2013年02月25日

積雪深い中島公園

〜2013年2月25日 積雪の中島公園〜
毎日のように更新している積雪記録、いつまで続くのだろう。
心配になってきた。午前は晴れていた。
久しぶりに鴨々川水遊び場付近と札幌護国神社方面に行ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌護国神社、両側の雪山は狛犬に積もって出来た。

クリックすると元のサイズで表示します
南国に散った兵士の御霊は雪の中。沖縄戦没者慰霊碑。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄幌平橋駅の傍を流れる鴨々川。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池が凍結すると鴨(マガモ)はここに来る。

クリックすると元のサイズで表示します
幌平橋駅近くの交差点。行きかう人も忙しそう。

クリックすると元のサイズで表示します
冬には雪景色を映す小田襄の彫刻「風景の夢」。

クリックすると元のサイズで表示します
中州橋付近の鴨々川。昔はここに沢山のマガモが。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年02月19日

中島公園さらに積雪

〜2013年2月19日 中島公園さらに積雪〜
今朝の道新には「記録的大雪に市民悲鳴」との見出しがあった。
まさにその通り。中央区の平年値は53センチにたいして今年は102センチと2倍の積雪。
その為中島公園の風景も変わり、今年初めて見る景色も出てきた。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園のやや南、西からの入口は私のお気に入り。
中州第1号橋から3号橋まで三つの橋を渡り中島公園に入る。
水と緑の中島公園に相応しい入口だ。
そこには「市民の川辺」と書いた看板があるが、隠れてしまっている。
こんな風景は初めて見た。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ前の彫刻「相響」が雪で覆われている。
雪が積もって楕円形に見えない。これも初めてのことだ。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川まで雪で埋まりそうになっている。
2006年1月に鴨々川が凍ったことがあったが、これは河川工事で水の流れが殆ど止まったため。
このとき水場を失ったマガモが上空を右往左往していたことを思い出した。

クリックすると元のサイズで表示します
天文台の円形ドームに雪が積もるのも珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します
積雪深い中、豊平館は大掛かりな改修工事。

クリックすると元のサイズで表示します
左側は歩くスキーコース、右側は菖蒲池。人が歩いて散歩道が出来た。
最初に歩いた人に有難うといいたい。

クリックすると元のサイズで表示します
目立たないが、この階段を降りると文学館喫茶「オアシス」

クリックすると元のサイズで表示します
建物は中島体育センター、手前は歩くスキーコース。そして向こうに見えるのが藻岩山。

クリックすると元のサイズで表示します
行啓通、左側は中島公園、右側は札幌護国神社。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年02月15日

中島公園冬景色

〜2013年2月15日 中島公園冬景色〜
ゆきあかりin中島公園も終わったので、久しぶりに冬景色を載せてみた。
中島公園の冬もまんざらでもない。春夏秋冬それぞれ味がある。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラと凍結した菖蒲池。

クリックすると元のサイズで表示します
香の広場から望む藻岩山とキタラ。

クリックすると元のサイズで表示します
冬は歩くスキーのコースになっている香の広場。

クリックすると元のサイズで表示します
中島体育センター裏の桜並木に雪の花?

クリックすると元のサイズで表示します
ゆきあかりin中島公園の跡に残るスノーランタン。

クリックすると元のサイズで表示します
何の変哲も無い氷柱だが寒さと雪量を表している。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年02月10日

第7回ゆきあかりin中島公園のまとめ

〜2013年2月8日-10日 ゆきあかりin中島公園〜
今年は三日間合計の来場者数は6,859人と去年の9,500人を下まわった。
初日の悪天が影響したようだ。雪、時々吹雪だった。
以下、アンケートの書き込みより抜粋。
「住民が一生懸命やって楽しんでいるのでいる面白い企画です」
「こんにちはなどの声かけなど感心して、うれしかったです」

撮影日順に掲載。
メイン会場である9条広場から中島体育センターまで、
全ての雪灯りを紹介するつもりで歩いた三日間だった。
今回で7年目、1回から全記録→ゆきあかりin中島公園

2013年2月8日撮影 第1日目
第1日目は吹雪模様の為メイン会場(9条広場)に限定して開催。
16時30分から点灯式。主役は「点火隊」の子供たち。吹雪に負けず果敢に点灯!

クリックすると元のサイズで表示します
16時30分点灯式の後、真っ先に点火隊が点灯開始。
トンガリ帽子が可愛い子供達が寒さを堪えて頑張っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは「シンボルゆきあかり」、広場全体に広がる雪明りのビューポイント。

クリックすると元のサイズで表示します
2台の移動販売車でお汁粉、コーヒー等温かいものを提供。
隣接した児童会館で暖をとることも出来る。床暖だから気持ちいい。
準備完了、来場者を待つばかり。

クリックすると元のサイズで表示します
点火隊に続き来場者皆で次々と点灯。
広場を雪明りで満たす作業が寒さを吹き飛ばしてくれる。
来場者と主催者が一緒にやる作業は、お互いに楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します
徐々に暗くなり雪明かりが映えてきた。
画像では穏やかに見える天気だが寒いし吹雪くこともある。

クリックすると元のサイズで表示します
これはエスキモーのイグルーかな。
第1回ゆきあかりでは自由広場のイグルーが目玉だったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
来場者の投票で優秀作品を決めるGoodJobコンテスト。
中学校、地域ボランティア団体等、7組が雪像と雪明りに挑戦した。画像中央は投票箱。

クリックすると元のサイズで表示します
メイン会場(9条広場)に並ぶジョブコンテスト作品。
白い雪が素材なので灯りでメリハリを付けている。

クリックすると元のサイズで表示します
上の作品、左を拡大。もっと接近して撮れば好かったと思うが後の祭り。
綺麗な模様が伝えられなくてゴメン。

クリックすると元のサイズで表示します
点灯前の作品。点灯したらどうなるか明日が楽しみだ。(点灯した作品は9日分に掲載)

クリックすると元のサイズで表示します
作品の撮影中。いい映像を撮るには腕はもちろん道具も必須と痛感。
役目は情報提供と記録と思い直し一人で納得。

クリックすると元のサイズで表示します
吹雪模様だったが、かなりの来場者があった。
「ゆきあかり」も3回目くらいまでは本当に寂しかった。
しかし現在の盛況があるのは初期の寂しさに、めげずに頑張り続けてきた方々のお陰と思う。

クリックすると元のサイズで表示します
天候の都合でメイン会場のみの開催となったが、1ヶ所に纏めたので賑わいを演出できたと思う。
人出の少ない祭りほど寂しいものはない。悪天の初日を乗り切る。

初日はメイン会場のみだが明日への準備も着々
クリックすると元のサイズで表示します
札幌彫刻美術館友の会は「灯りと願いのターミナル」 担当。
テントを張り道具をそろえ明日の準備に忙しい。

クリックすると元のサイズで表示します
テントの中には机と椅子、ストーブも用意された。紙コップ、ローソク、サインペンの準備も万端。
念のためテルテル坊主も作ったぞ! あした天気にな〜れ

クリックすると元のサイズで表示します
外では明日の為の準備作業開始、先ず除雪機で雪の壁をつくる。
ここは紙コップランタンの展示場になる予定。

クリックすると元のサイズで表示します
次に雪の壁に願いを書いた紙コップを入れる穴を掘る。
明日は来場者にも紙コップに願いや絵をかいてもらう。
そしてローソクに火を点けて穴に入れて完成。

クリックすると元のサイズで表示します
「菖蒲池の団欒」上演中のシアターZOOでもスノーランタンが用意されていた。
明日はメイン会場に加え、日本庭園を通ってキタラまで続く「ゆきあかり街道」、その他で点灯される。
「ゆきあかりin中島公園」が全開となる予定。きっと晴れるだろう。星空の下での開催期待!

2013年2月9日撮影 第2日目
晴天に恵まれ来場者も多数、全ての会場に火が灯った。
全体を撮影するつもりだったが、時間が足りず残りは最終日である明日に行くことにした。
私も中島公園近所の住民として手伝っていたが、最終日は念のためフリーにして置いてもらった。
今度こそ全会場撮影!

クリックすると元のサイズで表示します
好天に恵まれ「灯りと願いのターミナル」に火が灯る。
ここを担当する札幌彫刻美術館友の会は年2回彫刻清掃を実施、この彫刻も清掃対象の一つになっている。

クリックすると元のサイズで表示します
ところで2009年9月26日のことだが、同会主催による第4回中島公園彫刻清掃が行われた。
そのことを知った「のびゆく子等」の作者小野健寿先生も参加。
制作者としての取り組みなどを説明。
その中で「友愛の心で命の喜びを表現」したと語っていたことを記憶している。
友愛の心で灯す紙コップ

クリックすると元のサイズで表示します
紙コップに願いや絵を描いてローソクの火を灯す。
通りすがりの多くの人たちが参加してくれ、最終日にはローソクが足りないほどだったと聞いた。

クリックすると元のサイズで表示します
観るイベントが多い雪まつりに対し参加型を目指した中島公園の雪あかり。
雪壁の穴掘りから紙コップに描いて火を点けるまで、来場者に自由にやってもらったら素敵な作品ができた。
願う人の心が形になっていると思う。

クリックすると元のサイズで表示します
「のびゆく子等の像」の下には小学生の子等の願いがコップに描きこまれている。
去り行く者の人生最後の「仕事」は次世代への継承と考えている。
中島公園を出来るだけ良い状態で次世代に引き継がれることを願っている。
子供たちがイベントに参加してくれることはこの上ない喜びである。

クリックすると元のサイズで表示します
よく見るとこちらも「資生館小学校」と書いてある。
この他にも近隣の中学や高校生が団体あるいは個人で参加してくれている。

クリックすると元のサイズで表示します
絵などを描いた紙コップランタンはこの中で作られている。
制作道具はそろっているし小さいながら石油ストーブもある。
だれもが自由に参加、自由に飾ることができる。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆきあかり街道は北から南へと続く。遠くに薄野の灯。
「すすきの氷の祭典」から僅か350mで中島公園に着く。

クリックすると元のサイズで表示します
メイン会場は地下鉄中島公園駅直結の9条広場。
ここには「シンボルゆきあかり」と呼ばれる展望台(昼は雪の滑り台)がある。
GoodJobコンテスト作品、それに休憩所(児童会館2階)と移動販売車2台がある。

クリックすると元のサイズで表示します
来場者が優秀作品を選ぶGood Jobコンテスト実施中。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園近所の中学校もGood Jobコンテストに参加。

クリックすると元のサイズで表示します
児童会館前に移動販売車。左の車で豚汁・汁粉販売。

クリックすると元のサイズで表示します
児童会館はホッとステーションと呼ばれる休憩所。
床暖ジュータンが冷えた身体に心地よい。2階から眺める雪明かりも素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
「シンボルゆきあかり」展望台。昼は滑り台にして遊ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
このオブジェには、後援・協賛・協力団体名やゆきあかりin中島公園実行委員会参加団体名などが書かれている。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌彫刻美術館友の会ランタン。
実行委員会には豊水地区第一町内会、豊水まちづくりセンター、地域力UP実行委員会、
札幌彫刻美術館友の会、パークホテル、ノボテル札幌、キタホテル、文学館、キタラ、児童会館、
体育センター、天文台、渡辺淳一文学館、シアターZOO、管理事務所(事務局)が参加している。

クリックすると元のサイズで表示します
この夜、ノボテル札幌では甘酒無料サービス。

クリックすると元のサイズで表示します
冬期閉鎖中の日本庭園だが期間中オープン。
冬の日本庭園を散策できる唯一のチャンス。

クリックすると元のサイズで表示します
門から入り雪の日本庭園を楽しめる。
庭園中に雪明り回廊がめぐらされて、まるで迷路を歩くような楽しみがある。

クリックすると元のサイズで表示します
京都の老舗石屋が作った灯籠も雪の中で映えている。

クリックすると元のサイズで表示します
天文台ではキャンドル・デコレーション制作・点灯。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆきあかり街道の穴場は渡辺淳一文学館への道。
天文台よりキタラの裏を通り渡辺文学館へと続く。
鴨々川を渡り文学館までのゆきあかり街道はムード溢れる散歩道。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川沿いの散歩道は文学の香する散歩道。

2013年2月10日撮影 第3日目
この日は前2回で撮れなかった場所を選んだ。

クリックすると元のサイズで表示します
「シンボルゆきあかり」は昼間すべり台として人気。

クリックすると元のサイズで表示します
中島体育センター玄関前。
観光客等はすくないが、ここには夜も体育センター利用者が通う。
行き帰りにキャンドル・デコレーションを見て楽しむ人も多いと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
豊水通から入る体育センターへのアプローチ。

クリックすると元のサイズで表示します
体育センター入口前の北ホテル。エントランスに電飾。

クリックすると元のサイズで表示します
北海道立文学館前にはスノーキャンドルとオブジェが。
去年はここに大きな招き猫雪像が立った。ニコニコした表情豊かな猫だった。

クリックすると元のサイズで表示します
オブジェは丹頂鶴、ヒグマ、シマフクロウだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
札幌パークホテル・アプローチの電飾。

クリックすると元のサイズで表示します
北口の銀杏並木園路に美しい氷像が立っている。
製作は氷像作りに実績がある札幌パークホテル。
さっぽろ雪まつり同時開催の「すすきの氷の祭典」にいつも出展している。
「中島パフェ」が協賛したときもパークホテルに作ってもらった。

クリックすると元のサイズで表示します
「第25回すすきの氷の祭典」2005年2月7日ラフィラ前。
詳細はこちらをクリック!→第25回すすきの氷の祭典

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄中島公園駅3番出口裏のシンボルゆきあかり。

クリックすると元のサイズで表示します
ノボテル札幌へと続くゆきあかり街道。

クリックすると元のサイズで表示します
イルミネーションとキタラレストラン。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ広場の札幌コンサートホール・ビューポイント。
本当は立て看板のマークのように並んでいるのだが撮影に失敗。
夜の撮影は難しいとつくづく感じる。

以上、2月8日からの三日間の撮影。今年は初日が悪天だったが後の二日で盛り返したと思う。
中島公園近所の住民である私にとっては楽しい「ゆきあかりin中島公園」だった。
市民や観光客の皆様も雪の札幌を楽しんでくれたことと思う。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2013年02月08日

中島公園雪の夜

2013年2月8日撮影
130208nobiyukukora.jpg
地下鉄中島公園駅を降りて真っ直ぐ歩くとこの像に当たる。彫刻の名は「のびゆく子等」。

130208enro.jpg
中島公園駅から札幌コンサートホール・キタラへの途中に藤棚がある。ここはその辺。

130208heveysnow.jpg
ここはキタラ裏側を流れえる鴨々川。川沿いは絶好の散歩道だが冬はこの通り厳しい状態だ。
タグ:夜景
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

「ゆきあかりin中島公園」開催のお知らせ

2013年2月8日(金)〜10日(日)ゆきあかりin中島公園
クリックすると元のサイズで表示します
詳細と体験記はこちら→ ゆきあかりin中島公園
公式的な情報はこちら→ facebookゆきあかりin中島公園
タグ:ゆきあかり
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2013年02月03日

2月3日の中島公園

〜2013年2月3日の中島公園〜
「ゆきあかりin中島公園」5日前の中島公園を散歩。

クリックすると元のサイズで表示します
凍結した菖蒲池。昔はスケートリンクだったが、
今は立入禁止で無人の雪原のように見える。

クリックすると元のサイズで表示します
晴れた日曜日なので雪の中島公園でも人出がボチボチ。

クリックすると元のサイズで表示します
中島児童会館前の9条広場では親子で8日より開催の
「ゆきあかりin中島公園」準備中。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池の東側では歩くスキーを楽しんでいる。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2013年02月02日

中島公園に虹と雪そして雨

〜2013年2月2日 中島公園に虹と雪そして雨〜
今まであんなに寒くて大雪だったのに雪まつりが近づくと雨とは皮肉なものだ。
しかし、好いこともあった。虹がでたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
朝8時過ぎドラマ「純と愛」を観ていると虹が出た。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園に撮りに行ったが、キレイには撮れなかった。
虹が架かっていることが分かる程度だ。やはり七色ほしい。
1色半くらいの虹になってしまってガッカリ。

クリックすると元のサイズで表示します
少しでも虹に近づこうと築山に登ったがこの程度。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは中島公園駅、見渡せば虹は薄野に現れている。
薄野に行けばもっと綺麗に撮れるかな?
まるで逃げ水のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
「なんだこの写真は?」
「雨が降ったんですよ」
「もう直ぐ雪まつりなのに、今ごろ雨とは困ったものだ」
「虹と雪のバラードという歌があったでしょう」
「知ってるよ。トワエモワが歌った札幌オリンピックの曲だろう」
「バラードの本来の意味はドラマチックな曲だそうですね」
「それがどうした?」
「虹と雪に雨が加われば、更にドラマチックと思いまして…」
タグ:
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