2009年02月14日

僕が女性専用車両に?

2009/2/14

「僕が女性専用車両に?」       
ーテンの「寅さん」が羨ましい。 
「それを言っちゃあオシマイよ!」とか、いつも同じセリフで済ませている。 私も、まねをしたくなった。 

と言う訳で、2年前に書いたときと同じセリフで、締めさせてもらうことにした。 読んだ人も少ないと思うし、覚えている人
などゼロかもしれない。

る朝、いつもより早いQPのお出かけを知って、あわてて
PCのキーボードから手を離し、見送りに出た。

「出かけるには、まだ早いじゃないですか」 
「今、行けば女性専用車に間に合うのよ」
”貴女なら一般車両でも十分安全ですよ”
と言いたいのは、やまやまだが、腹の中に飲み込んだ。

「いってらっしゃい。おかゆ作って待っていますからね」
私が作れる唯一の料理;おかゆを、最近はQPも食べてくれるようになった。
 
「お帰りなさい。おかゆできてますよ」
「ビックリしたわ。女性専用車に男が乗っているんだから」
「男? 誰も注意しないのですか」
「両側が若い女の人で、真ん中が男。目をつぶっているんだけど、ときどき開けるのよ〜」
「若い人ですか?」
「そう」

い人と聞いて腹が立ってきた。 それには訳がある。 
先日、二人でで外出したときJR札幌駅でトイレに寄った。 
QPが右側に入ったので私は左側に入った。 

あるべきものが見つからないのでないのでウロウロしていると、掃除のオバサンに怒鳴られた。
「あんた!ここで何してんのん」 
”アサガオを探しているのに決まっているでしょ”
これも腹の中で言っただけ。 オバサンの迫力に押されて声も出なかった。 

アサガオとは男性用衛生陶器のこと。 こうして、憤懣は腹の中にどんどん溜まって行く。 もし、私が若くてハンサムなら、オバサンの態度は違っていたかもしれない。

人の苦労も知らないで、QPは悠々と紳士用トイレから出てきた。 「あんた、違ってるよ」と、すれ違いざまに言い残して、女子トイレへ向った。 

悪いのはQPなのに何で私ばかりが、しかられるのだろう。 だから、女性専用車両だって、私が乗れば大騒ぎになるに決まっている。 何で若い男を優遇して、黙って寝かせておくのだ。

「注意しなきゃあダメでしょう!」
「車掌が注意すればいいじゃない」
「いたんですか?」
「いないよ」
「私だったら、つまみ出されるケースですよ」
「そんなことないよ。 すぐ、ひがむんだから」

「じゃあ、実験しましょう。私が女性専用車両に乗りますから、見ててください」
「嫌だよ。バカバカしい」
「これは差別です。 断じて許してはならないのです

「あんた、すぐ、老人席にすわるでしょ」
「はぁ?」
「老人席だの、女性専用だの、二つも三つも欲張らないでよ!」
「三つじゃないですよ」
二つも三つも一緒よ! 四の五の言うな、六でなし!

と、言われたような気がしたが、空耳だろうか。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記