2016年08月10日

「母と子の像」塗装作業

2016年8月8日・9日 「母と子の像」の塗装作業
中島公園のほぼ中心にある「香りの広場」には山内壮夫の彫刻が4体ある。毎年1体ずつ保護の為の塗装を行っている。今年は「母と子の像」の塗装を行った。主催はボランティア団体「札幌彫刻美術館友の会(友の会)」。

160809choukoku9.jpg
「香りの広場」を囲むように4体の彫刻が配置されている。「母と子の像」「笛を吹く少女」「鶴の舞」「猫とハーモニカ」である。右側に彫刻らしきものが見える。

160809choukoku10.jpg
近づいて見るとひっそりとした広場の一隅に子を抱く母の像がある。設置後55年経過。

160809choukoku8.jpg
コンクリートの寿命は60年程度と言われている。それにしては意外に綺麗。実は友の会で毎年清掃をしているからだ。昨日は今日の塗装に備えて特に念入りに清掃された。

160809choukoku6.jpg
古い彫刻なので、よく見れば経年劣化の部分もある。内部の鉄筋が露出している。

160809choukoku7.jpg
8日に念入りに清掃、9日午前11時前から塗装準備開始。

160809choukoku5.jpg
塗料はパーマシールド液、最初に浸透性の良い下塗用塗料を塗り、乾いてから表面塗装用塗料を塗る。透明だから見かけは変わらず綺麗に洗われたようにしか見えない。

160809choukoku1.jpg
複数での作業がし易いようにパーマシールド液は小分けにして行った。

160809choukoku2.jpg
小型の刷毛をコップに入れた液に浸して塗る。

160809choukoku3.jpg
下塗り2回、上塗り2回、計4回塗装して終了。

160809choukoku4.jpg
まだ少し濡れているような感じだが、このまま乾燥すれば作業終了。






タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年08月03日

豊平川花火大会を中島公園から見る

2016年8月2日 道新・UHB豊平川花火大会
7月29日の予定だったが雨の影響で豊平川の水位が上がったため8月2日に延期した。ところが花火開始の1時間くらい前は土砂降り。幸い開始ころは小雨となる。

160802hanabi1.jpg
小雨ながら中島公園は賑わい6月20日にリニューアル・オープンした豊平館はライトアップされていた。以前はここでビールを飲みながら花火を楽しむ人が多かったことを思い出す。

160802hanabi2.jpg
花火を開始したばかりだが、その後ドンドン高く上がるようになるだろう。

160802hanabi3.jpg
菖蒲池南側。ビルは高くはならないが木々は大きく成長して行くので見難くなる。

160802hanabi4.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場。後半になれば花火も高く上がり見易くなる。

160802hanabi5.jpg
時々小雨程度とは言え土砂降りの後。キタラのひさしを借りる人も多い。

posted by nakapa at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年07月29日

豊平川花火大会は8月2日(火)に延期

豊平川花火大会は雨の影響の為8月2日(火)に延期が決定しました。
タグ:豊平川花火
posted by nakapa at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年07月25日

こぐま座40周年記念野外巨大人形劇ピノキオ

2016年7月24日、人形劇場こぐま座開館40周年記念
こぐま座開館40周年を記念して、こぐま座及び児童会館前で野外巨大人形劇「ピノキオ」が上演された。19時から約20分間、映像と音響を駆使した人形劇は楽しくて美しい。そして出演した子供たちの演技が可愛かった。作演出と美術はチェコ在住の人形劇師、沢則行氏。こぐま座は全国初の公立人形劇場である。

160724koguma1.jpg
左が人形劇場こくま座、右の児童会館はスクリーンで覆われ、ここに仕掛けがある。

160724koguma2.jpg
ステージのある広場はイベントを楽しむ人たちでいっぱいだった。

160724koguma3.jpg
面白いオカメ、ヒョットコが登場して子供たちは大笑い。

160724koguma4.jpg
ステージでは獅子舞が始まった。

160724koguma5.jpg
獅子舞の演者は観客の頭を噛んで回った。私の頭も噛んでくれた。頭が良くなるらしい。

160724koguma6.jpg
餅まきが行われた。これじゃあ大きい大人に取られて子供は難しい。

160724koguma7.jpg
いよいよ巨大人形劇「ピノキオ」が始まった。人形だけでなく子供たちも出演。

160724koguma8.jpg
衣装もいろいろだが、こちらの方が涼しそう。芝生の上も舞台になっている。

160724koguma9.jpg
中島児童会館の上に巨大人形。操る人も力が要ると思う。

160724koguma10.jpg
こぐま座前も舞台だが、ここにも巨大顔があり目玉が光っている。

160724koguma11.jpg
40周年と描かれたスクリーンをバックにピノキオのフィナーレ。
posted by nakapa at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年07月10日

