2013年03月31日

中島公園 春を探しに

〜2013年3月31日の中島公園 春を探しに〜

確かに私はヒマだが、毎日中島公園に春を探しに行けるほどでもない。
用事なり何なりで街に行くときは中島公園を横切ることになる。
途中で春を感じると持ち歩いているコンパクト・デジカメでパチリと一枚と言う次第である。

クリックすると元のサイズで表示します
私にとって一番近い中島公園はここ。鴨々川に架かる中州第1号橋を渡って公園に入る。
水の流れが春らしくなったのでパチリと一枚。

クリックすると元のサイズで表示します
コンサートに来る人々。札幌コンサートホール・キタラ。

クリックすると元のサイズで表示します
木々の周囲の雪融けを根開けというそうだ。これが出来ればもうじき春。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年03月30日

中島公園 春の気配

〜3月30日の中島公園 春の気配〜
イベントも事件もないので、毎日の様に春を撮りに行った。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ前、青空に白い雲が春らしい。
よく見ると旗が風になびいている。春一番の風が吹いているのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します
「春の小川はサラサラ行くよ」と歌われているが、本当にサラサラ流れている。
ここは中州橋付近の鴨々川。雪解け水が澄んでいるのかな??
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年03月29日

私の好きな風景

〜2013年3月28日 私の好きな風景〜
2枚だけ気になった画像を載せてみた。

クリックすると元のサイズで表示します
ここには鴨々川分流から水が流れこむので、一番に融ける。
池の水を見ると長い冬が終わったような気がしてホッとする。
もうじき春だ。青空に浮いている雲が春の陽気に誘われて踊っているように見える。
春よ来い早く来いと歌いたくなって来た。

クリックすると元のサイズで表示します
池越しに札幌コンサートホール・キタラが見える。
池に水が満たされ、木々が緑に変わるとキタラが映えてくる。
水と緑の中に見えるコンサートホールは美しい。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年03月27日

春を探しに行く

〜2013年3月27日 春を探しに行く〜
3月も末になってきたので、春を探しに行ってきた。
下の方には殆どないけれど上を見れば青い空。日差しもだんだん強くなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
足元の氷も融けザラメ状態になり、日差しも強くなって来た。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌護国神社の参道はきれいに除雪され、一足早い春が来る。

クリックすると元のサイズで表示します
池は凍っているが、川の流れが春を呼ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
地面の雪さえ撮らなければ春だ。なかなか春が見つからない。もう3月末なのに。

クリックすると元のサイズで表示します
春を探しに行ってみたが、まだ雪がいっぱい。
今日は春の気分を感じるために撮らなかっただけ。街はすっかり春らしくなっている。
相変わらず遅い中島公園の春だが、これが自然というものだろう。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年03月23日

3月23日の中島公園雪融け状況

〜2013年3月23日の中島公園雪融け状況〜

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池は凍結中。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川は凍結しない。中島公園内では鴨も泳ぐ。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラに向かう主要園路は除雪されている。

クリックすると元のサイズで表示します
文学館側の園路は除雪されていない。

クリックすると元のサイズで表示します
人が歩いた所に穴がある。柔らかい所に乗ってしまったのだ。
除雪していない道でも雪原でも歩ける場所(線)がある。
それは人の歩いた跡で分かる。これは一本の線だから前から人が来たらすれ違うのが難しい。

「来た道をバックするのか?」
「近ければそれもいいでしょう」
「遠かったらどうするんだ?」
「いい方法がありますよ」

「分かった。一人が寝てもう一人が、その上を歩くんだ」
「地雷原突破法ですね。戦争映画でみましたよ」
「何かいい方法ないのか」
「ダンスのように組んでクルッと回ればいいでしょう」

「やってみたのか」
「断られました」
「当たり前だろう」
「その代わり避けてくれましたよ」
「まさか、その時できた穴じゃないだろうな」

クリックすると元のサイズで表示します
彫刻「笛を吹く少女」は積雪計の役目も担っている?

クリックすると元のサイズで表示します
北海道では子どもは雪の子。

クリックすると元のサイズで表示します
工事中の豊平館。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2013年03月19日

中島公園 遅い雪融け

〜3月19日の中島公園 遅い雪融け〜
雪融けが遅いようだ。春が近づいているのにあせってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
足元はともかく日差しで春を感じる。温かい。

クリックすると元のサイズで表示します
左はキタラ、右は天文台、前(西側)は電車通側出口。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園の南側出入口は地下鉄幌平橋駅。

クリックすると元のサイズで表示します
北側(すすきの)出入口は中島公園駅(3番口)。

クリックすると元のサイズで表示します
文学館前の園路は除雪されていないが、人が歩いた所は雪が固いので歩ける。
ただし、一歩でも道を踏み外すともぐるので注意。よく見れば穴が空いていることが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します
穴は深い。これは歩いている人が柔らかい雪につけた穴。
除雪していない所は、人の歩いた跡だけが安全。

例えていえば雪原全体が地雷原。人が歩いた場所以外を歩くと深みに落ちる危険性がある。
命は大丈夫だが靴のなかが冷たくなる。

体温で温まればビチョビチョになる。靴下が濡れて気分が悪い。
くれぐれも人の道を外さないように注意しよう。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌護国神社参道では除雪作業をしていた。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園西側鴨々川沿いの道路。小道の雪融けは辛い。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理

2013年03月15日

中島公園 日差しが温かい

〜3月15日の中島公園 日差しが温かい〜
中島公園を散歩していると日差しの温かさを感じる。明らかに春の日差しだ。
しかし、雪だけはたっぷり残っている。

クリックすると元のサイズで表示します
雪融けの中島公園。白鶴橋手前。

クリックすると元のサイズで表示します
自由広場の時計が13時40分を指している。

クリックすると元のサイズで表示します
昼間も夜間も公開されている。詳細 →札幌市天文台

クリックすると元のサイズで表示します
ここから真っ直ぐ30分歩くとJR札幌駅。

クリックすると元のサイズで表示します
中州2号橋下にマガモ。


posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年03月08日

カラスの勝手でしょう

〜2013年3月8日の中島公園〜
このところ気温はやや上昇、春の近づきを感じる。
雪は減ったものの例年に比べると深い積雪。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川に架かる白鶴橋。未だ雪の深さを感じさせる。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川にも雪が積もるが下には水が流れている。点々はカラスの足跡ではないだろうか。
「カラスの足跡なぜこわい」。関係ない言葉を思い出した。
目尻の小じわのことだが、今は死語かもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
一応、話題の主にも出てもらった。人間の勝手で出てもらったのだ。
以前「カラスの勝手でしょ」と言う言葉が流行ったことがある。
「カラスなぜ鳴くのカラスの勝手でしょ〜♪」とか人気グループが歌っていたからだ。

ところが歌詞の「7つの子」が問題となった。7歳のカラスは大人。
一度に7羽も子を産むカラスもいない。いろいろ話題を提供してくれるカラスに感謝。
「ゆきあかりin中島公園」が終わると中島公園には何もない感じだ。

クリックすると元のサイズで表示します
画像左に鴨(マガモ)が飛んでいる。鴨は年がら年中飛んでいる。
鴨が飛んでもニュースではない。しかし、私が飛んでる鴨をカメラで捉えれば、それはニュースだ。

クリックすると元のサイズで表示します
工事中の豊平館。完了まで後3年。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2013年03月02日

晴れ後吹雪の中島公園

〜2013年3月2日 晴れ後吹雪の中島公園〜
10時ごろ晴れていたので散歩に出たが11時には吹雪に変わった。
天気予報が外れたと喜んでいたが…。

クリックすると元のサイズで表示します
10時22分晴れ気温0度C。吹雪の予報だったが…。

クリックすると元のサイズで表示します
文学館前からボート乗り場への道は歩くスキーのコースになっている。
明日の終了を惜しんでか、スキーの人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します
左下に彫刻「笛を吹く少女」が小さく見える。右に見えるのは藻岩山。
ここは「香の広場」と名付けられているが知る人は少ない。

クリックすると元のサイズで表示します
「香の広場」の真ん中をスキーで歩く人々。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり吹雪になってしまった。
毎日音楽コンクール「受賞記念コンサート」に行く人たち。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年の歩くスキー画像

130105taisenmae.jpg
中島公園の歩くスキー・コースは中島体育センター前からスタートしゴールする1Km。画像の山は藻岩山。

130215crs8.jpg
コースは1から11まで。体育センター前スタート、文学館、菖蒲池、香りの広場、体育センター前ゴール。

130105crs9.jpg
次は昔「百花園」と呼ばれた場所で、彼方に藻岩山が見える「香りの広場」。

130215inu.jpg
「香りの広場」への入り口にあたる場所。

130302kaorinohiroba.jpg
「香りの広場」から見える藻岩山。右端の建物は札幌コンサートホール・キタラ。

130302kaorinohiroba2.jpg
更に先に進みコース10へ。

130105goru.jpg
最後に少しばかり坂を滑り降りてゴール。ここはスタート地点でもある中島体育センター。
タグ:歩くスキー
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント