2015年10月10日

中島公園ガイドツアー

鴨々川ノスタルジア関連のイベント「中島公園・すすきの名所を巡るガイドツアー」に参加した。10月10日の中島公園散歩ツアー、昼の部1時間半コースである。スタートは札幌パークホテルで森の歌、水天宮、日本庭園、八窓庵、菖蒲池、豊平館、天文台、キタラ、香りの広場、文学館の順で散策した。

151010nakajima1.jpg
中島公園ガイドツアーのスタートは札幌パークホテル、ご案内は観光ボランティアガイドさん。中島公園に入ったこの出入口は地下鉄中島公園駅3番口の正面に位置しているのでとても便利だ。

先ず、山内壮夫の彫刻「森の歌」の前で簡単に歴史的説明があった。この辺りは扇状地で川が何本もあったそうだ。今では鴨々川一本しか残っていない。これだけは自然に近い形でいつまでも残してほしいと思う。

次に水天宮、中島公園界隈で一番古い神社だが、護国神社、弥彦神社に比べて小さい。久しぶりに見たが最近整備したのか、一部の施設が新しい。久留米に本社のある水難、安産の神社と言う。昔、豊平川は暴れ川と言われ、鴨々川もよく氾濫した。水難避けを願ってのことかも知れない。

151010nakajima2.jpg
豆柿が生る珍しい木がある飲食店「花月」。その前を通って日本庭園に入った。1963(昭和38)年に日本庭園完成した時は10基の石燈籠があった。1971(昭和46)年9月8日に八窓庵が北4条西12丁目から移設された。その時八窓庵の庭に3基の石燈籠が設置された。日本庭園には13基もの立派な灯籠がある。全部京都の石屋に作らせたそうだ。
151010nakajima3.jpg
ここが国指定重要文化財八窓庵だが、実はこの玄関を含むこちら側は大正時代に付設されたもの。江戸時代の八窓庵は画像の右奥の方だけである。八窓庵には八つの窓があるが、一つは天窓であることを今日初めて知った。

151010nakajima5.jpg
菖蒲池のルーツは1871(明治4)年に完成した鈴木元右衛門堀である。これが中島公園の歴史の始まりとも考えられる。池は開拓初期に貯木場として使われた。豊平川上流の山で切り出した木材を鴨々川を経由して貯木場に集め、そこから下流にある製材所に川に浮かべて運んだそうだ。運搬手段として水路の役目が終わると池は荒れ放題となった。たまりかねた住民は1882(明治15)年6月鴨々中島を公園予定地にする意見書を提出したそうだ。これが中島公園の始まりと思う。 

次に国指定重要文化財豊平館に行ったが現在大規模修復工事中なので外観を見ながらの説明となる。1957(昭和32)年5月31日豊平館が北一条西一丁目(テレビ塔付近)から中島公園に移転した。この年に中島公園が総合公園指定された。翌1958年北海道大博覧会が開催され、豊平館は郷土館及び美術館として一般に公開された。 
  
豊平館前の池をはさんで札幌市天文台がある。1958年北海道大博覧会で雪印乳業館として建てられたものだが、閉会後は市に寄贈された。小高い所にあるが、ここは岡田山と呼ばれている。大正の時代までは岡田花園があり、料亭、花畑、釣り堀等があったと言う。岡田花園は現在の日本庭園、豊平館、天文台、キタラを含むだけでなく、今は住宅街となっている鴨々川の西側を含む極めて大きい花園とされているが正確な境界線は分からない。

現在札幌コンサートホール・キタラがある場所には北海道大博覧会の為に「子供の国」が設置された。1994年5月8日に廃止され、7月29日には円山動物園子供の国として再生された。最近になって円山子供の国も廃止され札幌での子供の国の歴史は終わった。単なる遊園地ではなく本当の意味での子供の国の設立を願っている。全てを子供が運営する子供の国自治区なんて面白いと思う。

151010nakajima4.jpg
北海道大博覧会の跡地は百花園や噴水広場が整備され、山内壮夫の彫刻5体が設置された。百花園等は平成の再整備以後から緑のオープンスペースとして使われている。4体の山内作品は「香りの広場」と呼ばれる百花園跡地に再配置され、「森の歌」はブロンズで再鋳造され9条広場に移設された。画像の彫刻は「笛を吹く少女」、観光ガイドさんが説明をしているところを1枚撮らせて頂いた。

コースの最終は道立文学館。歴史ある中島公園にキタラと共に文化を支える重要な施設である。振り返ってみると中島公園は各時代に大きく変化した。明治時代に造られ大正時代の開道50年記念博覧会で大躍進、昭和時代は北海道大博覧会で大飛躍、それに比べて平成の再整備は静かのものだった。多くの施設は撤去されオープンスペースとなった。これからの中島公園が目指すのは水と緑、歴史と文化の公園がいいと思う。ハードよりソフト、歴史を深く掘り下げることが重要と思う。ガイドツアーを終えてそう考えた。
posted by nakapa at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年10月04日

野外彫刻を創る・守る

2015年10月4日シンポジウム「野外彫刻を創る・守る」を道立近代美術館講堂で開催。

151004sinpo1.jpg
主催は実行委員会だが札幌彫刻美術館友の会が中心になって運営している。私も会員なので早めに行った。早すぎて玄関が閉まっていたので前庭をブラブラしていたらリスに出会った。街中にリスとは意外! なんとなく嬉しくなった。

151004sinpo2.jpg
シンポジウムには武蔵野美術大学教授や彫刻家等で組織している「屋外彫刻調査保存研究会」、道内の彫刻家等も参加。彫刻の補習・保全問題について話し合った。多くの一般市民も参加して行われた。

151004sinpo3.jpg
屋外彫刻調査保存研究会会長に続いて、札幌彫刻美術館友の会会長の挨拶。

151004sinpo4.jpg
大きな会場にゆったりしたシート。会場には約100名が参集した。

151004sinpo5.jpg
北海道における彫刻の歴史 田中修二氏(大分大学)
「明治期以降、北海道は多くの近代彫刻家たちの生まれ故郷になりました。彼らのなかには、中原悌二郎のように東京だけで彫刻家として活動した者や、本郷新、山内壮夫といった北海道でもしっかりとした彫刻家としての足跡をのこした人たちがいて、決して一まとめにはできません。しかし彼らの制作について語るときには、つねにその故郷の風土との関わりや地域的なアイデンティティ、いわゆる「ローカル・カラー」というべきものを論じないわけにはいかないのかもしれません」

151004sinpo6.jpg
9条広場に設置されえた山内壮夫の「森の歌」

151004sinpo7.jpg
ブロンズ彫刻の保存と大気汚染 武蔵野美術大学造形学部教授 黒川弘毅氏
「私たちは、ブロンズ彫刻を良好な状態で保存する方法を長年にわたり模索してきた。洗浄で表面の『乾性沈着物』を除去し、ワックスを塗布し保護膜を作ることで、酸性物質からブロンズ表面を保護する方法を、おもに公立美術館等の屋外作品で実践してきた。この方法は、自治体が管理すブロンズ彫刻の保存に取り組むボランティアの活動においても、日本各地で行われるようになっている」。

151004sinpo8.jpg
積雪寒冷地・北海道における野外コンクリート彫刻 札幌彫刻美術館友の会 高橋大作氏
「積雪寒冷地の北海道は、コンクリートにとっては日本国内では最も環境条件が厳しい地域である。調査活動、データの集積や分析の結果、判明した課題事項は『管理』と『技術』の問題である。管理の一元化、標準化、市民との協働化を図る。見回りや、簡単な清掃作業などは市民サイドで行い、修復が必要なことが見回りの中で発見されたら、行政サイドの方で迅速な対応、早期発見、早期補修が重要である」。画像は中島公園にある山内壮夫の「笛を吹く少女」。

151004sinpo9.jpg
大分市における屋外彫刻の保存活動 篠崎未来(屋外彫刻調査保存研究会運営委員)
「早い時期から都市計画とともに屋外彫刻の設置が始まった。この動きには朝倉文夫という彫刻家の存在が大きく関係しており、大分市は戦後の屋外彫刻設置の先鋒、また竹田市は朝倉文夫の故郷であった。主要なものを市民ボランティアの手でメンテナンスし、それ以外については専門講習を受けた地元業者がメンテナンスを請け負っている。

151004sinpo10.jpg
市民文化運動としての野外彫刻の清掃と補修 札幌彫刻美術館友の会 奥井登代氏
「野外彫刻の鑑賞、学習、調査、解説、広報、地図制作、清掃、補修・保全など、多岐にわたる活動を行っています。調査と利活用:1987年以来収集してきた全道的な野外彫刻の調査資料をデータベース化し、野外彫刻の戸籍作成とインターネットによる資料の公開を図っています。また昨年、札幌市内のコンクリート彫刻の悉皆調査を実施し、深刻な経年劣化に対する補修・保全対策を管理者に要請しているところです。彫刻の清掃は、野外彫刻が多く設置されている中島公園、大通公園、真駒内公園を中心に毎年行っています」。

151004sinpo11.jpg
「数年前から中島公園の子供たちの祭りに参加し、一緒に園内の彫刻探検、清掃、ガイドなども行っています。また、公園周辺の学校に彫刻の出前講義や課外授業など生徒による彫刻清掃を支援しています。さらに高校生を清掃やガイドの指導役として加え、地域に根ざした活動の輪が広がるよう努めています」。

151004sinpo12.jpg
毎年7月初旬に中島児童会館と人形劇場こぐま座共催で、「かもくま祭」が行われる。札幌彫刻美術館友の会は、親子や子供たちを対象に「彫刻たんけん隊」を担当。クイズを楽しんだり、彫刻の勉強をしたり、簡単な清掃をしたりする。

151004sinpo13.jpg
札幌市における野外彫刻の管理。市職員による説明があった。

151004risu2.jpg
左下に北海道立近代美術館と書いてある。木にリスが止まっているが好く見えない。

151004risu.jpg
見易いようにリスの部分を拡大。ここは街中、近代美術館にリスが居るとは意外だった。

この「事件」をエッセーに書きました。よろしければクリック → 近代美術館にリス
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

第28回クリーン鴨々川清掃運動(彫刻も)


この日は3つの行事(鴨々川ノスタルジア、野外彫刻を創る・守る、札幌シニアネット文化祭)が重なった為、このイベントには参加できなかった。今回の鴨々川清掃について中島公園公式サイトを参照ください。
詳細→中島公園:今年2回目の鴨々川清掃運動がありました!
posted by nakapa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

札幌シニアネット(SSN)文化祭

2015年10月3・4日は中島公園より徒歩5分の位置に活動拠点(市民活動プラザ星園)をもつ札幌シニアネット(SSN)の文化祭。ステージ、出店等が行われる主会場は活動室、映像・音響等は中会議室、展示は大会議室を会場として盛大に開催された。SSNはクリーン鴨々川清掃運動や施設訪問等、地域ふれあい活動にも力を入れている。

151003ssnbunkasai1.jpg
札幌シニアネット(会員約600名)の文化祭は毎年秋に開催される。会場は中島公園に近い市民活動プラザ星園。

151003ssnbunkasai2.jpg
文化祭はかなり大がかりなもの。活動室、大会議室、中会議室を占有して開催。

151003ssnbunkasai3.jpg
現在、SSNにはパソコン学習、趣味、スポーツ等26ものクラブがある。「めんこいクラブ」もその一つ。10月3日は文化祭のイベント行事として、プラザ星園1階ホールで「めんこい庵」を開店した。なかなか賑わっているようだ。

151003ssnbunkasai4.jpg
2階メイン会場前の受付。もちろん入場無料、一般市民の方々も歓迎のオープンなイベントである。

151003ssnbunkasai5.jpg
この画像では見えないが、左側がステージでその前が観覧席、コの字型の壁際にはいろいろな店。この画像では左より「マザーズ・ハンドメイド」「面白写真館」「アコーディオンの店」、その他いろいろ出店。

151003ssnbunkasai9.jpg
ステージでは「江戸芸かっぽれ」上演中。その他、アコーディオン演奏、洋楽熱唱、詩吟、おわら「風の盆踊り」、歌で綴る昭和史、フラダンス、南京玉すだれ、ディスコでGOなど。そして最後に観客も含めて皆で歌う。

151003ssnbunkasai8.jpg
再び出店の紹介に戻る。しばらくすると「アコーディオンの店」に可愛いお客さんが来ていた。

151003ssnbunkasai12.jpg
アコーディオンの隣が、「七福神・懐かしいオモチャ」、その隣は「バザー・各地からのお取り寄せ」。

151003ssnbunkasai10.jpg
右に曲がるとステージの反対側。そこは「絶品スイーツ&スナック」を売る店。笑顔に誘われて、腹いっぱいなのに買ってしまった。お土産に持って帰るかと思ったが味見を一つ。美味い! 結局オマケを含めて全部食べてしまった。

151003ssnbunkasai11.jpg
右に曲がると「PC何でも相談」。さすがは学習会が盛んなシニアネット皆が遊んでいる場所でも、PCの悩み事にしっかりと対応してくれる。その隣が「ドリンクコーナー」。一回りしたところでコヒーショップに到着。コーヒーを飲みながら絶品スイーツを食べる。

151003ssnbunkasai6.jpg
大会議室ではSSN会員の作品を展示、写真、PC絵画、水彩画、ポスターその他。

151003ssnbunkasai7.jpg
中会議室は「映像・演奏・絵本」の部屋。ここには60インチ・モニター・アンプ・DVDが設備されている。今はSSNの「FLASHクラブ」が制作したアニメーションを上映している。ここでは他にムービー作品上映、絵本の読み語り、邦楽演奏等が行われている。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年10月03日

中島公園の彫刻調査

武蔵野美術大学はじめ日本各地彫刻保存関係者で組織された「屋外彫刻調査保存研究会」が札幌市内の彫刻調査を行った。私も札幌彫刻美術館友の会会員として、中島公園の調査に同行した。午前10時地下鉄中島公園駅3番口前で調査団一行に合流した。調査団は中島公園を出ると、大通公園、円山動物園方面に向かった。

151003choukoku9.jpg
地下鉄駅近くで菖蒲池の北側に「のびゆく子等(小野健寿)」がある。作者は友愛の心で命の喜びを表現したという。

151003choukoku8.jpg
東側の林の中に「木下成太郎像(朝倉文夫)」がある。ここでは「屋外彫刻調査保存研究会」が本格的調査。

151003choukoku7.jpg
視線の先に穴のようなものがある。ここから水が溜まり凍結したら彫刻を傷める。

151003choukoku6.jpg
あらゆる角度から彫刻を調査。設置して74年たつ木下像は傷んでいる。専門家による補修が必要なようだ。

151003choukoku5.jpg
白く浮き上がった字や模様は、他の大きな部分を削って浮きあがせるそうだ。

151003choukoku4.jpg
台座の文字は長い間風雨にさらされ見えなかったが2009年に補修され、白い字と黒い字になり読みやすくなった。

151003choukoku3.jpg
「香りの広場」に4体ある山内壮夫の彫刻の一つ「鶴の舞」の調査。写真に撮って記録する。

151003choukoku2.jpg
「笛を吹く少女」の視線の先に藻岩山。4体あるコンクリート彫刻は50年以上たっている。補修も必要。

151003choukoku1.jpg
去年建立されたレナード・バーンスタイン像の頭付近は何時も白いウンコが付いている。新品ゆえに気になる。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年10月01日

たびらい北海道で中島公園特集

2015年10月1日たびらい北海道で中島公園特集

旅行の総合サイト「たびらい」よりインタビューを受けた。その話を元に「中島公園 文化と緑あふれる札幌のオアシス」のページが作られた。私の役は「中島公園の達人」新参者で達人とは程遠いので恐縮。

タグ:広報活動
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園