2015年10月24日

北海道初「竹あかり」

キャッチコピーは「竹の力×人の力〜北と南で日本の舵をきる〜」。
北海道初の「竹あかり」が10月24・25日に日本庭園の北側で開かれている。先ず、チラシをご覧ください。趣旨などが分かります。画像をクリックすると画像が大きくなり文字と読むことができる。

151024take11.jpg
画像をクリックすると拡大し字が読めるようになる。

151024take12.jpg
画像をクリックすると拡大し字が読めるようになる。

151024take3.jpg
イベントは日本庭園北門付近で実施。南門(豊平館側)は閉鎖されている。

151024take2.jpg
雨が降っていたが北門から入ると賑わっていた。

151024take4.jpg
沢山の人が竹あかりを囲んで写真を撮っている。

151024take5.jpg
これが竹あかり。竹の中でローソクが灯っている。

151024take7.jpg
竹と灯りが織りなすアートに魅了される。

151024take8.jpg
かすかに庭園の緑をうかがい見えるところがいい。

151024take9.jpg
雨が降る中傘もささずに撮っている。だれもフラッシュをたかないので私も遠慮した。

151024take10.jpg
携帯で撮る人も。雨の中日本庭園北側は訪れる人で賑わっていた。私にとっては予想外。

151024take6.jpg
要所に立ち入り禁止の表示。

151024take1.jpg
北門前には移動販売車、飲食店花月もオープン。
posted by nakapa at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

秋の日本庭園、築山林泉回遊式

2015年10月24日撮影
中島公園にある日本庭園は「基本的型式と言える築山林泉回遊式とし、奥山から発した流れが瀬を走り、淵に寄り、平野を流れ、沼に休み大海に注ぐまでの自然風景を縮景」したものだそうだ。そのようなつもりで水系を歩いてみた。

151024nihon1.jpg
豊平館側から日本庭園に入り、少し歩くと水の音が聞こえる。左側を見ると小さな滝がある。

151024nihon3.jpg
よく見ると右上に小さな滝、そこから水が落ちて流れて更に落ちて、この滝に来るようだ。

151024nihon4.jpg
滝の下に水を溜め、更に落としている。よく見ると本当に芸が細かい。庭は動き変化するアートと思う。

151024nihon5.jpg
これが「奥山から発した流れが瀬を走り」ということかな。ともかく水の流れに沿って歩くと楽しい。

151024nihon6.jpg
「平野を流れ、沼に休み」。と言うことは右に見える池は自然の沼。なぜなら「自然風景を縮景」したのだから。

151024nihon7.jpg
ここに棲息している鯉も鴨も亀も、ここを自然の沼と思っているのに違いない。沼は水が休む所なのだ。

151024nihon8.jpg
あの橋の向こうは菖蒲池、この池に比べれば大海だ。菖蒲池を出た水は水天宮前で鴨々川と合流し、鴨々川はよどんでいる茨戸川に清流を注ぎ込みキレイにしている。遥かな道のりを経て「奥山から発した流れ」は本物の大海に注いでいる。カッコ内の文は工事報告書からの抜き書きと『さっぽろ文庫』に書いてあった。

中島公園の日本庭園には石庭もある。
151024nihon2.jpg
落ち葉は毎日と言うよりも毎時間落ちている。

151024nihon9.jpg
反対側から見るとこんな感じ。

竹あかりナイトの準備中
151024takeakari.jpg
2015年10月24・25日は北海道初の「竹あかり」。17時から実施。今は準備中。
タグ:日本庭園
posted by nakapa at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 施設