2015年06月07日

昨日見たオシドリ親子は今日も健在

2015年6月7日、昨日見たオシドリ親子は今日も健在だった。このまま中島公園に留まってくれれば幼鳥から成鳥になる過程を見ることができて楽しい。よく見られるマガモの子と違って、色彩が変わっていくプロセスが見られる。最終的に雄はオモチャのようにカラフルになる。そのようなことは今まで無かったので難しいと思うが期待したいと思う。

150607zenin.jpg
数えてみたら11羽。一羽も欠けることなく健在だった。

150607hasiru.jpg
しかも子供たちは元気でスピード出して走ること走ること。オシドリママも元気で潜ったり立ったりしていた。

150607riku.jpg
ときには陸に上がって草を食べる。マガモのようにここで育ってくれると有難いのだが。どうなることやら。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2015年06月06日

オシドリ親子とマガモ親子

中島公園にオシドリ親子が現れた。私の記憶では12年ぶりの快挙。しかもマガモ親子も発見。話によると7羽の子を連れた親子が5月下旬に現れたそうだが私は見ていない。今年初めての親子鴨との出会いは、オシドリ母とマガモ母の戦いまで見せてくれた。図らずも極めて派手な登場劇となった。

150606oyako1.jpg
画像の左と右の二人がカメラを構えている。視線は同じ方向のようだ。これは何かあると思った。豊平館前の池。

150606oyako2.jpg
オシドリの親子だ。中島公園で見たのは12年ぶりだ。マガモの親子なら毎年来ている。

150606oyako3.jpg
こちらは2羽を連れたマガモの母。比べれて見ればオシドリとは明らかに違う。あちらのオシドリとの距離が近すぎる。何か起こりそうな気がする。親子鴨はかなり排他的で他のグループとは距離をとるのが普通だ。

150606oyako4.jpg
マガモの母と2羽の子。

150606oyako5.jpg
こちらはオシドリの母と11羽の子。両者ともニセアカシアから散った花の方に寄って来た。やばい!

150606oyako6.jpg
オシドリママがマガモママに向かって突進。「私の子供に近づくな!」とか言っているかも知れない?

150606oyako7.jpg
追い続けるオシドリ、逃げるマガモ。池中の石の上にはノンビリと休むマガモの雄。

150606oyako8.jpg
オシドリは自分の領域と思っている水域を出るまでは攻撃を止めない。実はマガモも同様な行動をとる。見ている限りは単に強い方が弱い方を追い出しているようだ。このケースではマガモが負けている。

150606oyako9.jpg
このバトルの見物人は私だけではない。こちらの岸にもいっぱい居る。

150606oyako10.jpg
親が負けていると子供も悲しそうだ。うつむき加減のマガモの子供たち。

150606oyako11.jpg
負けたマガモママは未練がましく付近をうろついている。オシドリは警戒を怠らない。

150606oyako12.jpg
オシドリママにとっては近づくものは全部敵、徹底的に追い払う。鳴きながら逃げるマガモ。泣いているのかな?

150606oyako13.jpg
戦い終わって子等のそばに帰ってきたオシドリママ。着水する姿が勇壮な感じ。知らんぷりの子等が気にかかる。ある言葉が浮んで来た「親の心子知らず」。私は充分感動したがオシドリの世界は違うのかな。

150606oyako14.jpg
追われたとはいえ2羽の子等をしっかりと守ったマガモママ。信頼してついて行く子等の姿が清々しい。

150606oyako15.jpg
勘弁できないのがマガモの雄。マガモママが追われているのに、知らんぷりして寝ていた。

150606oyako16.jpg
戦い終わって生き延びたマガモ親子は、その後は平和にノンビリと過ごすことができた。好かった好かった。

150606oyako17.jpg
一方、オシドリママは11羽を連れて新たな旅に出る。

150606oyako18.jpg
オシドリ親子を見送る人々。頑張れオシドリママ、カラスに負けるな! 子等の幸運を祈る。

オシドリの親子は12年前に1回だけ現れたが、その日のうちに何処かに行ってしまった。マガモの場合は成鳥になるまで中島公園に留まることが多い。なお、説明文は私の想像も含んでいる。例えば鴨の気持ちなど何もわからない。



posted by nakapa at 20:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物

中島公園のクロマツ

中島公園のクロマツ
150605kuromatu1.jpg
マツ科、本州、九州、朝鮮南部、別名オマツ、海岸に多い、樹皮は黒褐色。

150605kuromatu2.jpg
「香りの広場」南東側、木々の後ろ辺りが文学館。彫刻「笛を吹く少女」付近。

150605kuromatu3.jpg
以上、2015年6月5日撮影

150823kuromatu.jpg
クロマツの根元に庭石があることに気がついた。いつからだろうか? 2015.8.23追加

不老の松の碑
18111102furounomatuhi.jpg
鴨々川の対岸のこの場所には、かって料亭『鴨川』があった。この碑は皇紀二千六百年の1940(S15)年に建てられているが、このクロマツがちょうど70年前の1870(M3)年に、この地に入植した者によって植栽されたものであると書かれている。(中島公園管理事務所「中島公園三十三選」より)

160813furounomatu.jpg
歴史的資産のクロマツも今は駐車場の片隅にある。残っていることが大切だ。

160813furounomatu2.jpg
2016年現在から逆算すると、このクロマツは146年前に植栽されたもの。そんなことが分かるのも碑があればこそである。中島公園は歴史ある公園だが、残念なことに存在を示す証拠の様なものが殆ど残されていない。2016年8月13日追記。

タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のキタコブシ

150605kitakobusi1.jpg
キタコブシ

150605kitakobus2.jpg
菖蒲池南西岸緑地、札幌コンサートホール・キタラへの園路、園路を挟んで天文台が見える。

150605kitakobus3.jpg
以上、2015年6月5日撮影

150823kitakobusi.jpg
左の白い建物は豊平館、橋の向こうは日本庭園の門。 2015.8.23追加
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のエゾヤマザクラ

中島公園のエゾヤマザクラ
150605ezoyamazakura1.jpg
パラ科 サクラ属 エゾヤマザクラ、別名オオヤマザクラ 2015年6月5日撮影

150823ezoyamazakura.jpg
自由広場東側、中島体育センター裏はエゾヤマザクラ並木。 2015.8.23追加

150605ezoyamazakura3.jpg
2015年6月5日撮影

160501ezoyamazakura2.jpg
2016年5月1日撮影

160427ezoyamazakura3.jpg
自由広場より文学館に向かう園路。2016年4月27日撮影

160501ezoyamazakura.jpg
桜の合い間に菖蒲池越しの藻岩山が見える。2016年5月1日撮影
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のギョリュウ

中島公園のギョリュウ
150605gyoryuu1.jpg
ギョリュウ科 ギョリュウ

150605gyoryuu2.jpg
「香りの広場」中央南側、彫刻「母と子の像」付近。

150605gyoryuu3.jpg
以上、2015年6月5日撮影

131004gyryuu.jpg
2013年10月4日撮影。
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のニシキギ

150605nisikigi1.jpg
ニシキギ科 ニシキギ

150605nisikigi2.jpg
「香りの広場」東側、文学館への出入口付近。

150605nisikigi3.jpg
以上、2015年6月5日撮影

150823nisikigi.jpg
この辺りは彫刻「笛を吹く処女」の裏に当たる場所だが、庭石があることに今になって気がついた。2015.8.23追加
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のソメイヨシノ


中島公園のソメイヨシノ
150605someiyosino1.jpg
バラ科 サクラ属 ソメイヨシノ(染井吉野)

150605someiyosino2.jpg
地下鉄中島公園駅から自由広場方面への園路。向こう側に文学館。右端に案内板が見える。

150605someiyosino3.jpg
以上、2015年6月5日撮影

160508someiyosino1.jpg
文学館からパークホテルまでソメイヨシノ並木の一部を撮影。2016年5月8日撮影

160508someiyosino2.jpg
文学館から自由広場への園路は北側がソメイヨシノ南側がエゾヤマザクラの並木。この画像も2016年5月8日の撮影。

160505someiyosino2.jpg
札幌コンサートホール・キタラへの園路。右側は自由広場。2016年5月5日撮影

100514someiyosino2.jpg
文学館からパークホテルに続くソメイヨシノ並木。2010年5月14日撮影
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のキササゲ

150605kisasage1.jpg
ノウゼンカズラ科 キササゲ、別名アメリカキササゲ

150605kisasage2.jpg
菖蒲池東側の林、「香りの広場」付近。

150605kisasage3.jpg
以上、2015年6月5日撮影
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

中島公園のアオシダレモミジ

150605aosidaremomiji1.jpg
カエデ科 アオシダレモミジ、別名シダレモミジ

150605aosidaremomiji2.jpg
菖蒲池東岸、南島(仮称)付近。

150605aosidaremomiji3.jpg
以上、2015年6月5日撮影。
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