2012年08月02日

中島中学の彫刻清掃

〜中島中学の彫刻清掃〜
中島公園で開校した中島中学には、公園に因んだ作品
を含め多くの美術作品がある。
 
彫刻清掃に先立ち、それらを纏めた資料が配布された。 
「中島ギャラリーPart1」からPart9まで整理されている。 
その中で唯一、誰もが自由に見れるのが
Part1の「協力の像」である。

120802kyoryoku.jpg
 中島中学校南東側の角にある。
どこからでも自由に見ることが出来る「協力の像」。
1964年、中島中学が移転新築された年に建立された。 
移転前の同校は、現在の札幌パークホテルの位置にあり、
文字通り中島公園の中島中学だった。

120802kaikaisiki.jpg
8月2日午前中、夏にしては肌寒い日だった。
この日、中島中学の生徒達は「協力の像」の清掃を行った。 
協力したのは、彫刻清掃について豊富な経験のある
「札幌彫刻美術館友の会(友の会)」。

120802kousha.jpg
 実はこの像、半世紀前の中島中学生徒会の総意で2,200人
の生徒が廃品回収で資金を集め制作されたものである。
廃品を提供した人を加えると一万人を超える人々が
「協力の像」制作に関係したかもしれない。

120802senjoki.jpg
清掃は高圧洗浄機と手洗いから始める。

生徒の思いを形にしたのは当時の美術教師、坂坦道氏。
札幌のシンボルとして有名な羊が丘にある「クラーク像」
の作者と言った方が分かり易いかもしれない。

120802yogore.jpg
友の会会員の指導で高圧洗浄機を操作する生徒。

資金集め廃品回収したのは校舎移転前、まだ中島公園
に隣接していた1962年頃。時がたつのは早いものだ。
今は60代になってしまった元中島中学生が、見違えるように
綺麗になった「協力の像」を見て喜んでくれるだろう。 

120802arau.jpg
高圧洗浄機で水を吹き付けると素早く汚れが落ちる。

半世紀前の1964年、中島中学生徒会の総意で、皆で協力して作った像が、
いつでも誰もが見られる位置にある意義は大きいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
ところで「札幌まちあるき博物館」のM先生(北大)もポロクルに乗って駆けつけてくれた。
忙しいのにありがとう。

120802haburasi.jpg
「細かいところは歯ブラシを使って清掃」と説明。

説明にもあったが、彫刻清掃で大切なことが二つある。 
ひとつは怪我をしないこと。
もうひとつは彫刻を疵つけないことである。 その為には
「ゴシゴシよりなでなで」の気持ちで磨くことが大切だ。 

120802haburasi2.jpg
さっそく、中学生が歯ブラシを使ってやってみる。

その点、歯ブラシは彫刻清掃具として最適である。
歯茎などの柔らかいものを磨く歯ブラシだから、
彫刻を疵付ける心配がない。

120802hamigaki.jpg
黒く汚れた所は、細かくなでて丁寧に清掃する。

高圧洗浄機を使うと面白いように汚れが落ちるが、
細かい所にシツッコイ汚れが残りなかなか落ちない。 
彫刻の材質に合った洗剤をつけた歯ブラシが有効。
狭い範囲を小刻みに動かして汚れを落とすのがコツと言われている。

120802minnade.jpg
文字通り協力して「協力の像」を清掃する。

中島中学の生徒と札幌彫刻美術館友の会が協力して
「協力の像」を綺麗にしている。 
世代の違う人たちの協力は特に大切と思う。 
人の一生は限られている。
すべでは次世代に引き継がれて行くものと思う。 

120802siage.jpg
最後にもう一度高圧洗浄機で洗剤等を洗い流す。

洗剤も使って汚れを落としているので、
洗い落とす必要がある。 
再び、高圧洗浄機の登場で作業は完結する。 

先輩達が48年前に作った像を、後輩が清掃する。
大変、有意義な半日と思う。参加の皆様お疲れ様。

(当日、学校より配布された資料を参考にして書きました)
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105888479

この記事へのトラックバック