2015年08月30日

2015北海道マラソン

2015年8月30日 北海道マラソン(豊水通通過)

フルマラソンとファンラン(11.5キロ)の部に過去最多の1万9198人がエントリー。大通公園から駅前通を南下すると中島公園に突き当たる、左折して札幌パークホテル沿いに走り右折して豊水通りに入る。そこからは中島公園を右手に見ながらのコース。豊水通は全国47都道府県、海外25か国から集まったランナーで埋め尽くされていた。

150830marason30.jpg
ここは中島公園東側の豊水通。先ず広報車がランナーが間もなく来ることを知らせに来た。

150830marason29.jpg
中島公園がフィニッシュやスタートに使われなくなって3年たち、応援する人も疎らになった。

150830marason28.jpg
時計は大通公園をスタートして5分36分経過したことを示している。

150830marason27.jpg
UHBテレビ中継車が来た。

150830marason26.jpg
続いて先導する白バイ隊。

150830marason25.jpg
ようやく選手登場。カメラマンを乗せたバイクも2台。

150830marason24.jpg
先頭集団はスタイルや走るフォームが違う。さすがマラソン選手だ。エネルギーがみなぎっている。力強い!

150830marason23.jpg
中島公園を右手に見ながら走る林間コース風の豊水通。

150830marason22.jpg
次第に女性ランナーが増えて来た。オシャレでスタイルがいい。スタートしたばかりで苦しさは見えない。

150830marason21.jpg
画面の先頭を走るランナーは山口県民代表か、それとも普通の山口県民かな。

150830marason20.jpg
この辺りから仮装ランナーも次第に華やかになってきた。走るランナーから見せるランナーへ進化?

150830marason19.jpg
WANTEDとは西部劇なら「お尋ね者」、現在は「求む職!」走れるのだから体力も忍耐力もあるだろう。祈成功!

150830marason18.jpg
腕に付けているのは何だろうか? 装備は万全な模様。胸と帽子にアート。涼しくて好かった。

150830marason17.jpg
今日は曇り、ある意味で仮装日和だ。マスクとシャツとクツ、その他同系色で纏めている。ファッショナブル。

150830marason16.jpg
涼しげなビールだが、仮装している人は暑いと思う。これもサッポロビールの為。ご苦労様、ありがとう。

150830marason15.jpg
いろいろなファションがあって面白い。ともかくこれなら暑い日でも大丈夫そう。

150830marason14.jpg
「大変ですね。凄いです」。この姿で優勝すれば世界中にニュースとし駆け巡る。インタビューの準備を……。

150830marason.jpg
札幌にも現れた「埼玉県庁の星」。ウクレレ奏でて歌うスタイルも決まっている。ヘイヘイ・ランナー♪

150830marason13.jpg
「亀」とっ書いてあるが、雰囲気としては浦島太郎。竜宮城に向かって、走れ走れカメタロー♪

150830marason12.jpg
次から次へと現れる仮装ランナー。なんとなく沢山の子分を従えた親分の風格。貫録あるランナー。

150830marason11.jpg
良く見れば手を振っている人が二人いた。コンサドーレみたいな人、風船飾りの美しい人。

150830marason10.jpg
暑そうな二人と涼しげな少女。「少しもアツくないわ」と書いている。心の温かそうな水色の人。

150830marason9.jpg
マラソンには出てみたものの携帯も気になるスマホ少女。愛する人からの励ましのメール。「有難う頑張るわ」

150830marason8.jpg
大好きなアンパンマン、どこまでこの姿で走れるか確認したい。ついて行きたいけれど、ついて行けない。情けない。

150830marason7.jpg
マラソンは苦しいものと思っていたが、見ていると楽しそう。まだスタートしたばかりだ。苦しくなるのはこれからだ。このファッションで苦しい顔は似合わない。疲れたらどうするのだろうか。

150830marason6.jpg
応援する知り合いでも見つけたのだろう。笑顔がステキな手を振るランナー。何々さーんと呼ぶ声が聞こえる。

150830marason5.jpg
先頭集団が通過してから20分以上はたったと思う。この辺りになると真剣勝負も御仕舞いの感じだ。コースを走るランナーの前を横切って、堂々とコースを横断する人が現れた。

150830marason4.jpg
少し離れて笑顔がステキな美しい人がが歩いて来た。応援に応えて手を振りながらやって来た。

150830marason3.jpg
しんがりを受け持つのは北海道大学の自転車隊。

150830marason2.jpg
先ほどの明るく手を振る方でなく、こちらが本当の最終ランナー。良く見れば服装が違う。右手に文学館。

150830marason1.jpg
最後はこのコースのマラソンは終了したと告げる広報車。
タグ:マラソン
posted by nakapa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年08月29日

少年オシドリと豊平館工事

2015年8月29日オシドリ

オシドリの親子を初めて見たのが6月6日、巣立ったばかりの感じだった。当初11羽だった子は6月23日頃10羽となった。7月3日には10羽居たことを確認。その後10羽まとまって居るのを見たことがない。7月17日早朝親子で7羽いたのを確認。子も大きくなったので親子の見分けはつきにくい。7月27日オシドリの子が飛んで行くのを見た。もはや子と言うよりも少年だ。飛べるようになったのだから、好きな所に行ったようだ。複数の少年オシドリを見たのは8月14日2羽で最後となった。その後は1羽で居るのしか見たことがない。何故か1羽だけは見ることがある。今まで観察し続けた感触では6月6日にヒナで現れたオシドリの1羽と思っている。

150829osidori3.jpg
池に飛び込んだ少年オシドリ。雌雄は分からないが。

150829osidori1.jpg
上と同じオシドリ、1羽しかいないのだから間違いない。

150829osidori2.jpg
光線の加減で少し色は違うが同じ顔している。ともかく1羽だけだから1市民の私でも分かる。

2015年8月29日工事中の豊平館

豊平館は4年がかりの大工事の最終段階。来年3月中に完工予定。

150829houheikan1.jpg
バルコニー辺りは出来上がっている感じに見える。

150829houheikan2.jpg
4年目ともなるとフェンスを飾る余裕もでてくる?

150829houheikan3.jpg
豊平館の裏には別棟を工事中。エレベーター、トイレ、収納庫を備えると聞いている。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設

2015年08月24日

8月23日、日曜の中島公園

2015年8月23日、日曜日撮影
150823soukyou.jpg
札幌コンサートホール・キタラ広場前では安田侃の彫刻「相響」が午後の陽射しを受け、映えていた。

150823houheiike.jpg
豊平館前の池も静かな雰囲気。日曜日の賑わいを感じさせない。

150823teien.jpg
日本庭園には夏の休日を楽しむ家族連れ。初めて日曜らしい風景に出合いホッとした。景観は人が居て風景となる。

150823osidori79.jpg
もし、このオシドリの少年が6月6日に現れたヒナならば今日で79日目、既に飛べるのに居てくれて有難う。最近のオシドリの動向だが、8月14日に豊平橋(仮称)から見て北岸に2羽、15日と22日に1羽を見た。そして今回1羽。当初11羽で現れたが、しばらくして10羽となり、7月3日に見たのがグループとしての最後、以後だんだんバラバラになり現在に至る。7月27日には飛んで行くのをこの目で見た。それ以前に飛べるようになり、バラバラになって行ったのだと思う。

150823houheikan.jpg
豊平館の修復工事も今年度いっぱい。エレベーターを付ける別棟も豊平館裏で建設中。日本庭園より撮影。

150823ajisaiuedoko.jpg
アジサイ移植のため、上え床を作成と書いてある。東岸はアジサイでいっぱいになる。咲くころが楽しみだ。

8月22日撮影
150822suijoukadan.jpg
菖蒲池にはいろいろなものが浮んで楽しそう。新規登場はカメ型水上花壇。だいぶたつので景観としても定着。

8月17日撮影
150817kamokamogawa.jpg
水深の浅い鴨々川で遊ぶ子ども達。行啓通に架かる南14条橋方面より撮影。


posted by nakapa at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2015年08月19日

最後の博覧会から57年

中島公園最後の博覧会から57年たった

1958年7月5日〜8月31日まで開催されて北海道大博覧会。桑園会場は、地下資源館、農林館、電力館等、産業見本市的展示に対し、中島公園は科学館、アメリカ館、自転車館、ソ連館、電波館、菓子館、古代生物館等、文化と娯楽関係の展示が主体だった。1957年から移築改修工事が行われていた豊平館は、1階が郷土館、2階が美術館として公開された。
中島会場のイラストはこちろをクリック→ 1958年北海道大博覧会第二会場(中島公園)

明治以来、多くの博覧会等のイベントを手掛けて来た中島公園の最後の博覧会が57年前に開催された。札幌のHorikawaさんより博覧会の絵葉書が提供されたので、中島公園分4枚をここに掲載させて頂いた。そして57年後にどのように変わったか、中島公園の昔をしのんで新旧2枚の画像を合わせて比べてみた。

