2015年02月12日

冬の9条広場と遊戯広場

地下鉄中島公園駅で下車して直ぐの場所が9条広場と遊戯広場。境界線ははっきりしないと言うよりも無いのかもしれない。この広場のシンボルは山内壮夫の「森の歌」と名付けられた彫刻。

「森の歌」は1959年10月、中島公園で開催された北海道大博覧会を記念して建立された。当時、誕生した中央広場の噴水の真ん中に白セメント製の「森の歌」が立っていた。1997年9月、札幌コンサートホールの建設に伴う移設を機に、中島公園の表玄関である9条広場に移された。その際、長期保存に適したブロンズで再鋳造された。

090311morinouta.jpg
9条広場の「森の歌」、2009年3月11日撮影。

以下、2015年2月11日撮影

150211nakajimakoueneki1.jpg
地下鉄南北線中島公園駅下車1番口を出て左に行くと直ぐに9条広場がある。ところでこの駅は小さな駅だが構造は極めて複雑だ。数年前に防火対策として入口を増やしたせいだと思う。普通に降りて普通に進む分には差支えない。ただエレベーターを利用してトイレに行き、そして改札口はどかとか考えるとややこしい。


150211ichonamiki.jpg
大正時代に植栽されたイチョウ並木。この西側に9条広場と遊戯広場がある。そこで「ゆきあかりin中島公園」が開催されていたのは三日前まで。右端に見えるのはエスキモーの家(イグルー)でイベントの構造物である。

150211jidoukaikann.jpg
9条広場に近い方に中島児童会館がある。1949年に日本で初めて出来た公立児童会館だ。会館前にもシーソー、ブランコなどの遊具があるが、シーソーは雪の中に埋まり、ブランコは取り外されている。この状態で春を待つ。

150211kujouhiroba.jpg
9条広場は「ゆきあかりin中島公園」のメイン会場になっていたので雪像なども残っている。

150211kogumaza.jpg
1976年に開設された人形劇場こぐま座の前。そこは遊戯広場になっているが冬は雪に覆われている。

150211yuugihiroba.jpg
愛称はちびっ子広場だが中島公園リーフレットには遊戯広場と書いてあるのでそれが正式名称と思う。

150211nakajimakoueneki3.jpg
遊戯広場のすぐそばに中島公園駅3番口がある。遊戯広場出入口と言ってもいいくらい近い場所だ。

150211yukinosuberidai2.jpg
「ゆきあかりin中島公園」で造ったものが残っている。右はエスキモーの家(イグルー)。正面はピラミッド型の展望台だが昼間は子供たちの「ゆきあそび」の目玉、雪の滑り台として利用されていた。

150211yukinosuberidai.jpg
雪の滑り台はイベントが終わった後も子供たちに利用されている。

150211hato.jpg
最近はいつも9条広場上空を鳩が飛んでいる。なぜだろう?

150211nobiyukukora.jpg
1976年に新一年生のお母さんの集いを記念して建立された彫刻「のびゆく子等」の像。
posted by nakapa at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 広場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113593824

この記事へのトラックバック