2017年06月16日

札幌まつり6月14〜16日

2017年6月14〜16日 札幌まつり
中島公園が1年の内で一番賑わう「札幌まつり」が開催された。今年は水木金で土日が含まない。中島公園は露店と見世物だが16日は南側の行啓通と東側の豊水通を神輿渡御が練り歩く。地下鉄幌平橋駅付近を10時50分に通過する予定である。

6月16日 中島公園を背景とした神輿渡御
170616togyo21.jpg
中島公園の札幌まつりは神事がなく露店と見世物小屋のみだが今年は少し変わった。行啓通から豊水通にかけて、神輿渡御の大行列があったからだ。

170616togyo20.jpg
ここは行啓通から札幌護国神社への参道入口だが、背景の林は神社ではなく中島公園である。

170616togyo22.jpg
この画像の背景も中島公園。おおまかに言えば向こう側の東側が中島公園で西側が護国神社。

170616togyo19.jpg
行啓通を通る神輿渡御。念のためだが画像の両側は中島公園。

170616togyo17.jpg
家で取っている新聞の図では向こう側は護国神社になっていた。中島公園のウエブサイトをやっていると細かいことが気になる。向こう側の主な施設としては「鴨々川遊び場」と「中島公園庭球場」がある。いずれにしろ公園と神社の境界は見た目では分かり難い。

170616togyo18.jpg
中島公園には約400店以上の露店がある。背中を向けて神輿渡御見物。まだ11時だから。

170616togyo16.jpg
一般道路とは言え両側が中島公園なので神輿渡御が公園に入ったような感じだ。

170616togyo15.jpg
山車にはフジの花が飾られている。以前はお祭りの日はフジが満開に咲く日でもあった。

170616togyo14.jpg
画像の右側は1975年に「鴨々川遊び場」として整備された。当時は子供の冒険広場として水遊びをする子供たちで賑わっていたが今は静かな水辺になっている。
197500kawaasobi].jpg
当時の面影をしのぶ施設としては太鼓橋と大型滑り台の階段部分がある。ターザンロープ等、ほとんどの冒険的設備は撤去された。(札幌市公文書館所蔵)

170616togyo13.jpg
神輿渡御の到来を待つ子供たち。この後ろ辺りが中島公園の鴨々川遊び場。

170616togyo12.jpg
白い建造物は地下鉄幌平橋駅に直結する避難用の出入口。普段は閉鎖されている。

170616togyo11.jpg
なぜか弥彦神社に近い中島公園内を侍姿で走る人が居た。神輿渡御の御一行に違いない。

170616togyo10.jpg
地下鉄幌平橋駅前を左折して中島公園東側の豊水通に入った神輿渡御。

170616togyo9.jpg
地元、山鼻の山車。行列は午前9時に北海道神宮第一鳥居を出発。11時ごろ豊水通へ。

170616togyo8.jpg
画像の左側は道立文学館、右側は行列が通る豊水通。

170616togyo7.jpg
山車は信号待ちでも踊りは続く。

170616togyo6.jpg
豊水通は暑くても中島公園内の木陰は涼しい。

170616togyo5.jpg
振り返れば林の間の園路にある露店だが、ここは幕を張り客席を多く取っている。

170616togyo4.jpg
東側出入口よりボート乗り場に向かう園路。「開道50年記念北海道博覧会」が開かれた1918(大正7)年当時のメインゲートである。路面電車の「中島公園」停留所前だった。

170616togyo3.jpg
1918年8月1日開通に開通した路面電車の軌道辺りを練り歩く山車。
180801sidenkaituu.jpg
開道50年記念北海道博覧会(1918年)の為に開通した路面電車。(札幌市公文書館所蔵)

170616togyo2.jpg
およそ百年前に路面電車が走っていた道路。画像右側は札幌パークホテルと中島公園。

170616togyo1.jpg
画像左は鴨々川ノスタルジアや年間誌Bocketでお馴染みの古民家鴨々堂。


6月15日 まつり二日目は雨模様だった
170615kawabe.jpg
札幌まつりの二日目は寒いし時々雨が降っていた。露店や見世物小屋の直ぐそばの川辺だが,閑散としている。平日の12時頃だがこれから賑わってくると思う。嵐の前の静けさか。

170615roten.jpg
近くの露店もこの通り。右側が見世物小屋が集まる自由広場。

170615misemono.jpg
自由広場も人出は少ない。午後からは増え夕方になれば例年のように賑わうだろう。

170615misemono1.jpg
混雑している時に比べて写真は撮り易い。ゴールに向かってシュート。

170615misemono2.jpg
入れば子供の頃を思い出すかもしれない。確か身体が逆さまになった様に感じた。

170615misemono3.jpg
オートバイサーカスのライダーがポーズをとってくれた。

170615misemono4.jpg
賞品がドッサリ並べられているピッチングゲーム。

170615misemono5.jpg
お化け屋敷は2軒ある。こちらは呼び込みの口上が面白い。

170615misemono6.jpg
こちらは甲子園を目指すピッチングクラブ。

170615misemono7.jpg
エアーガン射撃場とマジックハウス。ビックリとマジックを入り比べようかな。

6月14日 初日は好天に恵まれたが水曜日で全て平日開催
170614obakeyasiki.jpg
自由広場のお化け屋敷。

170614sakasu.jpg
人気のオートバイサーカス。まだ午前中なので人気は少ない。

170614roten1.jpg
露店は約400店立っている。

170614roten2.jpg
飲食の他、スマートボール、金魚すくい等のゲームもある。

170614royako.jpg
近くの菖蒲池南側の河口近くの橋。皆さん何を見ているのだろうか?

170614royako1.jpg
親子鴨が橋の下を通って来るのを待っていたのだ。上の画像を見てほしい。先ず親鴨の尻尾が見える。橋の下に入るところだ。次に1羽の子が追随した。最終的には全ての子等が母親について行くだろう。そう予想して橋の向こう側で待っていたのだ。

170614kaorinohiroba.jpg
札幌まつりと言っても全ての場所が混んでいる訳ではない。ここは中島公園ほぼ中央の「香りの広場」。息抜きに来る人や、露店への通り道として歩いている人も少なくない。

170614yuhodou.jpg
菖蒲池東側の遊歩道もこの通り。

170614boats.jpg
池には沢山のボートが浮んでいる。祭りと豊平川花火大会の日は、夜間営業もしている。

170614konnzatu1.jpg
露店の並ぶ園路はこの通り。これでも空いている方だ。写真が撮れないほどの混雑だ。

170614konnzatu2.jpg
園路は混んでいても通り道としての隙間はある。

170614konnzatu3.jpg
ここは地下鉄中島公園駅3番口近く。駅そばとして混雑する場所だ。

170614yonou.jpg
この少し前から露店はなくなる、札幌コンサートホール・キタラへの園路。

170614boat.jpg
キタラへの途中、藤棚の横にあるデッキ。ここにも親子の鴨(マガモ)が居た。

170614houheikan.jpg
一方、豊平館前はガラガラ。お祭りと言っても中島公園は広いものだ。

170614kouenbasi.jpg
豊平館前から公園橋を渡り外に出て振り返って見ると静かだ。

170614siden.jpg
徒歩3分の市電「中島公園通」停留所で降りた人は数人。地下鉄駅とは比べものにならない程の数だ。17時過ぎだが何時もと変わらない。たまたまかも知れないが。

札幌まつりには乳母車では行けないと聞いていたが、
170614ubaguruma.jpg
平日の午前11時頃の地下鉄幌平橋駅前だが乳母車が来ていた。

170614ubaguruma2.jpg
夕方とは違う。露店が並ぶ中をスイスイ。のんびりした午前のひと時。

170614ubaguruma3.jpg
平日の午前と言うこともあるが見世物小屋が建つ自由広場も静かだ。

170614ubaguruma4.jpg
入れて上げようかな、とか考えているのかも知れない。

170614keibi.jpg
安心してお祭りを楽しんでもらうための警備も万全。

170614keibihonbu.jpg
警備本部と迷子センター。お世話にならないことを祈るがあれば安心。

170614kitara.jpg
何故かお祭りの三日間はキタラが閉鎖。なにか事情があるのだろう。毎年こうだから。
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年06月13日

札幌まつり前日の中島公園

2017年6月13日 札幌まつり前日の中島公園
14日から16日までは中島公園が一番賑わう札幌まつり。園路には約400店の露店が建ち、自由広場にはオートバイサーカス、お化け屋敷等の見世物小屋が建つ。準備に忙しい前日の中島公園を歩いてみた。

170613maturi9.jpg
各出入口に案内板がある。

170613setumei.jpg
臨時派出所、警備本部・迷子センター、トイレ、地下鉄駅、園内出入口、露店、公衆電話の位置などが示されている。

170611map.jpg
会場案内図、画像をクリックすれば大きくなるが一部の細かい字は読み辛い。

170613maturi8.jpg
ここから露店が始まる。便利な地下鉄3番口だが混雑が予想される。突き当たって左に進み道なりにいくと見世物小屋が建つ自由広場。更に進むと幌平橋駅に着く。混雑もいくらか緩和。

170613maturi6.jpg
園内には公衆トイレが7カ所あるが足りないので要所に臨時トイレが設置されている。

170613maturi7.jpg
札幌まつり開催中は貸しボートの営業は夜間まで延長される。

170613maturi1.jpg
自由広場には見世物小屋が建つ。

170613maturi3.jpg
自由広場の北側に警備本部と迷子センターがある。

170613maturi2.jpg
園路には露店が軒を並べる。露店用の電源が用意されている。これから一斉に建つ。

170613maturi4.jpg
ここに建つ電柱は札幌まつり専用。祭りが終われば撤去される。

170613maturi5.jpg
園路では一斉に露店を建て始めている。明日、14日露店も営業開始。好天を祈る
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年05月03日

第65回さっぽろ園芸市開催

2017年5月3日(水)〜22日(月)第65回さっぽろ園芸市開催

170503engeiiti1.jpg
園芸市が開かれた初日の5月3日は7月並の温かさ。サクラも満開。

170503engeiiti2.jpg
外から園芸市を覗けばこんな感じ。背景の桜は売り物ではなく開花中のエゾヤマザクラ。

170503engeiiti3.jpg
小さな花もあるし、

170503engeiiti4.jpg
大きな木々もある。

170503engeiiti5.jpg
更に飲食コーナーもある。

こちらをクリックするとイベント情報も → 第65回さっぽろ園芸市(チラシ)
タグ:園芸市
posted by nakapa at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

Kitaraあ・ら・かると

2017年5月3日〜5月5日 Kitaraあ・ら・かると
札幌コンサートホール・キタラでゴールデンウィークの音楽祭開催。「Kitaraをまるごと楽しもう!」という趣旨で気軽に楽しめるコンサート、スタンプラリー等、家族で楽しめるいろいろなイベントが用意されている。

170503kitaraara1.jpg
Kitaraあ・ら・かるとの会場、キタラのエントランス。

170503kitaraara.jpg
上の画像の一部(タイムスケジュール)を拡大。画像をクリックすると大きくなる。
詳細はキタラ公式ページご覧ください  → Kitaraあ・ら・かると

170503kitaraara2.jpg
キタラ前広場には飲食の移動販売車が並んでいた。

170503kitaraara3.jpg
7月並の暑さということでソフトクリーム販売車の前には行列が出来ていた。
なお、キタラ中庭ログハウスでも焼きそば、アイス、ビール等が販売されている。
posted by nakapa at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年05月01日

サクラ・園芸市・メーデー

2017年5月1日 サクラ・園芸市・メーデー
中島公園にとって忙しい日だったと思う。桜が咲いたしメーデー集会もあった。メーデーが終わると直ぐに園芸市の準備が始まった。

170501sakura3.jpg
菖蒲池東岸より西岸を見る。サクラの開花も本格的になってきた。

170501sakura2.jpg
サクラの下で結婚記念写真を撮っている。サクラを撮っていたら入ってしまった。

170501sakura.jpg
自由広場の東側園路のエゾヤマザクラ並木は開花したら直ぐ満開の感じ。

170501engeiiti3.jpg
その自由広場では何やら始まっている模様。

170501engeiiti2.jpg
5月3日から始まる園芸市の準備作業だ。

170501engeiiti.jpg
自由広場は忙しい。連日のフリマが終わったと思ったら、直ぐにメーデー集会、そして午後からは早々と園芸市準備が始まった。そして園芸市が終われば直ぐに「札幌まつり」準備が始まる。

170501mayday.jpg
午前中はここでメーデー集会が開かれていた。.ここには約3千人の労働者が集まった。

170501mayday2.jpg
街へ向かって行進が始まった。

170501mayday3.jpg
次々と札幌の中心部に向かってデモ行進に出発する。

170501botonoriba.jpg
4月29日から貸しボートの営業が始まっているが寒いせいか乗る人は少ない。
posted by nakapa at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年04月23日

フリマと花

2017年4月23日 フリーマーケットと咲き始めた花
4月23日は今年初めてのフリマ開催。続いて 4月29日(土) 4月30日(日)に予定されている。初めてのフリマは天候に恵まれた。中島公園内にも花が咲き始めた。5月に入ると恒例の園芸市が予定されている。

170423furima1.jpg
札幌まつりの見世物小屋でお馴染みの自由広場はフリマ会場にもなっている。

170423furima2.jpg
衣類の店が多いが本なども売っている。

170423furima3.jpg
4月29日、30日の土日にも予定されているが、大雨も場合は中止になる。

170423furima4.jpg
フリマは自由広場近くの園路でも開かれている。いずれも10時〜14時の開催。

170423tubomi.jpg
フリマ開催の園路に沿ってエゾヤマザクラ並木になっている。蕾も大分膨らんだ。

170423kitara.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場にはクロッカスが咲いていた。

170423soukyou.jpg
キタラのシンボル、安田侃の彫刻「相響」。

170423shoubuike.jpg
菖蒲池を覆う青空と雲が美しい。だんだん水と緑の中島公園らしくなって来た。

170423houheikan.jpg
池を挟んで豊平館の向かいにある大きなヤナギ(画像の左側)が気になっていた。シダレヤナギの様ではあるが、ちょっと違う堂々とした大木である。公園管理事務所が主催する「中島公園見どころ探訪ツアー」に参加してシダレウンリュウヤナギであることを知った。
「中島公園三十三選」には次のように書いてある「ウンリュウヤナギは枝がくねくねと斜上して特異な樹形になり、切り枝としても利用される。中国原産のペキンヤナギの変種であるが、公園内にはさらにこれが枝垂れるヤナギがあり、仮にシダレウンリュウヤナギと名付けている」。

170423tutuji.jpg
菖蒲池北側で白いツツジが咲き始めた。

170423hana.jpg
建物は地下鉄中島公園駅3番口。ここの花も咲き始めた。レンギョウの開花も間近。

170423hana2.jpg
同駅1番口近くで咲き始めた、この花はクリスマスローズだろうか。
posted by nakapa at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年02月11日

第11回ゆきあかりin中島公園

2017年2月10〜12日 第11回ゆきあかりin中島公園
中島公園9条広場をメイン会場として、さっぽろ雪まつりに合わせて開催。この三日間の夜、日本庭園も臨時オープン。中島公園駅より札幌コンサートホール・キタラまでが「ゆきあかり街道」となっている。昼間の目玉は雪の滑り台。子供たちに人気がある。

二日目 2月11日(土)昼間
170211yukiakari2.jpg
昼間の目玉は子供たちに人気の「雪の滑り台」。

170211yukiakari4.jpg
13時から15時まで、ソリを貸してくれる。

170211yukiakari1.jpg
やはり楽しそうだ。

170211yukiakari3.jpg
「かまくら」から外を見たところ。

170211susukino2.jpg
ところで中島公園から約240mで「すすきの氷の祭典」開催中。歩いて3分だ。ゆきあかりin中島公園と繋がるといいのだが。こちらは氷の滑り台。子供たちの行列が出来ている。

170211susukino1.jpg
楽しそうに滑っている。中島公園の雪の滑り台もいいぞと言ってやりたくなる。

170211susukino3.jpg
氷像が並び、その終点に氷の滑り台がある。そこから歩いてたった3分でゆきあかりin中島公園開催中だが途中にこれと言うものが無い。歩行者天国を中島公園まで繋いでほしい。温かくて美味しい北国の味を屋台で味わうというのはどうだろうか。

初日 2月10日(金)夜間
170210yukiakari12.jpg
灯りと願いのターミナル

170210yukiakari11.jpg
北側には飲食移動販売車も。画像右上。

170210yukiakari9.jpg
綺麗な雪像には「OASIS」と書いてある。

170210yukiakari8.jpg
北側の雪像。右側後ろの建物は公衆トイレ。

170210yukiakari7.jpg
かまくらの横に可愛らしい雪像。

170210yukiakari6.jpg
かまくらの中。

170210yukiakari5.jpg
南側の雪像。ミニ滑り台もある。

170210yukiakari4.jpg
日本庭園北門、ゆきあかりin中島公園の夜、臨時オープン。

170210yukiakari3.jpg
日本庭園内に作られた展望台。

170210yukiakari2.jpg
国指定重要文化財豊平館ライトアップ。

170210yukiakari1.jpg
キタラ前広場はスノーランタンとホワイトイルミネーション。

posted by nakapa at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年02月06日

ゆきあかりin中島公園準備中

さっぽろ雪まつりは明日から、共催のゆきあかりin中島公園は10日から12日までの三日間、主会場を中島公園9条広場として開催される。

170121yukiakari.jpg
画像をクリックすると拡大し字が読めるようになる。

170121yukiakari2.jpg
画像をクリックすると拡大し字が読めるようになる。

170205yukiakari.jpg
2月5日、9条広場(中島児童会館前)で準備中。

170205yukiakari2.jpg
雪の滑り台としても使われる「シンボルゆきあかり」も骨組みが出来た。
タグ:ゆきあかり
posted by nakapa at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年01月30日

1月下旬、中島公園のスキー風景

2017年1月21日〜29日の撮影
中島公園で歩くスキーをする人が増えている。都心近くでスキーセットを無料で借りられるので手軽に楽しめるメリットがある。外国人の利用者が増えている。

170129suki.jpg
歩くスキーコースは1周でやく1Kmとこじんまりとしている。手前は凍結した菖蒲池。

170129suk2.jpg
右端にコース案内板がある。コース6と書いてある。ここはボート乗り場近く。

170123sukii.jpg
これはスノーシューらしい。中島公園管理事務所で貸してくれる。有料200円。

170122sukii.jpg
この日は雪が降っていた。雪の下で見えないがここは菖蒲池東岸の遊歩道。

170121sukii.jpg
香りの広場を出て園路を渡るとコース10。もうすぐフィニッシュの中島体育センター。

170121suki2.jpg
左側が香りの広場、この園路を渡ればコース10だが、園路の段差で手こずる人も多い。

170129tenmondai.jpg
天文台坂を利用してソリ遊び等をする人たち。最近は雪遊びをする外国人が増えている。
タグ:歩くスキー
posted by nakapa at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年01月24日

探検(続)豊平館

2017年1月17日・24日 15時〜16時30分 探検(続)豊平館
場所は豊平館1階 下の広間でレクチャー、その後、豊平館内見学。レクチャー資料に「内部の見どころ」が紹介されている。建築等の知識がないので分かる範囲で要約してみた。

170124tanken1.jpg
1月24日、豊平館で開催されたイベントに参加した。

170124tanken2.jpg
豊平館裏側の付属棟より入る。画像右側は日本庭園。

約50分のレクチャーの後、館内見学をした。
170124tanken8.jpg
下の広場から2階に向かう。

170205kaidan.jpg
見どころ1.ロビーの階段。上り口のすぐのところに折れ上がる階段がある。曲線の美しさ、装飾を見ても、高い技術で仕上げられていることが分かる。建設当時の姿が再現されている。

170124tanken6.jpg
2階の広間の見学。

170205katen.jpg
見どころ2、優美なカーテン。カーテンの柄には、日本伝統のデザインである「牡丹唐草」が用いられている。洋織りの生地は京都西陣織。現在使われているカーテンはこれを再現したもの。カーテンの裾が床に引きずるほど長くなっているのが珍しく感じた。これも建設当時の再現。

170205danro.jpg
見どころ3、重厚な意匠の暖炉。館内にある6基の暖炉は1982年から1986年の工事で復元されたもの。マントルピースは天板のみが大理石で、その他は大理石風にしつらえた漆喰塗り。

170205shanderia.jpg
見どころ4、豪華なシャンデリア。8組あるシャンデリアのうち4組は建設当時からつられていた。当初はガス式灯具を導入し、ローソク灯として使用したが、1922(大正11)年の皇太子行啓の際に電灯に切りかえられた。現在もガス用のコックが付いている。

170205tenjoukazari.jpg
見どころ5、漆喰芸術の中心飾。天井中心飾は漆喰を盛り付け、こてで立体的に仕立てられている。「こて絵」と呼ばれる伝統技術で作られている。職人が成し得た洗練された漆喰芸術とも言える。部屋ごとにモチーフを変えた伝統模様が採用された。牡丹、菊、葡萄、椿、鳳凰、波に千鳥などが用いられている。

170124tanken5.jpg
大正天皇行幸の絵と思う。

170205what.jpg
中央は1階になくて2階だけにある謎の構造物

170124tanken4.jpg
1階と2階とを繋ぐ開口部。何に使ったのだろうか。

探検<続>豊平館のチラシ
170124tankentirasi.jpg
画像をクリックすると拡大し字が読めるようになる。
タグ:歴史
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント