2008年01月12日

スッキリした景観

2008/1/12

「スッキリした景観」          
3年前の夏のことだが、北海道庁でカメラの達人と会って写真の話をした。達人は立派なデジカメで親子鴨を撮っていた。

「(子ガモは)何羽ですか?」と話しかけると「さっきまで6羽だが、カラスにやられて今は5羽」と一部始終を話してくれた。

「カメラ長いんですか」と聞くと、「50年以上やっている」と達人。思わず「家一軒立つぐらい使ったでしょう」と口がすべった。 「写真屋だからな」と言われシュンとなってしまった。

達人は気を悪くする風でもなく「カメラは空間処理と時間処理だから・・・」とか、いろいろ教えてくれ「中島公園にはよくバラを撮りに行くよ」と言ってくれた。

いつも鉄パイプとロープで囲まれている中島公園のバラが気になっていたので、「中島公園のバラはロープが邪魔じゃないですか」と聞くと「ロープは撮らない、花だけ撮る」と当然の返事が返ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

「だけど、全体の景観を撮るとき邪魔でしょ」とたたみかけた。何とか邪魔と言って欲しかったのだ。すると思いがけない答えが返ってきた。

「公園は造園技師が造ったもので、作品にはならんのだよ」と。 中島公園は作品にはならないのかと、少しガッカリした。

私は花も中島公園の景観の一部と思い、ロープも鉄パイプも立入禁止表示も景観を妨げるだけのものと考えていた。しかし、写真の達人は作り物の景観など目もくれずバラだけを撮ると言うのだ。

それなら「ロープ」も「立入禁止札」も少しは役に立つだろう。ものぐさな人はロープをまたいで中に入ったりしないし、真面目な人は「立入禁止」を無視したりしないから。

それに、わざわざ達人が撮りに行くのだから、中島公園のバラは被写体としても貴重なものなのかなと少し見直した。 だから大事にしているつもりなのかなとも思った。 

約1年後、指定管理者制度という新しい制度が出来て公園の管理者が交代した。 新しい管理者は長年張ってあったロープをあっさりと撤去してしまった。

もともと不要なものだが、いくら意見を言っても管理者が交代しない限り受け入れてはもらえない。中島公園のバラの花壇を囲む、あのロープは景観を悪くしていただけのような気がする。

一体なんの役目を果たしていたのだろうか。不思議でならない。 ロープがなくなってスッキリした景観を観てホッとしている。 新しい業者は造園の専門家だと聞いて納得した。

以下は私の推測に過ぎないが、なぜ不要なロープが張られたか考えてみた。恐らく「バラのトゲで子供が怪我をした」と言う様な苦情があったのだと思う。 

ロープを張ったところで、手が届くのだから、怪我をする場合はする。 しかし、管理者としては「ロープを張って注意を喚起した」と言って責任を果たしているポーズをとることが出来る。 

ある意味ではまったく無責任な考えだ。 以上、勝手な推測で申し訳ないが、中島公園のあのロープからは、そんな推測しか浮かんでこない。

クリックすると元のサイズで表示します
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2007年12月31日

中島公園からの景観

2007/12/31

「中島公園からの景観」         
最近少し下火になっているが、「札幌市の建物高さ制限」問題は、中島公園にとっても重要な課題だ。

しかし、議論を聞いてみると、どこか違うような気がする。街づくりのビジョンがなかなか見えてこないのだ。 「景観共有への配慮」にも欠けている。 個人の権利を主張する意見が主流になっている。

以前、読んだ新聞記事には「まちの中に多くの共有財産」のある、地中海沿岸の国の例などが載っていた。 

そこには景観を共有財産と見る視点がある。 「豊かさをすべて自分の中に持ちたがる」日本人の例などと比べると対照的である。

最近の新聞記事を読んでも、個々の権利を主張することが多く、市民共有の財産をどう守るかという視点がほとんど見えない。 

高さ制限は観光客をはじめ、多くの市民が利用する公共の場所から始めるべきである。小樽が運河なら、札幌は中島公園。 それぞれの景観を守ることが当面の課題と思う。運河も中島公園も、そこから見える景観が問題となっている。

クリックすると元のサイズで表示します

中島公園の場合は、6年ほど前から高層ビルの建設が進み、藻岩山を望む景観が徐々に悪化してきている。

上の画像はフリーマーケットでお馴染みの中島公園自由広場からの景観である。 高層ビルで藻岩山が隠れてしまっている。 今なら間に合うので、公園全体に及ばないようにしてほしいと思う。

「水と緑、歴史と芸術の公園」といわれている中島公園だが、中心になるのは、やはり公園から望む藻岩山の景観である。 

中島遊園地時代を含め約120年間維持してきた景観が、今、まさに崩れようとしている。関連地域の高さ制限など、早急な対策が望まれる。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2007年12月27日

冬も楽しい中島公園

2007/12/27

「冬も楽しい中島公園」         
中島公園にはロードヒーティング設備と数多くのトイレがあり、冬でも快適に散歩することが出来る。寒冷多雪地域の公園で、これほど快適に冬期間の散歩を楽しめる公園は他にないと思う。

「何処がロードヒーティングなんだ」
「今、歩いているキタラへの道などです。合計1.5Kmくらいありますよ」
「ツルツルじゃあないか。滑って転びそうだよ」
「現在休止中です」
「そりゃ、運が悪かったな。一体いつからだ」
「4年前からです」
「なにっ!休止じゃなくて、廃止じゃないか。なんで使わないんだ」
「経費の関係でしょうね。ロードヒーティングはランニングコストが高いですから」
「そんなこと、作る前に分かるだろう」
「勢いで作ったのでしょうね。あの頃は景気がよかったですから」
「無駄遣いだな」
「トイレは使えますよ」
「そんなこと当たり前だ!」
「北海道の公園で冬もトイレが使える所は少ないですよ。凍結防止の為の設備が必須です」

札幌市の多くの公園で冬季間トイレが閉鎖されるが、中島公園内の6ヶ所の公衆トイレは使用可能だ。その他にキタラ、文学館を含む6ヶ所の施設内トイレも使用できる。

身体が冷えてきたら、キタラ(札幌コンサートホール)のロビーや豊平館で温まったら良いと思う。懐が豊かならホテルや飲食店も周りに沢山ある。お勧めしないが、キタラのロビーで持参のおにぎり食べている人も居る。

夕方からはキタラの中庭の巨大クリスマスツリーと、外のイルミネーションが綺麗だ。合計3万3千3百個の豆電球が点灯するそうだ。

積雪期には歩くスキーができる。スキーは中島体育センターで無料で貸してくれる。 日本庭園、ボート乗場、庭球場など一部の施設は冬季間は使用できない。

札幌には沢山の公園があるが、冬でも楽しめる公園は少ない。特にトイレに困るが、中島公園の場合、公園中どこにいても徒歩5分以内にトイレがある。

クリックすると元のサイズで表示します

6年前中島公園近くに転居して、一番感動したのが、このロードヒーティング園路だ。真冬でも、園路だけは夏と同じような状態だった。積雪寒冷地に住んでいると、氷結した道路が一番怖い。高齢者になると一度転んだら最後、再起できない場合さえある。ロードヒーティング園路の散歩は一番のお気に入りとなったが、恩恵にあずかったのは、二冬だけだった。それでもいい経験をさせてもらったと思う。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理