第10回かもくま祭

2016年7月10日 第10回かもくま祭(9日夜に前夜祭)
かもくま祭とは、中島児童会館とこぐま座の両館が開館した7月に開催する祭り。今年は、こぐま座の40周年を記念して前夜祭と本祭の2日間となる。
前夜祭 7月9日(土)18時〜20時30分
天気予報は雨だったが、幸いなことに降らなかった。
160709baiten.jpg
会場は児童会館・こぐま座前の広場。軽食、飲み物等の出店も数件あった。

160709kanban.jpg
前夜祭の最後には特別プログラム 巨大人形劇「岩見沢人」。20時からの上演。

160709uma2.jpg
高さ8メートルの巨大な馬が中島公園に現れた。動きと音響が素晴らしい。主催者は
ネットでもPRして欲しいと言っていたのでYoutube等でアップされると期待している。

160709uma.jpg
巨大な馬が操り人形の様に面白い動きをする。見物の人と比べると大きさが分かる。

160709uma3.jpg
音楽と語りの舞台もある。巨大人形は、岩見沢市の歴史・文化に欠かすことのできない「馬・鉄道・農業」をモチーフにしているそうだ。

かもくま祭(本祭)7月10日(日) 10時30〜16時
午前中は雨が降ったが午後は曇りで小雨模様だった。
160710ame.jpg
午前中は大降りだが、親子連れがかなり来ていた。

160710tomonokai.jpg
「札幌彫刻美術館友の会」の彫刻探検隊コーナー。

160710tomonoka2.jpg
「香りの広場」に山内壮夫の作品が4体ある。中島公園内の彫刻めぐりを行うのだが、このような大降りでは難しい。代わりにバルーンアートとお菓子をプレゼント。こぐま座40周年を迎えて、札幌彫刻美術館友の会からの楽しい贈り物となったことと思う。

160710sanndoittiman.jpg
児童たちは雨の中を元気にPR活動。

160710sanndoittiman2.jpg
こちらは水鉄砲マト当てゲーム・コーナーのPR。雨の中で頑張っている。

160710fuusenke.jpg
風船作りの刀を持って笑いながら突撃。雨が降っても楽しそう。

160710hatumeikurabu.jpg
札幌中島(小)年少女発明(ク)ラブかな。( )内は私が挿入。

160710mizutamari.jpg
広場は雨で水浸し。でも楽しんでいるようだ。

160710shabondama.jpg
午後になると小降りか止んだ感じになった。雨模様でもシャボン玉が人気。

160710show.jpg
大勢の観衆の中でパーフォーマンス。

160710show2.jpg
左側に山内壮夫の彫刻「森の歌」。右端に巨大馬人形が見える。

160710uma.jpg
雨も止み、巨大人形劇「岩見沢人」も前夜祭に引き続き上演。こんなに大勢の人たちが馬を動かしているとは驚きだ。かなりの技術とチームワークが必要と思う。
160710mizutamari2.jpg
これだけの雨の日に、こんなにも集まるとは。さすが40周年記念だ。素晴らしい祭り。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年06月20日

札幌まつりの前後

2016年5月28日〜6月19日 札幌まつりの前後
残念なことに6月14日〜16日の三日間は床に伏していた。結局祭りの写真は1枚も撮っていない。仕方がないので前後に撮ったものを掲載。何らかの参考になれば幸いである。

「札幌まつり」の前
5月28日
160528maturi.jpg
園芸市が5月22日に終わると、直ぐに札幌まつりの準備が始まる。祭り開始2週間前だが、一部の小屋は建っていた。続いて照明等の為の電柱が立つ。

6月7日
160607maturi1.jpg
警備本部、迷子センターのプレハブ小屋も建設中。

6月10日
160610maturi1.jpg
中島公園駅近くの園路には案内板と露店や見世物案内マップが立つ。

160610maturi2.jpg
自由広場には次々と見世物小屋が建つ。右は人気のオートバイサーカス。

14日〜16日 札幌まつり当日は立てなくて自宅療養。

ようやく外出ができた6月19日だが祭りは既に終了
160619maturi4.jpg
上と同じ場所だが、祭り終了後3日たち見世物小屋を解体撤収中。

160619maturi2.jpg
同じく解体撤収中の自由広場。

160619maturi3.jpg
よく見るとお化け屋敷。

160619maturi1.jpg
こちらにもお化け。ご苦労様でした。
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年06月08日

札幌シニアネットが「市電を楽しむツアー」

2016年6月8日札幌シニアネットが「市電を楽しむツアー」

札幌シニアネット(SSN)が車両2台に分乗して「市電を楽しむツアー」を開催。会員60人がループ化した市電に乗って2周のツアーを楽しんだ。


山鼻の「電車事業所前」停留所。貸切電車の前に運行中の一般電車が見える。普通は2両の電車がこんなに接近することはないだろう。ツア一行は30人ずつに分かれて分乗した。こちらは2号車。


市電を楽しむSSN会員。貸切電車の内部は、シートはそのまま利用し、真ん中にテーブルを置いて飲食が出来るようになっている。マイクもある。

SSNは600人の会員を擁するシニア交流団体だが、地域活動等、社会貢献活動にも力を入れている。中島公園関係では春・秋の「クリーン鴨々川清掃運動、」、冬の「ゆきあかりin中島公園」等、1年を通して団体として参加し、イベントに協力している。
SSNの詳細はこちらをクリック! → NPO法人 札幌シニアネット(SSN)


2時間30分の内、15分ずつ2回、電車事業所で休憩した。その時は車庫とか構内を通過するので、普段見れない風景に出会えるのが楽しい。


市電ツアーも楽しいけれど、手足を伸ばすのもいいものだ。休憩。


車両の行き先表示は「貸切」。1ヶ月前に乗ったラジオ「山鼻、あしたもいい天気!」の貸切電車では正面窓下に自分たちのロゴを描いた看板を付けていた。右サイドページの下の方に小画像がある。


外から見るとこんな感じ。やはり普通の電車とは違う。


午後7時30分、貸切電車は車庫に向かって帰って行く。ここは集合・解散場所である「すすきの」停留所。市電はここから曲がって三越方面に向かう。去年12月20日にループ化した時に停留所も新しくなった。

「市電を楽しむツアー」補足

2016年6月8日札幌シニアネットが「市電を楽しむツアー」を行った。補足版。


このイベントの案内人でもある司会者はとても素晴らしかった。ユーモアに富んだ、とても楽しい進行ぶり。今後もいろいろな場面での活躍が期待されることでしょう。


安全運転に徹してくれた貸切電車担当の運転士さん。お疲れ様でした。


電車事業所停留所辺りから休憩のため車庫へ。線路にこんな切替線があるとは気づかなかった。


「楽しい賞品が当たる市電クイズ」、お二人の進行係の歯切れのいいトークとユーモアあふれるセンスで参加の皆様も乗りに乗った。豪華でなくても楽しい賞が素晴らしい。

さて、クイズです。ササラ電車のササラとは何でしょう? 竹製のブラシかな。ともかくこれが車庫に入っていたササラ電車。やっぱり竹だ。

話は変わるが、必ず当ててやるぞ! と勇んで参加したクイズに外れてガッカリした。市電「中島公園通」電停近所の住民として恥ずかしい。

そのクイズとは「この電車は中島公園通停留所に、何時何分何秒に着くかというものだ。山鼻19条あたりで出題されたから、7分くらいかなと思っていたら、赤信号に引っかかってしまった。残念。

これが痛恨の「中島公園通」停留所。市電がループ化した2015年12月20日に撮ったものである。


マグネットでしっかりとテーブルに張り付いている。電車は時には揺れるからコップには半分程度が無難だろう。とにかく有難いツールだ。


市電パーティは3回目だが、やはり弁当が一番食べ易い。実用性を考えた、行き届いた配慮と思う。


全てがこのように子袋の中に入っているので極めて便利。持ち帰るにも、友人に上げるにも、自分で食べるにも。いろいろな部分に細かい配慮がされていた。お陰様で楽しい市電ツアーとなった。感謝。

