2013年06月20日

6月20日の中島公園は花盛り

〜2013年6月20日の中島公園は花盛り〜
札幌まつりが終わってから4日たち、お祭り特有の匂いも消え去った。
中島公園の主役はアチコチに咲く花たちとなる。
130620akasia.jpg
フジのように垂れ下がるアカシアの花が咲いていた。

130620americyamabousi.jpg
 豊平館前のアメリカヤマボウシはハナミズキの別名。

130620botan.jpg
 日時計側のボタンが咲き始める。

130620kishoubu.jpg
 菖蒲池のキショウブ。

130620kishoubu2.jpg
 豊平館前のキショウブ。日本庭園でも咲いている。この時期は池のある至る所にキショウブが咲く。

130620bungakukan64.jpg
 昔懐かしい紙芝居の企画展が文学館で開催。

130620jiyuhiroba.jpg
 札幌まつりが終わって4日目の自由広場。

「中島パフェ」訪問者による投稿
今朝(6月20日)中島公園へ行ってみました。

アカシヤ咲いたかアジサイまだかいな
130620shoubuike.jpg
 アジサイはまだですが、これから楽しめます。

アカシヤの花が咲いていました。
散り始めているのも有りましたが、蜂蜜でアカシヤもあるように、花弁の根元は甘い味がします。
今日のように湿度の高い日は周りもいい匂いがします。
130620akasianohana.jpg

 話は飛びますが、みどり売店前のアカマツに掛けられたカラスの巣には雛が顔をだしていました。
人の通りが多いのにカラスが攻撃しないという珍しいケースのような気がします。
130620karasu.jpg
この投稿を読んでカラスの巣を撮りに行くと時々赤ちゃんが顔をだしました。
しかし、タイミングが悪くこんな写真しか撮れませんでした。
見た私には分かるのですが、カラスの赤ちゃんは見えるでしょうか?

一般的な話では、カラスの巣には近づかない方がいいです。
私が撮りに行ったのは、大人しいハシボソカラスと掲示に出ていたからです。
ハシブトカラスだったら巣の側でウロウロしていると威嚇攻撃される恐れが大です。
巣を見て区別がつきませんから、巣があったらハシブトカラスと考えて注意すべきです。(管理人)
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