2013年07月10日

中島公園の花と2個の樹木名板

〜2013年7月10日の中島公園は花盛り〜

130710flowerw.jpg
この花は何という花?

130710hakoneutugi.jpg
ハコネウツギと書いてあった。

130710oobeniutugi.jpg
こちらはオオベニウツギだそうだ。

130710rabendar.jpg
 「香の広場」のラベンダー

130710bara.jpg
「笛を吹く少女」の側はバラが花盛り。

130710ajisai.jpg
 菖蒲池岸の紫陽花が咲き始める。

130710kikenboku.jpg
 幌平橋駅出入口横の木は危険木として伐採予定。

130710iyahikojinja.jpg
 「いやひこじんじゃ」の漢字は弥彦神社が正解。

130710taisenkyukan.jpg
 中島体育センターは7月・8月は工事の為休館。
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年07月06日

カルガモ(一口メモ)

カルガモ

中島公園ではマガモが沢山みられるが、カルガモも少し混ざっている。

姿が似ているので分かり難い。餌をもらうところも人なれしていることも似ている。

マガモの雄は繁殖期に頭がグリーンになりカルガモとは容易に区別できるが、カルガモとマガモの雌は見分け難い。


画像はカルガモ

マガモ(雌)とカルガモ、見分け方のコツ


画像はマガモの親子
 

違いはカルガモの方がクチバシの先が黄色いこと。

目の上を通る黒い線がマガモよりカルガモの方がハッキリ見えるのは顔が白っぽいせいだろう。 

これで見分けられる。 カルガモは雌雄で色の違いはない。私には雌雄の違いが分からない。

posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

マガモ(一口メモ)

マガモ

 

中島公園に棲息するカモ類は、殆どがマガモである。 

春夏秋は菖蒲池、豊平館前の池、日本庭園の池で観られる。 

中島公園では一番人気のある野鳥だ。

野鳥と呼ぶのも躊躇するほど人馴れしている。



画像でグリーンの頭が雄。夏になると羽は生え変わり、雌と同じような色になる。 

マガモの結婚シーズンは冬。冬に向って雄の頭は再びグリーンになる。

6月ごろになると、中島公園にも、可愛い親子カモが現れる。

夏はマガモの子育てシーズンである。雄は子育てに参加しない。 

母の後ろをついてまわるヒナの姿が愛らしい。 

中島公園のマガモは菖蒲池などの池で観られるが、池は冬になると凍結する。

川は流れがあるので、冬でも凍らない。

池が凍結すると、マガモは鴨々川で観られるようになる。


画像は鴨々川のマガモ群。 



巣立ったばかりの親子のマガモ。 2013年7月6日撮影



マガモの雄。 2013年4月20日撮影

タグ:母子鴨
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2013年07月04日

7月4日の中島公園

〜2013年7月4日の中島公園〜
昨日、親子鴨が現れた。豊平館前の池に鯉や鴨が増えたような気がする。
6日からは恒例のPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)。

130704oyako.jpg
 昨日見つけた親子鴨。6羽の雛も健在でホッとする。

130704kamos.jpg
 豊平館前の池も鴨が増えたようだ。

130704houheikan.jpg
 工事中の豊平館。完了まで2年と8ヶ月。

130704kamokamogawa.jpg
 最近は鴨々川の水が澄んでいる。

130704koi.jpg
 水清ければ魚棲まずというが、ここは濁っている。

130704pmf.jpg
7月6日よりPMF、公園中この旗でうまる。

130703zajisai.jpg
 紫陽花も蕾を付けた。この写真だけは昨日の撮影。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年07月02日

7月2日 中島中学生徒が彫刻清掃

〜2013年7月2日 中島中学生徒が彫刻清掃〜

中島中学校の総合学習の一環とし中学生約50人が中島公園内にある彫刻の勉強と清掃を行った。
案内したのは札幌彫刻美術館友の会。
会員である私は中島公園近所の住民として手伝いたかったが所用で欠席。
清掃翌日、綺麗になった彫刻を撮りに行った。

130703kinositasigetaro.jpg
 木下成太郎像(朝倉文夫)

130703hahatokonozo.jpg
 母と子の像(山内壮夫)

130703turunomai.jpg
 鶴の舞(山内壮夫)

130703nekotohamonika.jpg
 猫とハーモニカ(山内壮夫)

130703fuewofukushojo.jpg
 笛を吹く少女(山内壮夫)

130703tyamauchi.jpg
 台座に作者名。

将来を担う中学生のボランティア活動はとても大切なことと思う。
6年前、彫刻悪戯事件があり、それがキッカケとなり「彫刻を綺麗にしよう!」
との運動が立ち上げられた。この辺りの経緯を北海道新聞コラム「朝の食卓」に書いたことがある。
こちらをクリック! → 朝の食卓:彫刻清掃

130703oyakokamo.jpg
7月3日彫刻の写真を撮り終わった帰り道。菖蒲池東側の散歩道で親子の鴨と出会った。
今年初めて見た鴨の赤ちゃん(6羽)はとても可愛かった。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント