2013年06月30日

中島公園かもくま祭(一口メモ)

6月 かもくま祭(中島児童会館とこぐま座の開館を記念した祭)

児童会館とこぐま座が主催する恒例行事です。園内施設や周辺企業、ボランティア団体も協力して開きます。原則として7月初の日曜開催です。
おおむね10時30分〜16時、幼児〜大人参加自由です。

幼児から大人まで参加の「かもくまだーびー」。
詳細はこちらをクリック! → かもくま祭(児童会館・こぐま座)「中島パフェ」

posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

第7回かもくま祭

〜2013年6月30日 第7回かもくま祭〜
「かもくま祭」は中島児童会館開館64年・こぐま座開館37年。楽しいイベントがいっぱい!
2013年6月30日(日)午前10時30分から午後4時まで。
中島児童会館・こぐま座前広場、対象は幼児から大人、参加自由。一部有料。

130630zkuma.jpg
 児童会館前にシロクマ君、「握手しよう、君の名は?」

130630zhiroba.jpg
 「かもくま祭」で賑わう9条広場(児童会館前)。会場は地下鉄中島公園駅で降りて直ぐの所。
子供たちと、若いお母さん・お父さん、高齢者も少しいて文字どおり老若男女で楽しんでいた。

初参加の札幌彫刻美術館友の会
「中島公園彫刻たんけん隊」を担当。
130630zchokokubt.jpg
 札幌彫刻美術館友の会がかもくま祭に初参加。初めてにしては手際が良かった。
去年、一昨年、独自に開催した「彫刻クイズラリー」の経験があったからだと思う。

130630zuketuke.jpg
 受付を済ますと星のマークの隊員章を付ける。

130630zstart.jpg
 彫刻たんけん隊、出発! みんな一緒に目的地である「香の広場」に向かう。
そこには山内壮夫の彫刻が4体ある。

130630zhata.jpg
 彫刻たんけん隊の現場「香の広場」。

130630znekohamo.jpg
 最初の探検現場は、謎の「猫とハーモニカ。
作品の説明をして、子供たちにクイズをやってもらい、簡単な清掃をする。

130630zfuefuku.jpg
 彫刻探検は「鶴の舞」「笛を吹く少女(上)」「母と子の像」へと続く。
子供たちも楽しそうにクイズに答え、雑巾もって清掃をしている。
彫刻を大切にする心を育むイベントになるだろう。
4体の彫刻はいずれも日本を代表する北海道出身の彫刻家、山内壮夫の作品である。

130630zomiyage.jpg
 楽しい探検の後は嬉しいお土産。

130630zjanken.jpg
 「札幌彫刻美術館友の会からプレゼントです」と特設ステージから司会者の声がする。
大勢の子供たちが集まってきたので図らずもジャンケン大会になってしまった。
予定外の楽しいハプニング。「かもくま祭」のオマケかな?

かもくま祭名物かもくまダービー
下の画像をクリックすると拡大。字が読めるかも。
130630zdabi64.jpg
かもくまダービーのスケジュール表。

130630zdabifusen.jpg
バルーンチャンピオンシップはお尻で勝負。
椅子に乗った風船を次々とお尻で割っていくユーモラスなゲーム。
これがブーブー親子かなと思っていたら違っていた。
お尻プープーではなくバルーンチャンピオンシップである。

130630zdabi.jpg
 小さなマシンの操作に苦労する大きな人たち。
スイスイ行く子供はカモちゃん、小さいマシンに難儀する大人はクマさん。
それで「かもくまダービー」。これは私が勝手に考えたこと。

130630zdabishohen.jpg
かもくまダービーの勝者には賞品が与えられる。

児童会館前に特設ステージ
130630zstage64.jpg
 特設ステージのイベントはここでチェック。

出店コーナー
130630zunicef.jpg
北海道ユニセフ協会のブースと「かもかもカフェ」。

130630zsuperbaool.jpg
 「スーパーボール」と書いてある。面白そう。

130630zturi.jpg
 何か釣ってる。魚つりゲームかな?

130630zpatinko.jpg
パチンコ工作とネイルコーナー。

130630zdisktarget.jpg
 体育センターのディスクターゲットも面白そう。

自由広場ではフリーマーケット
130630zfurima.jpg
安い! 50円の箱と200円の箱がある。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2013年06月23日

カラスの巣にカラスがいる

2013年06月23日 カラスの巣にカラスがいる
カラスの巣にカラスがいても当たり前じゃないかと言われればその通り。しかし私は、そんなものは撮りたくない。カラスに不審者と思われて脅かされる恐れがあるからだ。それなのに何故撮ったかと言うと、注意書きにハシボソカラスと書いてあったからだ。一般に人を威嚇するのはハシブトカラス。怖いのはフトでありホソは怖くない。私はそう思っているので巣の下でウロウロしながら撮った。しかし、写真をいくら見てもホソと断定できない。嘴辺りがフトのようにも見える?

130623karasunosu.jpg
カラスの巣。果たしてホソかフトか?
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

光と緑の中島公園

〜2013年6月23日 光と緑の中島公園〜
中島公園で纏まって咲く花といえば5月の桜、そして6月のキショウブ。
桜が陸の王者ならばキショウブは水辺の王者。風格はともかく数ではそうだ。
ともかく花咲く6月は大好きだ。

130623bungakukan.jpg
 北海道立文学館。企画展「紙芝居の今昔」開催中。
懐かしい「鞍馬天狗」「丹下左膳」、特に左膳の方は私のワープロでは変換されないほど忘れられた存在。
それ故に貴重だ。

「空の軍神」「狼の裁判」等はまさに歴史的資料。ただの紙芝居ではない。その他貴重な資料が揃っている。
ぜひ行ってみたい。紙芝居を通して歴史を学べると期待している。

130623jiyuhiroba.jpg
1週間前はお化け屋敷、オートバイサーカスなどの見世物小屋が建っていた.
その自由広場にも光が射している。

130623sirakaba.jpg
 札幌コンサートホール・キタラ近くの緑地。

130623shoubuike.jpg
 菖蒲池越しに藻岩山がチラリと見える。

130623kishoubu.jpg
 水辺の至る所にキショウブが咲いている。

130623hahatoko.jpg
ギョリュウをバックに「母と子の像」。

130623gyoryu.jpg
 近くに寄ってギョリュウの花を見る。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園にもこんな所が。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年06月20日

6月20日の中島公園は花盛り

〜2013年6月20日の中島公園は花盛り〜
札幌まつりが終わってから4日たち、お祭り特有の匂いも消え去った。
中島公園の主役はアチコチに咲く花たちとなる。
130620akasia.jpg
フジのように垂れ下がるアカシアの花が咲いていた。

130620americyamabousi.jpg
 豊平館前のアメリカヤマボウシはハナミズキの別名。

130620botan.jpg
 日時計側のボタンが咲き始める。

130620kishoubu.jpg
 菖蒲池のキショウブ。

130620kishoubu2.jpg
 豊平館前のキショウブ。日本庭園でも咲いている。この時期は池のある至る所にキショウブが咲く。

130620bungakukan64.jpg
 昔懐かしい紙芝居の企画展が文学館で開催。

130620jiyuhiroba.jpg
 札幌まつりが終わって4日目の自由広場。

「中島パフェ」訪問者による投稿
今朝(6月20日)中島公園へ行ってみました。

アカシヤ咲いたかアジサイまだかいな
130620shoubuike.jpg
 アジサイはまだですが、これから楽しめます。

アカシヤの花が咲いていました。
散り始めているのも有りましたが、蜂蜜でアカシヤもあるように、花弁の根元は甘い味がします。
今日のように湿度の高い日は周りもいい匂いがします。
130620akasianohana.jpg

 話は飛びますが、みどり売店前のアカマツに掛けられたカラスの巣には雛が顔をだしていました。
人の通りが多いのにカラスが攻撃しないという珍しいケースのような気がします。
130620karasu.jpg
この投稿を読んでカラスの巣を撮りに行くと時々赤ちゃんが顔をだしました。
しかし、タイミングが悪くこんな写真しか撮れませんでした。
見た私には分かるのですが、カラスの赤ちゃんは見えるでしょうか?

一般的な話では、カラスの巣には近づかない方がいいです。
私が撮りに行ったのは、大人しいハシボソカラスと掲示に出ていたからです。
ハシブトカラスだったら巣の側でウロウロしていると威嚇攻撃される恐れが大です。
巣を見て区別がつきませんから、巣があったらハシブトカラスと考えて注意すべきです。(管理人)
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年06月17日

お祭り翌日の中島公園

〜2013年6月17日 お祭り翌日の中島公園〜
「札幌まつり」があっという間に終わってしまった。
中島公園にも日常が戻り、6月22日にはフリマも開かれる。
とは言え、祭りの為に仮設した電柱等の撤去作業は数日はかかるだろう。

130617kamokamo.jpg
 勢いよく流れる鴨々川。遥か遠くの茨戸川浄化の為水をジャンジャン流している。

130617shasei.jpg
 写生する人。賑やかな祭りが終わり静粛が帰って来たような気がする。

130617walk.jpg
ノルディックウォーキングは、最近になって愛好者が増えている。
エクササイズやフィットネスの1つと評価されているようだ。

130617tenchu.jpg
 仮設電柱の撤去作業。中島公園には電柱がない。
その代わり電柱を立てる為の穴が用意されている。
お祭りは夜の10時までやるので照明が必要である。

「中島パフェ」訪問者からの投稿。
御祭りすんだ中島公園へいきました。
菖蒲池の名に由来すると思われるキショウブが見ごろでした。

クリックすると元のサイズで表示します

キショウブの変種なのでしょうか白い菖蒲も咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

ハマナスの花もお祭りが済んだ静かな水辺に咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

「6月8日の中島公園」のキタラ前広場のキングサリが種をつけていました。
鞘に包まれた種はマメ科といわれる植物の特徴なのでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します

キショウブもキングサリも明治時代にヨーロッパから渡来した植物だそうです。
北海道開発の歴史的な流れを思わせました。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2013年06月16日

2013「札幌まつり」のまとめ


〜2013年「札幌まつり」の全て〜
準備段階から後始末まで、2013年「札幌まつり」の全てを日付順に掲載
言い換えれば縦の線の全てであって横への広がりはない。札幌まつり全般については…、
こちらをクリック! → 札幌まつり(札幌祭り)「中島パフェ」

「札幌まつり」は毎年6月14日〜16日午前10時から午後10時までの開催。
中島公園は露店と見世物小屋だけ。

5月24日
130524jiyuhiroba.jpg
自由広場では5月3日〜22日「さっぽろ園芸市」が開催。
それが終わると直ちに「札幌まつり」の準備が始まる。早々と資材が搬入された自由広場。

5月25日
130523chuusen.jpg

次なる準備は「札幌まつり(露店)抽選会」。場所は営業に影響するので抽選で決める。
よく見れば奥の方にも大勢の人がいるのが分かる。露天商が何百人も集まるのは珍しい。

5月26日
130526kumitate.jpg

お化け屋敷を作るため、鉄パイプ組み立て中。

5月28日
130528obakejinbi.jpg
お化け屋敷の資材搬入。

6月8日
130608jiyuuhiroba.jpg

 自由広場も組み立て中の小屋や作業車で埋まる。

6月11日
130614keiji.jpg

この看板が立つと札幌祭りが間近と感じる。

130611koushosagyou.jpg

組み立て作業を見ると見世物小屋のテントは意外に高い。

6月13日札幌まつり前日
130613tatiirikinsi.jpg

お化け屋敷、オートバイサーカス等の小屋が勢ぞろいした自由広場。
明日からの三日間を思うと信じられない静かさ。

130613rotenjunbi.jpg

露店は明日に備えて開店準備中。この画像では見えないが左下のダンポールには「江戸前」と書いてあった。東京の雰囲気も持ち込まれる中島公園の札幌まつり。

130613kasetutoire.jpg

仮設トイレは、公園の要所に設置される。
まだ使用できないが珍しいものに目のない子たちは興味津々。

6月14日札幌まつり第1日目
今まで掲載したことがない画像を載せた。

130614deguti3.jpg

地下鉄中島公園駅3番口を出た所から露店は並ぶ。

130614rotens.jpg
いつもより空いている。予報が雨だったこと、金土日の最初であることが影響していると思う。
普通なら15時は大混雑。

130614kamesukui.jpg

「カメすくい」もあった。こんなに小さく可愛いのが、あんなに大きくなるのかと複雑な心境。

130614monsuke.jpg

中では子供達が飛び跳ねている。外で見守るお母さん達。

130614pittinggame.jpg
ピッチングゲーム、正確な投球で賞品をゲット。

130614sakka.jpg

キックオフ、目指せJ1! 北海道の君よ。

6月15日札幌まつり第2日目 夜のお祭り
夜のお祭りを撮るのは初めてだと思う。人の目を意識してフラッシュは使わないことにした。

130615deguti3.jpg

地下鉄中島公園駅3番口前。右側に赤い矢印のついた看板に「う回路」と書いてある。
矢印方向に進めば、まもなく露店のない園路に出る。大混雑のときは利用すると便利。

道なりに行けば大混雑お祭り会場の反対側に着く感じだ。お化け屋敷やオートバイサーカスのある自由広場に行くなら迷わず迂回路を使用すべきである。

130615sumatoboru.jpg

昔懐かしい露店のスマートボール。私が遊んだのは46年前だが大負けしていると、特別サービスがあり、そこそこの負けにしてくれた。それが気に入ってよく通った。チンジャラジャラのパチンコと違って人情あるスマートボールだった。

130615yakisoba.jpg

札幌コンサートホール・キタラにやや近い露店。お化け屋敷やオートバイサーカスのある自由広場にも近い。露店と見世物とちょっと静けさを楽しむなら、この辺りが便利。近くには広い芝生の広場(香の広場)もある。

130615keisatu.jpg

臨時警察官派出所。「事件がないのが何よりです」。派出所が混雑していたら大変だ。
最悪なら訴えも聞いてもらえない。犯罪抑止力としての効果は大きいと思う。

130615misemono.jpg

自由広場の見世物。正直いって「蛇女」などの見世物は苦手だ。もちろん好きな人も多いだろう。現にこのように混んでいる。今回は今まで撮ったことのないもの中心に撮っている。

130615bootonoriba.jpg

祭りの夜に特別営業するボート乗り場。通常の営業時間は17時までだが、豊平川花火大会と札幌祭りの日は時間を延長している。遠くの藻岩山が少し写っている。今のデジカメは凄いと思う。このコンデジは買って3年たつが、今のはもっと凄いのではないだろうか。夜の写真はほとんど撮ったことのない私の率直な感想。

6月16日札幌まつり最終目 みこし渡御
久しぶりに中島公園の外に出ることにした。外と言っても中島公園の前の道路までだ。そこを通る「みこし渡御」を撮りに行った。先ず最初に中島公園内の札幌まつりを少しだけ紹介。

130616rotenura.jpg

お祭り開催中こんな看板がアチコチに立つ。

130616iyahikoyoko.jpg

この看板の示す方向にこのような仮設トイレがある。

130616kingyosukui.jpg

「金魚すくい」に大勢の人だかりで何も見えない。

130616kingyosukui2.jpg

ようやくもぐり込んで撮った写真だが……。

130616togyohe.jpg

人の流れについて行ったら9条広場に出た。何かあるらしい。
そういえば今日、「みこし渡御」が中島公園前を通過するのだ。

「みこし渡御」が14時ごろ中島公園前通過
130616togyo1.jpg

先頭は人力車に乗ったお偉方。

130616togyo2.jpg

次に馬車が来た。もっと偉い人かもしれない。

130616togyo3.jpg

更に偉くなると天狗になる?

