2008年03月24日

巨悪に挑む?(上)

2008/3/24

「巨悪に挑む?(上)」  
〜いつの間にか消えた、100匹の鯉〜
「あんたの書いたフィクションなんか、
つまらないから読まないよ」
「実は事情がありまして……」
「事情があって事実とは言えない? なるほど」
「そんなことないんですが……」
「そんなことないけど、関係者に知られるとヤバイ? ふ〜ん」
「作り話ですよ! 本当にフィクションなんです」
「分かったよ。そうムキになるな」


一見やくざ風。その男を仮に「親分」と呼ぶことにする。親分は飴玉を三つくれて「みんなが迷惑するから誰にも言うんでない」と、口止めをした。
「有難うございます。お陰さまでようやく謎がとけました。誰にも、なにも言いません」
その時の私の正直な気持だ。不思議で仕方がないからいろいろ調べていたが、分かればそれでいい。もめ事はゴメンだ。

事件はこうして始まった。北国の街A市B公園の池で、大量の鯉が突然消えた。何故だろう? 原因はおろか「いつ消えたのか」さえ分からない。ある日突然いないことに気がついたのだ。以前は、そこらじゅうで泳いでいた鯉が突然パッと消えたのである。当局からの発表もなければマスコミ報道もない。こんなことがあっていいのだろうか。

A市、B池に鯉が初めて放されたのは明治23年(1890年)のことである。それから116年たった2006年の春、凍結が融けてみると池の中の鯉が、一匹残らず消えてしまっていた。昭和21年(1946年)にもマゴイ10万匹の幼魚を放流していたのだ。戦争中に荒れた池の回復を願ってのことと思う。長年にわたり棲息していた鯉が、文字通り水の泡となってしまったのだ。いったい凍結した池の下で何が起こったのだろう。

春になると表面に張っていた氷が融け、水温が徐々に上がると、池の底に眠っていた鯉が目を覚まし泳ぎ始める。この時期になると、春の陽気に誘われるようにして、公園を散歩する人たちも次第に増えてくる。デジカメで池に向って写真を撮っていると、見知らぬおばさんに声をかけられた。

「鯉が見えないでしょ。みんな死んじゃったのよ。工事で水を止めたから酸欠をおこして死んじゃったの。子供たちが池の主といっていた大きな鯉が、一匹残らず死んじゃったのよ。悲しいよね」おばさんは怒っていたが、私は信じられなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

資料画像:河川工事中の中島公園内鴨々川。川の水を止め、川底を掘って直系1mの導水管を埋める。工事中、止めた水は両脇のホースで流している。画像はこのエッセイと関係はないが、参考の為掲載。

「そんなことないでしょう。地下鉄工事で池の水を抜いた時だって、鯉は養鯉業者に預けていたんですよ。酸欠を起こす前に何処かに預けるでしょ。ここの鯉は昔から大切にされてきたのです。心配ないですよ」

とは言ったものの、気になって池のまわりを鯉を探しながら歩いたが、一匹の鯉も見つけられなかった。ボート小屋のおじさんに聞くと、「寒いからまだ、池の底に潜っているのだろう」と気にする様子もない。何か変だ。既に、温かくなっている。鯉が泳ぎだすほどの水温になっているのだ。何か胡散臭い。おじさんが横を向きながら話しているのも気になった。

10人以上の「散歩の常連さん」に聞いてみたが、見た人は誰もいなかった。中には「私はウオーキングに専念しているから、池なんか見てないよ」という人もいたが、大部分の人は「不思議だ」と言って、首を傾げていた。いろいろ調べたが池に鯉がいないことがハッキリしたので、新聞社に知らせた。さっそくC記者が取材に動いた。素早い対応に問題の深刻さを感じた。しばらくして電話が来た。

「公園事務所やA市公園課を取材したのですが、おかしいですね。まったく関心がないのですよ。住民も、なぜ騒がないのでしょうね。100年間続いた環境が破壊される可能性だってあるんですよ。原因が分からないのですからね!」着任早々、この事件に遭遇した記者は義憤を感じているようだ。特に、公園関係者やA市住民の無関心ぶりには呆れているようだった。

ともかく大量の鯉がいっぺんに消えた。果たして鯉だけの問題ですむのであろうか? 都心に残された最後の自然が、今まさに壊れようとしている。記者が怒るのも、もっともである。しかし、住民としての私にも言い分がある。

「関心があっても、マスコミが取り上げてくれなきゃ、どうにもならんでしょ。何とかして下さいよ」
「公園事務所では池は関係ないと言うんですよ。公園の中の池ですよ。そんなことってあるんですかねぇ。取材に行っても何もないの一点張り、取り付く島もないんです。ともかく、現場を見た人がいなけりゃ話にならんですよ。見つけてくれたら徹底的にやりますよ!」

少なくとも100匹以上はいただろう。鯉がこんなに沢山一度に死んだのなら、死骸を見た人がいるはずだ。 死骸を片付ける現場を見た人だっているはずだ。魔法じゃあるまいし、パッと消えるはずがない! 「見つけろ」という記者も横柄とは思うが、乗りかかった船だ。今更降りるわけにも行かない。何とかして「証人」を見つけたいと思った。

おばさんは現場を見たと思うが、会うことはできなかった。鯉のいない公園に愛想をつかしたのかもしれない。2週間一生懸命探したが、現場を見た人にも死骸を見た人にも会えなかった。まったく不思議なことがあるものだ。大量の鯉が一匹残らず、誰にも知られずに消えてしまった。こんな不思議なことはない。この謎は絶対に解いてやろうと決意を新たにした。

〜巨悪に挑む?(上)おわり〜 続編は「深まる謎」。
ご期待下さい。
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107217080

この記事へのトラックバック