2011年09月19日

パンフルート独奏会 2011年9月18日

〜パンフルート独奏会 2011年9月18日15時より〜
待ちに待ったパンフルート・コンサートが、中島公園ほぼ中央の芝生の広場で開かれた。

演奏するのは竹笛太郎さん、愛媛県在住。
竹笛さんはアマチュアだが、全国各地で演奏活動を行っている。 

「パンの笛」はギリシャ神話の牧神パンの笛といわれ、
別名「パンフルート」「パンパイプ」「シュリンクス」とも呼ばれている世界最古の管楽器である。

このコンサートの模様は北海道新聞9月19日朝刊25頁に
カラー写真付きで載っている。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
会場は彫刻「猫とハーモニカ」前だが、9月18日当日は、
あいにくの雨模様だった。 

クリックすると元のサイズで表示します
先ずは、予定通りの場所でパンフルートの演奏。

クリックすると元のサイズで表示します
新聞報道もあり、雨にも関わらず多くの人が参加。

クリックすると元のサイズで表示します
雨を気にしないでコンサートを続けたいので、
近くの東屋に場所を移した。

クリックすると元のサイズで表示します
入ってみると意外に大きい。 演奏する人も、
聴く人も落ち着いて楽しめるコンサートになった。
「鳥の歌」「ロンドンデリーの歌」「スカボロフェア」
等の馴染みの曲。珍しい手作り楽器の紹介もあった。

クリックすると元のサイズで表示します
残念なのは画像です。私のデジカメは晴天専用なので
雨天、室内はよく撮れない。どなたか撮影された方で、
ブログなどで公開されている方はURLをお知らせ下さい。

関連HPはこちら → 猫とハーモニカの謎
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント