2015年03月30日

中島公園にも春が来た3月30日

クロッカスが咲き、菖蒲池が融け水鳥が来れば春も本番だ。園路の雪もほとんど融けている。

150330kurokkasuh.jpg
地下鉄幌平橋駅前広場にクロッカスが咲き始めた。

150330kurokkasuk.jpg
札幌コンサートホール・キタラ広場前でもクロッカスが少しだけ咲き始めた。

150330kurokkasut.jpg
市電電停「中島公園通」方面から入りキタラに行く園路。ここのクロッカスはまだ開花していない。

150330kamo.jpg
菖蒲池南側の水場はますます広くなってきた。そこにマガモがやって来た。画像の2羽は雄だが雌も来ている。

150330kamo2.jpg
ボート乗り場辺りはまだ凍結している。鴨(カルガモ)が2羽泳いでいる。マガモと違って雌雄の羽色の違いは無い。

150330fukinotou.jpg
中島公園の西側を流れる鴨々川の中洲でフキノトウが咲いていた。中島橋の少し上流。

150330hahatokonozo.jpg
雪に埋まっていた山内壮夫の彫刻「母と子の像」が完全に姿を現した。これで4体の彫刻が全て姿を現した。春到来。

150330jiyuhiroba.jpg
自由広場の雪融けも進み遊ぶ子どもたちの姿も多く見られるようになった。

150330enrok.jpg
主要園路の雪もなくなり夏靴でも歩けるようになった。正面は安田侃の彫刻「相響」。右側はキタラ。

150330enroh.jpg
地下鉄幌平橋駅からキタラに向かう園路。画像では見えないが、左側は鴨々川、右側に弥彦神社。

posted by nakapa at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2015年03月27日

3月26日の中島公園

だいぶ温かくなってきた。札幌の積雪はゼロと報道されているが中島公園にはまだある。

150326kamokamo.jpg
南14条橋下流の鴨々川。

150326ogawa.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近くを流れる鴨々川の分流。

150326jiyuhiroba.jpg
自由広場の雪もだいぶ融けてきて、温かい日はベンチで休む人もいる。

150326horohirabasieki.jpg
地下鉄幌平橋駅は中島公園への南の入口。中島公園を一歩外に出れば雪はない。

150326kurokkasu.jpg
幌平橋駅前広場ではクロッカスの芽が出てきた。開花も間近。周辺の個人住宅の庭では既に咲いている。
posted by nakapa at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2015年03月24日

中島公園 冬から春へ

冬から春への移ろいを感じて欲しいので日付順とした。

3月20日〜23日
150320kamo3.jpg
菖蒲池南西側に鴨(マガモ)が3羽。向こうに見えるのは藤棚橋(勝手命名)。

150320nekotohamonika.jpg
一時は雪に埋まっていた山内壮夫の彫刻「猫とハーモニカ」。全体が見えるようになれば、これも春の風物詩かな。

150320night.jpg
道立文学館で池澤夏樹連続講演会があり、今夜はその3回目「中上健次ワールドの入口はどこか」。講演の余韻がさめやらぬ帰り道、札幌コンサートホール・キタラ近くで「根開け」が見れた。これも春の入口を表すものの一つ。

3月21日
150321keiba.jpg
雪融けの園路。歩く姿も軽やかに。

150321satuei.jpg
池には池と分かるようにロープが張ってある。向こう岸にカメラを構える二人。春を見つけたのかな?

3月22日
150322enro.jpg
雪融けが進み園路もだいぶ歩き易くなった。

150322kamo.jpg
菖蒲池北側にも鴨が来た。

150322kamome.jpg
菖蒲池南側の水場は益々広くなり、オオセグロカモメもゆったりと。海鳥だから海に帰って欲しいのだが…。

3月23日
150323ichobayasi.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近くのイチョウ林。

150323ichonamiki.jpg
中島公園北(薄野)側出入口のイチョウ並木は、1918(大正7)年の開道50年記念博覧会後に植えられたそうだ。

150323shoubuike.jpg
菖蒲池南側はかなり融けてきている。

追記
20日から23日にかけて次第に春めいて来た中島公園を紹介したつもりだが、24日は雪。春の天気は変わりやすい。
posted by nakapa at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2015年03月19日

北海道庁の池と比べて見れば

用事でJR札幌駅方面に行ったので道庁に寄ってみると池がまったく凍結してない。昨日の中島公園菖蒲池は7割くらい凍結している。この違いは多分水温の違いと思う。街中と公園の中では気温も違うが、それだけではないような気がする。

150319douchou.jpg
念のため池の周りを全部見て歩いたが、どこも凍っていない道庁前の池。 2015年3月19日撮影

150318zike.jpg
菖蒲池中央。南側は河口があるので少し、北側の水の出口付近もホンの少し融けている。3月18日撮影
一日違いだが、これだけ違うとは思わなかった。市街地近くにこれだけの違いがあれば、考えようによっては観光資源になり得るのではないかと考える。遠来の観光客にとって近くに変わった風景があることは魅力の一つではないかと思うのだ。活用次第だが。
posted by nakapa at 14:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

3月18日現在の中島公園

春は急速に近づいて来たが、中島公園の大部分は未だに雪の下。
春よ来い、早く来い、中島公園にも来い。

150318shoubuike.jpg
河口に近い菖蒲池の南側は融けだしている。しかしまだ水鳥が帰ってこない。

150318kamome.jpg
そう思っていたらカモメが一羽。海鳥のオオセグロカモメだ。マガモはまだか?

150318neake.jpg
北側の一部分が融けてきた。ここは菖蒲池からの水の出口なので融け易い。中島に根開けが沢山見える。

150318kawa.jpg
所変わって鴨々川。流れがあるので冬でも凍結しないが春めいて来た。中洲2号橋より撮影。

150318enro3.jpg
左に行けば札幌コンサートホール・キタラ、右に行けば道立文学館。この近くにレナード・バーンスタイン像。

150318enro2.jpg
キタラから地下鉄中島公園駅に行く園路。左側は日本庭園、右側に四翁表功之碑。

150318enro.jpg
ボート乗り場から道立文学館へ向かう園路。


posted by nakapa at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2015年03月15日

春を見つけに行って来た

日曜日の朝、春を見つけに中島公園に行って来た。

150315kakou.jpg
春と言えば雪融け。いの一番に行ったのが菖蒲池南側の河口。水場が少し大きくなっていた。

150315kakou2.jpg
反対側から見るとこのとおり。かなり広くなっている。水鳥もそろそろ来るだろうと期待する。

150315boatnoriba.jpg
ボート乗り場のある北側は、まだ凍結している。冬の菖蒲池越しの藻岩山もいいものだ。

150315tmizutamari.jpg
ところで、中島体育センター前の広場に突然水場が出来た。近寄れないので深さは分からないが浅そうに見える。手前は豊水通だが単に水はけが悪いせいかも知れない。ともかくこれも春の印と思う。

150315miti.jpg
除雪をしてなくても歩ける道がある。人が歩いた跡が道になっている。そこだけが固く踏み締められている。肩幅以内の細い線だ。ここからはみ出して歩けばズポッともぐり画像のような穴を作ってしまう。前から人が歩いて来ても迂闊に道は譲れない。ダンスのように抱き合ってクルリと回れば解決だが、友達以上の関係がないと無理。公園散歩なら長靴を履いて行った方がいいと思う。
150315neake.jpg
春と言えば「根開け」、木の周りの雪が融ける現象だ。ここは豊水通のイチョウ並木。注意して見れば土の上に銀杏の実が転がっていることに気付くと思う。小さいので種かも知れない。

150315green.jpg
雪が融けると土ではなく草が出てきた。去年の枯葉は枯れたままだが、ちゃんと新しい緑が育っている。雪の下でも命が育っていたのだ。こんなことでも春を感じてしまう。

150315ichobayasi.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近くのイチョウ林も融けはじめた。

150315enro.jpg
文学館からパークホテル方面への園路。地面がだんだん広くなる。まだ雪の部分が多い。

150315turunomai.jpg
「香りの広場」には山内壮夫の作品が4体ある、「母と子の像」「笛を吹く少女」「鶴の舞」「猫とハーモニカ」である。冬は雪の中に全部あるいは一部がうまっている。雪が減るに従い徐々に全体の姿を現わしてくる。先ず「鶴の舞」の全体が見えてきた。4体全部が姿を現したとき「香りの広場」がよみがえり、春の到来を感じる。

150315fujidana.jpg
青い空、白い藤棚、黒い地面。なんとなく春の予感がする。中島公園の春が遅いのは自然に近いからだろう。

150315kujouhiroba.jpg
2月初旬に「ゆきあかりin中島公園」を開催した9条広場に雪のピラミッド型展望台が残っている。だんだん低くなって来るのが春を告げる速度計のように感じる。更に低くなってペッチャンコになれば、待ちに待った春到来!

150315goukeidoori.jpg
暖冬で水溜まりが出来て思うように歩けないことが度々あった。ここは地下鉄幌平橋駅に向かう行啓通。ここを水に浸からないで無事に通り抜けるには長靴が必要だった。この歩道から水溜まりが無くなり、とても有難い。普通の防寒靴で歩けるようになったのだ。長靴を履いて地下街やデパートを歩くのは恥ずかしい。若い人はピョンピョンと巧みに水溜まりを避けていけるが年寄は真似ができない。やろうと思えば出来ないことはないが、転んだ場合のダメージが過大だ。ただ骨を折るだけでは済まない。大抵の場合、持病を悪化させる。再起不能になる人も少なくない。水溜まりが無くなり、ここだけは春が一歩先に来たような気がする。
posted by nakapa at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2015年03月10日

今、閉鎖している施設

豊平館の4年間にわたる長期閉鎖に加え2月16日からは札幌コンサートホール・キタラも6月16日まで閉鎖。いずれも工事関連である。他に冬期閉鎖施設もあるので現在閉鎖されている施設を羅列してみた。

豊平館2012年4月より2016年3月まで改修工事
150223houheikan.jpg
4年間にわたる工事も後1年余りで完工予定。

150305houheikan.jpg
綺麗に塗装されたような感じ。ウルトラ・マリンブルーと聞いているが。

札幌コンサートホール・キタラは2月16日〜6月16日改修工事
150305kitara.jpg
キタラは「札幌まつり6月14〜16日」が終わるまで4か月の閉鎖。

150305kitara2.jpg
キタラの正面、メイン・エントランスは閉鎖。チケットセンター側は開いている。

150221ticket.jpg
開いているチケット・センター側のエントランス。

150305restaurant.jpg
テラス・レストラン・キタラも閉店。

冬期閉鎖施設、4月下旬に開き始めゴールデンウィークには全開
150305nihonteien.jpg
日本庭園南門

150206hassouan.jpg
八窓庵を囲っているプレハブ小屋。冬期閉鎖なので「ゆきあかりin中島公園」開催中の2月6日に撮影。

150221boatnoriba.jpg
菖蒲池は凍結しボートは陸揚げされブルーシートを被せてある。冬のボートハウスと波止場。

150217tenisu.jpg
藻岩山の観える中島公園庭球場。赤っぽいアンツーカコートは雪で覆われている。

150228mizunomiba.jpg
テニスコート近くにジャングルジムと水飲み場がある。冬はブルーシートで覆われ使用中止。

150125toire.jpg
冬期閉鎖中の公衆トイレは、行啓通(画像)、豊水通、地下鉄幌平橋駅2番口近くの3か所。9条通り、日本庭園前、公園橋近く、自由広場の4か所は使用可能。閉鎖中のトイレは4月ごろから使えるようになると思う。
タグ:冬季閉鎖
posted by nakapa at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設

2015年03月05日

3月5日の雪景色

雪が降ったが初春。木々に雪の花が咲いたような感じになっている。気温が上がると直ぐに消えてしまうと思い、朝ご飯を食べたらすぐに散歩に行った。気温は0度で風もない。心地よい雪道散歩になった。

150305kamokamogawa.jpg
中島公園の南側を通る行啓通を歩いた。南14条橋より鴨々川を見ると木々に雪の花が咲いているように見える。この時期は雪が降ったり、雨になったり、道路が凍ったり融けたりして気を使う。

150305jiyuuhiroba.jpg
左に曲がって自由広場に向かう。7時半くらいだが散歩する人も見られる。

150305kaorinohiroba.jpg
次に、中島公園ほぼ中央の香りの広場に向かう。ビルの間にもう一つのビルが建設中。秋には完成。藻岩山がだんだん見えなくなってくる。藻岩山があっての中島公園だが見える場所が次第に減って行く。

150305ikeminami.jpg
菖蒲池の南側に行くと河口近くの水場が少し大きくなっている。更に大きくなれば水鳥が来て、春が来る。

150305azumaya.jpg
菖蒲池に沿って歩くと東屋がある。除雪はしていないけれど人が歩いた跡は踏まれて固いので歩ける。

150305houheikan.jpg
札幌コンサートホール・キタラに向かう園路に出ると工事中の豊平館が見えた。

150305ichounamiki.jpg
キタラ南側のイチョウ林。柵の向こうには鴨々川分流が流れ菖蒲池に水を注いでいる。

150305kamokamogawa2.jpg
こちらは鴨々川本流で中島公園の西側、キタラ裏側を流れている。早朝散歩はこれで御仕舞い。中島公園の南側から始まり西側までの45分間。どこに行っても鴨々川に当たる。これからテレビドラマ「マッさん」を観る。



タグ:鴨々川
posted by nakapa at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 春夏秋冬