2012年08月14日

8月8日から14日の中島公園

〜8月8日から14日の中島公園〜
考えてみれば惜しいことをしたものだ。
最新情報にこだわり、お気に入りの写真も載せていない。
今月より反省して改善したつもりだ。

2012年8月8日
120808biru.jpg
 青い空と白い雲、高層ビルに水と緑。それにボート。
この1枚に中島公園の性格が凝縮されている。

120808jinrikisha.jpg
 人力観光自転車? 平地の札幌ではもってこいの乗り物。
果たして、環境問題解決の一翼を担えるか。 期待!
中島公園出入り口前で、なぜか停車中。

120808mizutori.jpg
 一見、カルガモのように見えるが、
くちばしが黄色いところはマガモの雄のようだ。
胴体が黒っぽく見えるが、光線の具合だろうか? 
こぐま座近くの橋下。実際と色が違うだけかも。

120808natuzora.jpg
 中島公園の南側は池越しに藻岩山が見える。
北側は東北・北海道最大の盛り場、すすきの。
120年以上、いろいろ姿を変えてきて、今がある。

2012年8月9日
120809sakkyo.jpg
 楽団専用車両だろうか、札幌交響楽団と書いてある。
ここはキタラ駐車場。裏側には鴨々川が流れている。

2012年8月11日
120811oyako.jpg
 三組目の親子鴨(マガモ)に出会えた。ヒナも7羽居る。
以前の二組は、直ぐに居なくなってしまった。
今度こそ、成鳥になるまで2ヶ月間居てほしい。
<8月15日追記>
いなくなったと思っていた7月下旬のマガモ親子は、
幌平橋駅から80m下流の鴨々川にいた。子鴨4羽。
あれから2週間、かなり大きくなっていた。

120811u.jpg
この鵜は中島公園が気に入ったようだ。
のんびりと石の上で休んでいることが多いが、
このときは潜ったり水面に出たりを繰り返していた。
餌でも獲っているのだろうか。

2012年8月13日
120813fuefuku.jpg
 雨が降った。花木は元気なり、彫刻は綺麗に洗われた。
中島公園ほぼ中央の「香の広場」には4体の彫刻がある。
その内の一つ、山内壮夫の「笛を吹く少女」。

120813hassoan.jpg
 雨の八窓庵といいたいところだが、
八窓庵に付設された「三分庵」、こちらの方が格好いい。
皮肉なことに右側に付設された様な感じなのが八窓庵。
江戸時代の八窓庵に後から付設されたのが三分庵。
大正時代のことである。いずれも移築されたもの。

120813hato.jpg
 6月の札幌まつりでは見世物小屋でにぎわった自由広場。
雨の13日のことだが、寂しそうなハトが一羽。

120813oyako.jpg
11日には7羽いた鴨の赤ちゃんは5羽に減ってしまった。

2012年8月14日
120814boat.jpg
こちらは波止場。出船入船衝突注意。ヨーソロー

120814kissa.jpg
 ここは喫茶の穴場。文字どおり階段を下りて突き当たり。
文学館の裏から穴に入るように下がって行けば到着する。
文学館地下にある「Tea Lounge オアシス1」。 
120814taisen.jpg
 「日本で唯一、藻岩山を背景として建つ体育センターです」
「山の名前さえ変えれば、みんなそうだろう」
「みんなじゃありません」
「そうかい」
「富士山を背景としてもつ体センは山ほどあるでしょ」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105888411

この記事へのトラックバック