2010年06月27日

6月27日(日)の中島公園、夏の公園で憩う人々

〜6月27日(日)の中島公園、夏の公園で憩う人々〜

クリックすると元のサイズで表示します
羨ましいね、二人の世界。菖蒲池でボートを楽しむ。

クリックすると元のサイズで表示します
日本庭園に自転車で入れるんだ。去年まで禁止。

クリックすると元のサイズで表示します
木陰で太鼓の練習。四角い太鼓、手作りみたいだ。

クリックすると元のサイズで表示します
暑い、30度もある。小川で水遊びに限る。キタラ近く。

クリックすると元のサイズで表示します
自由広場でフリマ。暑くてかなわん、もう片付けよう。

クリックすると元のサイズで表示します
テントですか。いいですね。少しは涼しい? 鴨々川。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川河畔のベンチでささやく、お二人さん。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2010年06月20日

第5回野外彫刻清掃(実施)

〜2010年6月20日、第5回中島公園彫刻清掃〜
6月20日の午前中、美術愛好者、中島公園近所の住民で構成される、
「中島公園モニュメント研究会」の主催で野外彫刻清掃が行われました。

暑い中31名が参加してくれました。 
今回は、中島公園管理事務所の協力を得て、近隣ホテル、大学生、
公園内諸施設の職員等、幅広い方々が、ボランティア参加してくれました。
画像提供:JTBコミュニケーションズ北海道 橋本さん

クリックすると元のサイズで表示します
朝倉文夫「木下成太郎先生像」ワックスがけ清掃
今となっては、この像は国家的文化財です。 
東洋のロダンと称された朝倉文夫作品の400点もが戦時中の金属供出で、
大砲などの兵器にされてしまいました。唯一、残ったのがこのブロンズ像です。

クリックすると元のサイズで表示します
「木下成太郎先生像」ワックスの後は乾拭き清掃
重要文化財八窓庵・豊平館に次ぐ、第三の歴史的文化財ですから、清掃作業も慎重を期しました。 
ワックスの後は丁寧に乾拭きです。 「カラスの野郎、フンをかけるな。
こちらのお方を何様と心得ているか!」と言いたくなりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
「木下成太郎先生像」周辺の草刈
あまりにも恐れ多いので、こんな遠くまで刈ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
清掃完了、清掃ボランティア全員で記念撮影
久しぶりの晴天の日曜日に、ボランティア活動に参加して下さり有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します
午前10時清掃開始。札幌彫刻美術館友の会長挨拶
野外彫刻を大切にするためには、親しんでもらうことが第一です。 
みんなの力で野外彫刻を奇麗にしましょう。 
そうすれば中島公園が奇麗になり、札幌が奇麗になります。

クリックすると元のサイズで表示します
最初に山内壮夫「森の歌」の清掃は水汲みから
水をかけ、柔らかい布で鳩のフンなどの汚れを取るのが彫刻清掃の基本です。 
彫刻が、文化財であり美術品であることを忘れてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
「森の歌」清掃作業
ゴシゴシでなくなでなでの方がいいですね。彫刻に傷をつけないことが作業の大前提です。

クリックすると元のサイズで表示します
小野健寿「のびゆく子等」の清掃
前回は作者の小野健寿先生が参加して、ご自分の作品の解説をしてくれました。 
野外彫刻の素材としては珍しい白銅作りだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
清掃前に「四翁表功之碑」の説明
彫刻清掃前に、その素材に応じた清掃法の説明もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
「四翁表功之碑」周辺の草刈も行う
せっかく彫刻を奇麗にしても、周辺が草ボウボウでは美しくありませんね。 
周辺の草を刈ると見違えるように奇麗になります。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ前、安田侃「相響」の清掃
素材は美しいイタリア産の大理石です。 傷をつけないように慎重に作業をしました。 
安田侃氏の作品は、札幌コンサートホール・キタラ内の1階ロピー、大ホール内などにもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫「猫とハーモニカ」清掃
中島公園ほぼ中央のバラの花壇のある芝生の広場です。 
山内壮夫の作品が4点もある「山内壮夫ワールド」です。

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫「鶴の舞」清掃
この芝生広場は、犬の散歩の人が多いので、通称ワンワン広場です。 
そういえば、鶴や猫も動物仲間ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫「笛を吹く少女」清掃、前から
この彫刻は、とても気に入っているので、前後2枚の写真を撮りました。 
半世紀以上前の作品なので劣化して表面はザラザラで鉄筋の一部も錆付いているのが分かります。

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫「笛を吹く少女」清掃、後ろから
子供さんも参加しています。ボランティアの活動が引き継がれて行くといいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫「母と子の像」清掃
2007年、「札幌まつり」の夜、何者かに「母と子の像」が倒され、その後も悪戯被害に遭いました。 
この事件をきっかけに「中島公園モニュメント研究会」が立ち上げられました。 
毎年2回の彫刻清掃を行っています。 その後、悪戯は無くなりました。 
この状態が続くことを願っています。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2010年のアオサギ画像、たった一枚

2010年6月20日
100620kinoue.jpg
日本庭園の木の上に居たアオサギ。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

何時もの様にアオサギ

2010年6月20日

中島公園の小動物たち

 

菖蒲池北側に居た親子ガモ

←6月8日 7日に現れた親子鴨の子は10羽
7日に10羽を連れた母子が現れたが、2,3日後、2羽、6羽と次々に現れた。28日に藤棚横の川のような池で2羽を連れた親子鴨を観た。

地上4mの洞の中で暮らす子猫がいた。親がエサを運んでいるようだ。2匹までは確認されたが…。

中島公園の人気者。アオサギが、いつものように来ている。画像は日本庭園池の中島で観たアオサギ。

大木の洞で暮らす子猫ちゃん日本庭園で観たアオサギ

6月8日 東側の森、地上4m、木の洞に住む子猫

6月20日 日本庭園中島、木の上にアオサギ

posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2010年06月18日

6月18日の中島公園、札幌祭り終わって二日

〜6月18日の中島公園、札幌祭り終わって二日〜

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲も咲きごろ。菖蒲池北側。

クリックすると元のサイズで表示します
池にはウグイ。鯉もいるのだが。藤棚東側の池。

クリックすると元のサイズで表示します
水は満々流れは早い鴨々川。中州一号橋より撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌まつり二日後、「みどり子ファミリー」健在。

クリックすると元のサイズで表示します
お祭り終えて。お化け屋敷など撤収中。

クリックすると元のサイズで表示します
二日にわたり、歩く歩く「ツーデーマーチ」開催。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2010年06月14日

2010「札幌まつり」のまとめ

2010年6月14日撮影。お祭り初日の中島公園風景。
今年の「札幌まつり」は、天候に恵まれてスタートしたが、最終日の予報は雨らしい。なんとかずれて欲しい。 ヨサコイソーラン祭りは天候に恵まれ、最高の人出を記録した。それにあやかりたいものだ。

14日に撮影したものを、その日の内に書き込んでいる。祭り見物の参考になればと思って急いで書き込んだ。まだ、まるまる二日残っている。祈るは16日の晴天のみである。

100614jiyuhiroba.jpg

自由広場には、お化け屋敷、オートバイサーカスなどの見世物小屋が立っている。

100614aoutbi.jpg

人気のワールド・オートバイ・サーカスの入場料は700円。中学生以下500円。15日の北海道新聞朝刊24頁に樽の中を真横になって走るライダーの画像が載っていた。16日は雨? 雨が降っても屋根があるので大丈夫!

100614obakeyasiki.jpg

「お化け屋敷」。大人600円、小中学生400円。幼児300円。15日の北海道新聞朝刊24頁に、お化け屋敷の妖怪役になる記者の画像が載っている。凄く暑そうだ。驚かせて悲鳴を聞いて快感だそうだ。お化け屋敷も雨が降っても大丈夫。

100614misemono.jpg

オドロオドロしい見世物小屋。大人600円高校生以下400円。15日の北海道新聞(朝刊24頁)によると、新人記者が見世物小屋のヘビ食いに挑戦したが、気色の悪さに断念。16日の予報は雨。雨が降れば怖さ倍増?

100614monsuke.jpg

ビックリハウス、その他。ここも雨OK。お祭りで一番心配なのは雨、露店は厳しいけれど自由広場の見世物小屋は、雨でも大丈夫。お祭り最終日の16日は雨の予想だ。なんとか予報が外れて晴れないかな。

100614rotenjunbi.jpg

「札幌まつり」開始30分前、準備にいろいろ忙しい。

100614roten.jpg

露店にエサあり。電線上で待機する抜け目ないカラスたち。

100614suberidai.jpg

人形劇場こぐま座前の遊戯広場で遊ぶ子等。

100614fujidana.jpg

両側に露店のある東側園路は、身動き出来ないほどの大混雑だが、キタラに向う西側園路は空いている。藤も咲き始めた。

100614houheikan.jpg

お祭りと言っても、混雑するのは露店のある園路だけ。豊平館前、中央の芝生の広場など、空いている場所は沢山ある。 混雑の嫌いな人も、公園で憩うスペースは充分ある。

100614boats.jpg

ボートも賑わってはいるが、衝突するほどではない。

100614gokokujinja.jpg

札幌護国神社は、露天商などの駐車場となっている。

2010年6月12日撮影。お祭り二日前の準備風景です。
100612maigocenter.jpg

二日前に早くも、「迷子センター」建設。左側に仮設電柱。

100612kasetutoire.jpg
 仮設トイレも、要所に充分設けられる。

100612obake.jpg

子供や若者に人気の「お化け屋敷」も急ピッチで仮設中。

100612wos.jpg

人気、ナンバーワンのオートバイサーカスはスリル満点。

100612koncent.jpg
ズラリと並ぶ露店用のコンセントも設置済み。

100612midoriko.jpg

久しぶりに、その姿を現した「みどり子ファミリー」1999年3月、札幌のみどりのシンボルとして登場。その後、長い間シートに覆われていたが、再登場。
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2010年06月08日

2010年6月8日の中島公園(洞の子猫)

〜2010年6月8日の中島公園 子猫、祭り、藤〜

2010年6月8日動物情報
アオサギも来ているそうです。2羽居るときもあるのですが、勢力争いをするせいか? 
しばらくすると1羽になるそうです。 それで何時も1羽の感じです。

不思議なことに子猫が大きな木の高い所にある洞に住んでいるそうです。 
中島公園ほぼ中央の芝生の広場の北側の森の中です。
クリックすると元のサイズで表示します
写真には1匹しか写っていませんが、2匹確認できました。
見え難い洞の中なので、何匹いるか分かりません。狭いから多くはないと思います。

2010年6月8日札幌祭り情報
6月14〜16日は「札幌まつり」です。
中島公園は露店とお化け屋敷、オートバイサーカス等の見世物小屋です。
クリックすると元のサイズで表示します
自由広場には見世物小屋。写真右側は仮設電柱です。

2010年6月8日花情報
日本庭園の藤が開花しました。 
園路にある大きな藤棚の藤も少しですが咲き始めています。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2010年06月04日

6月4日の中島公園、6月初旬は雨

〜6月4日の中島公園、6月初旬は雨〜
今日までの6月は、本州の梅雨のようで、毎日のように雨が降っていた。 
今年の桜の開花は遅く、6月に入ってもいくらかのヤエザクラが咲いている。
今の中島公園は、何処に行ってもツツジが見える。ツツジと言っても、赤・白・ピンク、いろいろある。 
私は池辺に咲くツツジが好きだ。

9日から13日は、ヨサコイソーラン祭りだが、中島公園は14日〜16日の「札幌まつり」の準備の真っ最中。 
ヨサコイの会場にはなっていない。 一部のグループが練習に来る程度だ。

中島公園には電柱がないのだが、お祭りは夜の10時まで、露店や見世物小屋が開いている。 
祭りの日は、そこら中に電柱が立てられ照明がつく。 そして、終われば撤去される。 
中島公園がレトロな街に変化する三日間である。

そろそろ、鴨の赤ちゃんが現れるころだが、私はまだ観ていない。 
どなたか、母子の鴨を観た方は、コメントで知らせてくれると有難い。

第5回中島公園彫刻とモニュメント清掃が、6月20日午前10時〜12時まで行われる。 
集合場所は中島公園九条広場、中島児童会館前、9時30分より受付を開始する。
自由参加なので気軽に来てほしい。見学だけでもOK。

 

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園9条広場の山内壮夫のブロンズ像「森の歌」
ここが、「中島公園彫刻とモニュメント清掃」の集合場所。
誰でも出来る、彫刻清掃ですから、気軽に参加してください。
見学だけでも、かまいません。見に来て下さい。


クリックすると元のサイズで表示します
雨に降られてしまった中国人観光客。

クリックすると元のサイズで表示します
北門から日本庭園に入る。散る桜。

クリックすると元のサイズで表示します
日本庭園、南門から少し入ると東屋が見える。

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館。2012年より補修休館。補修完了予定20016年。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川。札幌コンサートホール・キタラ裏(西)側。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池西岸、豊平館近く。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ広場のツツジ。

クリックすると元のサイズで表示します
散る桜。白鶴橋(キタラ近く)の下流。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の桜?
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園