2014年06月25日

親子鴨と鯉の産卵?

10年前までは鯉の産卵が毎年見られたような気がする。当時は調べていなかったので正確なことは分からないが、そんな気がしていた。それが2006年に中島公園の池の鯉が一斉に消えてしまった。それから3年くらいするとボチボチ鯉も見られるようになった。数が次第に増えていった。

先日中島公園散歩者から鯉の産卵情報が得られたので見に行っった。それらしいものが見られたので撮ってみたがどうだろう。産卵だろうか? 私にはよく分からない。しかしこのような状況を見られたのは9年前に鯉が一斉に消えた「事件」以来初めてである。もしそうなら大変喜ばしいことだ。再び中島公園生まれの鯉が見られるかも知れないのだ。

140624sanran.jpg
工事中の豊平館前の池。マガモ親子の側に産卵鯉かも?

140624ike.jpg
ここは豊平館前の池。橋の向こうが菖蒲池。この橋は札幌コンサートホール・キタラへの園路。コンサートが終わる夜は大勢の人たちがこの橋を渡る。20年前は夜の中島公園は怖いと言われたものだが、ずいぶん変わったものだ。もちろん良くなったとの意味で……。

140624asimoto.jpg
足元を見ると鯉がいる。鯉が産卵すれば稚魚も見られるのだろうか? マガモの親子に鯉の親子とか想像は果てしなく続くが、果たして鯉の親子関係とはどんな関係だろうか?
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112608515

この記事へのトラックバック