2012年06月08日

2012年のオシドリ

2012年06月08日 オシドリ夫婦か
菖蒲池上空に飛行機雲発生! 地上ではオシドリが羽を休める。
middle_1339186283.jpg
豊平館前の池にオシドリ夫婦? 見にくいけれど雄と雌であることは確か。

2012年05月30日
ここは菖蒲池西岸中央。
middle_1338418702.jpg
おやっ! オシドリの雄と雌。夫婦かもしれない。
オシドリ夫婦と言われているが、実は薄情なお父さん。
子育てはお母さんにまかせっきり。

2012年04月28日 豊平館前の池にオシドリ
120428osidoris.jpg
 豊平館前の池にオシドリの番が二組いたように見えた。
ここには雄2羽、雌1羽しか写っていないが肉眼で見えた。
「樹木ガイド」実施中のため遠くから適当に撮った。
この次出合ったときに近くから撮ってみたい。

2012年04月10日 雪融けの中島公園
120410osidori.jpg
オシドリ♂は、札幌コンサートホール・キタラ近くの鴨々川に留まっていた。

2012年03月04日 私が撮った一枚はオシドリ♂
この日「ぶらり写真旅」という中島公園内を撮る撮影会があった。

middle_1330956251.jpg
拙い写真ですが、当日発表された写真の中にオシドリが無かったので密かに載せます。 
札幌コンサートホール・キタラ近くの中州橋の下にいました

2012年01月04日
ここは札幌コンサートホール・キタラ広場前の近く。
鴨々川からの分流がある。水は菖蒲池へと流れ込む。
middle_1325743042.jpg
キタラ近くの中州橋。オシドリの雄一羽が居ついてしまった。よほど気に入ったのだろう。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

6月8日の中島公園

〜6月8日の中島公園〜
5月下旬に親子鴨が子鴨6羽で現れたと聞いた。
5月30日に子鴨4羽の親子鴨を見た。
そして6月4日には2羽になっていた。
 
8日に中島公園を訪れても親子鴨は見られなかった。
子鴨は全滅したらしい。「最初に中島公園に現れた
親子鴨には過酷な運命が待ち受ける」
これは毎年繰り返されること。
これからは子鴨の数も増え生存率も高くなるだろう。 
今年も可愛い赤ちゃん鴨の姿を見られると思う。

120608fujidana.jpg
 中島公園駅からキタラに行く途中で見られる藤棚。
フジが咲けば、札幌まつりも間近。6月14日〜16日。
今年は咲くのが早いような感じ。気のせいかな?

120608kishoubu.jpg
 池端にキショウブが咲いている。こちらは日本庭園。
菖蒲池と名がついたのは何時のことだろうか?

120608ehonnosekai.jpg
 道立文学館では『ルリユールおじさん』で知られる、
作家による「いせひでこ・絵本の世界」特別展開催中。
〜私の木、心の木〜 心の木って何だろう?

120608kadan.jpg
 「札幌まつり」を前にして自由広場の花壇も大盛り。

120608maturi.jpg
こちらは大忙しの「札幌まつり」準備もよう。(自由広場)

120608kamokamogawa.jpg
 茨戸川浄化の使命を帯びて満々と流れる鴨々川。
危険な場所には柵がある。入らないように注意!

〜ここからは6月4日の中島公園〜
120604fuji.jpg
 菖蒲池西岸でひっそりと咲く自己主張しない花。可憐。

120604hikoukigumo.jpg
 空は広いな線が一本。菖蒲池上空に飛行機雲発生!

120604osidori.jpg
 豊平館前の池にオシドリ夫婦?雄と雌であることは確か。

120604tutuji.jpg
 菖蒲池西岸中央のツツジ。足元の落ち花が可哀想。

120604ugui.jpg
 藤棚のある園路横の池 ウグイかな?
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園