2019年06月05日

2019年の親子鴨 

2019年の親子鴨のまとめ
私が2019年に見た、中島公園に現れた親子鴨のマガモの纏め。

6月5日
190605oyako1.jpg
日本庭園の池で見た親子のマガモ。

190605oyako2.jpg
陸に上がって来た親子。今年も親子鴨が次々と現れる。

6月4日
190604oyako.jpg
かなり大きくなって来たが8羽のまま居ることが素晴らしい。

6月3日
190603oyako2.jpg
日本庭園と菖蒲池を繋ぐ水路のような池、子カモもだいぶ大きくなっている。

190603oyako.jpg
日本庭園から橋の下を通り菖蒲池に出たばかりの親子。

5月26日 日本庭園で見た親子鴨
190526oyakokamo.jpg
日本庭園の親子鴨は子が9羽に見えたが数え違いかも知れない。巣立って直ぐに見えたが、これも自信をもっては言えない。間違いなければ2組目の親子鴨となる。

190526oyakokamo2.jpg
こうして見ると子も案外大きいかも知れない。

5月24日
190524oyakokamo2.jpg
巣立って1週間程度のマガモの子。上の画像と比べても親子の距離が違うので見分け難い。

190524oyakokamo.jpg
子カモの寝姿。

5月18日
中島公園で見た今年初めての親子のマガモ。年々早くなっているような気がする。
190518oyako1.jpg
ここは菖蒲池北西に架かる橋、毎年見るこの風景。視線の先に親子のマガモ。

190518oyako6.jpg
8羽の赤ちゃんカモだ。無事に成長して成鳥になることを祈る。可愛い。

190518oyako2.jpg
やや乱れた整列。

190518oyako4.jpg
よく見ると周りに小魚が沢山居るが食べる様子はない。

190518oyako3.jpg
向こう岸に人が居る。雄のマガモが1羽いるがお父さんではない。マガモは母子家庭。

190518oyako5.jpg
初夏の感じの中島公園。親子鴨は増えたがコイは減ってしまった菖蒲池。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2019年06月02日

鴨々川沿いの散歩


2019年6月2日 鴨々川沿いの散歩
中洲1号橋から中島橋までの遊歩道、そこから中島公園に入り水天宮に行く、そして、公園を出て南9条橋を渡ると駅前通に架かる藻山橋までの遊歩道がある。この辺りを散歩してみた。

190602kamokamoyuuhodou1.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近くの中洲1号橋を渡り、中島公園を出るとキタラ裏が風情のある遊歩道になっている。昔のヤナギ並木がイチョウ並木に変わったのは残念だが。

190602kamokamoyuuhodou2.jpg
要所にこんな場所があって、鴨々川の上流・下流を見ることができる。建物はキタラ。

190602kamokamoyuuhodou3.jpg
ここはホタル橋、近くに渡辺淳一文学館がある。

190602kamokamoyuuhodou4.jpg
水車から少し下流に行くと、豊平館に近い公園橋がある。

190602kanban.jpg
公園橋近くの案内板の一部を撮影。薄野のコイ放流場のことも説明されている。

190602kamokamoyuuhodou5.jpg
日本庭園に向かって歩いて行くと、この辺りにはヤナギが数本残っている。

190602kamokamoyuuhodou6.jpg
中島橋を渡り再び公園に入り、日本庭園の横を歩き、こぐま座、児童会館の前を歩いて行くと、水天宮参道に架かる水天宮橋に着く。

190101kamokamo5b.jpg
水天宮橋上から撮影、人道橋の向こうは見えていないが南9条橋。再び公園を出て駅前通に架かる藻岩橋方面に向かう。右側に2棟の高層ビルが見えるが、そこが薄野のコイ放流場。これからそこに向かうところ。画像は今年の元旦に撮った。

190414kamokam6b.jpg
公園を出て南9条橋を渡ったところ。4月14日撮影。

190512kamokamo7.jpg
もう直ぐ薄野のコイ放流場。画像は5月12日撮影。

再び本日(6月2日)に返る。
190602kamokamoyuuhodou7.jpg
南八条橋、ここからがコイの放流場。

190602kamokamoyuuhodou8.jpg
放流場に架かる人道橋。

190602kamokamoyuuhodou9.jpg
駅前通〈JR札幌駅から中島公園、西4丁目)に架かる藻岩橋。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2019年05月27日

第31回鴨々川清掃運動

第31回鴨々川清掃運動2019年6月2日(日) 第31回鴨々川清掃運動

kamokamotirasi.jpg
画像をクリックすると拡大し小さな字も読めるようになる。

腰痛で清掃活動に参加出来ないので、鴨々川清掃運動の経過を振り返ってみることにした。
2001年5月27日に鴨々川を清流にする会主催で行われた。偶然にも私が中島公園付近に転居した年である。新聞報道によると地元住民ら約350人が参加したそうだ。

従来から町内会、こども会らがやっていたが今回は町内会に加え経済団体など70団体が参加したと言う。中島公園から薄野をを流れる約3キロの清掃を行った。これが第1回の鴨々川清掃運動と思う。

転居したばかりで、大規模な清掃活動が行われたことは知らなかったが、マンション掲示板に町内会の清掃呼びかけが掲示されていたので参加した。以後は、鴨々川を清流にする会主催清掃運動に参加するようになった。
kamokamoseisou.jpg
地元町内会による鴨々川清掃。 札幌市公文書館所蔵
過去の鴨々川清掃運動の記録はこちら→鴨々川・野外彫刻清掃「中島パフェ」
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川