このページはウェブサイト「中島パフェ:中島公園と札幌市電」からのコピー。

posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年06月07日

中島公園ガイドツアー

2016年6月7日 中島公園ガイドツアー
鴨々川ノスタルジア実行委員会が主催する「中島公園・すすきのの各所を巡るガイドツアー」に参加した。今回は「中島公園ツアーコース」。去年の参加以来の2回目の参加だ。見どころ説明の多くは公園緑化協会中島公園管理事務所作成の「中島公園三十三選」リーフレットからの引用。

160607tour1.jpg
中島公園ガイドツアーのスタートは札幌パークホテルから。

160607tour2.jpg
中島児童会館:戦後まもなく、公園内には進駐軍のカマボコ兵舎ができたが、その後移転したため、その兵舎の払い下げを受け、1949(S24)年に中島児童会館を開設している。諸説あるがわが国で最も古くから活動している児童会館として、たくさんの子供たちがこの空間で育っていった。

160607tour3.jpg
人形劇場こぐま座:大正時代から人形劇や童話会の伝統があったが、1953(S28)年から児童会館で人形劇や腹話術が始められ、日曜子供劇場に発展していった。1976(S51)年、専用の人形劇場を開設し、こぐま座と名付けられて現在に至っている。

160607tour4.jpg
「明治時代に開店した『花月(画像)』は、もともと割烹だったが、業態はいろいろ変わり大正時代には博覧会のために最先端の喫茶になった」と老舗和食店「花月」オーナーの岩倉さんは語る。(『Bocket1号』より引用)

160607tour5.jpg
本格的な日本庭園をと1961(S36)年から二年をかけて造成。日本庭園の基本的形式である築山林泉回遊式庭園で、道内各地の銘石、京都から取り寄せた12基の石灯籠、アカマツやクロマツなどの庭木など、みどころが多い。手水鉢(ちょうずばち)の水を地中の瓶の中に落として水音を反響させる水琴窟(すいきんくつ)も設けられている。

160607tour6.jpg
八窓庵:江戸初期の茶人小堀遠州が江州小室郷の孤篷庵(こほうあん)に作った茶室「舎那院(しゃないん)忘筌」を1919(T8)年に札幌の実業家が移築。その後1987(S62)年に札幌市に寄贈され、現在地に移築されている。札幌に移築時に三分庵を付設し、水屋等を作って利便性を高めている。この建物も国指定の重要文化財である。

160607tour7.jpg
国指定重要文化財豊平館は開拓使が1880(明治13)年、洋風ホテルとして北1条西1丁目に建築、翌年8月30日開館。1958(昭和33)年、中島公園内に移築した。2016年6月20日、リニューアル・オープン。昼間は観覧(個人300円)、夜間は貸室となる。付属棟を新に建設。エレベーターを設置し、バリアフリーとなる。

160607tour8.jpg
札幌コンサートホール・キタラ北側のホタル橋を渡ると渡辺淳一文学館がある。

160607tour9.jpg
札幌市天文台:キタラから豊平館、日本庭園の一帯は、明治時代に岡田花園があり、園亭を構えて園遊会場としての機能を持っていた。庭園の築山の名残が、現在天文台のある小山で、岡田山の名で親しまれている。天文台は北海道大博覧会のあと、1958(S33)年に建設されている。

160607tour10.jpg
彫刻「相響」:美唄出身で、国際的に活躍している彫刻家安田侃(かん)の作品。イタリヤのピエトラサンタから産出される白大理石から掘り出された彫刻で、1997(H9)年に、Kitaraの開設に合わせて設置されている。館内にあるものとセットになっており、三つで一つの作品である。

160607tour11.jpg
札幌コンサートホール・キタラは「子供の国」の跡地に、1997(H9)年北海道初の音楽専用ホールとして開館した施設である。特に音響効果がすばらしいとの評価が高く、世界各国の有名演奏家が来演する音楽の殿堂となっている。

160607tour12.jpg
レナード・バーンスタイン像は2014年7月12日、キタラ近くの川向こうにある小さな円形広場に設置された。PMF組織委員会は、25回記念事業として立像を制作した。東京藝術大学学長で金属工芸家の宮田亮平氏に制作を依頼した。

160607tour13.jpg
エゾヤナギ(公園一の老木):中島公園の場所は、もともと豊平川の河川敷であり、ヤナギを中心とした水辺を好む木が生えていたと考えられる。中でもエゾヤナギは護国神社にかけて大木が数本あり、園内一の太い木が、南14条橋のたもとに立っている。
160607tour14.jpg
ケヤキ(公園一の大木):伊藤邸周辺や、偕楽園にあった開拓記念碑を移設した大通公園6丁目などにケヤキの大木が見られ、この木も伊藤組創設者の伊藤亀太郎氏が、弥彦神社創建に際して、郷里の新潟から持ち込んだ苗を植えたものであるという。

160607tour15.jpg
札幌は新潟の出身者が多く、新潟にある越後一宮の弥彦(伊夜日子いやひこ)神社の分霊を得て1912(M45)年1月に弥彦神社を創建した。弥彦神社には、天照大神の曾孫(ひまご)天香山命(あめのかぐやまのみこと)を祀っていたが、1986(S61)年には大宰府天満宮からの御分霊を得て増祀している。

160607tour16.jpg
かって中島スポーツセンターや中島球場があった跡地。今は緑のオープン・スペース。

160607tour17.jpg
文学館:北海道出身の文学者や、北海道にゆかりの深い文学者に関する文学資料を、収集保存すると共に、文学資料の展示、文学散歩、文芸講座、講演会、刊行物の編集、刊行等、種々の事業を展開するために開設されており、1995(H7)年に北海道が設置したものである。

160607tour18.jpg
木下成太郎(画像)は但馬の国豊岡の出身で父弥八郎と来道して開拓にあたり、のちに衆議院議員として国政でも活躍している。大東文化大学や武蔵野美術大学などを創設した教育者としても知られ、1941(S16)年に建てられた彫像は、朝倉文夫の作で、供出も免れて現在に至っている。

160607tour19.jpg
ハウチワカエデ”舞孔雀”:かって豊水通向こう側にあった料亭「雅叙園」の玄関脇にあった名木。道路の拡幅に合わせて廃業したため、庭木を公園に寄贈した名残の木である。庭木のうち、街路樹ますの位置にあったヨーロッパクロマツは現在も残されている。

160607tour20.jpg
菖蒲池(元右衛門堀跡地:開拓初期には、豊平川上流から流送される木材の貯木場として利用され、その工事を請け負った鈴木元衛門の名をとり、「元衛門堀」と呼ばれた。当初は四角の二つの堀であったが、公園整備に合わせて池をつないだり園亭を設け、少しずつ形を変えながら現在の形になっている
タグ:歴史
posted by nakapa at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年05月03日

桜開花状況と園芸市リンク

5月3日現在の桜開花状況はこちら → 中島公園さくら開花情報「中島パフェ」

5月3日さっぽろ園芸市オープン → さっぽろ園芸市「中島パフェ」
posted by nakapa at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年02月24日

北海道テレビ(HTB)アリョーナの写ガール中島公園編

2016年2月24日放送「アリョーナの写ガール中島公園編」
北海道テレビ(HTB)イチオシに「アリョーナの写ガール」がある。レポーターのアリョーナさんが昔の写真を持って現場を訪ね歩く番組だ。今回は4枚の写真を持って中島公園にやって来た。

最初に訪問したのは9条広場に移設された山内壮夫の彫刻「森の歌」。設置場所は変わったが直ぐに見つかった。テレビに映っていたのは1991年撮影のモノクロ写真だったが、ここにはお気に入りのカラー写真2枚を掲載することにした。こちらの方が当時の中島公園を余すことなく表現されている。
1991morinouta2.jpg
今は緑のオープンスペースになり「香りの広場」と呼ばれている。札幌市公文書館所蔵

ここには「森の歌」の他、4体のコンクリート彫刻があった。「森の歌は」ブロンズで再鋳造されて児童会館前に移されたが、4体は多少移動はしたが、「香りの広場」にコンクリートのままで残されている。テレビでは1991年の「森の歌」が写っていたが、この写真もほぼ同時代と思う。
kaorinohiroba.jpg
今の「香りの広場」に4体のコンクリート彫刻が残されている。上の画像と比べて見ると面白い。下の画像にコンクリート造りの「森の歌」があるが、元の位置はこの広場の手前。

1991morinouta.jpg
今はブロンズ像だが白いコンクリート彫刻もとても綺麗だ。札幌市公文書館所蔵

170606morinouta.jpg
このようにブロンズに鋳造されて9条広場、児童会館前に移設された。

次にアリョーナさん一行が向かったのは人形劇場こぐま座だった。当時と同じ建物で周りの風景が変わっただけなので直ぐに見つかった。
1977kogumaza.jpg
テレビは1977年当時のこぐま座だがこの写真もほぼ同時代。札幌市公文書館所蔵

左側が人形劇場こぐま座、右側は現在の中島児童会館が新築された以前の児童会館。1958年に開かれた北海道大博覧会で建てられた事務所を博覧会終了後に児童会館に転用された。児童会館の前は大きな砂場だろうか? 手前のイチョウ並木の木々が細く見える。現在との違いが興味深い。
080113koguma.jpg
こぐま座は当時のまま。今の児童会館は1985年に新築された。

残りの2枚の写真の場所については難航しているようだった。札幌コンサートホール・キタラから豊平館に向かって歩いている時に撮影グループの先頭を歩くアリョーナさんに声をかけられた。昔の写真を持って通行人等に「ここは今の何処ですか?」と聞いて歩いていたのだ。
160214satuei2.jpg
聞くべき通行人が一人なのに、よりによってそれが私とは不思議な縁だ。

160214satuei200.jpg
種を明かせば当たり前の話。中島公園内を女性を先頭に撮影グループが歩き回っているのを見て、ひょっとしてテレビの撮影かも知れないと思って近づいて行ったのだ。普通の人なら邪魔をしてはいけないと思い避けて通るのだが、私は珍しい風景があれば撮って置きたいのだ。

「ここ何処か分かりますか?」と4枚の写真の中の一枚を差してアリョーナさんは尋ねた。写真は屋外スケートリンクだが、背景から見て明治時代から長い間リンクがあった池ではない。遠い昔、池がスケートリンクになっていた時代はポンドと呼ばれていた。
sukeeto.jpg
ポンドと呼ばれた凍結した池に出来たスケートリンク。札幌市公文書館所蔵

アリョーナさんが差し示した写真にはビルが写っていた。しかも1980年に撮ったものだ。だから池のリンクではないことは確かだ。実は1952年〜1980年の間は中島球場が冬期間スケートリンクになっていた。「野球場が冬になるとスケートリンクになったのです」と答えた。

何人かの通行人に聞いたそうだが誰も分からなかったらしい。ポンドと呼ばれた池のスケートリンクはもちろんだが、比較的新しい球場リンクで滑った子供も今では40代だ。中島公園は札幌の歴史をなぞる様にどんどん変わって行った。かっては皆が楽しんだ公園だが思い出を持つ人達は次第に少なくなって行く。少し寂しい気もする。
170606kyuujou.jpg
中島球場跡地:1980年に冬期スケートリンクがあった球場は解体された。

「この写真はどこですか?」
watershoot.jpg
昔あったウォーターシュート。今は何もない。 札幌市公文書館所蔵

「向こうに見える築山のようです」。西岸にいたので東南岸を指差した。画像をよくみると船頭(でいいのかな?)がボートの先頭に立っているのが見える。ジャンプするらしい。
061226ws.jpg
ウオーターシュート跡地:レールはなくなり山もいくらか低くなっている。池は凍結。

終わりにアリョーナさん一行が歩いた場所を、百花園、球場、子供の国があった昔のマップで見て何処か確認したいと思う。
map.jpg
野球場、百花園、子供の国があった頃の中島公園。札幌市公文書館所蔵

位置確認の最初は「森の歌」とこぐま座。画像の左上部分、札幌パークホテルとマンション「ドミ中島公園」に挟まれた場所。スケートの写真の場所は右側の球場(冬期はリンク)。ウオーターシュートは菖蒲池南東、画像で言えば池の右下付近に池に向かって直線が見える。それがウオーターシュートのレール、今でも小高くなっている。

詳しいのですねと褒められたので、調子に乗って中島公園を歩き回って写真を写しホームページ「中島パフェ」に載せていることを話した。
160214satueiwide.jpg
さっそくスマホで見てくれた。ただの通行人としてはこんな嬉しいことはない。感謝!

160214satuei7.jpg
テレビでも紹介してくれた。ありがとう。最近アクセスが減っているので助かる。

160214satuei8.jpg
終りに「あの人に会っていなかったら、ホンマに真っ暗になっていたよ」と言ってくれた。こちらこそ、「中島パフェ」のPRまでして頂いて感謝している。これだから中島公園散歩は止められない。有難うございました。そして雨の中をお疲れ様でした。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント