2018年09月09日

2018年の鴨々川・彫刻清掃は夏秋2回とも中止

2018年は7月は悪天、9月は胆振東部地震の影響で中止

2018年9月9日の鴨々川・彫刻清掃は北海道全域が停電となった、

北海道胆振東部地震の影響で中止となった。


2018年7月8日の第31回鴨々川・彫刻清掃は悪天のため中止。

鴨々川と彫刻清掃、詳細はチラシ→ 第31回鴨々川清掃運動チラシ
西日本では行方不明を含め犠牲者多数。札幌は悪天予想だったが晴天。

2018年は初めての清掃の無い年となった

タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2018年06月23日

第31回鴨々川清掃運動チラシ

雨この会は悪天が予想された為、中止!

画像をクリックすると拡大し字が読めるようになる。
180621kamokamogawaseisou.jpg
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2018年04月12日

鴨々川沿いの遊歩道

2018年4月12日 鴨々川沿いの遊歩道を歩く
冬期間は雪に埋まって歩けなかった遊歩道も歩けるようになった。

180412yuuhodou.jpg
札幌コンサートホール・キタラの裏側に鴨々川が流れている。キタラ南側に中洲橋があり、そこから遊歩道に出られる。昔は風情あるヤナギ並木だったが、今はイチョウに変わっている。

180412hotarubasi.jpg
中洲橋から北に向かって歩くと、次の橋はホタル橋。20年くらい前だろうか。ホタルを呼ぼうとしたが、定着は出来なかった。その代り橋が残った。

180412kurokkasu.jpg
その次の公園橋を渡り寄り道、キタラ側に行くとクロッカスが咲いていた。

180412fukinotou2.jpg
再び公園橋を渡り遊歩道を少し歩くと河川敷にフキノトウが咲いていた。

180412houheikan.jpg
豊平館の横を通る。この辺りから洒落た街路灯になる。

180412fukinotou.jpg
豊平館のそばにもフキノトウ。

180412gaitou.jpg
日本庭園に近づいて行くとヤナギも数本残っている。

180412hassouan.jpg
日本庭園の八窓庵、庭園は4月21日開園予定。もう少しで中島橋。そこを渡ると中島公園。


タグ:豊平川花火
posted by nakapa at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年10月08日

鴨々川沿い遊歩道のヤナギの本数

かって64本あった鴨々川沿い遊歩道のヤナギは台風とかの影響で現在は13本になってしまった。以前は倒木の跡にヤナギの若木を植えられたようだが、ほとんどイチョウに変わっている。今回数えてみたらヤナギは13本だった。

171008yanag7.jpg
日本庭園近くの中島橋から遊歩道を鴨々川沿いに南に歩き、しばらく行くとヤナギが3本見える。

171008yanag6.jpg
南に歩いて振り返って見ると別のヤナギが3本。ここまで6本。

171008yanag5.jpg
更に南に歩いて振り返る(以下同じ)と2本。計8本。

171008yanag4.jpg
豊平館近くに1本、計9本。

171008yanag3.jpg
公園橋の少し南に若木が1本。計10本。

171008yanagi2.jpg
渡辺淳一文学館からキタラに行く途中のホタル橋の両側に2本、計12本。

171008yanagi1.jpg
キタラの裏は殆どイチョウ、ヤナギはたった1本、計13本。かっては全てヤナギだそうだ。3年前の14年数えたときは14本だったから、いつの間にか1本減った感じ。そんなことはないのだが。

タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年10月03日

鴨々川沿いヤナギ並木の現状

2017年10月3日 鴨々川沿いヤナギ並木の現状
かって、その数64本と言われた詩情を誘うシダレヤナギは、今では何本残っているのだろうか。2012年11月に調べたがヤナギ21本、イチョウ30本、空き地13カ所だった。それが2014年10月にはヤナギ14本、イチョウ、30本、空き地19カ所となった。今日は空き地だけを数えてみたら20カ所に増えていた。1本の倒木があったのだと思う。

倒木後の空き地
171003akiti1.jpg
橋は中島公園北側の中島橋。その近くに1ヵ所。上流に向かって歩く。

171003akiti2.jpg
2カ所、ここまでの計3ヵ所。

171003akiti3.jpg
1ヵ所、計4カ所。多分近所の方と思うが綺麗な花を咲かせてくれている。

171003akiti4.jpg
更に1ヵ所で計5ヶ所。川向うの建物は豊平館。

171003akiti5.jpg
向こう側は草ぼうぼうだが倒木跡地、ここは2カ所だから計7ヵ所。

171003akiti6.jpg
3ヵ所、計10か所。

171003akiti7.jpg
かなり離れて1ヵ所、計11ヵ所。

171003akiti8.jpg
2カ所、計13カ所。橋はホタル橋。

171003akiti9.jpg
1ヵ所、計14ヵ所。ここは渡辺淳一文学館前、川向うは札幌コンサートホール・キタラ。

171003akiti10.jpg
3ヵ所、計17ヵ所。

171003akiti11.jpg
1ヵ所、計18ヵ所。川向うの建物はキタラ。

171003akiti12.jpg
1ヵ所、計19ヵ所。

171003akiti13.jpg
1ヵ所、合計20ヵ所。

171003akiti15.jpg
今では纏まってヤナギが残っているのは中島橋近くだけ。日本庭園の裏。

171003akiti14.jpg
倒木、あるいは危険木として伐採の後はイチョウが植えられた。あるいは、ここに載せたように、何も植えないで放置されている。かってのヤナギ並木は殆どイチョウ並木になっている。ヤナギの若木も植えられたが残っているのは数本と思う。

参考の為2014年10月07日の記事を抜粋
詩情を誘うに十分な柳並木が崩壊しようとしている。試しにヤナギが何本あるか数えてみた。なんと、カラフルな遊歩道になったばかりの頃に比べて4分の1以下になっていた。
「鴨々川には中島橋がある。中島橋はかって中島公園への正面入口であった。(中略)そこから川ぶちにシダレヤナギが続く。札幌で一、二といわれるヤナギの街路樹は詩情を誘うに十分なものがある。その数64本、一部は補植されている。(『中島公園百年』 山崎長吉著より)」

タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年09月02日

2017鴨々川ノスタルジア

2017年9月1日〜3日 鴨々川ノスタルジア
会場は新善光寺、東本願寺、そして中島公園内日本庭園。

170902kamonosu7.jpg
画像をクリックすると拡大し、何とか字が読めるようになる。

170902kamonosu6.jpg
日本庭園では鴨ノス茶会と野点が開かれる。

170902kamonosu1.jpg
鴨ノス茶会が開かれる三分庵、右隣の八窓庵とは接続されている。茶券は既に完売。

170902kamonosu5.jpg
日本庭園は「基本的型式と言える築山林泉回遊式とし、奥山から発した流れが瀬を走り、淵に寄り、平野を流れ、沼に休み大海に注ぐまでの自然風景を縮景」したものだそうだ

170902kamonosu4.jpg
白いテントが受付、茶券は300円、定員80名。ムクゲが咲いていた。

170902kamonosu3.jpg
コイもカモもカメも、ここを自然の沼と思っているのに違いない。沼は水が休む所とか。

170902kamonosu2.jpg
風情のある野点風景。

170902kamonosu8.jpg
画像は新善光寺会場、東本願寺会場を含む詳細はこちら → 鴨々川ノスタルジア公式ページ
posted by nakapa at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年09月01日

すすきの生まれの子鴨たち(Bocket4号掲載)

2017年9月発刊の『Bocket4号』に、2004年の夏に薄野で生まれ中島公園で育った親子鴨について寄稿した。6月20日に南8条の藻山橋下で巣を見たのがことの始まりだった。

170901bocket4.jpg
Bocketは鴨々川ノスタルジア公式ムック。毎年秋に発刊される薄野・中島界隈の雑誌。

2004年6月20日に巣を見、7月18日に巣立ちを見た。
170901bocket4c.jpg
ここが駅前通南8条に架かる藻山橋。当時は川に石が配置されていた。

170901bocket4b.jpg
上の画像の左下部分を拡大。

170901bocket4f.jpg
藻山橋の上流3メートルくらいに石があり、その窪みに巣を作った。

170901bocket4e.jpg
上がれと促されてもヒナたちは上がれない。

170901bocket4d.jpg
ここはコイの放流場だから上流と下流に柵がある。途方にくれる親子鴨。

7月19日、鯉の放流場の管理人さんが柵を開けて親子鴨を中島公園に誘導した。7羽の子等が中島公園に到着。巣立って51日後の9月8日に台風第18号来襲、中島公園も未曾有の台風で木々が次々と倒れる中で薄野から来た鴨の子等は生き抜いた。台風通過後、4羽の無事を確認した。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年08月16日

2017灯籠流しの始まりから終わり

2017年8月15日 灯籠流し
妙心寺で作られた灯籠が鴨々川に到着し、個人に配布されてから流し、回収されるまでを纏めた。妙心寺で灯籠が作られる様子は、14日のNHKテレビ番組ホットニュース北海道の「ホット中継」で紹介された。当ブログ管理人も写真提供で協力させて頂いた。

170815tourou1.jpg
灯籠は妙心寺から人が担ぎ、模型の船に乗り、トラックに乗って運ばれた。

170815tourou2.jpg
行啓通を行く灯籠を乗せた模型の船とトラック。

170815tourou3.jpg
徒歩の人は西側の鳥居から入る。

170815tourou4.jpg
船とトラックは札幌護国神社参道から入る。画像は鴨々川に架かるみその橋を渡るところ。

170815tourou5.jpg
準備中の灯籠流しを行う架橋。

170815tourou6.jpg
灯籠を所定の場所に運ぶ人。

170815tourou7.jpg
灯籠はここに集められて配られる。

170815tourou8.jpg
既に灯籠を流す順番の行列が出来ている。

170815tourou9.jpg
行列はまだまだ続く。行列の先が灯籠を流す鴨々川に架かる架橋。

170815tourou10.jpg
灯籠を手にして架橋へと進み、ここから流す。

170815tourou11.jpg
みその橋に向かって流れる灯籠。

170815tourou12.jpg
南14条橋に向かって流れる灯籠。

170815tourou13.jpg
灯籠は南14条橋の下で回収される。灯籠流しはここでおしまい。

170815tourou14.jpg
報道陣らしき人達も来ていた。

170815tourou15.jpg
灯籠流しの架橋の上流はこんなワイルドな感じ。よく親子鴨も見かける。
posted by nakapa at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年07月14日

鴨々川遊び場

鴨々川遊び場
1975年に自然の川を利用して子供たちがのびのびと遊べる場所としてオープン。全長250メートル、水深20センチ、当時は都心部唯一の水遊びができる川として誕生した。看板には「鴨々川遊び場」と書いてあり、水の字はない。以上、中島公園鴨々川水遊び場より抜粋。

170707asobiba1.jpg
地下鉄南北線幌平橋駅を2番口より出て坂を下れば鴨々川が流れている、。

170707asobiba3.jpg
鴨々川の東岸には幌平橋駅のエレベーター口と2番口があり反対岸は鴨々川遊び場。

170707asobiba2.jpg
駅前に鴨々川遊び場との看板がありその後ろに太鼓橋が見える。

170707asobiba4.jpg
太鼓橋を渡ると鴨々川遊び場がある。これは渡ってから振り向いて撮ったもの。

170707asobiba6.jpg
渡ると案内板がある。これを見ると鴨々川遊び場の範囲が分かる。右側には鴨々川の導水施設と書いてある。鴨々川の下には直径1mもある導水管が通っていてそこを大量の水が流れている。遥か彼方の茨戸川を浄化する為にである。

170707asobiba5.jpg
遊び場の陸上施設は水飲み場と遊具がある。もちろん沢山の木々も。

170707asobiba7.jpg
遊具は更新したばかりでピカピカだが小さくなってしまった。

170707asobiba8.jpg
隣は中島公園庭球場。いまどき珍しいアンツーカーコート。藻岩山も見える。

170707asobiba9.jpg
少しだけワイルドな感じの鴨々川水遊び場。

170707asobiba10.jpg
開設当時は大型滑り台があったが階段だけが残った。その他ターザンロープとかいろいろ冒険的な施設はあったが撤去された。鴨々川遊び場跡と言う感じになってしまった。
posted by nakapa at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2017年07月09日

第30回中央区鴨々川清掃運動

2017年7月9日 第30回中央区鴨々川清掃運動
河川は心のふるさと、みんなの力で自然環境を守りそだてよう!
との合言葉で毎年、初夏、秋に2回行われている。9時30分開会式(9条広場)9時50分から中島公園、および豊水すすきのを流れる鴨々川の清掃を行う。又、中島公園内の彫刻「森の歌」と「木下成太郎像」の清掃も行われている。11時に閉会式を行い終了する。

170709seisou8.jpg
炎天下の中、予定通り11時ごろ閉会式をして解散した。

170709seisou9.jpg
開会式、作業説明、ラジオ体操、閉会式は児童会館前(9条広場)で行われた。今回は清掃等をした場所について簡単な説明を加えてみた。「 」内は公園緑化協会中島公園管理事務所作成の『中島公園三十三選』リーフレットからの引用。これをもって説明に代えさせて頂くことにした。

「戦後まもなく、公園内には進駐軍のカマボコ兵舎ができたが、その後移転したため、その兵舎の払い下げを受け、1949(S24)年に中島児童会館を開設している。諸説あるがわが国で最も古くから活動している児童会館として、たくさんの子供たちがこの空間で育っていった」。

170709seisou4.jpg
この橋は水天宮参道入口。画像の左側が児童会館。橋を渡れば水天宮。

水天宮は「1879(M12)年頃、旧久留米藩士水野源四郎が、故郷久留米の水天宮の御分霊を札幌に勧請したが、市内を転々とし、ようやく1889(M22)年に現在地に社殿を建立した。向かって右の祠が稲荷大明神、左が白峯大明神となっている」。

170709seisou5.jpg
清掃したばかりで川も岸辺も綺麗になっている。左側の小さな流れは菖蒲池から児童会館の床下を通り、ここで鴨々川本流と合流している。

170709seisou6.jpg
そして中島公園を出て薄野方面を流れて行く。左岸に水天宮の看板が見える。

170709seisou10.jpg
閉会式も終わり帰る人、清掃した「森の歌」の前で記念写真を撮る人。お疲れ様でした。

170709seisou3.jpg
清掃して綺麗になった「森の歌」。「山内壮夫の代表作の一つで1959(S34)年に北海道大博覧会を記念して造られたものである。もともと中央広場の噴水の中にあり、当時は白亜の白セメント製の彫刻であった。公園再整備に合わせ、ブロンズ像に改鋳され、1997(H9)年に現在地に移設されたものである」。

170709seisou11.jpg
木下成太郎像も綺麗に清掃されていた。今までは清掃している作業風景を撮っていたが、こうしてみると作業終了後に撮るのも悪くないと思った。川も彫刻も塵一つなく綺麗になっている。「木下成太郎は但馬の国豊岡の出身で父弥八郎と来道して開拓にあたり、のちに衆議院議員として国政でも活躍している。大東文化大学や武蔵野美術大学などを創設した教育者としても知られ、1941(S16)年に建てられた彫像は、朝倉文夫の作で、供出も免れて現在に至っている」。

170709seisou12.jpg
ゴミの無い川を見ていると本当に清々しい。皆さんも川辺を楽しんでいるように見える。事情があって遅れてしまったのだが、綺麗な川ばかりを撮るのも楽しいものだ。ここは行啓通に架かる南14条橋の下流にあたる場所。毎朝ラジオ体操が行わている。

170709seisou13.jpg
南14橋の横にはこの公園一の老木(エゾヤナギ)がある。そばで見れば古さが何となく分かる。「中島公園の場所は、もともと豊平川の河川敷であり、ヤナギを中心とした水辺を好む木が生えていたと考えられる。中でもエゾヤナギは護国神社にかけて大木が数本あり、園内一の太い木が、南14条橋のたもとに立っている」。

170709seisou1.jpg
白鶴橋の下流。対岸はかっては個人の邸宅だったが今はマンションに代わっている。

170709seisou2.jpg
白鶴橋は由緒ある橋。「1887(M20)年に、エドウィン・ダンによって競馬場が設置された時、鴨々川を渡る形で馬場が設置されたため、ここに橋が架けられている。1907(M40)に競馬場が廃止されたが、大正天皇が皇太子時代の1911(M44)年に札幌に行幸された時に、この橋を渡って中島から山鼻に入られている」。

170709seisou7.jpg
約一トンのゴミが拾われた。トラックに載せられて何処かへ。さようなら、お疲れ様。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川