150819ajiakan.jpg
今では国指定重要文化財になっている豊平館前の池をはさんで東南アジア館が建てられた。

150819ajiakan2.jpg
2015年8月19日撮影(以下同じ)、池の向こうの豊平館は現在改修中、完成は来年3月末。開館は夏ごろか。

150819jitenshakan.jpg
右側が自転車館だが、位置的には白鶴橋の近くに建っていた。

150819jitenshakan2.jpg
見え難いが右端に場所の手がかりとなる白鶴橋が見える。行啓通からキタラに向かう園路に架かる橋である。

150819american.jpg
画像の中央辺りに、今の中島体育センター前広場に建つていた、中島スポーツセンターの屋根が見える。

151001amerikakanato.jpg
上の画像上部に中島スポーツセンターの屋根が見える。この辺りは平成の再整備で緑地に変わり現在に至る。

150819kyouryu.jpg
古代生物館は「こどもの国」の一隅にあり、直ぐ近くには鴨々川が流れている。

150819kyouryu2.jpg
鴨々川の右に「こどもの国」の中の古代生物館があったが、今は札幌コンサートホール・キタラが建っている。

150819hakurankai.jpg
北海道大博覧会絵葉書セットは札幌のHorikawaさんに提供して頂いた。有難うございました。

タグ:歴史
posted by nakapa at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2015年08月15日

2015鴨々川で灯籠流し

2015年8月15日灯籠流し

毎年恒例の灯籠流しなので、今年は趣向を変えて灯篭行列から流すまでを順次掲載。

150815tourou1.jpg
灯篭は舟型の山車等に乗って南11条西9丁目の妙心寺からやって来る。電車通りを横断した灯篭車。

150815tourou2.jpg
舟形山車の後ろに灯篭を沢山積んだトラックが続く。

150815tourou3.jpg
子どもたちが引く山車が行啓通から護国神社に入る。

150815tourou4.jpg
続いてトラックが神社に入る。

150815tourou5.jpg
トラックから灯篭を降ろす。

150815tourou6.jpg
灯籠受け渡し場所に運ぶ。

150815tourou7.jpg
沢山の灯籠がここに集められる。

150815tourou8.jpg
ここで大勢の参列者に灯篭を渡す。

150815tourou9.jpg
一人が一つの灯籠を流す。

150815tourou10.jpg
灯籠は札幌護国神社参道に架かるみその橋と、行啓通に架かる南14条橋をくぐり回収される。

posted by nakapa at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年08月10日

鴨々川で水遊び

2015年8月10日、鴨々川あそび場で水遊び

鴨々川遊び場は1975年に設置、当時はは水遊びをする子供たちで賑わっていた。最近では珍しい水遊び風景。

150810asobiba1.jpg
地下鉄幌平橋駅裏を流れる鴨々川。

150810asobiba2.jpg
沢山の子どもたちが遊んでいる。最近では珍しい風景。

150810asobiba3.jpg
2007年9月下旬から10月、一時的にだがここにサクラマスが迷い込んだ。

150810asobiba4.jpg
何を見ているのかな。ウグイなら居ると思うが。

150810asobiba5.jpg
水深は浅いが川底の下には直径1mの導水管があり、そこに大量の水が流れている。

150810asobiba6.jpg
1975年設置時は冒険的要素を加えた水遊び場だったが、その後ターザンロープ等の遊具は撤去された。

タグ:鴨々川
posted by nakapa at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設

2015年08月06日

ホタルの居ないホタル水路

以前、鴨々川にホタルを呼び込もうという試みがあったようだ。立派な案内板を掲げてのことだから、本気だったと思う。しかし、この13年間ホタルを見たことがない。見たという話も寡聞にして聞かない。

150806hotaru1.jpg
公園橋(豊平館の近く)の畔にこんな案内版が立っている。ホタル水路に注目。

150806hotaru3.jpg
拡大すると、中島橋(日本庭園の近く)から中洲橋かけてホタル水路がつくられたと書いてある。

150806hotaru2.jpg
公園橋近くにはこんな看板がある。「札幌ホタルの会」はどこにあるのだろうか?

150806hotaru5.jpg
鴨々川フェンスには要所にホタルの絵が描かれている。後ろの建物は札幌コンサートホール・キタラ。

150806hotaru6.jpg
ほたる橋もある。

150806hotaru4.jpg
ホタル水路の終点は中洲橋。以上、ホタル水路にはいろいろあるがホタルだけは居ないのが現状である。


タグ:鴨々川
posted by nakapa at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設

2015年08月05日

「猫とハーモニカ」の補修

2015年8月4日彫刻「猫とハーモニカ」の補修

コンクリート彫刻の寿命は60年程度と言われている。1961年に設置された山内壮夫の「猫とハーモニカ」の劣化は進んでいる。札幌彫刻美術館友の会では5年前に第1回目の補修作業を行い、今回は2回目。専門家の指導も受けて前回よりも更に進化した補修ができたことと思う。これで10年くらい寿命を延ばしたかも知れない。

150804choukoku1.jpg
8月3日に綺麗に清掃し、本日4日はパーマシールドという透明塗料塗る作業を実施した。塗料を7mmから20mmくらい染み込ませることにより表面を保護する。自然な感じで何かを塗ったように見えなのが好いと思う。北海道らしくない湿気のある暑い日だった。背景にネムノキがあり満開の花を楽しむことができた。

150804choukoku2.jpg
各人の塗るエリアを決め、手分けして刷毛で丁寧に染み込むように塗った。

150804choukoku3.jpg
溶液を一挙に、且つ充分に塗り込み、乾いてから2番目の仕上げ用溶液を塗って二日間の作業は終了した。

150804choukoku4.jpg
綺麗になった「猫とハーモニカ」。これで5年から10年はもつだろう。人間の寿命と同じくらいのコンクリート彫刻のアンチエイリアシングは、こうして終了。ただ、一部に鉄筋が露出しているのが気になる。

150804choukoku5.jpg
塗ったパーマシールド塗料が乾く間に、鳥の糞で汚れ、気になっていたバーンスタイン像に行ってみた。そして糞を取る清掃を行った。キレイになったが翌日に行ってみると新たな糞が一か所付いていた。毎日沢山飛んでいるカラス対策は難しい。簡単に出来る方法はないだろうか。例えば高性能水鉄砲とか、遊びながら清掃できるものはどうだろうか? 
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年08月03日

2015年8月3日の中島公園

曇り時々晴れという感じだったが暑かった。

150803kaorinohiroba.jpg
午後2時半頃の「香りの広場」。日陰もなくベンチで休む人も居ない。

150803fuewofuku.jpg
花々に囲まれた「笛を吹く少女」。背景のネムノキに満開の花。

150803nemunoki.jpg
ネムノキの花と葉。

150803suijoukadan.jpg
菖蒲池西岸中央のデッキ付近ではカメ型水上花壇の手入れ中。

150803ajisai.jpg
自由広場ではトイレ近くのアジサイが綺麗に咲いている。種類が豊富で目を楽しませてくれる。

150803hayasi.jpg
今日は第60回全日本吹奏楽コンクール北海道予選札幌地区大会。木陰で出番を待つ出演者かな?

150803nekohamo.jpg
札幌彫刻美術館友の会では3・4日の二日間で「猫とハーモニカ」を透明塗料のパーマシールドで塗装する。これは経年劣化コンクリート像の保存対策の一つ。3日に清掃し、4日に塗装する予定。画像は清掃して綺麗になった彫刻。

150803osidori.jpg
オシドリを1羽見つけた。6月6日頃に巣立った11羽の内の1羽と考えている。59日間継続して観察しているつもりだ。

posted by nakapa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2015年08月02日

中島公園から花火を見る人

2015年7月31日道新・UHB花火大会@豊平川

この数年、中島公園から豊平川花火大会を見る人が増えている。気を付けなければならないのが犬の糞。殆どは飼い主が持ち帰るがゼロにはならない。私も14年間にわたり中島公園を散歩しているが、糞を踏んづけたのは1回しかない。そのかわりもの凄く臭くて何としても取れなかったことを覚えている。たちの悪い糞に当たったのかも知れない。つまり滅多に踏まないが踏んでしまったらおしまいだ。芝生には絶対に座りたくなくなった。それさえなければ青い芝生にゴロンと寝ころんだら気持ちがいいのだが。

150731hanabi1.jpg
札幌コンサートホール・キタラの前で花火を見る人々。ここなら座っても犬の糞を踏む心配はない。

150731hanabi6.jpg
ここもキタラ前、イチョウ林の横辺り。キタラ関係の3本の旗が立っている。

150731hanabi2.jpg
菖蒲池南西岸では沢山の人たちが芝生に座って花火を見ている。アジサイの向こうが池。

150731hanabi3.jpg
その後ろには立って見ている人がいる。いずれにしろ花火を邪魔する木々の合い間より見る。

150731hanabi5.jpg
究極の隙間花火はここ、豊水通のホテルライフォートの横丁より見る。中島公園では一番発射点に近い場所。

150731hanabi4.jpg
木々に邪魔されず、犬の糞も踏みたくなければボートがいいかもしれない。花火の日は夜間営業あり。

150731tenbouhasi.jpg
中島公園に隣接する幌平橋は歩道の上にアーチ型の展望橋が設置されている二重橋。ここで花火を見れば綺麗に見れると思うのだが、花火大会のときは立ち入り禁止になっている。事故を心配してのことと思う。警備員を置いて人数を制限して有料にすれば事故は防げると思う。入場料を人件費に当てれば費用もかからないと思う。これは一例だが、展望の為に造った展望台は、いかにしたら使用できるか工夫すべきである。それに使わないものなら造らないことも大切だ。一旦ものを造れば使わなくても維持費がかかる。
タグ:豊平川花火
posted by nakapa at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント