2012年03月04日

中島公園ぶらり写真旅 2012年3月4日(日)

〜中島公園ぶらり写真旅 2012年3月4日(日)〜

3月4日は午後から晴れ。
午前中に雪が降った為か中島公園はスッカリ雪化粧。とても奇麗でした。 
実はこの日は、待ちに待った中島公園「ぶらり写真旅」の日です。

「札幌の文化遺産を中心に観光コンテンツを作成……」
という目的で、人形劇場こぐま座、国指定重要文化財豊平館、札幌市天文台、
札幌コンサートホール・キタラや、周辺の風景などを撮影しながらのぶらり旅です。

主催は「札幌まちあるき事業検討実行委員会」。
写真は、三田村氏(ドーコンモビリティデザイン)撮影です。 

クリックすると元のサイズで表示します
札幌パークホテル3階で中島公園「ぶらり写真旅」の説明。

クリックすると元のサイズで表示します
30名の参加者にプロジェクターを使ってブリーフィング。

クリックすると元のサイズで表示します
出発前に打ち合わせ。カメラも入念にチェック!

クリックすると元のサイズで表示します
こぐま座近くにある「のびゆく子等」の像。 
雪壁は2月10日〜12日に行われた「ゆきあかりin中島公園」の残骸です。 
雪壁に穴を堀り、紙コップに願い事や絵を描いてローソクを灯して置きました。 
暗闇の中でユラユラ揺れてとても奇麗。
「札幌彫刻美術館友の会」受けもちの「灯りと願いのターミナル」。
手伝ったので、つい先日のことですが懐かしいのです。

クリックすると元のサイズで表示します
凍結した池は新雪で真っ白。そこに映る木々の影が奇麗。
人の影しか見えませんが、木々の影は自然のアートです。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影中の「ぶらり写真旅」御一行様。視線の先は豊平館?

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館は今年の4月より、大改修の為閉館です。
建って132年、今回の改修は4年がかりの大工事。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌市天文台。外の斜面でソリ滑りする子供が多いのです。
ここを昔どおり岡田山と呼ぶ人もいます。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラのスタッフが館内を案内してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラのシンボル大オルガン。パイプの数は4,976本です。

クリックすると元のサイズで表示します
14時30分から16時までは「ぶらり写真旅」の楽しい時間。 
ホテルに帰ってから撮った写真の発表がありました。 
なるほど写真とはこう撮るものかと感心するばかりです。

GPSにはビックリしました。歩いたところが地図上に赤い線で表示されるのです。 
とても面白そう。デジカメと組み合わせると撮った場所が分かるとか……。

なにぶん初めて見たので何だかよく分かりませんが、
世の中も進歩したものだと思いました。
進歩のスピードが早すぎてついて行けないと感じたのです。

私のような高齢者はついて行かない方がいいと思いました。 
無理してついて行こうとすると、それだけで人生が終わりそうです。
流れについて行くだけの人生では寂し過ぎます。

人は人私は私で良き候、てな気持ちになりました。 
短い間ですが若い人たちと行動を共にして、自分の役割も見えてきたような気がします。 

これからはしっかりと中島公園の歴史を勉強して、次の世代へ繋ごうと決心しました。 
次世代への継承こそ私たち世代の「仕事」と認識した次第です。 
いつまで続くか分かりませんが、それも人生(笑)。

私が撮った一枚 オシドリ♂
クリックすると元のサイズで表示します
拙い写真ですが、当日発表された写真の中にオシドリが無かったので載せます。 キタラ近くの中州橋の下にいました。 
もちろん4日当日の撮影です。
タグ:広報活動
posted by nakapa at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105918745

この記事へのトラックバック