130616togyo4.jpg

こんな可愛い子が次々と登場。お祭りは楽しい。

130616togyo5.jpg

地下鉄中島公園駅の近くに行ったらこの混雑。御神輿が人の群れに埋もれて良く見えない。

130616togyo6.jpg

雑踏で馬が興奮したのだろうか? 後ろを向く人も。

130616togyo7.jpg

山車は華やかで美しい。祭りに咲く花を乗せてゆっくりと進む。

130616togyo8.jpg

山車を引くいなせな若い衆。

130616togyo9.jpg

中島公園の隣町、山鼻の山車が来た。手を振る女性。

130616togyo10.jpg

女性も男性も粋でいなせな豊水祭典区の山車。

130616togyo11.jpg

フジがとても綺麗。「札幌まつり」の頃はフジが満開。

今回は今までの写真とダブらないことを主眼に編集した。その結果、心ならずも偏っている。
全般についてはこちらをクリック! → 札幌まつり(札幌祭り)「中島パフェ」

今回の「札幌まつり」で中島公園内に並んだ露店は約480店。(6月12日付けの北海道新聞では約450となっているが、同紙15日付けでは約480になっている)

6月17日札幌まつり終了翌日
130617kaitai.jpg

自由広場の見世物小屋解体作業。

130617denchuukouji.jpg

仮設電柱撤去作業。

130617kaitai2.jpg

4時間後自由広場に行って見たら作業続行中。

130617suidou.jpg

緑の中で水周りの作業中。
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2013年06月08日

花咲く6月8日の中島公園

〜花咲く2013年6月8日の中島公園〜
とても過ごし易い天気が続いている。
フジ、キングサリなどの花が咲き、散歩が楽しいシーズンの到来だ。

130608moiwayama.jpg
 菖蒲池越しに観る藻岩山。何の変哲もない風景である。
ここは全国的に知られた歓楽街ススキノの徒歩圏。
歓楽街の隣が自然豊かな公園。こんなアンバランスが面白い。

130608kamokamogawa.jpg
 札幌コンサートホール・キタラ裏側を流れる鴨々川。

130608sanpomiti.jpg
ここは風情のある散歩道として親しまれている。

130608kingusari.jpg
キタラ前広場に咲くキングサリ。

130608kasetutoire.jpg
 後ろの青色ボックスは「札幌まつり」用仮設トイレ。
祭り期間中はこのようなトイレが公園中アチコチに仮設される。

「中島パフェ」訪問者からの投稿
中島公園の藤の花は、夏到来の気温の上昇で寒さで遅れていた経過を一気に挽回して、
例年の時期の開花に追いつくようです。

6月8日午後1時頃に公園へ行って見ましたら、藤の花房が大きくなり始めていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

北国の夏の風物詩の一つになっている、柳やポプラの綿毛も舞い始めるようです。
雪の降るような風情が、北国の夏に見られる面白さでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年06月02日

菖蒲池にラジコン船

2013年06月02日 菖蒲池にラジコン船
静かな水面に航跡を残して走る船は格好いい。
私もいつかラジコン船を操縦してオオセグロカモメを追いかけてみたい。
追いかけるなら戦艦や航空母艦ではダメだ。駆逐艦がいい。水雷艇でもいいかも知れない。

絶対平和主義なのに何故そう思うのだろうか。やはり映画の影響と思う。
スマートで目先が効いて几帳面負けじ魂これぞ船乗り
いいイメージが焼き付いて離れない。困ったものだ。いい年して。
130602zfune2.jpg
 目標、前方のボート。針路360.両舷前進全速 ヨーソロー
130602zfune.jpg
 近くで見るとこんな感じ。どこで操縦しているのだろうか?
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日曜の中島公園

〜2013年6月2日 日曜の中島公園〜
ブログ「中島公園新着情報」はホームページ「中島パフェ」のサブページ。
新着情報の役割は新鮮な情報をいち早く更新すること。

この二つのサイトの目的は中島公園を良好な状態に維持して次世代に繋ぐこと。
その為には出来るだけ多くの人の協力を得て中島公園の魅力を伝えて行きたいと考えている。

130602zhitobito.jpg
やっと春が来たと思ったら、もう夏の感じ。明るく楽しそうな日曜日の午前10時25分

「中島パフェ」訪問者の投稿 6月2日撮影
クリックすると元のサイズで表示します
中島公園駅からキタラに向かう園路にある藤棚。

クリックすると元のサイズで表示します
藤棚の藤の花も目をさましたようです。

クリックすると元のサイズで表示します
今年のライラック開花は遅れて6月に入って見ごろになっています。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池に、カルガモのカップルがいました。
マガモと違う見た目が雄と雌の色合いが同じというところです。
マガモは何時も池で見かけるカモですが、カルガモはどういうわけか少ないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園