2018年06月08日

2018年 中島公園の親子鴨

2018年 中島公園の親子鴨(マガモ)
今年の親子鴨を纏めて掲載。

6月8日
180608oyako6.jpg
当分続くキショウブと親子鴨の季節。

6月7日
180607oyako3.jpg
今年は親子鴨が多い、今度は3羽の親子。

180607oyako2.jpg
今時はキショウブがあちらこちらで咲いている。

6月6日
180606oyako2.jpg
少し大きめのマガモの子等。巣立って2周間くらいかな。

6月5日
180605oyako4.jpg
キショウブの元に4羽の子をもつ母鴨。

180605oyako5.jpg
順調に育っているマガモの子等。

6月3日
180603botokamo.jpg
ボートから親子鴨を撮影する親子。豊平館に近い橋の辺り。

180603oyako6.jpg
日本庭園で見た親子鴨。

5月31日 心配な孤児ハッチ?
180531minasigo.jpg
子等の親が見えなかった。菖蒲池南側河口近くから豊平館前の池に繋がるところに架かる橋の辺りまで観察した。時間にして15分程度だが子等は親を探して泳ぎ続けていた。果たして親と出会えただろうか? 心配だ。 

ふつうは親が辺りを監視して子等は黙々とエサを食べる。エサを食べないで泳いでばかりしていたら体力を消耗するばかりだ。1時間くらい離れ離れになっても再開するのを見たことがある。あるいはもっと離れていたも大丈夫かも知れない。ともかく親と離れた子等は生きて行くことが出来ないと思う。

5月26日 今日見た3組目かも知れない親子鴨
180526oyako1.jpg
4羽の子ももつ親子鴨を見た。

180526oyako2.jpg
何となく子が大きい様な気がする。19日に見た8羽の子が減ったのだろうか?

5月25日 私が見た2組目の親子
180529oyako9.jpg
数えて見たら子が9羽いたので19日のとは違う親子と判断した。

180529oyako9b.jpg
親子の大きさの違いから巣立って間もないと思う。

5月22日 19日に見た親子のその後
180522kamo2.jpg
通りがかりだが、この時期は人々の視線の先をチェックする。

180522kamo1.jpg
19日に見つけた親子鴨が居た。子が8羽無事に確保されていたのでホッとする。

5月20日
180520oyakobarabara.jpg
よく見ればボートが近づきバラバラに散る8羽の子ガモが見える。

5月19日
土曜日だが雨が降り散歩する人も少ない。それでも散歩者の視線の先には何かある。

180519oyako5.jpg
雨衣を着た人の視線の先に親子鴨が見えた。

180519oyako4.jpg
近づいて見ると8羽の子ガモが居た。巣立って間もない大きさだ。

180519oyako6.jpg
しばらく歩くと今度は傘を差している人達が何かを見ている。

180519oyako2.jpg
全部は写っていないが先ほど見た親子鴨だ。

180519oyako7.jpg
トコトコ陸に登り始めた。

180519oyako3.jpg
母鴨は再び池に誘導するつもりかも知れない。

180519oyako1.jpg
鴨(マガモ)の親子。

タグ:母子鴨
posted by nakapa at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2018年06月07日

6月に見た動物

2018年6月に私が見た動物
カラス等、常に中島公園にいる動物を除く。親子鴨は2018年 中島公園の親子鴨に掲載。こんな動物を見たとの報告なのでピンボケ写真も掲載。水鳥以外はなかなかまともな写真は撮れない。

6月7日
180607koi.jpg
今年はコイが少ない様な気がする。豊平館前の池西端で見たコイ。他に黒が数尾。

180607kozakana.jpg
このような小魚はそこらじゅうに居るのだが。

6月6日
180606aosagi.jpg
アオサギ

180606kogamo.jpg
巣立って2週間くらいのマガモの子。

180606hato.jpg
お馴染みのハトだが立入禁止の掟破りとして掲載。


6月5日
180605koi.jpg
日本庭園の池だが、これはコイかな? 今月はまだ撮っていないから掲載。

6月4日
180604mukudori.jpg
ムクドリ、近寄ったら飛んでしまったので、遠くからのを掲載。


6月3日
180603osidori.jpg
遠くにいたのでピンボケ、もちろん岸の近くに来ることもある。時間が無かったので……。

posted by nakapa at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2018年01月14日

サギが飛来、ダイサギ?

2018年1月14日 サギが飛来、ダイサギ?
ダイサギらしい水鳥が飛来した。チュウサギとの見分けは難しいが、一応ダイサギとした。

180114sagi1.jpg
マガモの中にダイサギが1羽。

180114sagi2.jpg
マガモと比べ、この大きさ。ダイサギだろうか?

180114sagi3.jpg
これが後ろ姿。

180114sagi4.jpg
浅い川で立っている。

180114sagi5.jpg
こんな顔なんだけど。目元に違いがあるのだが雪が深くて短靴では近寄れない。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年11月26日

中島公園にリスが居た2


2017年11月26日 中島公園でリスを見た。
16年間中島公園を散歩しているがリスを見たのは今回を含めて2回しかない。
前回は14年6月、詳細はこちらをクリック! →中島公園にリスが居た
話しは何回か聞いたことがある。ネットで検索すると動画もアップされている。個人的にはたまには見るけれど定着しているようにも感じない。なんとも不思議なリスの存在だ。

171126risu2.jpg
西側の入口としては豊平館に一番近いのは公園橋を渡る道。左側の木にリス。

171126risu.jpg
上手く撮れなかったがリスということは分かる。

171126risu3.jpg
ボケるけれど少し大きくしてみた。

171126risu4.jpg
前の三枚は公園外にある遊歩道から撮る。この写真は豊平館近くの公園内から撮影。左側に鴨々川に架かる公園橋が見える。ここにはリスは写っていない。

171126risu5.jpg
同じリスだがピンボケだ。写真はこの二枚しか無いので参考のため掲載。

いろいろ並べたけれど私は一匹のリスを見ただけ。中島公園にリスが居るのは不思議だ。棲んでいるのなら見る機会がもっとあってもいいと思う。話は少し聞く、ネット情報も少しある。私自身は16年間で2回しか見たことがない。中島公園には毎日の様に行っているのに。
タグ:事件事故
posted by nakapa at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年09月14日

オシドリの幼鳥たち

2017年9月14日 オシドリの幼鳥たち
8月下旬くらいからオシドリの幼鳥グループが度々中島公園に来ている。多分、親離れした巣立って2か月から3ヶ月くらいのオシドリと思う。野鳥についての知識は薄いけれど、見た感想として記すことにした。

9月14日
170914osu1.jpg
8日の画像と比べて変化した雄。あれから6日たったので少しだけ綺麗になった。

170914osidori.jpg
5羽くらい見られた。母から離れて兄弟姉妹で一緒に暮らしていると想像したが?

9月11日
170911osidori.jpg
豊平館前に居たオシドリ。手前の2羽。

170911osidori2.jpg
2羽そろってこんな格好をした。羽づくろいかな?

9月8日
170908osidori.jpg
上のオシドリは雄の特徴が出始めている。しばらくすれば綺麗な色になる。

9月5日
170905osidori.jpg
左側の1羽はこの画像ではよく分からないが、他の3羽はオシドリの幼鳥と思う。

9月4日
170904osidori2.jpg
雄は美しいオモチャのような羽になるので直ぐ分かる。幼鳥のときは雌雄が分かり難い。

9月2日
170902osidori2.jpg
左から見てもオシドリ、右から見てもオシドリ。

170902magamoosidori.jpg
上の2羽はマガモ、下の2羽はオシドリ。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年08月04日

8月に現れた親子鴨

2017年8月2日 8月に現れた親子鴨
10年ほど遡れば親子鴨が姿を見せるのは6月初旬から7月中までだった。それが次第に現れる期間が長くなって来た。今年の場合は5月20日に現れ、8月2日にも可愛い姿を見せてくれた。いずれの場合も巣立って間もない赤ちゃんだ。

170802oyako1.jpg
日本庭園側の細い池を見ている人が居る。何か珍しいものが見えるのだろう。

170802oyako2.jpg
柵のむこうに小さな鴨らしきものを確認。母親は何処に居るのだろうか。

170802oyako3.jpg
7羽の赤ちゃんを連れた親子鴨だった。親子は単独行動が多いのに周りにも鴨が居る。

170802oyako4.jpg
親を先頭に一列に並んで泳ぐ親子を撮りたかったが、なかなか並んでくれない。

170802oyako5.jpg
親子鴨の周りをうろつく鴨。母鴨が追い散らかす場合が多いのだが、何故か大人しい母。

翌3日
170803oyako3.jpg
午前中に昨日の親子鴨に再開。藤棚近くの橋の菖蒲池側に居た。

170803oyako2.jpg
夕方7時ごろは寝ていた。親子が離れ離れだ。一緒に寝る場合が多いのに。

170803oyako1.jpg
子供だけだ。親子の絆が弱い様な気がした。鴨(マガモ)もいろいろだ。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年05月20日

中島公園に親子鴨(マガモ)

2017年5月20日 中島公園に親子鴨(マガモ)
以前は6月にしか現れないかった親子鴨だが最近は5月に出ることが多い。

170520oyakoz1.jpg
この時期この辺で池を見ている人が居れば、視線の先には親子鴨が居る。

170520oyakoz2.jpg
居た! 鴨(マガモ)だ。今年私が見た初めての親子鴨。

170520oyakoz3.jpg
小さくてよく見えないが、一生懸命見れば親子鴨が二組見える、二家族居たのだ。

170520oyakoz4.jpg
母鴨が2羽、子鴨は11羽だが、ここに写っていない子もいる。

170520oyakoz5g.jpg
二家族が混ざっていて母子関係が分からない。こんなことは私にとっては初めて。

170520oyakoz6.jpg
あれれ? 母1羽に子が13羽ついて行ってしまった。いったいどうなるんだろう?

170520oyakoz7.jpg
よその子も混ざっている感じだが、見た目には分からない。

170520oyakoz8.jpg
これが子鴨。

170520oyakoz9.jpg
ただ浮いているだけの様な元気がない子が2羽、母の方に寄って来ない。それとも母鴨が2羽いるので、どっちについて行ったら良いか分からなくなったのだろうか。ふつう子鴨は食べるか寝ているか、泳いでいるか、歩いているかだ。水に浮かんでいるだけの姿は初めて見た。

170520oyako2.jpg
次第に親子は二手に分かれて行く。

170520oyako1.jpg
何となく家族としてまとまったような気がする。

170520oyako6.jpg
もう一方は6羽の子を連れて北に向かって行った。

用事が有ったので街に行き、帰りに同じ場所を見た。
170520oyako3.jpg
人間の親子さんが親子鴨を見ている。


170520oyako4.jpg
母一羽、子7羽だ。もう一つの親子鴨の子は6羽くらいかも知れない。

170520oyako5.jpg
周りに小魚がいっぱいいるが食べる気配もない。子にとっては大き過ぎて無理だが。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年03月07日

すすきのにこんな水鳥

2017年3月7日 すすきのにこんな水鳥
南8条に架かる藻山橋の少し上流に、こんな水鳥が泳いでいた。

170307susukino3.jpg
郵便局近くの高層マンションの足下にいた水鳥。何と言う名だろうか?

170307susukino2.jpg
拡大するとこんなキレイな水鳥。

170307susukino1.jpg
マガモの雌雄を参考にすると少し小さい。
posted by nakapa at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年01月30日

1月下旬、中島公園の動物

2017年1月21日〜29日の撮影
1月30日地下鉄幌平橋駅近くを流れる鴨々川に白いサギらしき野鳥が見られた。いつも中島公園にくるアオサギより小さいのでコサギかも知れない。デジカメを持っていなかったので撮影はしていない。

170129magamo.jpg
中島公園で一番多く見られる水鳥はマガモ。頭がグリーンの雄が4羽、雌が2羽。

170129hato.jpg
ドバトは野鳥じゃないそうだが。今日は野鳥らしく木に止まっていた。

170129suzume.jpg
何処にでも居るスズメだけれど、逃げ足が速くて私のカメラには収まらない。

170124kamo.jpg
雪が降ってマガモの背に積もっている。

170123kamo.jpg
冬になって菖蒲池が凍るとマガモ等は鴨々川に来る。
posted by nakapa at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年12月02日

地下鉄幌平橋駅とマガモ

2016年12月2日 地下鉄幌平橋駅とマガモと冬季閉鎖トイレ
中島公園には二つの地下鉄駅がある。北が中島公園駅、そして南側に幌平橋駅がある。この駅の周りにはコンビニもラーメン屋もない。なんの店も無いのだ。すぐそばに鴨々川が流れているだけ。冬になって菖蒲池が凍るとマガモは鴨々川に来るが、特に幌平橋駅の裏に多い。

161202eki.jpg
地下鉄幌平橋駅エレベーター口(右上)の直ぐ横を流れる鴨々川。

161202magamo.jpg
菖蒲池が凍結する冬期間はマガモのたまり場になっている。

161202taikobasi.jpg
近くに太鼓橋がある。橋を渡ると鴨々川遊び場の遊具がある。

161202noborukamo.jpg
向こう岸に上がり登って行くマガモが居る。

161202yuugu.jpg
鴨々川遊び場の遊具の近くまでマガモは来ていた。多分草を食べているのだと思う。

161202deguti2.jpg
冬のマガモの住処に近い地下鉄幌平橋駅の2番口。
posted by nakapa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物