2009年11月28日

11月28日の中島公園

2009/11/28       

〜11月28日の中島公園〜
久しぶりに雪が降った。降ったり曇ったり、時々晴れの変化に富んだ一日だった。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ広場前の「相響(安田侃)」。こんな姿を見れるのも、あと少し。
冬になれば保護シートで覆われる。

クリックすると元のサイズで表示します
2004年の台風18号のときは中島公園でも相当な被害があった。
そのとき「中島パフェ」の掲示板に「北島の大きな木は無事ですか」と問合せがあった。
ちょうど5年後の今年、危険木として切り倒された。中島公園で一番親しまれた大木は消えてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
左側に小さく黒く見えるのが、違う方向から見た、伐採された木の切り株。


クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池西岸中央付近にある「菖蒲池看板」。


クリックすると元のサイズで表示します
一見、鴨が前に向って横隊で進んでいるように見える。実は、私が近づいたので、沖に逃げたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラの南側。秋のなごりの落ち葉。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2009年11月24日

11月24日の中島公園

2009/11/24       

〜11月24日の中島公園、晩秋〜
24日は温かく最高温度は10℃近くあったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
左側の旗を見て下さい。だらりと下がっています。風もなく、いっそう温かく感じました。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川の向こうに見える白っぽいビルは、新築のマンションです。空が段々小さくなって行くように感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨だけは元気ですが、ひと月もすれば菖蒲池も凍結して、ここには住めなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
池はキャンバス、先ず木の映り込み。次に動きのある線を鴨たちが描きます。

クリックすると元のサイズで表示します
各鴨、横一線でパークホテルに向って泳いでいます。真ん中がやや遅れ気味。がんばれ!

クリックすると元のサイズで表示します
犬は人の友だち。友だちの友だちも叉、友だちです。

クリックすると元のサイズで表示します
「ワンちゃんが羨ましい。私たち、ニャンコのホームレス」。 廃材で作った小屋からも立ち退きを迫られています。 

ニャンコに罪はないけれど、公園中、こんなになっても困ります。どうしたらいいのでしょう。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2009年11月22日

11月22日の中島公園

2009/11/22       

〜11月22日の中島公園〜
昨日(21日)は雪が降りました。中島公園にとっては初積雪です。今日は、もう融けています。
ほんの僅かだけ残ってはいますが…。

クリックすると元のサイズで表示します
北海道立文学館の辺りの木々は冬モードです。落ち葉のジュータンが冬の訪れを感じさせます。
今年の雪は遅かったそうです。短い冬が期待できますね。

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館はいつ撮っても違って見えます。池、芝生、木々などの様子が変わるからだと思います。
今回は2009年11月22日、「いい夫婦の日」の豊平館です。結婚式場として相応しい日です。

クリックすると元のサイズで表示します
青空の下の自由広場です。親子が遊んでいます。
こんな風景が見れるのも、あと少しです。もうじき雪で覆われます。
雪融けの来年4月中旬ごろ、お馴染みのフリーマーケットが開催されます。 
それからは、メーデー、園芸市、札幌まつり等で、この自由広場が賑います。

クリックすると元のサイズで表示します
自由広場の水飲み場も冬季閉鎖となりました。自動販売機も終了間近です。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ前広場の近くを流れる小川です。
スッカリ晩秋の風情ですね。高くそびえるビルはホテル、ノボテル札幌です。

クリックすると元のサイズで表示します
11月22日撮影時刻と、そのときの気温です。

クリックすると元のサイズで表示します
残雪で遊ぶ子等と言うのは大袈裟かも知れません。しかし、子供たちは「雪だ雪だ」と言っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日(11月21日)は、こんなに積っていたのに、直ぐに融けてしまいました。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2009年11月19日

キタラ・イルミネーション

2009/11/19       

2009年札幌コンサートホール・キタラ イルミネーション
2009年11月13日(金)〜2010年2月28日(日)
点灯時間 16時30分〜22時 電球の数 3万個
昨年の人出 約8万人

以下の画像は2008年11月撮影
中島公園の冬は雪景色の中に豊平館のライトアップ、キタラのホワイト・イルミネーション等で、一段ときれいです。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ・レストラン
ここにはイルミネーションがずらりと並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ、エントランス前
ここが一番多きい木に飾られたイルミネーションです。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ、エントランス、横から見たところ
大小、二本の木が親子のように観えます。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ中庭
肉眼で見るとかなりきれいですが、写真は失敗しました。 
ここにはきれいなクリスマスツリーが沢山あります。

クリックすると元のサイズで表示します
チケット売り場
ここは暖房が効いていて温かいです。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ、南側エントランス前、関係者・職員専用
ここにはタクシー乗場があります。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年11月18日

カワアイサの飛来が少ない

2009/11/19       

最近カワアイサが来なくなったので些細な飛来のお知らせです。
チラチラ雪が降る11月18日中島公園菖蒲池にカワアイサが来ました。
1羽だけ見ました。携帯で撮ったのですが、よく見えません。 
沖のほうに豆粒みたいに見えるのがカワアイサです。
以前はたくさん来たのですが、少なくなりました。 
今年はもう、来ないのかと思っていましたので、1羽でも見るとホッとします。 
ついでですが、赤い花の下で石ころみたいに見えるのは、寝ている猫です。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ:カワアイサ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2009年11月15日

11月15日の中島公園

2009/11/15       

〜11月15日の中島公園、鴨々川満水〜
雨が降ったり止んだりの中島公園。徐々に秋も深まり、晩秋の気配が漂う。 
導水管から川面に排出する量が、こんな多いのは初めて見た。 
自由広場で飛んだり降りたりする鳩のグループが居た。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園内を流れる鴨々川の下には直径1mの導水管が埋められている。 
そこには川面の何倍もの水が流れ、導水管の水はここから排出される。 
水面に噴出すように排出されるのは初めて見た。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ裏を流れる、満水状態の鴨々川。ここまで水面が上がっているのは、初めて見た。

クリックすると元のサイズで表示します
行啓通から中島公園に入る小道周辺も晩秋の気配。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園に隣接する札幌護国神社、社務所。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌護国神社、七五三。11月15日。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄幌平橋駅裏を流れる鴨々川。

クリックすると元のサイズで表示します
人から一番近い距離に居るのが、鳩。以下、鴨、カラス、雀の順。 
ここは札幌コンサートホール・キタラ近くの自由広場。

クリックすると元のサイズで表示します
雨の中島公園、鳩は地面に降り、しばらくすると一斉に飛び立つ。しばらくすると地面に降りる。 
こんなことをしばらく繰り返していた。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2009年11月09日

11月9日の中島公園

2009/11/9       

〜晩秋、11月9日の中島公園、芸術の秋〜
今朝の中島公園は暖かい。 札幌はだんだん暖かくなっている。 
秋を楽しめる期間が長くなり、冬が短くなったような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川、薄野側への出口。交番のある大きな通りに面している。
鴨々川は、この道路の下を流れて薄野に向う。
そしてバスセンターへと流れて行き、名前を創成川に変え、丁目、東西の境となる。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄中島公園駅3番出入口付近の銀杏並木。新しく出来た3番出入口が銀杏並木と馴染んできた。
中島公園の新しい風景。出入口が出来ただけで都会的になる。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池北(薄野)側で泳ぐマガモ。鴨がここで泳げるのも、後ひと月程度だ。
やがて氷が張り、鴨は近くを流れる鴨々川に移動する。それとも他所に行っているのかもしれない。
元々シベリアから来た、渡り鳥である。

クリックすると元のサイズで表示します
生垣の向こうは、早くも冬季閉鎖の日本庭園。秋がだんだん長くなると、閉園が早すぎるように感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
国指定重要文化財豊平館。

クリックすると元のサイズで表示します
白い屋根は天文台。山は藻岩山。

クリックすると元のサイズで表示します
キタラ広場の東側を流れる小川。 この近くに札幌コンサートホール・キタラがある。
 公園を散策して、いい音楽を聴く。 そういえば、日比谷公会堂も日比谷公園の中。 
昔から、公園と音楽は縁がある。 広場を挟んで反対側に北海道立文学館。
中島公園は芸術の公園と言われている。 
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2009年11月07日

中島公園のネコたち

2009/11/7      

〜中島公園のニャンコたち〜
お詫び
費用をかけて捨て猫に避妊手術までしてお世話している
方々、及び写真を提供してくださった方、ごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します
のページの記事は削除して、別な記事と入れ替えました。

クリックすると元のサイズで表示します
この「注意書き」を見て、恐ろしい事実を知りました。
もちろん、これだけではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園管理事務所に行ってパンフをもらってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
話を聞くと猫への餌やりも関係しているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらにも更に詳しく載っています。
事務所でこの2枚のパンフをもらえます。

クリックすると元のサイズで表示します
「寄生サイクル」には犬猫も含むそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
ピンボケですね。すみません。要点だけ書きます。
・人の口から卵が体内に入ると大変です。
・症状を自覚するまで、数年から十数年かかります。

クリックすると元のサイズで表示します
要点はキツネや糞に触らない。汚染された山菜を
生で食べない、わき水は飲まない等です。

知識不足を反省
単に猫好き、猫嫌いの問題ととらえ、
人畜共通の疫病までに思いがいたりませんでした。
「注意書き」を見て、これは大変と思った次第です。

早速パンフをもらいに行き、読んでみて初めて
「エキノコックス寄生サイクル」のことが分かりました。
10分もかければ大まかなことが分かるのに
何故しらなかったか恥じています。

2013年12月13日中島公園の猫たちのその後
「nakapaさん、中島公園の猫少なくなったと思いませんか」
と猫好きのAさんから聞かれた。
「そう言えば少ないですね」
「一匹残らず捕まえて去勢(避妊手術)したの」
「捕まえるの大変でしょう」

大勢の人たちが可哀想な仔猫が増えるの防ぐために頑張っている。
そして、飼ってくれる人を探して引き渡したという。お陰で公園の猫も減った。

大変喜ばしいことだが去勢費用も、飼ってくれる人を探す労力も大変だと思う。
全ては無責任に猫を捨てた人たちの後始末だ。
可哀想な猫を放っておけない優しい人たちの活動が、猫を減らしたのだろうか。
言われるまで気付かなかったが、だいぶ減ったような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
Aさんが撮った、この猫もどこかで誰かに飼われている?
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2009年11月03日

11月3日の中島公園

2009/11/3       

11月3日の中島公園、初めて携帯で撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
薄野方面から中島公園に入ったところです。 この日はちょっと寒かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
日本庭園、八窓庵です。 今日は日本庭園の最終日。 
11月4日から大型連休前の4月下旬まで冬季閉鎖に入ります。まだ、紅葉も残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館、池の手前に鴨がいます。 草を食べていたのですが、近づくと池に向ってトコトコあるいて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ前広場です。 3日文化の日ですが、人っ子一人いません。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ近くの銀杏林です。 葉も落ちて、銀杏の実を拾う人も見られます。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2009年11月02日

中島公園のカツラ

中島公園のカツラ
091102katura1.jpg
カツラ科、20〜30mになる落葉樹。

140528katura1b.jpg
菖蒲池東側、ボート乗り場(右端)付近のカツラ。 2014年5月28日撮影

2016年9月12日追記
160912katura2.jpg
カツラ科、カツラ属、北海道〜九州、山地の谷筋にはえる、葉はハート形、花は暗紅色。

160912katura3.jpg
画像中央が日本庭園にあるカツラ。

160912katura4.jpg
全体像では分かりにくいので根に近い部分を撮影。

160912katura5.jpg
カツラの葉はハート形。

160912katura6.jpg
カツラの葉を裏側から撮影。
タグ:樹木・銘板
posted by nakapa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