2018年08月29日

2018年 中島公園の親子鴨

2018年 中島公園の親子鴨(マガモ)
今年の親子鴨を纏めて掲載。この2,3年親子鴨が増えている。今年最初に親子鴨を見たのは5月19日、大きくなって親離れした子鴨も多いと思う。最終は8月29日に見たが多分12組目。自分が見たことを推測を含めて書いただけだが、画像と撮影年月日だけは事実のつもりである。

8月29日
180829oyakokamo2.jpg
早朝の撮影、野鳥観察をしている人は、1週間前ごろに現れたと言っていた。親子鴨はこれで12組目、今までで一番多いのではないだろうか。これが今年最後の親子鴨と思う。以上は私が見た範囲での話、見てない親子もいるだろうし誤認もあると思う。

180829oyakokamo.jpg
後ろ向きでは大きさがよく分からないので午後に撮りに行った。

8月18日
180818osidori4.jpg
巣立って間もない感じだ。鴨々川を上流に向かって泳ぐ親子鴨。私が見た11組目。

8月14日
180814oyako4.jpg
4羽のマガモの子は巣立って1ヶ月か? 多分7月19日に巣だった8羽の子だ。4羽不明。

7月27日
180727oyako2.jpg
久しぶりに見たマガモの赤ちゃん、これで10組目だ。今年は多い。

7月24日
180724oyako2.jpg
大分大きくなった2羽の子。小魚が沢山居るが食べる風でも無い。最初に親子鴨を見てから2か月と5日たった。何組かは既に成鳥となり親離れしていると思う。

7月19日
180719oyako8b.jpg
また新たに親子鴨(マガモ)が現れた。多分9組目。

180719oyako8.jpg
巣立ったばかりと思われる8羽の子。最初に親子鴨を見たのは5月19日だった。

7月12日
180712magamo1.jpg
久しぶりにマガモの赤ちゃんを見た。1羽になっていたが多分8組目。

6月30日
180630magamo4.jpg
ピンボケだが散歩するごとに親子カモに会えるのが嬉しい。

6月28日
180628magamo4.jpg
大きくなると子カモも親離れが進むのか? 左側の池の中に2羽、親のすぐ右に2羽。

6月26日
180626magamo2.jpg
4羽の子供は少し大きくなっている。

6月22日
180621oyako8.jpg
又、現れた親子鴨。私の勘定では7組目。7月までは現れ続けるだろう。

6月20日
180620oyako2.jpg
子鴨の成長を見るのも楽しいものだ。

6月16日
180616oyako4.jpg
お祭り最終日、菖蒲池北の片隅に新顔らしい親子鴨。

6月15日
180615oyako2.jpg
札幌まつり二日目は天気も好くボートも盛況。池の真ん中に寂しい親子鴨。

6月14日
180614oyako2.jpg
今日から札幌まつりだが新しく巣立った親子が日本庭園にいた。

6月10日
180610oyako.jpg
別な親子だが、これも子がかなり大きい。

6月9日
180609oyako.jpg
左端が親鴨、子がかなり大きくなっている。巣立って3週間くらいかな?

6月8日
180608oyako6.jpg
当分続くキショウブと親子鴨の季節。

6月7日
180607oyako3.jpg
今年は親子鴨が多い、今度は3羽の親子。

180607oyako2.jpg
今時はキショウブがあちらこちらで咲いている。

6月6日
180606oyako2.jpg
少し大きめのマガモの子等。巣立って2周間くらいかな。

6月5日
180605oyako4.jpg
キショウブの元に4羽の子をもつ母鴨。

180605oyako5.jpg
順調に育っているマガモの子等。

6月3日
180603botokamo.jpg
ボートから親子鴨を撮影する親子。豊平館に近い橋の辺り。

180603oyako6.jpg
日本庭園で見た親子鴨。

5月31日 心配な孤児ハッチ?
180531minasigo.jpg
子等の親が見えなかった。菖蒲池南側河口近くから豊平館前の池に繋がるところに架かる橋の辺りまで観察した。時間にして15分程度だが子等は親を探して泳ぎ続けていた。果たして親と出会えただろうか? 心配だ。 

ふつうは親が辺りを監視して子等は黙々とエサを食べる。エサを食べないで泳いでばかりしていたら体力を消耗するばかりだ。1時間くらい離れ離れになっても再開するのを見たことがある。あるいはもっと離れていても大丈夫かも知れない。ともかく親と離れた子等は生きて行くことが出来ないと思う。

5月26日 今日見た3組目かも知れない親子鴨
180526oyako1.jpg
4羽の子ももつ親子鴨を見た。

180526oyako2.jpg
何となく子が大きい様な気がする。19日に見た8羽の子が減ったのだろうか?

