2008年08月31日

過酷な北海道マラソン

2008/8/31

「過酷な北海道マラソン」        
「クイズです。マラソンで中島公園に一番で入ってくる人は?」
「会場設営作業員」
「ダメです。真面目に答えて下さい」
「一番早いランナーに決まっているだろ」
「違います」
「じゃあ、先導車」
「車は中島公園内のコースには入れません」


実は一番早く入って来る人は棄権したランナーです。収容車に乗って中島公園に来ます。 フロントに「収容」と表示したバスです。
クリックすると元のサイズで表示します

医療スタッフが担架を用意して待ち構えています。
クリックすると元のサイズで表示します

歩ける人は救護テントまで歩いて行きます。寂しそうですね。
クリックすると元のサイズで表示します

救護テントでは医療スタッフがお世話します。
クリックすると元のサイズで表示します

北海道マラソンは過酷なレースです。 毎年5千人近い人が参加しますが、完走できるのは半分程度です。

4時間の制限時間が厳しいのです。 これを段階的に7時間に延長し、将来3万人くらい参加できる大会にする計画があります。

東京マラソンは7時間ですが、今年は13万人の応募がありました。 これをお手本にして、北海道マラソンも3万人規模の大会に再構築したいと考えているのです。

9月1日北海道新聞によると、参加者4,723人、完走者3,005人、完走率63,6%でした。

高橋北海道知事は「制限時間をぜひ延長したい。今、関係機関と協議している」と述べ、数万人規模の世界有数のシティマラソンに衣替えする方向で検討するそうです。


そうなると、フィニッシュ中島公園で間に合うのでしょうか。 中島公園近所の住民としては複雑な心境です。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106374281

この記事へのトラックバック