2019年07月15日

鯉放流区域に親子鴨

2019年7月16日 鯉放流区域に親子鴨
駅前通に架かる藻山橋、鴨々川の一部が鯉放流区域になっている。

190716oyako2.jpg
藻山橋から鴨々川を見ている人が居る。こんな時は何か珍しいものが見えるはずだ。

190716oyako4.jpg
橋の下には親子のマガモがいた。可愛い子は4羽だが橋で行き止まりの感じ。

190716oyako6.jpg
藻山橋上流に親子鴨が来ていた。画像前方が藻山橋、親子は左岸に小さく写っている。

190716oyako1.jpg
どうもマガモ親子はコイとは馬が合わないようだ。

190716oyako5.jpg
親子は石の上に逃げたりしている。

190716oyako3.jpg
やっと親子一緒になれた。

190716oyako7.jpg
コイも居なくなったようだから泳ごう。左は高層ビルの影、さすがは薄野。
posted by nakapa at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2019年07月14日

2019年7月14日薄野のコイ


2019年7月14日薄野のコイ
藻山橋と南8条橋の間はコイの放流場だが、よく見えないこともある。
今日はよく姿を現してくれた。

190714koi6.jpg
同じ数とは思うのだが今日は薄野のコイが多く見えた。

190714koi1.jpg
南8条橋から下流へ藻岩橋まで歩いてみた。鴨々川にコイ、陸にハト。

190714koi2.jpg
川の中央はコイが冬に越冬するため少しだけ深く掘られている。

190714koi3.jpg
私同様、川を見ている人たち、多分観光に来られた方々。左端は人道橋。

190714koi5.jpg
人道橋の近くはコイや小魚が多い。冬のコイはほとんど人道橋の下にいる。

190714koi4.jpg
人道橋より藻山橋を見る。JR札幌駅より中島公園まで続く駅前通に架かる大きな橋。
posted by nakapa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2019年06月29日

中島公園にエゾリス

2019年6月29日 中島公園のエゾリス2
同じ場所に居たので16日のエゾリスと同じと思う。

190627ezorisu.jpg
最初は木々の中に居て見難かった。

190627ezorisu3.jpg
ようやく姿全体を捉えることが出来た。

190627ezorisu2.jpg
柵の向こう(中島公園の外)に行ってしまったが、また帰って来ると思う。

2019年6月16日 中島公園で今年初めてエゾリスを見た
中島公園で時々エゾリスが見れるから不思議だ。冬はどうしているのだろ? 
私は冬に見たことがない。

190616hato.jpg
今日は6月16日、札幌まつり最終日、札幌コンサートホール・キタラは祭りのため立ち入り禁止。そのためのロープが張られている。中島公園は祭りで混雑しているが、キタラの裏側は閑散としている。ハトがのんびり休んでいるように見える。

190616risu4.jpg
右側はキタラ近くのホタル橋、木の下にエゾリスがいる。

190616risu3.jpg
かわいい!

190616risu2.jpg
背を後ろに向けて走って行った。

190616risu1.jpg
木に登った。
posted by nakapa at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2019年06月19日

2019年の親子鴨 

2019年の親子鴨のまとめ
私が2019年に見た、中島公園に現れた親子鴨のマガモの纏め。

6月19日
190619oyakoidou.jpg
菖蒲池中央を移動する親子鴨。

6月5日
190605oyako1.jpg
日本庭園の池で見た親子のマガモ。

190605oyako2.jpg
陸に上がって来た親子。今年も親子鴨が次々と現れる。

6月4日
190604oyako.jpg
かなり大きくなって来たが8羽のまま居ることが素晴らしい。

6月3日
190603oyako2.jpg
日本庭園と菖蒲池を繋ぐ水路のような池、子カモもだいぶ大きくなっている。

190603oyako.jpg
日本庭園から橋の下を通り菖蒲池に出たばかりの親子。

5月26日 日本庭園で見た親子鴨
190526oyakokamo.jpg
日本庭園の親子鴨は子が9羽に見えたが数え違いかも知れない。巣立って直ぐに見えたが、これも自信をもっては言えない。間違いなければ2組目の親子鴨となる。

190526oyakokamo2.jpg
こうして見ると子も案外大きいかも知れない。

5月24日
190524oyakokamo2.jpg
巣立って1週間程度のマガモの子。上の画像と比べても親子の距離が違うので見分け難い。

190524oyakokamo.jpg
子カモの寝姿。

5月18日
中島公園で見た今年初めての親子のマガモ。年々早くなっているような気がする。
190518oyako1.jpg
ここは菖蒲池北西に架かる橋、毎年見るこの風景。視線の先に親子のマガモ。

190518oyako6.jpg
8羽の赤ちゃんカモだ。無事に成長して成鳥になることを祈る。可愛い。

190518oyako2.jpg
やや乱れた整列。

190518oyako4.jpg
よく見ると周りに小魚が沢山居るが食べる様子はない。

190518oyako3.jpg
向こう岸に人が居る。雄のマガモが1羽いるがお父さんではない。マガモは母子家庭。

190518oyako5.jpg
初夏の感じの中島公園。親子鴨は増えたがコイは減ってしまった菖蒲池。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2019年05月23日

アオサギが1羽

2019年5月23日
アオサギが1羽来ていたが飛んで行ってしまった。

190523aosagi1.jpg
アオサギが1羽、青いボートが繋いである中島に居た。

190523aosagi2.jpg
写真を撮ろうと思ったら飛び立ってしまった。

190523aosagi3.jpg
そして何処かへ飛び去った。この間、10秒くらいか?
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2019年03月21日

すすきのにコイ、カモがいる オシドリ、サギも

2019年1月〜3月 すすきのにコイ、カモがいる オシドリ、サギも
「薄野に来い! カモが居る」とかジョークを飛ばしたくなる風景を見た。オシドリもダイサギも来た。駅前通南8条に架かる藻山橋から見た1月18日の鴨々川は凍結していた。22日も一部凍っていた。鴨々川の表面が凍る理由は気温の低下もあるが、豊平川から入る水量の影響が大きい。水量が多ければ流れが早くなり気温が下がっても凍り難くなる。3月下旬には川底にたまった泥の除去作業がある。詳細はこちら→すすきのコイ放流場を綺麗に

3月21日
190321koi.jpg
暖かくなりコイが橋の下を出て泳ぎだした。

2月21日
190221susukino.jpg
藻山橋と名の無い藻山橋上流の橋。この橋の下はコイが多く居る。

190216koi.jpg
橋の下にはコイ群とマガモがいた。

2月12日
190212susukino.jpg
雪が降り川面半分凍っている。正面は南8条橋。その先は中島公園。

2月10日
190210koorukawa.jpg
南8条橋付近より撮影。何時もコイが沢山見られる橋の下は凍っている。その下にコイ。

2月9日
190209moyamabasi.jpg
藻山橋から中島公園方面の鴨々川上流を撮影。

2月1日
190201susukino.jpg
川面に穴を開けている。コイの棲息に関係あるのかも知れない。ここに下の画像のコイ。

1月31日
190131koi.jpg
何時もと同じ橋の下だが綺麗に撮れたので改めて掲載。

1月29日 ダイサギかな?
190129sagii3.jpg
ダイサギだろうか? 私には分からない。

190129sagi.jpg
また飛んで行ってしまったサギ。 ここは藻山橋(南8西4)。

190129sagi2.jpg
藻山橋の下をよく見るとオシドリもいた。あのサギとあのオシドリに違いない。

1月28日 オシドリに続いてダイサギ? も来た
190128sagi.jpg
すすきのにサギが来るとは。ダイサギかチュウサギか私には分からない。

190128cameraman.jpg
ついにすすきのを流れる鴨々川も撮影スポットになってしまった。

1月27日 オシドリが来た
190127losidori2.jpg
マガモの中にオシドリの雄も混ざっていた。コイ、マガモ、オシドリとなる。

190127losidori.jpg
マガモの雌とオシドリの雄。コイは水面の波のため歪んで見えるが沢山いる。

1月23日
190123moyamabasi1.jpg
すすきのの外れ、南8条に架かる藻山橋は、今や観光スポットのようだ。

190123moyamabasi2.jpg
今冬は藻山橋上流の鴨々川にマガモが多い。

190123moyamabasi3.jpg
藻山橋上流に架かる橋の下にコイが固まっている。

190123moyamabasi4.jpg
その名の無い橋から下を見るとこんなにコイが居た。

1月22日
190122moyamabasi1.jpg
郵便局近くの藻山橋、今日もマガモが沢山来ている。

190122moyamabasi2.jpg
藻山橋上流の橋、一部が凍っている鴨々川。

190122moyamabasi3.jpg
その橋から下を見る。

190122moyamabasi4.jpg
列を作って上流に進むマガモ。

1月18日
190118moyamabasi.jpg
この日、鴨々川の表面は凍っていた。藻山橋より上流を撮影。
posted by nakapa at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2018年09月15日

中島公園のリス2018年までの纏め

今年はよくリスを見かける年だった。1回はカメラを向ける間もなく姿を消した。残りの5回をこのページに掲載した。因みに2001年から2016年の間に中島公園内でリスを見た記憶は1回だけ。2017年から目撃情報やネット情報が入るようになり、私も1回見た。そして2018年は度々見るこのになった。以上は私の経験を書いただけで目撃情報のホンの一部。
2018年10月10日 護国神社彰徳苑でリスを1匹見た。

2018年9月15日撮影
180915risu4.jpg
台風第21号で倒れた木の上を歩いていた。

180915risu6.jpg
駐車場に行ったりちょこちょこ走り回っていた。

2018年9月6日 台風21号の次の日は地震、その日にリスを見た
中島公園も相当な台風被害、そして次の日、地震で北海道の電気が全滅した。

180906risu1.jpg
停電で僅か一日余りだが明るくなって起きて暗くなったら寝る生活をした。テレビも、電話もパソコンもない生活。自然に帰った様な気分になったらリスが見えた。

180906risu2.jpg
スルスルスルッと木に登った。

180906risu3.jpg
こちらを見ている。可愛い!

2018年9月5日台風被害を撮りに行ったらリスを見かけた
カラマツの下辺りに居たが札幌コンサートホール・キタラの方に逃げて行った。
180905risu.jpg
静かに見守っているつもりだが、二人、三人と集まると逃げて行った。

2018年8月18日 昨日見たので今日は探した
以前見たことがある場所を歩き、昨日見た所を歩き東側の林の中も歩いてみた。

180818risu.jpg
昨日見た場所には居なかった。林の中でも見なかった。ぜんぜん違う場所に居たが、木に登られてしまい、写真には撮れなかった。静かに見守りたいと思っている。

2018年8月17日 中島公園でリスを見たので撮った。
下に同じリス画像を4枚掲載した。私は長い間、中島公園にリスは棲息していないと思っていた。17年間散歩していて見たのは2,3回だったからだ。去年から目撃情報が度々あるので、棲息していないと言う確信は揺らいできた。

180817risu1.jpg
画像1

180817risu2b.jpg
画像2

180817risu3.jpg
画像3

180817risu4.jpg
画像4

2017年から中島公園でリスを見た情報が身近でもネットでも多くなって来ている。私も今日、偶然見たので記録として残すことにした。このまま定着するのだろうか。あるいは既に棲息していたのだろうか。私が見ていないだけで……。

2018年7月13日
中島公園でリスを見たという情報があったので、翌日、現場と思われる場所に行ってみたが見ることはできなかった。私の経験では1匹だけだが稀にリスを見かけることがある。

先ず、2014年6月29日に偶然リスを見た。→ 中島公園にリスが居た
次に、2017年11月26日に目撃情報があり現場に行き確認した。→ 中島公園にリスが居た2

念のためネットで検索すると次のような情報があった。
2017年10月2日 リスの動画
タイトル:札幌中島公園 リスのケンカ? YouTube
2017年10月25日 静止画と説明文
タイトル:★リスもいたんだ in 中島公園〜♪ マヤとレイキで夢を叶えるメソッド

以上をまとめると、リスは2014年6月に目撃、2017年11月に目撃情報を自分で確認、そして後に検索したネット情報が2件あった。情報としては目撃情報2件、自分で確認した情報2件、そしてネット情報が2件あった。この他にも見た人が居ることは間違いない。個人的には17年も毎日のように中島公園を散歩していて見たのは2回だけ。

何方かが他所からリスを連れて来て放したという話も聞いたこともある。今のところ中島公園内にリスが棲息している感じはしない。本当のところはどうなのだろうか。棲息しているのなら、もっと見られるはずとも思うのだ。

追加情報(このページのコメント欄よりコピー)
初めまして。中島公園大好きおばさんです。エゾリスさん住んでます。今年は3回お会いしています。日本庭園2回・幌平橋駅前1回、去年以前は体育館横・護国神社脇でお会いしています。
http://pikonomikata.blog.fc2.com/blog-entry-254.html
http://pikonomikata.blog.fc2.com/blog-entry-217.html

以上、コピー
鳥天国さん、貴重な情報を有難うございました。

posted by nakapa at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物

2018年08月29日

2018年 中島公園の親子鴨

2018年 中島公園の親子鴨(マガモ)
今年の親子鴨を纏めて掲載。この2,3年親子鴨が増えている。今年最初に親子鴨を見たのは5月19日、大きくなって親離れした子鴨も多いと思う。最終は8月29日に見たが多分12組目。自分が見たことを推測を含めて書いただけだが、画像と撮影年月日だけは事実のつもりである。

8月29日
180829oyakokamo2.jpg
早朝の撮影、野鳥観察をしている人は、1週間前ごろに現れたと言っていた。親子鴨はこれで12組目、今までで一番多いのではないだろうか。これが今年最後の親子鴨と思う。以上は私が見た範囲での話、見てない親子もいるだろうし誤認もあると思う。

180829oyakokamo.jpg
後ろ向きでは大きさがよく分からないので午後に撮りに行った。

8月18日
180818osidori4.jpg
巣立って間もない感じだ。鴨々川を上流に向かって泳ぐ親子鴨。私が見た11組目。

8月14日
180814oyako4.jpg
4羽のマガモの子は巣立って1ヶ月か? 多分7月19日に巣だった8羽の子だ。4羽不明。

7月27日
180727oyako2.jpg
久しぶりに見たマガモの赤ちゃん、これで10組目だ。今年は多い。

7月24日
180724oyako2.jpg
大分大きくなった2羽の子。小魚が沢山居るが食べる風でも無い。最初に親子鴨を見てから2か月と5日たった。何組かは既に成鳥となり親離れしていると思う。

7月19日
180719oyako8b.jpg
また新たに親子鴨(マガモ)が現れた。多分9組目。

180719oyako8.jpg
巣立ったばかりと思われる8羽の子。最初に親子鴨を見たのは5月19日だった。

7月12日
180712magamo1.jpg
久しぶりにマガモの赤ちゃんを見た。1羽になっていたが多分8組目。

6月30日
180630magamo4.jpg
ピンボケだが散歩するごとに親子カモに会えるのが嬉しい。

6月28日
180628magamo4.jpg
大きくなると子カモも親離れが進むのか? 左側の池の中に2羽、親のすぐ右に2羽。

6月26日
180626magamo2.jpg
4羽の子供は少し大きくなっている。

6月22日
180621oyako8.jpg
又、現れた親子鴨。私の勘定では7組目。7月までは現れ続けるだろう。

6月20日
180620oyako2.jpg
子鴨の成長を見るのも楽しいものだ。

6月16日
180616oyako4.jpg
お祭り最終日、菖蒲池北の片隅に新顔らしい親子鴨。

6月15日
180615oyako2.jpg
札幌まつり二日目は天気も好くボートも盛況。池の真ん中に寂しい親子鴨。

6月14日
180614oyako2.jpg
今日から札幌まつりだが新しく巣立った親子が日本庭園にいた。

6月10日
180610oyako.jpg
別な親子だが、これも子がかなり大きい。

6月9日
180609oyako.jpg
左端が親鴨、子がかなり大きくなっている。巣立って3週間くらいかな?