5月25日 私が見た2組目の親子
180529oyako9.jpg
数えて見たら子が9羽いたので19日のとは違う親子と判断した。

180529oyako9b.jpg
親子の大きさの違いから巣立って間もないと思う。

5月22日 19日に見た親子のその後
180522kamo2.jpg
通りがかりだが、この時期は人々の視線の先をチェックする。

180522kamo1.jpg
19日に見つけた親子鴨が居た。子が8羽無事に確保されていたのでホッとする。

5月20日
180520oyakobarabara.jpg
よく見ればボートが近づきバラバラに散る8羽の子ガモが見える。

5月19日
土曜日だが雨が降り散歩する人も少ない。それでも散歩者の視線の先には何かある。

180519oyako5.jpg
雨衣を着た人の視線の先に親子鴨が見えた。

180519oyako4.jpg
近づいて見ると8羽の子ガモが居た。巣立って間もない大きさだ。

180519oyako6.jpg
しばらく歩くと今度は傘を差している人達が何かを見ている。

180519oyako2.jpg
7羽しか写っていないが先ほど見た親子鴨だ。

180519oyako7.jpg
トコトコ陸に登り始めた。

180519oyako3.jpg
母鴨は再び池に誘導するつもりかも知れない。

180519oyako1.jpg
鴨(マガモ)の親子。

タグ:母子鴨
posted by nakapa at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

木下像の洗浄と蜜蝋塗布作業


2018年8月29日 木下成太郎像の洗浄と蜜蝋塗布作業
専門家の指導で札幌彫刻美術館友の会員が、昨日再設置された木下成太郎像の洗浄と蜜蝋塗布作業を行った。作業は9時30分より始まり13時頃までに終ったようだ。途中出かけて用事を終えて戻った時は既に完了していた。
180829seisou2.jpg
少し遅れて10時ごろ着くと既に作業は始まっていた。

180829seisou3.jpg
蚊取り線香がぶら下がっていた。懐かしい、50年ぶりくらいの対面だ。

180829seisou4.jpg
これが蜜蝋? ミツバチが作るロウらしい。ブロンズ像の保護に有効とのこと。

180829seisou5.jpg
蜜蝋塗布作業実施中。修復が終わって像は一段と綺麗になった。これからの維持も大切。

180829seisou6.jpg
作業中だが用事があって一時この場を離れる。

180829seisou1.jpg
13時過ぎに戻ると作業は完了、木下成太郎像は美しく輝いていた。

180829shoubuike.jpg
木下像から25メートル歩くと菖蒲池。アジサイの花も色を変え枯れそうになったいる。

180829oyakokamo.jpg
菖蒲池には親子のマガモ。巣立って10日くらいだろうか。この時期の親子は珍しい。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年08月28日

木下成太郎像の再設置作業

2018年8月28日 木下成太郎像の再設置
2017年11月8日、修復の為一時移動していた 木下成太郎像は、2018年8月28日に元の台座の上に再設置された。中島公園管理事務所に保管されている木下成太郎像を設置場所まで移動し、クレーンで吊り上げて台座にセットし固定する一連の作業を画像で紹介。

180828kinosita1.jpg
設置現場は林の中なので車は入れない。板を敷いて少しずつ移動させる。

180828kinosita2.jpg
板を敷き直しながら、ようやく台座近くに移動。

180828kinosita4.jpg
これからクレーンで吊り上げるが重そうだ。77年前の設置方法に思いを馳せる。

180828kinosita5.jpg
作業は順調、もうじき載るぞ。

180828kinosita6.jpg
9ヶ月半ぶりに元の位置に帰って来た。早く姿を見たい。

180828kinosita7.jpg
腹も見えて来たしパイプもどんどん外されて行く。もうじき御対面。

180828kinosita8.jpg
後は覆いを取るだけで見える。

180828kinosita9.jpg
覆いは取れたが、依然として顔は見えない。いろいろ手順があるものだと感心する。

180828kinosita10.jpg
林の中の木下成太郎像、設置されて77年、こんな姿が見れるのも、この一瞬だけ。

180828kinosita11.jpg
像の姿は現れたが、まだ設置作業は続く。

180829kinosita12.jpg
作業翌日の早朝改めて撮りに行く。再設置された木下成太郎像。

180828kinosita3b.jpg
設置して80年近くたち内部の腐食も進んでいた。こらは腐食したボルト。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント