2016年09月30日

鴨々川を語る『Bocket』誌3号に寄稿


2016年9月 鴨々川を語る『Bocket』誌3号に寄稿
鴨々川界隈をぼけっと愉しむための年刊雑誌『Bocket3号』に寄稿。今回は2015年に中島公園に現れた11羽のヒナと母オシドリについて写真を中心に記事としてまとめたものを寄稿した。おおまかだが6月6日より10月3日までの観察記録のつもりである。


鴨々川ノスタルジアの雑誌『Bocket3』、鴨々堂及び特定書店で発売中。鴨々川界隈をぼけっと楽しむ。今回はその第3号、税込700円。
詳細はこちら→鴨々川ノスタルジア公式ムック Bocket


タイトルは「オシドリ日記」、単純なことでも4ヵ月も追いかけているといろいろな場面に遭遇する。残念ながらページ数の関係で省略した部分も多いが自分のブログなら余すことなく伝えることが出来る。手前味噌で恐縮だがコチラの方が面白い! 長いだけかも知れない? 

6月6日 オシドリママ対マガモママの戦い
2羽を連れたマガモが11羽を連れたオシドリに近づいた。そして遭遇戦!

150606ikaku2.jpg
マガモママは我が子を放り出して一目散に逃げてしまった。自分の命に代えても我が子を守るものと思い込んでいたのでガッカリした。

150606ikaku.jpg
逃げるマガモ、追うオシドリ。マガモは最初から戦意喪失だ。だから2羽の子しか連れていないのだ。誕生したときは10羽近く居た筈だ。見物人の私は勝手にそう思う。愚かな私はマガモが抱く深い事情までは考えが及ばない。それにしても石の上のマガモ男子は知らんぷりとは。

150606chakusui.jpg
戦すんで意気揚々として子等の前に着水したマガモママ。子等は何事もなかったような感じで知らんぷり。親の心子知らず。闘いの様子を固唾を飲んで見守っていた私はそう思った。

150606magamo.jpg
逃げたとはいえマガモママは2羽の子を失わない。オシドリママも子等に近づくマガモを追っ払っただけ。決して血を流す戦いにまでは至らない。ヒトも学ぶべきだ。

150606tanjuujin.jpg
一方、戦いに勝って豊平館前の池より菖蒲池に進んだオシドリ・ファミリー、まるで大海原を行く単縦陣の艦隊みたいに堂々としている。

6月7日
初めて見たのは豊平館前の池だったがマガモとの遭遇戦後、菖蒲池に行った。

150607subayai.jpg
まるでモーターボートの航跡のようだ。巣立って間もないオシドリだが泳ぐのだけは速い。飛べないし歩くのもよヨチヨチだ。それなのに泳ぐ姿はアメンボの様に速い。さすがは水鳥。

150607koi.jpg
「恋はみずいろ」と言う曲があるがコイは紅がいい。池にはコイが似合う。

150607koi.jpghaha.jpg
マガモもよくやるがオシドリがやれば少しだけ華やか?

150607shoubu.jpg
好い日だなたまには花と戯れるオシドリ親子のピクニック。食事中かも知れない。

6月10日 母を見ればオシドリ親子と分かる
150610oyako.jpg
赤ちゃんオシドリはマガモと同じように見える。母鳥を見てオシドリ親子と分かる。

6月15日 少し大きくなった
150615oyako2.jpg
移動するオシドリ親子を撮ったつもりだが10羽の子しか写っていない。『Bocket』に載せた写真にはちゃんと11羽が写っているので6月15日まで11羽居たのは確かだ。

150615oyako.jpg
初めて見たときから今日で10日目。ホンの少し大きくなった様に見える。

7月3日 新聞社の取材があった
10羽の子と母鳥が泳いでいる写真が翌日の新聞に載った。1羽は6月下旬に既に失っていた。10羽まとまった親子としては、この日が最後かも知れない。親元を離れるには少し早いような気がしたが付かず離れずの関係だったのかも知れない。ともかく私にとっては10羽まとめて見た最後の日である。

150703shuzai2.jpg
日本庭園のオシドリ・ファミリー。水際に食べ物があるのだろうか?

150703shuzai1.jpg
新聞記者とカメラマンが取材に来てくれた。

150704kiji.jpg
撮った写真は翌日(4日)の記事と共に掲載された。
新聞取材をヒントに親子の離散集合をブログに書いた→オシドリ親子のランデブー 

7月4日 多くの人に知られたオシドリ親子
150704toruhito2.jpg
中島公園の様子がいつもと少し違う。オシドリ親子の記事を読んだ人が来たのだと思う。

7月8日 親離れした子等
150708kisi.jpg
顧みればオシドリ親子が中島公園に現れたのが6月6日、子が11羽だった。しばらくして10羽の子になり7月3日までは10羽を維持した。親子として存在したのはここまでと思う。

7月11日 親離れしても可愛らしい
150711kubikarame.jpg
子供どうし寄り添って仲良く暮らして居るオシドリが可愛らしい。

150711kubikarame2.jpg
何をしているのだろうか。 

7月24日 巣立って7週目
150724oyogu.jpg
オシドリの子等は5羽でいることも3羽で居ることもある。もちろん1羽のときもある。

7月26日 いろいろなスタイル
150726neeu.jpg
まるくなって寝ているのだろうか?

7月28日 毛づくろいかな?
150728itiwa.jpg
何となく綺麗に見えた1枚。

10月3日 雌雄の特徴が表れ出す
151003osidori.jpg
野鳥のことはよく知らないのだが、左が雄だろうか?

151003osidori3.jpg
色が変わって来た方が雄だろうか? オシドリを3ヶ月も続けて観察したのは初めてだ。

10月6日 成鳥完成間近の雄おしどり
151006osidori2.jpg
羽毛の色が綺麗になったオシドリの雄。

151006osidori3.jpg
更に綺麗になったオシドリ。水までが綺麗に?

10月14日 2015年に最後に見た中島公園のオシドリ
151014osidori2.jpg
中途半端な感じもあるが、これでお仕舞。
posted by nakapa at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年09月13日

中島公園で見たありふれた動物

2016年9月12日 中島公園で見たありふれた動物
160912kamo2.jpg
中島公園でありふれた動物と言えば、第一に思い浮かぶのはカモ(マガモ)

160912kamo.jpg
池には小魚がいっぱい居るのに芝生で何か食べているカモ。

160912hato.jpg
中島公園はおろか札幌中、いや日本中にいる鳩(ドバト)。

160912kame.jpg
生態系を乱すと恐れられている外来種のカメ(亜種ミシシッピアカミミガメらしい)。

160912kodomo.jpg
ヒト(子供に罪はない)。

160912hito.jpg
温暖化の元凶との疑いをかけられているヒト。
posted by nakapa at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年08月13日

育児放棄のカモ?

2016年8月13日 育児放棄のカモ?
中島公園で命がけで子を守る母カモの姿を何回もみてきた。その度に感動をもらってきたが、最近はどこか違う。人から餌をもらっている内に野性を忘れて、人並みになったのだろうか?
160813kamo1.jpg
体調を崩して歩くのが億劫だがリハビリのため中島公園内を散歩していた。その時、ピービーと笛を吹くような音がしたが少し違う。小鳥かなと思い辺りを見渡した。

ピーピーという鳴き声は更に強くなったので、あるいはと思い池を見たら迷子の子ガモが泣きながら泳ぎまわっていた。鳴くというよりも泣いている感じだ。必死に親を呼び探し求めている。見つけることが出来なければ、あるいは親が鳴き声に気付いて助けに来てくれなければ子ガモの命はない。親から離れた子は生きては行けないのだ。

160813kamo3.jpg
開いている口の大きさで必死に母を呼んでいることが分かってもらえると思う。常にピーピーと鳴き続けているので、体調が悪く歩行が少し困難で腰が痛い私でも撮ることができた。普通の子ガモは親にくっついて食べるか寝てるかのドッチかだ。口を開いて歌ったりしない。恐らくこの子は親を見つけるか、力が尽きるまで鳴き続けるだろう。

160813kamo2.jpg
念のため大人のカモと一緒に写っている写真も撮る。初めて子ガモを見た人でも大きさが違うことが分かるだろう。それと親(母)以外のカモは子ガモに全く興味を示さないことも感じてくれると思うのだ。

今年になって必死になって親を探している子ガモを3回も見た。15年間で3回くらいしか逸れ子ガモを見たことないのに、今年だけで3回も見たのだ。異常を感じている。杞憂ならいいのだが……。

人が与えるパンなどのエサを食べている内に本能を失ったのだろうか。そして、人並みに育児放棄の母カモが現れたのだろうか。それとも育児が下手になってしまったのか。疑問は尽きない。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年08月05日

白鶴橋下流にアオサギ

2016年7月30日白鶴橋下流でアオサギを見た
アオサギを見て転居したばかりの15年前を思い出した。そこは緑溢れる川辺だった。黒塀の向こうは個人の邸宅だったが庭は木々が多く、まるで森のようだ。溢れた枝葉で塀が見えない程だった。2001年の秋のことである。

011020kigi.jpg
様変わりしているが、川辺のマンションが当時と同じ場所の画像であることを示している。

041102kanban.jpg
場所を特定できるものがもう一つある。それはこの看板。

160730aosagi.jpg
2016年7月30日、まさにその場所にアオサギが来た。

160730kaosagi3.jpg
そして上流(白鶴橋方面)に向かって歩き出した。

160730kaosagi4.jpg
近寄ると飛んで逃げた。昔からその場所に立っている看板がある。

160730kaosagi2.jpg
今は川向うに新築のマンションがある。よく見ると左側に昔から立つ看板がある。上の部分が葉陰になっていて分かり難いがボールはハッキリと見える。森の様な庭は建物に変わった。

030111kamo.jpg
かってこの辺りは冬のマガモのたまり場となっていた。2003年1月11日撮影


タグ:アオサギ
posted by nakapa at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年07月06日

オシドリ親子

2016年7月6日、少し大きいオシドリの子が13羽
私が腰痛で立てなかったころ中島公園に16羽の子を連れたオシドリが現れたらしい。今日見た時はかなり大きく、少年少女と言う感じだった。

160706oyako1.jpg
人々の視線の先には珍しいものが居る。

160706oyako2.jpg
近づいて見るとオシドリ親子だった。13羽の大きな子供たち。右端が母らしい。

160706oyako3.jpg
一緒に見ていたオジサンの話だと3週間前に16羽居たの見たと言う。子だくさん!

160706oyako4.jpg
残念ながら3羽を失ったらしい。オシドリは水の中でさらにオシドリらしくなる。

160706oyako5.jpg
去年の6月6日、中島公園に11羽の子を連れたオシドリ母が現れた。そして飛べるようになるまで中島公園で子育てが行われた。私が知る限り初めての出来事だった。
それが今年は16羽、3週間ぐらい前に現れたらしい。現在でも13羽残って居る。これからは毎年現れるのだろうか。この公園がオシドリに好かれたとしたら、こんな嬉しいことはない。

160706oyako6.jpg
子育て中のオシドリ母は排他的だ。いつもファミリーだけで行動し、近づくものは全て敵と疑う様だ。左端の母オシドリが警戒行動に出た。なにものかが近寄って来たのだ。
posted by nakapa at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年06月03日

中島公園にアオサギ(投稿)

6月2日、「中島パフェ」訪問者様より貴重なアオサギ写真の投稿がありましたので紹介します。

「私はマニアックにアオサギを狙っていました。同じようなマニアはいらっしゃるようです。いつもアオサギが居るわけではありませんが、驚かさないように静かに見ていれば面白い場面も見られます。公園のアオサギを赤丸で示して、わかりやすいようにしてみました。(訪問者メール抜粋)」。
画像をクリックすると大きくなります。

aosagi1.jpg
中島公園菖蒲池の背景にビルが林立。赤丸で囲った所にアオサギ。

aosagi2.jpg
マガモとアオサギ。

aosagi3.jpg
中島のアオサギ。

aosagi4.jpg
岸を飛行するアオサギ。

aosagi5.jpg
ウグイを咥えたアオサギ。

aosagi6.jpg
木の上のアオサギ。

以上、6枚は「中島パフェ」訪問者様の投稿でした。有難うございます。(管理人)
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年05月18日

親子のマガモ(子7羽)

2016年5月18日の親子鴨(子7羽のマガモ)
年々マガモのヒナが現れるのが早くなっているような気がする。

160518hitobito.jpg
人々の視線の先には珍しいものがある。このシーズンなら親子鴨。

160518oyako1.jpg
やっぱり7羽の子をもつ親子鴨。

160518oyako2.jpg
人々が鬱陶しいのか豊平館の方に行ってしまった。

160518oyako3.jpg
こちらもぐるりと回って近づいて見る。

160518oyako4.jpg
親子の大きさの違いを観察。巣立って間もないようだ。

160518oyako5.jpg
親子の重要な仕事をエサを探して食べること。

160518oyako6.jpg
エサは陸にもあるんだな。優しく見守る母鴨。

160517oyako7.jpg
昨日も見たのだが遠くに居て、こちらの岸には近づいてくれなかったので、今日撮り直し。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年01月17日

鴨(マガモ)が多い幌平橋駅裏。

2016年1月17日、地下鉄幌平橋裏の鴨々川は冬の鴨(マガモ)の生息地。

160117horohiraeki.jpg
幌平橋駅のエレベーター出入口から鴨々川を見る。鴨が多い。

160117kamo1.jpg
駅から出て鴨々川に近づけば鴨が多いことが分かる。

160117kamo2.jpg
この辺りは夏になれば鴨々川あそび場となる。鴨は池が凍る冬だけ。

160117kamo3.jpg
幌平橋駅近くの行啓通(右側)。ここにも鴨がいる。

160117kamo4.jpg
藻岩山が見える。緑のフェンスは閉鎖中の中島公園庭球場。岸辺に鴨がいる。
posted by nakapa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2015年12月13日

中島公園で「都会の野鳥観察会」

野鳥に詳しい方の案内で中島公園内の野鳥観察会が行われた。

151213tanchoukai1.jpg
朝の8時に中島公園管理事務所前に集合して約90分の野鳥観察。双眼鏡は事務所で貸してくれた。幸い天気に恵まれ爽やかな野鳥探鳥会となった。定員12名。

151213tanchoukai8.jpg
管理事務所を出た近くでシジュウカラやヤマガラが観察された。

151213tanchoukai7.jpg
ガイドさんが、いち早く見つけて教えてくれた。

151213tanchoukai6.jpg
途中に去年建立されたレナード・バーンスタイン像を見る。この像の頭辺りにはいつも白いものが付いている。多分カラスの糞と思う。

151213tanchoukai5.jpg
凍結した菖蒲池だが北側の水の出口辺りは僅かながら水場がある。そこにマガモが居た。これらの水鳥は池が凍結すると近くの鴨々川に移動しているようだ。

151213tanchoukai4.jpg
皆さんが見ている橋の下あたりが水場になっていてマガモが数羽居た。

151213tanchoukai3.jpg
橋の下のマガモ。水の出口の為ここだけが融けている。真冬になればここも凍結する。

151213tanchoukai2.jpg
シメが数羽いたようだが、近づくと逃げてしまった。

約90分の野鳥観察で確認した野鳥は次の通り、ハシブトカラス、ハシボソカラス、スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、シメ、ツグミ等、他に鳩があちこちに居たが、ここで見られるドバトは野鳥ではないそうだ。

2006年に今回と同じガイドさんの案内で私的探鳥会を行ったがその時は次の17種が観察された。マガモ、カルガモ、ハシブトカラス、ハソボソカラス、ムクドリ、カワアイサ、オオセグロカモメ、スズメ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ツグミ、シメ、アカゲラ、ヒガラ、ハシブトガラ、カワラヒワ。
詳細についてはこちらをクリック →  中島公園で探鳥会




posted by nakapa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2015年12月12日

初冬のマガモ

2015年12月11日撮影

菖蒲池が凍結すればマガモ等の水鳥は近くの鴨々川などに行くが天気は日ごとに変わる。池も凍結したり融けたりしている。今は池に行ったり川に来たりしているが、全面的に凍結すれば池から水鳥は居なくなる。

1151211hyoujou.jpg
氷上をマガモが歩いている、ということは近くに水場があることを示している。

1151211ikekita.jpg
ここが近くの水場。菖蒲池の北側、こくま橋(仮称)の辺り。池の水は橋をくぐり鴨々川に合流する。

1151211kareha.jpg
上とほぼ同じ場所。近くに飲食店花月がある。

1151211tijou.jpg
花月の空き地にマガモが3羽。雌2羽と雄1羽。

1151211jidoukaikan.jpg
花月の東側に川が流れている。建物は児童会館。川は会館の下を流れ鴨々川と合流する。ここにもマガモが居た。

1151211magamo.jpg
マガモ、左が雄、冬になると色が変わる。右は雌、色は変わらない。

1151211hassouan.jpg
プレハブ小屋の中には八窓庵がある。雪から八窓庵を守っているのだ。鴨々川にも鴨が居た。冬になって一番多く鴨が見られるのは地下鉄幌平橋駅裏の鴨々川。その他、川の至る所で鴨が見られる。殆どがマガモだが、カルガモも少し居る。時にはオシドリも見られる。マガモ、カルガモ、オシドリはカモ目カモ科の野鳥。


posted by nakapa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物