2013年04月16日

4月16日 『相響』の衣脱ぎ

〜2013年4月16日 『相響』の衣脱ぎ〜
一般的には6月と10月は衣替え。
そして4月は札幌コンサートホール・キタラ前広場に設置された『相響』の衣脱ぎ。
安田侃の相響が衣(防水シート)を脱ぐ日である。
「衣脱ぎ」は相響の為に作った造語のつもりだったが、念のためネットで調べると
「青大将の衣脱ぎ」とかいろいろ出ていた。なかなか言葉はつくれないものだ。残念!

130415sokyo1.jpg
キタラ前広場の彫刻『相響』。

130415sokyo2.jpg
 近づいて見るとシートで覆われていることが分かる。

130416sokyo3.jpg
お待ちどうさま、春が来た何処に来た相響に来た。
イタリヤ産の大理石は美しい!

Q&A
なぜ冬にシートを被せるのか色々聞いたことがある。
nakapa
冬になるとキタラ広場前の安田侃「相響」にシートを被せるのはなぜですか?

公式サイト「彫刻家 安田侃」管理者より回答抜粋
冬期間の積雪により作品内部に浸水することを防ぐ為です。
その水分が冬期の冷え込みで凍結・膨張し、作品に亀裂を生じる恐れがあります。
この理由で、作者安田侃が、キタラにお願いしてシートをかけてもらってます。

札幌彫刻美術館友の会会長
美術ファンにとっては安田侃の名作の一つが、いつでも観れるということは嬉しいことです。
しかし、材質が水に弱いところがあります。
これを札幌の美術品として子孫の代まで残すには、それ相当の対応が必要です。
美 術ファンとして、いつも観ていたいという気持ちはよく分かりますが、ちょとだけ我慢して下さい。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2013年04月08日

中島公園の園路積雪状況

〜2013年4月8日 中島公園の園路積雪状況〜
この時期、街中は積雪ゼロだが中島公園内はいろいろだ。 
参考になればと思って園路の写真を掲載した。
ただし4月8日12時30分くらいの撮影。
経過日数、除雪等作業状況、天候などで大きく変わるのでホンの参考程度である。
実用よりも春の風物詩を楽しむような気持ちで見て頂ければ幸いだ。

130408horohirabasi.jpg
 左に小さく見えるのが地下鉄幌平橋駅1番出入口。

130408wakaremiti.jpg
 幌平橋駅からキタラ方面に約100m歩いた場所。

130408kitarehe.jpg
 更にキタラに向かって歩いて行くと雪がない。

130408kitarehe2.jpg
 更にキタラに向かって歩く。自由広場横の園路。

130408bungaku.jpg
 先日まで雪の深い文学館前園路は除雪された。

130408parkhotel.jpg
 文学館前、ボート乗り場前、パークホテルまで除雪。

130408nkajimaeki.jpg
 左側、中島公園駅3番口、右側はパークホテル入口。

130408kitamon.jpg
 中島公園駅3番口より北(すすきの)側はこんな感じ。

130408hasi2.jpg
 売店Midori(花月)よりキタラ方面を見る。

130408kitaraderu.jpg
 札幌コンサートホール・キタラを出て北に向かう。

130408kitarayori.jpg
キタラより北に歩いて約50m、中島公園駅に向かう。

130408yukinasi.jpg
 更に歩いて豊平館横を通過、藤棚まで来る。

130408fujidanafukin.jpg
 藤棚通過、正面に売店Midori(花月)が見える。

130408jinadori.jpg
 護国神社を通過して幌平橋駅への園路は雪の下。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2013年03月19日

中島公園 遅い雪融け

〜3月19日の中島公園 遅い雪融け〜
雪融けが遅いようだ。春が近づいているのにあせってしまう。

130319moiwayama.jpg
 足元はともかく日差しで春を感じる。温かい。

130319kitarayoko.jpg
 左はキタラ、右は天文台、前(西側)は電車通側出口。

130319horohirabasieki.jpg
 中島公園の南側出入口は地下鉄幌平橋駅。

130319nakajimakoueneki.jpg
 北側(すすきの)出入口は中島公園駅(3番口)。

130319bungaku.jpg
 文学館前の園路は除雪されていないが、人が歩いた所は雪が固いので歩ける。
ただし、一歩でも道を踏み外すともぐるので注意。よく見れば穴が空いていることが分かる。

130319ana.jpg
 穴は深い。これは歩いている人が柔らかい雪につけた穴。
除雪していない所は、人の歩いた跡だけが安全。

例えていえば雪原全体が地雷原。人が歩いた場所以外を歩くと深みに落ちる危険性がある。
命は大丈夫だが靴のなかが冷たくなる。

体温で温まればビチョビチョになる。靴下が濡れて気分が悪い。
くれぐれも人の道を外さないように注意しよう。

130319sandou.jpg
 札幌護国神社参道では除雪作業をしていた。

130319outoside.jpg
 中島公園西側鴨々川沿いの道路。小道の雪融けは辛い。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2011年12月19日

12月19日の中島公園 太鼓橋通行禁止

〜12月19日の中島公園 太鼓橋通行禁止〜
地下鉄幌平橋駅に近い太鼓橋が凍結して危険なため、通行禁止になる。 
この橋は鴨々川に架かり、橋付近は冬季間に於ける鴨のたまり場になっている。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄幌平橋駅に行く太鼓橋は通れない。

クリックすると元のサイズで表示します
自然に溶け込んだ、この橋は冬の間通れない。

クリックすると元のサイズで表示します
ところで、こちらはキタラ付近の中州橋。オシドリが1羽。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2011年09月06日

台風12号の中島公園は大雨

〜台風12号の中島公園は大雨。2011年9月6日〜
今は温帯低気圧になり、大雨を降らしている、元台風12号を取材に中島公園に行ってみた。 
鴨々川や菖蒲池はどうなったのだろうと心配になったのだ。
しかし、余計な心配だった。せっかく行ったのだから雨の中島公園を撮ってきた。

NHK NEWS WEB(9月6日 8時59分)によると、
「台風12号から変わった温帯低気圧や台風13号の影響で、北海道では、
一部で降り始めからの雨量が300ミリを超える大雨となっています。
北海道では、6日夜にかけても激しい雨のおそれがあり、気象庁は、
土砂災害や河川の氾濫などに警戒するよう呼びかけています」と言うことだ。

テレビに写る豊平川の濁流も凄かった。 
中島公園内の鴨々川や菖蒲池などはどうなったかなと思い、見に行った。

クリックすると元のサイズで表示します
さぞかし、濁流が渦を巻いてと思っていたが違っていた。
水量もいつもより少なく静かなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
更に上流に行ってみると、水がほとんど無かった。
多分、降って来た雨が流れている程度だ。
豊平川から鴨々川への水門が多分、閉じられている?

クリックすると元のサイズで表示します
自由広場はこのとうり。 雨は沢山降っているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
「猫とハーモニカ」前の小道も水浸し。

クリックすると元のサイズで表示します
風で落ちた枝も少しあった。もっと大きい枝もあった。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチに座って憩いのひとときを過ごす人も居た。

クリックすると元のサイズで表示します
自転車に乗って…。 多分、働きに行く人。

クリックすると元のサイズで表示します
遠くに見えるアオサギを撮ってみたがピンボケ。
新しいデジカメを買う必要があると痛感。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にアートを2枚。 お馴染み「笛を吹く少女」。
1959年建立。山内壮夫の作品。

クリックすると元のサイズで表示します
突然園路に現れた安田侃の彫刻。市内の要所で展示。

〜2004年、台風18号の記憶〜
台風と言えば思い出すのが、2004年の台風第18号。 
忘れもしない9月8日のことだった。

この台風で中島公園の名物ポプラ並木が倒壊した。
今考えても残念なことをしたと思う。 
中島公園の至る所で木々が倒れていた。

画像は中島児童会館前。 山内壮夫の彫刻「森の歌」周辺。
クリックすると元のサイズで表示します
「森の歌」だけが立っていた。建物は札幌パークホテル。

クリックすると元のサイズで表示します
倒壊した木々の陰に、かろうじて見える「森の歌」

災害は忘れたころにやって来る。 
たまには台風18号を思い出そう。→ 台風18号の爪痕
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2010年08月25日

泥色の菖蒲池、8月25日の中島公園

〜泥色の菖蒲池、8月25日の中島公園〜
24日、南14条橋から中島公園方面を見ると、鴨々川に茶色の水が滔々と流れていた。
本流の豊平川から大雨で流れ込んだ土砂を運んで来たようだ。
滅多に見れない水の流れなので写真を撮りたいと思ったが、時間もカメラもない。

朝の6時、「さあ撮るぞ!」と思って出かけたが、水はチョロチョロ流れているだけだった。 
ウッカリして鴨々川の水量は、取水口で自由に調節できることを忘れていた。
しかし、水量は少ないけれど泥水に違いはない。 
鴨々川の本流と、菖蒲池に向う支流の分岐点辺りから、撮ることにした。 
昨日撮っていれば、もっと凄いのだが、惜しいことをした。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川はここから札幌コンサートホール・キタラの裏(西)側を流れる本流と、菖蒲池に向う支流に別れる。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池に流れる支流の入口に小さな水門。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ広場前を流れ、菖蒲池に流れ込む。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池河口、池が泥水色になっている。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側から見ると、泥水が流れ込んでいることが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します
この池は、ふだんは水色。透明で底が見えることもある。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは豊平館に近い橋。池の3分の2は茶色くなっている。

クリックすると元のサイズで表示します
南から北へ、ここまで来れば池は水色。藻岩山も見える。
茶色い水は、菖蒲池の南側3分の2くらいまで。
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2010年08月21日

早朝の中島公園

〜早朝の中島公園〜
早朝の中島公園は意外に賑わっている。散歩の人、
ラジオ体操する人、それに早朝出勤の人なども多い。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園で早朝ラジオ体操。挨拶もなにもない。
どこからとなく三々五々に6時30分に向けて集まってくる。 
自転車に乗って通勤する人も居る。 
いろいろな人たちで中島公園は賑わっている。

クリックすると元のサイズで表示します
ラジオ体操が終わって家に帰る人たち。終わるときも同じだ。
「これでラジオ体操はおわります」の挨拶はない。 
それぞれの家に向って帰る人、これから散歩する人。人それぞれだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ラジオ体操の音楽で起こされたキャンパー?
 
クリックすると元のサイズで表示します
早朝(6時ごろ)テニスを楽しむ人たち。
ここは東北・北海道唯一のアンツーカーコート。 
ポプラ並木に、遥かに見える藻岩山。 
6時ごろだがテニスする人で賑っている。 
今年の夏はやけに暑い。しかし、札幌の朝は爽やかだ。

クリックすると元のサイズで表示します
アンツーカーコートでプレイしたい人はどうぞ! 
札幌テニス協会では会員募集中。
問合せ電話番も写真に写っている。

クリックすると元のサイズで表示します
散歩していると木の名前が気になることがある。 
小学生が樹木名表示板をつけてくれた。ありがとう!
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2010年04月02日

4月2日の中島公園、雪のある道、無い道

〜4月2日の中島公園、雪のある道、無い道〜
中島公園内の主要園路ではキタラに行く道は冬でも除雪されている。 
そのため融けるのが早い。
一方、文学館前の園路は冬季間歩くスキーコースになっている。 
そのせいか園路はまだ雪の下に埋もれている。
4月は、急速に雪融けが進む。 
菖蒲池も1割程度融けているだけだが、鴨が少し戻って来ている。 
池が全面的に融ける日は近い。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄中島公園駅3番出入口、真っ直ぐ行くと薄野。

クリックすると元のサイズで表示します
左に行くと文学館への雪道。右に行けばキタラ方面。

クリックすると元のサイズで表示します
市電電停「中島公園通」より、豊平館前までは雪なし。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラへの園路。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園の南側、地下鉄幌平橋駅前の園路。

クリックすると元のサイズで表示します
幌平橋駅からキタラに向う園路、自由広場手前。

クリックすると元のサイズで表示します
雪原に見える文学館前園路。雪に埋もれた園路も多い。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池南側は融けているが、池全体の一割に過ぎない。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2010年03月19日

中島公園の中は雪だが外は雪なし

〜中島公園の中は雪だが、外は雪なし〜
3月19日、春を探しに中島公園を歩いてみたが、公園内は雪だらけだった。 
しかし、一歩外に出ると別世界。そこに雪はない。

よく考えてみれば、別世界は中島公園の方だ。 
札幌市街地では無くなってしまった雪を、市街の公園で、まだ楽しめるのだ。

中島公園の東側では歩くスキーを楽しんでいる人がいた。 
無料スキーの貸し出しは22日で終了。コースもなくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄中島公園駅近くの遊園地は雪で埋まりそう。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園駅前の駅前通には雪が無い。普通の道路だ。

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館の横には雪がこんなに沢山。ここは雪捨て場。

クリックすると元のサイズで表示します
一歩外は、電車通、「中島公園通」電停への道路。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄幌平橋駅より徒歩3分。スキーは3月22日で終了。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園は市街地にある。幌平橋駅前もこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園東側の豊水通。雪のある右側から入ると…

クリックすると元のサイズで表示します
おや?ここでもスキーをやっている。右はパークホテル。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2009年12月22日

初めての俳句?」

2008/12/22

「初めての俳句?」  中島公園

冬来たり放置自転車池ノ上

”有名な英国の詩人シェリーの詩文の最後の一節。
「冬来たりなば春遠からじ」”これを もじって モジリアニ

だめですね。こんなことばかり書いて。 なんの意味もありません。語呂が心地よく響いたものですから。私には…。

冒頭の「字並べ」は俳句のつもりなのです。季語がズバリ冬、これでもいいのでしょうか?

凍結しきっていない菖蒲池にかろうじて乗っている自転車を見て、急にひらめいてしまいました。

勢い余ってもう一つ…。

春来たりならば自転車どうなるの

このまま凍結して、融けるまでこのままの姿で春になる。 
気温が緩んで氷が融け池の底に沈む。 
さて、どちらでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理