2019年06月23日

鴨々川沿いの散歩

2019年6月2日 鴨々川沿いの散歩(後で追加あり)
中洲1号橋から中島橋までの遊歩道、そこから中島公園に入り水天宮に行く、そして、公園を出て南9条橋を渡ると駅前通に架かる藻山橋までの遊歩道がある。この辺りを散歩してみた。足りない画像は、後で追加したので撮影月日をつけている。

190623kamokamogawa1.jpg
6月23日撮影、6月2日の散歩について書き始めたが、不足の部分も多いので後で追加。

190602kamokamoyuuhodou1.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近くの中洲1号橋を渡り、中島公園を出るとキタラ裏が風情のある遊歩道になっている。昔のヤナギ並木がイチョウ並木に変わったのは残念だが。

190602kamokamoyuuhodou2.jpg
要所にこんな場所があって、鴨々川の上流・下流を見ることができる。建物はキタラ。

190621kamoyuuhodou.jpg
この画像は6月21日の撮影。鴨々川沿い遊歩道では欠かせない風景。

190602kamokamoyuuhodou3.jpg
ここはホタル橋、近くに渡辺淳一文学館がある。

190602kamokamoyuuhodou4.jpg
水車から少し下流に行くと、豊平館に近い公園橋がある。

190602kanban.jpg
公園橋近くの案内板の一部を撮影。薄野のコイ放流場のことも説明されている。

190602kamokamoyuuhodou5.jpg
日本庭園に向かって歩いて行くと、この辺りにはヤナギが数本残っている。

190602kamokamoyuuhodou6.jpg
中島橋を渡り再び公園に入り、日本庭園の横を歩き、こぐま座、児童会館の前を歩いて行くと、水天宮参道に架かる水天宮橋に着く。

190101kamokamo5b.jpg
水天宮橋上から撮影、人道橋の向こうは見えていないが南9条橋。再び公園を出て駅前通に架かる藻山橋方面に向かう。右側に2棟の高層ビルが見えるが、そこが薄野のコイ放流場。これからそこに向かうところ。画像は今年の元旦に撮った。

190414kamokam6b.jpg
公園を出て南9条橋を渡ったところ。4月14日撮影。

190512kamokamo7.jpg
もう直ぐ薄野のコイ放流場。画像は5月12日撮影。

再び本日(6月2日)に返る。
190602kamokamoyuuhodou7.jpg
南八条橋、ここからがコイの放流場。

190602kamokamoyuuhodou8.jpg
放流場に架かる人道橋。

190602kamokamoyuuhodou9.jpg
駅前通〈JR札幌駅から中島公園、西4丁目)に架かる藻岩橋。
posted by nakapa at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 鴨々川
この記事へのコメント
中島公園の近況が居ながらに分かって楽しませて戴いています。
些細な事ですが、思わず同感した別の事柄です。
一度間違えて同じ間違えをする私事ですが、新着情報にそれを見つけて同感しました。駅前通り南9条に架かる橋を「藻岩橋」と記されていますが、実は「藻山橋」が正しいと以前に指摘させていただき訂正されていました。
でも、今回ふたたび「藻岩橋」に誤記されていました。一度間違うとなかなか離れられない体験が私にもあって、それが「同感した」という事でした。藻岩橋というのは別のところに実在するようですので再び指摘させて楽しませていただきました。皮肉ととらないでください。
Posted by 足立英治 at 2019年07月10日 16:41
重ね重ねのご指摘有難うございます。
丁寧に読んで頂けたことと、間違いを知らせて頂いたことに感謝します。
なかなか知らせてくれる人は居ません。とても有難いです。
お陰様で訂正をすることが出来ました。
これからもよろしくお願い致します。
Posted by nakapa at 2019年07月12日 11:35
最新情報、春は三月雪解けだ の画像は良いですね。特に道路に溢れた水に映る豊平館が秀逸だと思いました。近くにいらっしゃるこそのタイミングで、うらやましいなあと思いました。
今年は白鷺の情報が載っていませんが、来ていないのでしょうか。創成川の下流には時には十羽くらいが一緒にいることもあると聞いていますので、その年によって来るところが違うのかなと思っています。

これからの季節の早朝には、濡れた路面が氷模様で埋められることがあります。早起きの辛さがありますが、気が向かれたら出られて中島公園の季節の彩を発信してください。私もタイミングを見計らってこの季節ならではの光景を見るために出向く心づもりをしました。
Posted by 足立英治 at 2020年03月11日 09:37
春の雰囲気が漂い始めた中島公園の様子をブログ上で楽しませていただいています。
公園に来る動物に興味を持っています。この冬にダイサギの画像がありませんが、お見かけになったことはありましたか?
その年によって、珍しい鳥(アカエリヒレアシシギ)が群れて池の中心をぐるぐる回って泳ぐ様子も数年前にアップしてくださいました。
ダイサギは近年よく見かける鳥になっていますが、今年の中島公園ではどうなのでしょうか、お知らせ頂ければ嬉しいです。
Posted by 足立英治 at 2020年03月15日 13:00
足立さん、コメントありがとうございます。
残念ながらダイサギは今年はまで見ていません。
アカエリヒレアシシギは、あれ1回限りで、その後見たことありません。
豊平館前の水溜まりはいいタイミングでした。翌日行ったら水は引いていました。
何で溜まったのか分かりませんが、初めて見ました。
Posted by nakapa at 2020年03月16日 21:50
やはり今年はダイサギをご覧になっていませんでしたか。でも、またいつか姿を見せると思われるのでその時は又どうぞ発信してください。楽しみにしています。
公園のアスファルトが前日の雪解け水で濡れた状態の翌日の早朝に、アスファルト路面に雪の結晶に似た氷模様が出ることがあります。これからの時期の景色ですが、日が昇ると消えてしまうスリリングなものです。
北大構内で何度も見た風景ですが、中島公園でもあると思います。タイミングが合えば見れると思いますので、もし出会えたらこれもどうぞ発信してくださると嬉しいです。「路面の氷模様」と検索するとその様子の一端が分かります。
アップされました水たまりと豊平館の写真から、氷模様の先に豊平館が建つ景色を勝手に連想しています。
Posted by 足立英治 at 2020年03月17日 07:30
失礼ながら最近のカメラワークが上手になられました。中島公園の様々な情報伝達には高画質のカメラや画像のバランスより軽快さが要りますね。画像には日付けと時間があると自然情報に興味があるものにとっては貴重です。
2020年11月8日の公園の様子に、遊歩道からアオサギや白い鷺を写真に撮る人たちを後ろの高い位置から写し撮っているのは新聞写真を見るようでした。面白かったです。日本庭園も冬休みに入ることも分かって、冬の到来を実感します。
Posted by 足立英治 at 2020年11月09日 08:03
失礼ながら最近のカメラワークが上手になられました。中島公園の様々な情報伝達には高画質のカメラや画像のバランスより軽快さが要りますね。画像には日付けと時間があると自然情報に興味があるものにとっては貴重です。
2020年11月8日の公園の様子に、遊歩道からアオサギや白い鷺を写真に撮る人たちを後ろの高い位置から写し撮って新聞写真を見るようでした。面白かったです。日本庭園も冬休みに入ることも分かって、冬の到来を実感します。
Posted by 足立英治 at 2020年11月09日 08:04
失礼ながら最近のカメラワークが上手になられました。中島公園の様々な情報伝達には高画質のカメラや画像のバランスより軽快さが要りますね。画像には日付けと時間があると自然情報に興味があるものにとっては貴重です。
2020年11月8日の公園の様子に、遊歩道からアオサギや白い鷺を写真に撮る人たちを後ろの高い位置から写し撮って新聞写真を見るようでした。面白かったです。日本庭園も冬休みに入ることも分かって、冬の到来を実感します。
Posted by at 2020年11月09日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186094379

この記事へのトラックバック