2018年06月08日

2018年 中島公園の親子鴨

2018年 中島公園の親子鴨(マガモ)
今年の親子鴨を纏めて掲載。

6月8日
180608oyako6.jpg
当分続くキショウブと親子鴨の季節。

6月7日
180607oyako3.jpg
今年は親子鴨が多い、今度は3羽の親子。

180607oyako2.jpg
今時はキショウブがあちらこちらで咲いている。

6月6日
180606oyako2.jpg
少し大きめのマガモの子等。巣立って2周間くらいかな。

6月5日
180605oyako4.jpg
キショウブの元に4羽の子をもつ母鴨。

180605oyako5.jpg
順調に育っているマガモの子等。

6月3日
180603botokamo.jpg
ボートから親子鴨を撮影する親子。豊平館に近い橋の辺り。

180603oyako6.jpg
日本庭園で見た親子鴨。

5月31日 心配な孤児ハッチ?
180531minasigo.jpg
子等の親が見えなかった。菖蒲池南側河口近くから豊平館前の池に繋がるところに架かる橋の辺りまで観察した。時間にして15分程度だが子等は親を探して泳ぎ続けていた。果たして親と出会えただろうか? 心配だ。 

ふつうは親が辺りを監視して子等は黙々とエサを食べる。エサを食べないで泳いでばかりしていたら体力を消耗するばかりだ。1時間くらい離れ離れになっても再開するのを見たことがある。あるいはもっと離れていたも大丈夫かも知れない。ともかく親と離れた子等は生きて行くことが出来ないと思う。

5月26日 今日見た3組目かも知れない親子鴨
180526oyako1.jpg
4羽の子ももつ親子鴨を見た。

180526oyako2.jpg
何となく子が大きい様な気がする。19日に見た8羽の子が減ったのだろうか?

5月25日 私が見た2組目の親子
180529oyako9.jpg
数えて見たら子が9羽いたので19日のとは違う親子と判断した。

180529oyako9b.jpg
親子の大きさの違いから巣立って間もないと思う。

5月22日 19日に見た親子のその後
180522kamo2.jpg
通りがかりだが、この時期は人々の視線の先をチェックする。

180522kamo1.jpg
19日に見つけた親子鴨が居た。子が8羽無事に確保されていたのでホッとする。

5月20日
180520oyakobarabara.jpg
よく見ればボートが近づきバラバラに散る8羽の子ガモが見える。

5月19日
土曜日だが雨が降り散歩する人も少ない。それでも散歩者の視線の先には何かある。

180519oyako5.jpg
雨衣を着た人の視線の先に親子鴨が見えた。

180519oyako4.jpg
近づいて見ると8羽の子ガモが居た。巣立って間もない大きさだ。

180519oyako6.jpg
しばらく歩くと今度は傘を差している人達が何かを見ている。

180519oyako2.jpg
全部は写っていないが先ほど見た親子鴨だ。

180519oyako7.jpg
トコトコ陸に登り始めた。

180519oyako3.jpg
母鴨は再び池に誘導するつもりかも知れない。

180519oyako1.jpg
鴨(マガモ)の親子。

タグ:母子鴨
posted by nakapa at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183269270

この記事へのトラックバック