6月8日
180608oyako6.jpg
当分続くキショウブと親子鴨の季節。

6月7日
180607oyako3.jpg
今年は親子鴨が多い、今度は3羽の親子。

180607oyako2.jpg
今時はキショウブがあちらこちらで咲いている。

6月6日
180606oyako2.jpg
少し大きめのマガモの子等。巣立って2周間くらいかな。

6月5日
180605oyako4.jpg
キショウブの元に4羽の子をもつ母鴨。

180605oyako5.jpg
順調に育っているマガモの子等。

6月3日
180603botokamo.jpg
ボートから親子鴨を撮影する親子。豊平館に近い橋の辺り。

180603oyako6.jpg
日本庭園で見た親子鴨。

5月31日 心配な孤児ハッチ?
180531minasigo.jpg
子等の親が見えなかった。菖蒲池南側河口近くから豊平館前の池に繋がるところに架かる橋の辺りまで観察した。時間にして15分程度だが子等は親を探して泳ぎ続けていた。果たして親と出会えただろうか? 心配だ。 

ふつうは親が辺りを監視して子等は黙々とエサを食べる。エサを食べないで泳いでばかりしていたら体力を消耗するばかりだ。1時間くらい離れ離れになっても再開するのを見たことがある。あるいはもっと離れていても大丈夫かも知れない。ともかく親と離れた子等は生きて行くことが出来ないと思う。

5月26日 今日見た3組目かも知れない親子鴨
180526oyako1.jpg
4羽の子ももつ親子鴨を見た。

180526oyako2.jpg
何となく子が大きい様な気がする。19日に見た8羽の子が減ったのだろうか?

5月25日 私が見た2組目の親子
180529oyako9.jpg
数えて見たら子が9羽いたので19日のとは違う親子と判断した。

180529oyako9b.jpg
親子の大きさの違いから巣立って間もないと思う。

5月22日 19日に見た親子のその後
180522kamo2.jpg
通りがかりだが、この時期は人々の視線の先をチェックする。

180522kamo1.jpg
19日に見つけた親子鴨が居た。子が8羽無事に確保されていたのでホッとする。

5月20日
180520oyakobarabara.jpg
よく見ればボートが近づきバラバラに散る8羽の子ガモが見える。

5月19日
土曜日だが雨が降り散歩する人も少ない。それでも散歩者の視線の先には何かある。

180519oyako5.jpg
雨衣を着た人の視線の先に親子鴨が見えた。

180519oyako4.jpg
近づいて見ると8羽の子ガモが居た。巣立って間もない大きさだ。

180519oyako6.jpg
しばらく歩くと今度は傘を差している人達が何かを見ている。

180519oyako2.jpg
7羽しか写っていないが先ほど見た親子鴨だ。

180519oyako7.jpg
トコトコ陸に登り始めた。

180519oyako3.jpg
母鴨は再び池に誘導するつもりかも知れない。

180519oyako1.jpg
鴨(マガモ)の親子。

タグ:母子鴨
posted by nakapa at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2018年06月07日

6月に見た動物

2018年6月に私が見た動物
カラス等、常に中島公園にいる動物を除く。親子鴨は2018年 中島公園の親子鴨に掲載。こんな動物を見たとの報告なのでピンボケ写真も掲載。水鳥以外はなかなかまともな写真は撮れない。

6月7日
180607koi.jpg
今年はコイが少ない様な気がする。豊平館前の池西端で見たコイ。他に黒が数尾。

180607kozakana.jpg
このような小魚はそこらじゅうに居るのだが。

6月6日
180606aosagi.jpg
アオサギ

180606kogamo.jpg
巣立って2週間くらいのマガモの子。

180606hato.jpg
お馴染みのハトだが立入禁止の掟破りとして掲載。


6月5日
180605koi.jpg
日本庭園の池だが、これはコイかな? 今月はまだ撮っていないから掲載。

6月4日
180604mukudori.jpg
ムクドリ、近寄ったら飛んでしまったので、遠くからのを掲載。


6月3日
180603osidori.jpg
遠くにいたのでピンボケ、もちろん岸の近くに来ることもある。時間が無かったので……。

posted by nakapa at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2018年01月14日

サギが飛来、ダイサギ?

2018年1月14日 サギが飛来、ダイサギ?
ダイサギらしい水鳥が飛来した。チュウサギとの見分けは難しいが、一応ダイサギとした。

180114sagi1.jpg
マガモの中にダイサギが1羽。

180114sagi2.jpg
マガモと比べ、この大きさ。ダイサギだろうか?

180114sagi3.jpg
これが後ろ姿。

180114sagi4.jpg
浅い川で立っている。

180114sagi5.jpg
こんな顔なんだけど。目元に違いがあるのだが雪が深くて短靴では近寄れない。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物