2009年06月29日

中島公園の人気者

2009年06月29日 中島公園の人気者
アオサギは多分1羽と思いますが、いろいろな所に現れ、中島公園の人気者になっています。 
ここは日本庭園です。
クリックすると元のサイズで表示します
いつも遠くの方に居て私は、なかなか撮らせてもらえません。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

6月下旬の中島公園

2009/6/29       

6月23日〜26日の中島公園
鴨々川清掃、「札幌まつり」、野外彫刻清掃、そして蝦夷梅雨も終わり、温かくなりました。 

緑もいっそう深まり、札幌市・中島公園にも、ようやく夏がやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲池、日本庭園や豊平館前の池などに咲いていたキショウブも、そろそろ終わりそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

アオサギは多分1羽と思いますが、いろいろな所に現れ、中島公園の人気者になっています。 こ
こは日本庭園です。
クリックすると元のサイズで表示します

中島公園ほぼ中央の芝生の広場は、バラの花壇のある山内壮夫ワールドと言われています。 
彫刻は「笛を吹く少女」です。
クリックすると元のサイズで表示します

朝日を浴びてジョギングをしている人たちがいました。 ここは文学館前の園路です。
クリックすると元のサイズで表示します

紫陽花の花はもうじき咲きます。
ここは自由広場ですが、鴨々川岸、菖蒲池岸など、公園中、紫陽花の花であふれるのも近いですね。
クリックすると元のサイズで表示します

芝刈りで刈った草です。ここは文学館ちかくの芝生の広場です。 
公園の近所に住むようになって8年たちました。 
公園管理は大変な手間がかかることが分かりました。 
利用者としては、せめてゴミの持ち帰りだけでもキチンとやりましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

札幌コンサートホール・キタラ近くの木々です。 すでに夏の日差しですね。 
緑がとても大事な季節となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ポプラの綿が飛ぶ季節となりました。ここは行啓通。実は通りの向こうも中島公園なのです。 
参道を通って、鴨々川を渡り、鳥居の向こうが札幌護国神社です。 
クリックすると元のサイズで表示します

これをもって、6月中の中島公園のようすのご案内は終わります。明日から7月です。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2009年06月24日

第3回野外彫刻清掃(実施2、別画像)

2009/6/24       

6月20午前に実施した「中島公園モニュメント研究会」「札幌彫刻美術館友の会」主催の
「第3回中島公園野外彫刻清掃」の様子です。 
参加した、このブログの管理人より、訪問者の皆様に報告します。

前回の報告とどこが違うかというと、撮影者が違うのです。
いつもと、違ったアングルからの画像を掲載することが出来ました。
写真を提供してくれた、北海道コミュニケーションズの橋本さん、有難うございました。

彫刻清掃に先立ち「中島公園モニュメント研究会」代表より、彫刻の清掃の方法についての説明がありました。 
クリックすると元のサイズで表示します

先ず水をかけます。朝倉文夫「木下成太郎先生像」です。
クリックすると元のサイズで表示します

次に刷毛や雑巾で汚れを落とし、乾拭きします。
クリックすると元のサイズで表示します

水は菖蒲池から汲んできます。
クリックすると元のサイズで表示します

乾いたらワックスをかけます。
クリックすると元のサイズで表示します

最後の仕上げに乾拭きをします。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「母と子の像」もだんだん奇麗になってきました。 近隣のホテルの方々も参加してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「笛を吹く少女」。 汚れてますね。鳥のフンらしいです。 
水をかけ優しくなぜて上げるように清掃すると、次第に奇麗になって行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

彫刻を計測してデータとして記録します。後でまとめて野外彫刻データベースを作る時に必要です。 
画像は山内壮夫の「猫とハーモニカ」です。 
クリックすると元のサイズで表示します

汚れていた「笛を吹く少女」の清掃です。
芝生の広場には4点の山内壮夫の作品があるので、手分けして清掃しました。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「鶴の舞」も、上の方から奇麗になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

1・2回はシニア世代中心の清掃作業でしたが、今回は若い世代とシニア世代が協力しての野外彫刻作業。
クリックすると元のサイズで表示します

札幌コンサートホール・キタラ前広場を飾る安田侃「相響」です。
2004年には大きな傷を付けれられました。 
当時の北海道新聞2004年10月14日にはこう書いてありました。

一部抜粋します。「彫刻家伊藤隆弘さん(43)は『内部の結晶まで傷付き、
消すのに5ミリも削らなければならなかった』という。…キタラ管理課は
『…故意かどうかは不明だが市民も自覚して欲しい』と訴えている」

水をかけ、慎重に、鳥のフンや下側の泥をふきました。
クリックすると元のサイズで表示します
(撮影:北海道コミュニケーションズの橋本さん)
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年06月20日

第3回野外彫刻清掃(お知らせトラックバック)

2009/6/20       

トラックバック有難うございます。
中島公園でも次の予定で野外彫刻清掃をします。
どなたでも、直接集合場所に来ればボランティア参加できます。
6月20日9時45分受け付け開始、12時作業終了。
集合場所は、地下鉄中島公園駅徒歩1分9条広場です。
お互いに頑張りましょう!

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園、山内壮夫「母と子の像」の清掃
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

第3回野外彫刻清掃(実施)

2009/6/20       

中島公園内の野外彫刻の清掃を実施しました。
中島公園近所の住民、近隣ホテルの方々、それに美術愛好者が協力して行いました。 
主催は「中島公園モニュメント研究会」及び「札幌彫刻美術館友の会」です。

集合場所は文学館前ですが、片隅にひっそりと集まりました。おくゆかしい感じですね。
クリックすると元のサイズで表示します

さあ! 野外彫刻清掃に出発です。 
クリックすると元のサイズで表示します

先ずは彫刻の説明です。 これは朝倉文夫作の「木下成太郎先生像」です。
朝倉文夫という、当時の日本彫刻界をリードする大人物の作品が中島公園だけに残されたのです。 
まさに奇跡です。 戦時中、物資不足のため、朝倉文夫のブロンズ像が400点も潰されて大砲にされました。 
その中で、この作品だけが生き残り、非常に貴重なものになってしまいました。  
クリックすると元のサイズで表示します

このように貴重な美術品の清掃ですから、絶対に瑕をつけてはいけないのです。 
作業に先立ち、彫刻清掃のやり方を説明します。
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ清掃開始です。
今回は3回目ですが、近隣のホテルから若い方々も加わってくれて、とても助かりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ワックスをかけて仕上げます。
クリックすると元のサイズで表示します

その後、中島公園ほぼ中央の芝生の広場に移動しました。 
ここには郷土が生んだ日本の代表的彫刻家、山内壮夫の彫刻が4点あります。 これは「鶴の舞」です。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「猫とハーモニカ」。 左側に記録簿を持った人がいます。 
清掃だけでなく、データベース構築のためのデータ収集もします。
各彫刻の縦横幅を計測して記録します。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「母と子の像」
今回で3回目ですが、若い人の参加が増え、老若男女が協力しての世代を超えた彫刻清掃となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「笛を吹く少女」
クリックすると元のサイズで表示します

以上、4点の作品がバラの花壇で囲まれて、
「山内壮夫ワールド」のような芝生の広場です。
クリックすると元のサイズで表示します

札幌コンサートホール・キタラ前広場の安田侃「相響」です。 
イタリア産の大理石で作られた美しい彫刻です。 慎重に清掃しました。
クリックすると元のサイズで表示します

山内壮夫「森の歌」の前で説明を聞いて解散しました。
ボランティアによる彫刻清掃は「怪我をしない。彫刻を疵付けない」が大原則です。 
この彫刻を清掃するには機材が必要です。 
全ての彫刻をきれいにするために、「できることからやって行こう!」という気持ちで彫刻清掃を行っています。 
クリックすると元のサイズで表示します

参加の皆様お疲れさまでした。そして、有難うございました。
(「中島公園モニュメント研究会員」このブログの管理人)
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年06月18日

鴨の赤ちゃんはまだ?

2009/6/18       

今日は6月18日だが、早朝散歩をしている人に聞いてみたが、まだ誰もカモの赤ちゃんを見ていない。
グランドホテルの屋上庭園では、5月10日に現れた。道庁の赤ちゃんも確か18日には現れたと思う。
月寒公園にもいたとだいぶ前に聞いている。

中島公園はいつも、他所より遅い。 しかし、今年は特に遅い。 
今までは次の通りだ。2008年6月3日 2007年6月16日 2006年6月1日 2005年6月8日 2004年6月5日。
一番遅かった2007年でも6月16日だ。 今年はいつ現れるのだろうか? 観た方は教えて下さい。
タグ:母子鴨
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2009年06月16日

2009「札幌まつり」のまとめ

2009/6/16       

〜2009年6月14日から16日 札幌まつり〜
中島公園の札幌祭り全体 → 札幌まつり「中島パフェ」

中島公園の各出入口付近に、このような案内板があります。露店位置、臨時警察官派出所、迷子センター、トイレ、公衆電話の場所などが書いてある、大変便利な案内板です。
090615kanban.jpg


 地下鉄中島公園駅より幌平橋駅まで続く露店通りを歩いてみました。10時過ぎは雨も一時的に止んでいました。新しく出来た地下鉄中島公園駅3番出入口から出た所がお祭りの始まりです。そこから露店が並んでいました。
090614deguti3.jpg


突き当たったので右側に行ってみました。キタラ方面です。
090614sannin.jpg


園路右側の売店が「お祭り体制」で席を増やしています。
090614kagetu.jpg

この道を行けばキタラですが、露店の終点。戻ります。
090614tokitara.jpg


戻って左に曲がるとボート乗場、文学館、自由広場横を通って地下鉄幌平橋駅の少し手前まで露店が続いています。
090614maisenkanban.jpg


こんな露店が幌平橋駅近くまで1kmくらい続きます。
090614roten2.jpg


露店は続く〜よ ど〜こまでも〜♪
090614roten3.jpg


食べ物屋台や金魚すくい、射的、などのゲームもあります。
090614roten4.jpg


右に曲がるとキタラ(正面)だが、露店はここまで。
090614roten5.jpg


途中の自由広場ではオートバイサーカス、お化け屋敷、マジックハウス、ゲームなどの小屋が10軒以上建っています。
090614aoutbi.jpg

もう直ぐ地下鉄幌平橋駅。振り返ると薄野の高層ビル。
090614roten6.jpg


お祭りを外からみてみます。パトロールするお巡りさん。警察も常駐しています。迷子センターも警備本部もあります。
090614keisatu.jpg


札幌コンサートホール・キタラはお祭り期間中三日間フェンスで囲ってお休みです。 
中島公園が一番人出で賑う日に、お休みとはもったいないですね。「世界のお祭り音楽最祭」など開いたらいかがなものでしょうか。楽しいと思います。
090614kitara.jpg


14日は札幌まつりの初日、ヨサコイソーランの最終日というのに朝から雨。雨、時々曇りの感じです。「札幌は梅雨がなくていいですね」と言われたばかりなのに、札幌二大祭りが雨に祟られました。15階の窓から中島公園を観ると、木々の緑の間に露店や見世物小屋が見え、合間にカラフルな傘があちこちと動いています。
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年06月13日

12・13日の中島公園

2009/6/13       

〜6月12日、13日「札幌まつり」間近の中島公園〜

ヨサコイソーラン祭りだが、寒いし雨は降るしついていない。 
明日はヨサコイ最終日で、「札幌まつり」露店、見世物小屋の初日だ。 
なんとか晴れてほしいが、天気予報は曇り雨、温度12度〜16度と寒い。
降水確80%とと厳しい。なんとか外れてほしい。 

「菖蒲池」と看板(右)がある所。
クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲池南側のニセアカシア。
クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲池西岸、藤棚の近く、キショウブが鮮やか。
クリックすると元のサイズで表示します

ムクドリの巣、豊平館近くの橋横。エサを与えると親は行ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

左のブロンズ像は山内壮夫の「森の歌」。子どもだたちが、
ヨーイドンの練習をしている九条広場。
クリックすると元のサイズで表示します

豊平館、見えないところは、池に映っている。 右下にちょこっと見えるのはホテル・ノボテル札幌。
クリックすると元のサイズで表示します

カモメとボートと鴨が浮かぶ菖蒲池。
クリックすると元のサイズで表示します

明日(14日)から「札幌まつり」。お化け屋敷準備中。
クリックすると元のサイズで表示します
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2009年06月07日

オシドリがのんびりと

2009年6月7日
ここは菖蒲池西岸、ほぼ中央の「菖蒲池」と書いた看板の近く。 
オシドリがのんびりと寝ているようだ。 慣れてくると人のいる側の方が居心地がいいようだ。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

飛び去る前のアオサギ

2009年06月07日 飛び去る前のアオサギ
藤棚より、日本庭園側を見ると、アオサギがいた。 アオサギは撮影後、直ぐに飛び立った。 
画像は、キショウブの陰から飛び立とうとするアオサギ。

クリックすると元のサイズで表示します
よく見ると池にアオサギが映っている。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物