2018年01月14日

サギが飛来、ダイサギ?

2018年1月14日 サギが飛来、ダイサギ?
ダイサギらしい水鳥が飛来した。チュウサギとの見分けは難しいが、一応ダイサギとした。

180114sagi1.jpg
マガモの中にダイサギが1羽。

180114sagi2.jpg
マガモと比べ、この大きさ。ダイサギだろうか?

180114sagi3.jpg
これが後ろ姿。

180114sagi4.jpg
浅い川で立っている。

180114sagi5.jpg
こんな顔なんだけど。目元に違いがあるのだが雪が深くて短靴では近寄れない。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年11月26日

中島公園にリスが居た2


2017年11月26日 中島公園でリスを見た。
16年間中島公園を散歩しているがリスを見たのは今回を含めて2回しかない。
前回は14年6月、詳細はこちらをクリック! →中島公園にリスが居た
話しは何回か聞いたことがある。ネットで検索すると動画もアップされている。個人的にはたまには見るけれど定着しているようにも感じない。なんとも不思議なリスの存在だ。

171126risu2.jpg
西側の入口としては豊平館に一番近いのは公園橋を渡る道。左側の木にリス。

171126risu.jpg
上手く撮れなかったがリスということは分かる。

171126risu3.jpg
ボケるけれど少し大きくしてみた。

171126risu4.jpg
前の三枚は公園外にある遊歩道から撮る。この写真は豊平館近くの公園内から撮影。左側に鴨々川に架かる公園橋が見える。ここにはリスは写っていない。

171126risu5.jpg
同じリスだがピンボケだ。写真はこの二枚しか無いので参考のため掲載。

いろいろ並べたけれど私は一匹のリスを見ただけ。中島公園にリスが居るのは不思議だ。棲んでいるのなら見る機会がもっとあってもいいと思う。話は少し聞く、ネット情報も少しある。私自身は16年間で2回しか見たことがない。中島公園には毎日の様に行っているのに。
タグ:事件事故
posted by nakapa at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年09月14日

オシドリの幼鳥たち

2017年9月14日 オシドリの幼鳥たち
8月下旬くらいからオシドリの幼鳥グループが度々中島公園に来ている。多分、親離れした巣立って2か月から3ヶ月くらいのオシドリと思う。野鳥についての知識は薄いけれど、見た感想として記すことにした。

9月14日
170914osu1.jpg
8日の画像と比べて変化した雄。あれから6日たったので少しだけ綺麗になった。

170914osidori.jpg
5羽くらい見られた。母から離れて兄弟姉妹で一緒に暮らしていると想像したが?

9月11日
170911osidori.jpg
豊平館前に居たオシドリ。手前の2羽。

170911osidori2.jpg
2羽そろってこんな格好をした。羽づくろいかな?

9月8日
170908osidori.jpg
上のオシドリは雄の特徴が出始めている。しばらくすれば綺麗な色になる。

9月5日
170905osidori.jpg
左側の1羽はこの画像ではよく分からないが、他の3羽はオシドリの幼鳥と思う。

9月4日
170904osidori2.jpg
雄は美しいオモチャのような羽になるので直ぐ分かる。幼鳥のときは雌雄が分かり難い。

9月2日
170902osidori2.jpg
左から見てもオシドリ、右から見てもオシドリ。

170902magamoosidori.jpg
上の2羽はマガモ、下の2羽はオシドリ。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年08月04日

8月に現れた親子鴨

2017年8月2日 8月に現れた親子鴨
10年ほど遡れば親子鴨が姿を見せるのは6月初旬から7月中までだった。それが次第に現れる期間が長くなって来た。今年の場合は5月20日に現れ、8月2日にも可愛い姿を見せてくれた。いずれの場合も巣立って間もない赤ちゃんだ。

170802oyako1.jpg
日本庭園側の細い池を見ている人が居る。何か珍しいものが見えるのだろう。

170802oyako2.jpg
柵のむこうに小さな鴨らしきものを確認。母親は何処に居るのだろうか。

170802oyako3.jpg
7羽の赤ちゃんを連れた親子鴨だった。親子は単独行動が多いのに周りにも鴨が居る。

170802oyako4.jpg
親を先頭に一列に並んで泳ぐ親子を撮りたかったが、なかなか並んでくれない。

170802oyako5.jpg
親子鴨の周りをうろつく鴨。母鴨が追い散らかす場合が多いのだが、何故か大人しい母。

翌3日
170803oyako3.jpg
午前中に昨日の親子鴨に再開。藤棚近くの橋の菖蒲池側に居た。

170803oyako2.jpg
夕方7時ごろは寝ていた。親子が離れ離れだ。一緒に寝る場合が多いのに。

170803oyako1.jpg
子供だけだ。親子の絆が弱い様な気がした。鴨(マガモ)もいろいろだ。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年05月20日

中島公園に親子鴨(マガモ)

2017年5月20日 中島公園に親子鴨(マガモ)
以前は6月にしか現れないかった親子鴨だが最近は5月に出ることが多い。

170520oyakoz1.jpg
この時期この辺で池を見ている人が居れば、視線の先には親子鴨が居る。

170520oyakoz2.jpg
居た! 鴨(マガモ)だ。今年私が見た初めての親子鴨。

170520oyakoz3.jpg
小さくてよく見えないが、一生懸命見れば親子鴨が二組見える、二家族居たのだ。

170520oyakoz4.jpg
母鴨が2羽、子鴨は11羽だが、ここに写っていない子もいる。

170520oyakoz5g.jpg
二家族が混ざっていて母子関係が分からない。こんなことは私にとっては初めて。

170520oyakoz6.jpg
あれれ? 母1羽に子が13羽ついて行ってしまった。いったいどうなるんだろう?

170520oyakoz7.jpg
よその子も混ざっている感じだが、見た目には分からない。

170520oyakoz8.jpg
これが子鴨。

170520oyakoz9.jpg
ただ浮いているだけの様な元気がない子が2羽、母の方に寄って来ない。それとも母鴨が2羽いるので、どっちについて行ったら良いか分からなくなったのだろうか。ふつう子鴨は食べるか寝ているか、泳いでいるか、歩いているかだ。水に浮かんでいるだけの姿は初めて見た。

170520oyako2.jpg
次第に親子は二手に分かれて行く。

170520oyako1.jpg
何となく家族としてまとまったような気がする。

170520oyako6.jpg
もう一方は6羽の子を連れて北に向かって行った。

用事が有ったので街に行き、帰りに同じ場所を見た。
170520oyako3.jpg
人間の親子さんが親子鴨を見ている。


170520oyako4.jpg
母一羽、子7羽だ。もう一つの親子鴨の子は6羽くらいかも知れない。

170520oyako5.jpg
周りに小魚がいっぱいいるが食べる気配もない。子にとっては大き過ぎて無理だが。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年03月07日

すすきのにこんな水鳥

2017年3月7日 すすきのにこんな水鳥
南8条に架かる藻山橋の少し上流に、こんな水鳥が泳いでいた。

170307susukino3.jpg
郵便局近くの高層マンションの足下にいた水鳥。何と言う名だろうか?

170307susukino2.jpg
拡大するとこんなキレイな水鳥。

170307susukino1.jpg
マガモの雌雄を参考にすると少し小さい。
posted by nakapa at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2017年01月30日

1月下旬、中島公園の動物

2017年1月21日〜29日の撮影
1月30日地下鉄幌平橋駅近くを流れる鴨々川に白いサギらしき野鳥が見られた。いつも中島公園にくるアオサギより小さいのでコサギかも知れない。デジカメを持っていなかったので撮影はしていない。

170129magamo.jpg
中島公園で一番多く見られる水鳥はマガモ。頭がグリーンの雄が4羽、雌が2羽。

170129hato.jpg
ドバトは野鳥じゃないそうだが。今日は野鳥らしく木に止まっていた。

170129suzume.jpg
何処にでも居るスズメだけれど、逃げ足が速くて私のカメラには収まらない。

170124kamo.jpg
雪が降ってマガモの背に積もっている。

170123kamo.jpg
冬になって菖蒲池が凍るとマガモ等は鴨々川に来る。
posted by nakapa at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年12月02日

地下鉄幌平橋駅とマガモ

2016年12月2日 地下鉄幌平橋駅とマガモと冬季閉鎖トイレ
中島公園には二つの地下鉄駅がある。北が中島公園駅、そして南側に幌平橋駅がある。この駅の周りにはコンビニもラーメン屋もない。なんの店も無いのだ。すぐそばに鴨々川が流れているだけ。冬になって菖蒲池が凍るとマガモは鴨々川に来るが、特に幌平橋駅の裏に多い。

161202eki.jpg
地下鉄幌平橋駅エレベーター口(右上)の直ぐ横を流れる鴨々川。

161202magamo.jpg
菖蒲池が凍結する冬期間はマガモのたまり場になっている。

161202taikobasi.jpg
近くに太鼓橋がある。橋を渡ると鴨々川遊び場の遊具がある。

161202noborukamo.jpg
向こう岸に上がり登って行くマガモが居る。

161202yuugu.jpg
鴨々川遊び場の遊具の近くまでマガモは来ていた。多分草を食べているのだと思う。

161202deguti2.jpg
冬のマガモの住処に近い地下鉄幌平橋駅の2番口。
posted by nakapa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年11月05日

中島公園の鵜、10月・11月のまとめ

2016年10月・11月 中島公園の鵜
鵜が魚を獲ったり糞をしたり羽を広げてくれたりして、目を楽しませてくれる。初めて見たのは10月2日だった。11月に入っても留まっている。菖蒲池が凍結するまで居るかも知れない。秋の中島公園は紅葉で美しい。季節の移ろいを感じてもらうため、このページは日付順にした。

10月2日 鵜が泳いで飛んだ
u1610021.jpg
見慣れない水鳥が泳いでいる。

u1610022.jpg
私にとっては久しぶりに見る鵜だった。

u1610023.jpg
写真を撮ろうとしたら飛んで行ってしまった。

10月4日 今度はじっとしていてくれた
u1610041.jpg
昨日も見たが今日も居た。鵜は居着いてしまった様だ。

u1610042.jpg
今日は落ち着いてじっとしていてくれた。

u1610043.jpg
しっぽを噛んでいる様に見えるが何故だろう?

u1610044.jpg
違うアングルから撮ってみた。水掻きが大きい。

u1610045.jpg
写真を撮っている人も居た。

10月19日 私の目の前でウンコたれた
鵜は羽を広げたりしていたこともあったがデジカメは持っていなかったので写真はない。あまり人を恐れないようだ。そばに行っても逃げないので可愛い。驚かさない様に注意して、そっとして置きたいと思った。
u1610191.jpg
19日はウンコをしているのを見た。鵜の糞は白い。

u1610192.jpg
ウンコをたれた瞬間。

u1610193.jpg
こんなに沢山のウンコをたれてくれた。自然現象だから池の栄養になると思う。

10月21日 潜って魚を獲った
u161021.jpg
私の目の前でせっかく魚を獲って見せてくれたのだが残念ながらピンボケ。この池には水鳥がいっぱい泳いでいるが、真面目に漁をしているのは鵜だけのようだ? オオセグロカモメも小魚を獲っているのを見ることがある。働いているのはよそ者ばかりだ。

10月24日 ポーズをとってくれた 
161024u1.jpg
「水に潜って魚を獲ってはウンコする、自然の姿を見せる私は人気者。次々と人が見に来る。顔でも洗って化粧でもするか」と鵜が言っているように感じた。私の空想。

10月25日 飛び込みそうで飛び込まない 
u161025.jpg
いつもの場所で羽を広げそうになるけど広げない。

u161025b.jpg
水中を見つめているようだ。魚を探しているのかな?

u161025c.jpg
更に見つめているけれど、飛び込むようで飛び込まない。やけに気を持たせる鵜だ。

10月29日 羽を広げてくれた 
161029u1.jpg
偶然通りかかると羽を広げている。そのまま、そのまま。

161029u2.jpg
う〜ん、しぼんでいる、しぼんでいる。ガンバレ、もう一回、もう一回。

161029u3.jpg
ゴメン、もう疲れた。ウンコして寝る。

10月30日 鵜のどこが可愛いか 
161030u.jpg
この鵜は公園を訪れる人から親しまれている。そのわけは近づいても逃げないこと。池に潜って魚を獲ること。真っ白で綺麗なウンコを勢いよく糞射すること。始終毛づくろいをしたり羽を広げたりすることなど、動物の自然な姿を見せてくれるからだと思う。いつまでも静かに見守って行こうと思う。池に氷が張るまでは居てほしい。

11月1日 もう一羽来た、奥さんか友人? か 
161101us.jpg
いつの間にか鵜が2羽になっていた。中島公園で2羽並んでいるのは珍しい。

11月2日 また羽を広げた、今度はしっかり撮った
161102u2wa.jpg
今日も同じ場所に2羽の鵜。

161102uhane.jpg
一羽は羽を広げ続けた。なんの為だろうか?

161102uman.jpg
近づいても逃げない鵜は菖蒲池の人気者? 静かに見守って上げたい。

11月2日 追記は動画2題
羽を広げている1羽ともう1羽の鵜。もう1題は鵜に近づいて話しかけたが……。
「中島パフェ」動物のページに掲載URLはこちら→鵜の動きを少し追跡(動画)

11月5日 雪が降っても居てくれた
161105uyuki.jpg
雪が降っても居てくれた。ありがたい! 風邪ひくな。

161105u1600w.jpg
良く見れば2羽、もう1羽は対角線上、右上にポツンと点。画像をクリックすると拡大する。そうすれば右上の点も何とか鵜に見えると思う。私は撮った人だから直ぐに分かった。

11月6日 目の前で飛び込んでくれたが
161106u1.jpg
2羽の鵜は1羽が場所を変え再び一緒になった。

161106u2.jpg
何を見つけたか1羽が池に飛び込んだ。

161106u3.jpg
潜水開始、尾以外は水中だがなんとか写っている。

161106u4.jpg
何か獲ったかな? と期待したが手ぶらで浮いて来た。どうしようと鵜の勝手だが……。

「中島パフェ」訪問者よりシラサギ(ダイサギ)飛来情報
10月30日にシラサギが来ているとの情報をもらった。綺麗なシラサギの写真も見せてもらった。6月には16羽を連れたオシドリ親子とかの話も聞いている。野鳥がよく来るようになった。シラサギというのは「白いサギ」の総称で、鳥の名前ではないという。シラサギ類には、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カラシラサギという4種類のシラサギがいるそうだ。
タグ:
posted by nakapa at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2016年10月02日

久しぶりに見た鵜

2016年10月2日 久しぶりに見た鵜
写真に撮ったのは2012年8月11日以来だ。もちろん私がたまた出会わなかっただけかも知れない。とにかく私にとっては久しぶりの鵜だった。

161002u4.jpg
菖蒲池の北島脇を通るボートが居た。ボートは更に北に向かって進んでいた。

161002u3.jpg
偶然そばに鵜が泳いでいることに気がついた。

161002u2.jpg
確かに鵜だ。ボートの人たちも気づいたようだ。首がながいのが特長と思う。

161002u.jpg
もうちょっとハッキリした写真を撮りたかったが何処かへ飛んで行ってしまった。

161002marason.jpg
丁度この日行われた札幌マラソンが中島公園前を通過中。DJ?がマイク片手に交通整理。

10月4日追記
2日に鵜と出会った場所を通りかかると、何かをじっと見ている人が居た。
161004u2.jpg

視線の先には鵜が居た。恐らく一昨日逃げて行った鵜だろう。
161004u1.jpg
今度はどっしりと落ち着いた感じでいてくれた。
タグ:
posted by nakapa at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物