2011年09月06日

台風12号の中島公園は大雨

〜台風12号の中島公園は大雨。2011年9月6日〜
今は温帯低気圧になり、大雨を降らしている、元台風12号を取材に中島公園に行ってみた。 
鴨々川や菖蒲池はどうなったのだろうと心配になったのだ。
しかし、余計な心配だった。せっかく行ったのだから雨の中島公園を撮ってきた。

NHK NEWS WEB(9月6日 8時59分)によると、
「台風12号から変わった温帯低気圧や台風13号の影響で、北海道では、
一部で降り始めからの雨量が300ミリを超える大雨となっています。
北海道では、6日夜にかけても激しい雨のおそれがあり、気象庁は、
土砂災害や河川の氾濫などに警戒するよう呼びかけています」と言うことだ。

テレビに写る豊平川の濁流も凄かった。 
中島公園内の鴨々川や菖蒲池などはどうなったかなと思い、見に行った。

クリックすると元のサイズで表示します
さぞかし、濁流が渦を巻いてと思っていたが違っていた。
水量もいつもより少なく静かなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
更に上流に行ってみると、水がほとんど無かった。
多分、降って来た雨が流れている程度だ。
豊平川から鴨々川への水門が多分、閉じられている?

クリックすると元のサイズで表示します
自由広場はこのとうり。 雨は沢山降っているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
「猫とハーモニカ」前の小道も水浸し。

クリックすると元のサイズで表示します
風で落ちた枝も少しあった。もっと大きい枝もあった。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチに座って憩いのひとときを過ごす人も居た。

クリックすると元のサイズで表示します
自転車に乗って…。 多分、働きに行く人。

クリックすると元のサイズで表示します
遠くに見えるアオサギを撮ってみたがピンボケ。
新しいデジカメを買う必要があると痛感。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にアートを2枚。 お馴染み「笛を吹く少女」。
1959年建立。山内壮夫の作品。

クリックすると元のサイズで表示します
突然園路に現れた安田侃の彫刻。市内の要所で展示。

〜2004年、台風18号の記憶〜
台風と言えば思い出すのが、2004年の台風第18号。 
忘れもしない9月8日のことだった。

この台風で中島公園の名物ポプラ並木が倒壊した。
今考えても残念なことをしたと思う。 
中島公園の至る所で木々が倒れていた。

画像は中島児童会館前。 山内壮夫の彫刻「森の歌」周辺。
クリックすると元のサイズで表示します
「森の歌」だけが立っていた。建物は札幌パークホテル。

クリックすると元のサイズで表示します
倒壊した木々の陰に、かろうじて見える「森の歌」

災害は忘れたころにやって来る。 
たまには台風18号を思い出そう。→ 台風18号の爪痕
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園管理