2015年08月19日

最後の博覧会から57年

中島公園最後の博覧会から57年たった

1958年7月5日〜8月31日まで開催されて北海道大博覧会。桑園会場は、地下資源館、農林館、電力館等、産業見本市的展示に対し、中島公園は科学館、アメリカ館、自転車館、ソ連館、電波館、菓子館、古代生物館等、文化と娯楽関係の展示が主体だった。1957年から移築改修工事が行われていた豊平館は、1階が郷土館、2階が美術館として公開された。
中島会場のイラストはこちろをクリック→ 1958年北海道大博覧会第二会場(中島公園)

明治以来、多くの博覧会等のイベントを手掛けて来た中島公園の最後の博覧会が57年前に開催された。札幌のHorikawaさんより博覧会の絵葉書が提供されたので、中島公園分4枚をここに掲載させて頂いた。そして57年後にどのように変わったか、中島公園の昔をしのんで新旧2枚の画像を合わせて比べてみた。

150819ajiakan.jpg
今では国指定重要文化財になっている豊平館前の池をはさんで東南アジア館が建てられた。

150819ajiakan2.jpg
2015年8月19日撮影(以下同じ)、池の向こうの豊平館は現在改修中、完成は来年3月末。開館は夏ごろか。

150819jitenshakan.jpg
右側が自転車館だが、位置的には白鶴橋の近くに建っていた。

150819jitenshakan2.jpg
見え難いが右端に場所の手がかりとなる白鶴橋が見える。行啓通からキタラに向かう園路に架かる橋である。

150819american.jpg
画像の中央辺りに、今の中島体育センター前広場に建つていた、中島スポーツセンターの屋根が見える。

151001amerikakanato.jpg
上の画像上部に中島スポーツセンターの屋根が見える。この辺りは平成の再整備で緑地に変わり現在に至る。

150819kyouryu.jpg
古代生物館は「こどもの国」の一隅にあり、直ぐ近くには鴨々川が流れている。

150819kyouryu2.jpg
鴨々川の右に「こどもの国」の中の古代生物館があったが、今は札幌コンサートホール・キタラが建っている。

150819hakurankai.jpg
北海道大博覧会絵葉書セットは札幌のHorikawaさんに提供して頂いた。有難うございました。

タグ:歴史
posted by nakapa at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2014年10月15日

年刊誌『Bocket』に中島公園の歴史について執筆

年刊誌『Bocket』に中島公園の歴史について執筆


「鴨々川ノスタルジア」の詳細は『ぼけっと』の特集記事に全てが掲載。英文字で『Bocket』、すすきの・鴨々川界隈をぼけっと愉しむための年刊誌。イベントの実行委員長はgallery鴨々堂の石川さん。「鴨々堂」は古民家を改造したもので、石川さんは一級古民家鑑定士で鴨々堂店主。
動画→ 「 鴨々川ノスタルジア×石川圭子 」特別インタビュー
関連フェイスブック→ 鴨々川ノスタルジア公式facebook

posted by nakapa at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2014年08月27日

明治時代の競馬場

2014年8月27日 明治時代の競馬場
127年前から107年前まで中島公園に存在した競馬場跡地を歩く。

140827hakuturubasi.jpg
この橋の名は白鶴橋。前後のの直線部分が中島遊園地(後に中島公園と改称)馬場と重なる部分と思う。

140827wakaremiti.jpg
左に行けば札幌コンサートホール・キタラだが、木々の間を通る。

140827lbzou.jpg
2014年7月12日に建ったばかりの「レナード・バーンスタイン立像」が見える。ここはレナード・バーンスタイン・プレイスと命名された。昔の競馬場馬場は現在「香りの広場」と呼ばれる芝生の広場へと進む。

140827kaorinohiroba.jpg
この広場を通過し、文学館裏の芝生の広場を体育センター方面に進む。想像の翼を広げれば藻岩山を背景として走る競走馬が見えるだろう。更に護国神社方面を走りグルリと回れば白鶴橋に戻る。こうして歩けば明治時代の競馬場を偲ぶ散策になるかもしれない。一周15分の軽い散歩で昔を偲ぶことができる。中島公園は歴史ある公園。
タグ:歴史
posted by nakapa at 21:29| Comment(0) | 歴史

2014年05月25日

丘珠空港ビルで中島公園歴史講座

2014年5月25日 丘珠空港ビルで中島公園歴史講座

11時30分からの産直市、12時30分からのロピーコンサート。その後場所を2階多目的コーナーに変えて地域歴史講座で中島公園について語る。主な内容は以下のとおり。


冬季オリンピック

posterx2.jpg
中島公園が第5回冬季オリンピック札幌大会でスケート競技場として世界のひのき舞台になる筈だった。オリンピック準備は着々と進められたが1938年7月18日に日本政府は中止を決定した。日本と中国との戦争が激化した為の辞退である。詳細 → オリンピック決定に欣喜雀躍 

豊平館

rks1.jpg
1880年(明治13年)11月 完成、北1条西1丁目に建てられた。昭和33(1958)年に中島公園内に移築された。画像は建設当時のもの。「絵葉書を転写したもの。池が整備されているので完成時ではない」そうだが、初期の豊平館に違いはない。 札幌市公文書館所蔵

国指定重要文化財八窓庵

161018hassouan.jpg
日本庭園内にある八窓庵。八窓庵は安土桃山時代・江戸時代初期の大名小堀遠州の作といわれている。近江国(滋賀県)にあったが、その後に移設を繰り返し、1919(大正8)年、実業家の持田謹也氏が買い取り、札幌の自宅(北4西12)へ持ち帰えった。その後、所有者は実業家の長沢元清氏に変わり、1951(昭和26)札幌市に寄付、現在地に移された。

 鴨々川

050502kamokamogawa.jpg
札幌でどこか一番好きかと問われれば迷わず鴨々川と答える。絶対に残さなければならない自然と思う。数ある豊平川分流の中で唯一残された鴨々川。札幌で最も大切な歴史的資産と考える。


会場は札幌丘珠空港ビル2階多目的コーナー。

中島公園の歴史そして、中島公園三十三選について話したが、量が多すぎた。大胆に内容を絞り、分かりやすく話すことが大切と痛感した。経験は最上の先生。コツのようなものを掴んだような気がする。静かに聴いてくださった皆様と、この様な場を与えたくれた主催者に感謝。

140525okadama.jpg
画像をクリックすれば拡大する。

posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2013年01月18日

私の一押し:失われた景観(ポプラ並木)

消えた景観「行啓通のポプラ並木」

130118popura.jpg

2004年の台風18号で風景は激変→ 失われたポプラ並木
は台風前並木あり。は台風通過後並木なし。
タグ:歴史
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2011年11月23日

中島公園三十三選プロジェクト全写真43枚

〜中島公園三十三選プロジェクト全写真43枚〜
皆で撰ぶ、中島公園のお勧めスポット選びに参加してみませんか。
歴史的、文化的、芸術的資産を皆で選ぶのです。 
候補は40(写真は43枚)挙げられていますが、それ以外もOKです。

候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。

クリックすると元のサイズで表示します
1.イチョウ並木、地下鉄中島公園駅付近。

クリックすると元のサイズで表示します
2.木下弥八郎顕彰碑、パークホテル北東の道路上。

クリックすると元のサイズで表示します
3.彫刻「のびゆく子等」イチョウ並木の突き当たり付近。

クリックすると元のサイズで表示します
4.札幌パークホテルの庭園、ホテル内南西側の庭。

クリックすると元のサイズで表示します
5.ボートハウス、現在冬季閉鎖中でボートは陸揚げ。

クリックすると元のサイズで表示します
6.ハウチワカエデ、ボートハウスの少し南。

クリックすると元のサイズで表示します
7.木下成太郎像、ハウチワカエデから小道を東へ。

クリックすると元のサイズで表示します
8.扇谷記念スタジオ・シアターZOO、豊水通東側。

クリックすると元のサイズで表示します
9.NHK跡、放送記念碑がある。シアターZOOの向かい。

クリックすると元のサイズで表示します
10.日時計、中島公園ほぼ中央の芝生の広場中央。

クリックすると元のサイズで表示します
11-1 山内壮夫彫刻群「猫とハーモニカ」

クリックすると元のサイズで表示します
11-2 山内壮夫彫刻群「鶴の舞」

クリックすると元のサイズで表示します
11-3 山内壮夫彫刻群「笛を吹く少女」

クリックすると元のサイズで表示します
11-4 山内壮夫彫刻群「母と子の像」

クリックすると元のサイズで表示します
12.ギョリュウ(三春柳とも言われる)

クリックすると元のサイズで表示します
13.北海道立文学館(1995年に設置)

クリックすると元のサイズで表示します
14.自由広場(フリマ、園芸市、札幌まつり開催)

クリックすると元のサイズで表示します
15.札幌市中島体育センター

クリックすると元のサイズで表示します
16.ケヤキ(中島公園一の大木)

クリックすると元のサイズで表示します
17.伊夜日子神社(越後の弥彦神社からの御分霊)

クリックすると元のサイズで表示します
18.「風景の夢」国際的金属造形作家、小田襄の作品

クリックすると元のサイズで表示します
19.鴨々川(豊平川から流れ創成川へ注ぐ)

クリックすると元のサイズで表示します
20.札幌護国神社(中島公園との境界が分かりにくい)

クリックすると元のサイズで表示します
21.エゾヤナギ(中島公園一の老木)

クリックすると元のサイズで表示します
22.白鶴橋(元競馬場コースの一部)

クリックすると元のサイズで表示します
23.不老の松の碑(料亭「鴨川」跡地)

クリックすると元のサイズで表示します
24.渡辺淳一文学館(道内進出した大王製紙が建設)

クリックすると元のサイズで表示します
25.札幌コンサートホール・キタラ 

クリックすると元のサイズで表示します
26.相響(国際的彫刻家安田侃の作品)

クリックすると元のサイズで表示します
27.天文台(岡田山、元岡田花園だった)

クリックすると元のサイズで表示します
28.シダレウンリュウヤナギ(枝垂れるウンリュウヤナギ) 
クリックすると元のサイズで表示します
29.豊平館(国指定重要文化財)

クリックすると元のサイズで表示します
30.水琴窟(日本庭園の隠し技、水音の反響)

クリックすると元のサイズで表示します
31.シダレザクラ(日本庭園)

クリックすると元のサイズで表示します
32.八窓庵(国指定重要文化財 日本庭園内)

クリックすると元のサイズで表示します
33.フジ(画像は中島公園駅からキタラへの園路)

クリックすると元のサイズで表示します
34.四翁表功碑(札幌の開拓期に尽力した4名の碑)

クリックすると元のサイズで表示します
35.菖蒲池(元右衛門堀跡地)

クリックすると元のサイズで表示します
36.人形劇場こぐま座(1976年専用人形劇場開設)

クリックすると元のサイズで表示します
37.中島児童会館(東京と並び最古の児童会館)

クリックすると元のサイズで表示します
38.彫刻「ヨットと報告」(林正美 制作)

クリックすると元のサイズで表示します
39.彫刻「森の歌」(山内壮夫の代表的作品)

クリックすると元のサイズで表示します
40.水天宮(1879年札幌に移座、1889年現在地)

候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。
タグ:歴史
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2011年11月06日

中島公園三十三選プロジェクト その3

〜中島公園三十三選プロジェクト その3〜

今回は21〜30までの候補画像を紹介します。
今朝の中島公園は銀世界でしたので、
出来るだけ今朝の写真を掲載します。

皆で撰ぶ、中島公園のお勧めスポット選びに参加してみませんか。
歴史的、文化的、芸術的資産を皆で選ぶのです。 
候補は40挙げられていますが、それ以外もOKです。

候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。

クリックすると元のサイズで表示します
21.エゾヤナギ(中島公園一の老木)

クリックすると元のサイズで表示します
22.白鶴橋(元競馬場コースの一部)今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
23.不老の松の碑(料亭「鴨川」跡地)今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
24.渡辺淳一文学館(道内進出した大王製紙が建設)

クリックすると元のサイズで表示します
25.札幌コンサートホール・キタラ 今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
26.相響(国際的彫刻家安田侃の作品)今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
27.天文台(岡田山、元岡田花園だった)今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
28.シダレウンリュウヤナギ 今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
29.豊平館(国指定重要文化財)今朝撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
30.水琴窟(日本庭園の隠し技、水音の反響)

マップを片手に、写真を撮って歩くのも楽しいですよ。
候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。
タグ:歴史
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2011年11月03日

中島公園三十三選プロジェクト その2

〜中島公園三十三選プロジェクト その2〜
前回は1から10までの画像は別ページに掲載しました。
今回は11〜20までの画像を紹介します。
皆で撰ぶ、中島公園のお勧めスポット選びに参加してみませんか。
歴史的、文化的、芸術的資産を皆で選ぶのです。 
候補は40挙げられていますが、それ以外もOKです。

マップを片手に、写真を撮って歩くのも楽しいですよ。
候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。

中島公園33選の候補地40の内、11〜20まで
クリックすると元のサイズで表示します
11-1 山内壮夫彫刻群「猫とハーモニカ」

クリックすると元のサイズで表示します
11-2 山内壮夫彫刻群「鶴の舞」

クリックすると元のサイズで表示します
11-3 山内壮夫彫刻群「笛を吹く少女」

クリックすると元のサイズで表示します
11-4 山内壮夫彫刻群「母と子の像」

クリックすると元のサイズで表示します
12.ギョリュウ(三春柳とも言われる)

クリックすると元のサイズで表示します
13.北海道立文学館(1995年に設置)

クリックすると元のサイズで表示します
14.自由広場(フリマ、園芸市、札幌まつり開催)

クリックすると元のサイズで表示します
15.札幌市中島体育センター

クリックすると元のサイズで表示します
16.ケヤキ(中島公園一の大木)

クリックすると元のサイズで表示します
17.伊夜日子神社(大宰府天満宮からの御分霊)

クリックすると元のサイズで表示します
18.「風景の夢」国際的金属造形作家、小田襄の作品

クリックすると元のサイズで表示します
19.鴨々川(豊平川から流れ創成川へ注ぐ)

クリックすると元のサイズで表示します
20.札幌護国神社(中島公園との境界が分かりにくい)

マップを片手に、写真を撮って歩くのも楽しいですよ。
候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。
タグ:歴史
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | 歴史

2011年11月01日

中島公園三十三選プロジェクト その1

〜中島公園三十三選プロジェクト〜
皆で撰ぶ、中島公園のお勧めスポット選びに参加してみませんか。歴史的、文化的、芸術的資産を皆で選ぶのです。 
候補は40挙げられていますが、それ以外もOKです。

マップを片手に、写真を撮って歩くのも楽しいですよ。
候補地マップはこちら → 中島公園三十三選候補地マップ
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924です。

中島公園33選の候補地40の内、1〜10まで
クリックすると元のサイズで表示します
1.イチョウ並木、地下鉄中島公園駅付近。

クリックすると元のサイズで表示します
2.木下弥八郎顕彰碑、パークホテル北東の道路上。

クリックすると元のサイズで表示します
3.彫刻「のびゆく子等」イチョウ並木の突き当たり付近。

クリックすると元のサイズで表示します
4.札幌パークホテルの庭園、ホテル内南西側の庭。

クリックすると元のサイズで表示します
5.ボートハウス、現在冬季閉鎖中でボートは陸揚げ。

クリックすると元のサイズで表示します
6.ハウチワカエデ、ボートハウスの少し南。

クリックすると元のサイズで表示します
7.木下成太郎像、ハウチワカエデから小道を東へ。

クリックすると元のサイズで表示します
8.扇谷記念スタジオ・シアターZOO、豊水通東側。

クリックすると元のサイズで表示します
9.NHK跡、放送記念碑がある。シアターZOOの向かい。

クリックすると元のサイズで表示します
10.日時計、中島公園ほぼ中央の芝生の広場中央。

「中島公園33選」の投票締め切りは11月30日です。
問合せ先は中島公園管理事務所 電話011-511-3924。
タグ:歴史
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2010年10月31日

道新コラム朝の食卓「中島公園百年」

17回 中島公園百年

2010年10月31日北海道新聞「朝の食卓」掲載

<第17回「中島公園百年」本文>

先日、札幌・中島公園の「見どころ探訪ツアー」に参加した。興味深い内容だったが、ガイドさんから「来年は中島公園100周年」と聞き違和感を感じた。来年は中島公園と称して100年目なのだが、中島遊園地時代を含めると今年で122年目にあたるからだ。

中島公園の歴史は札幌の歴史そのものと言われている。札幌の発展に合わせて、その姿をいろいろと変えてきた。例えば、NHK札幌放送局、中島球場、子供の国等、多くの施設が中島公園から市内各地に移設されている。

一方、同じ場所に70年間もありながら世間の目から、見えたり見えなくなったりしたものもある。公園内の「木下成太郎像」である。政治家らしく台座の裏を見ると発起人として、時の首相を始め、有力者の氏名がズラリと並んでいる。立派な像だが終戦後は、まったく目立たない存在だった。

終戦により、中島公園内に設置された旧陸軍第五方面軍憲兵司令部が米進駐軍に接収されたことが関連していると思う。当時の日本人が像を守るため、意図的に無視したのではないだろうか? それが、最近になって、にわかに重要な芸術文化遺産とし再認識されることになった。この像は、建立当時と同じ場所にありながら、日が差したり陰ったりしているのである。

タグ:木下成太郎
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史