来た。

3月20日 札幌の最高気温13・7度を記録、積雪無しを記録だが公園内には残雪あり
190320ikehigasi.jpg
菖蒲池東岸の一部分は札幌市並に雪融け。中島公園内はまだ積雪は多い。

190320shoubuike.jpg
菖蒲池も融けだし水鳥も徐々に戻って来ている。池越しに藻岩山が見える。

3月19日
190319botonoriba.jpg
どこからか飛んで来たマガモ。ボート乗り場のボートにはブルーシートがかけられている。

3月18日
190318hayasi.jpg
キタラ近くのイチョウ林。

190318kogumaza.jpg
人形劇場こぐま座、左端に藻岩山の頂上が見える。

190318ikeminami.jpg
菖蒲池南側河口付近から徐々に融けて来た。

3月17日
190317ikebe.jpg
菖蒲池南西岸は雪融けが進んでいる。

190317kitara.jpg
キタラ前広場では雪融けを進める雪割作業が進行中。

3月16日
190316tikatetueki.jpg
地下鉄中島公園駅3番口、朝から雪だが温度がプラスなので融けている。

190316kitarahe.jpg
札幌コンサートホール・キタラへの園路。久しぶりの雪だった。

190316nakasubasi.jpg
昨夜から雪が降っていたが、水気の多い春の雪。融けるのは早い。
菖蒲池ではオオセグロカモメが一羽飛び回り時々降りていた。

3月15日
190315magamo2.jpg
菖蒲池の南の方だが一部が融けている。そこにマガモが来ていた。

190315magamo.jpg
白鶴橋下流の鴨々川近くでマガモの番が歩いていた。

3月14日
190314yukiasobi.jpg
雪は残っているが春の陽射しは温かい。雪と戯れる来園者も見られた。

190314kitaramae.jpg
キタラのタクシー乗り場近くの芝生も青々としてきた。

3月12日
190312fukinotou.jpg
中島公園から出たらすぐの南9条橋近く、鴨々川沿いにフキノトウが咲いた。
posted by nakapa at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