2010年03月24日

春近し、3月24日の中島公園

〜春近し、3月24日の中島公園〜
春は雪融け、雪が融けると、緑の草が見えてくる。 
それだけではない、ペットボトルや、空き缶も出てくる。
カラスがペットボトルや空き缶を加えている姿もよく見るが、
何をしているのだろうか?

更に菖蒲池が融ければ、残った氷の上には、
カラスやカモメが止まっている。
多分、死んで浮き上がってくる魚を待っているのだろう。

自転車に乗っている人は増える。
日本庭園では東屋の建設工事が進んでいる。
札幌コンサートホール・キタラの南側では、
鴨々川導水管修復工事が行われている。
ようやく、春を迎える準備が始まった。

クリックすると元のサイズで表示します
手前、中島公園内は雪、外、薄野側は雪なしの春です。

クリックすると元のサイズで表示します
新しい中島公園駅3番出入口。パークホテル側から撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
こぐま座、児童会館前の雪はなくなった。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池南側は河口があるので融け始めている。

クリックすると元のサイズで表示します
春です。自転車も増えました。キタラ前。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川導水管補修工事。キタラ南側。向こうに白鶴橋。

クリックすると元のサイズで表示します
カンカンカラスのカンコーヒーかな?
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105988348

この記事へのトラックバック