2009年02月02日

雪まつり第二会場変遷

2009/2/2

「雪まつり第二会場変遷」       
2月5日から11日まで「さっぽろ雪まつりです。 雪まつり第一会場は、皆さんご存知の大通公園です。 

第二会場は4年前に真駒内会場が自衛隊の都合で廃止して以来、迷走しています。 第二会場として3年間賑った「さとらんど」でしたが、廃止されました。

今年からは丘珠自衛隊に隣接する「つどーむ」で開催されることになりました。

「今年の雪まつり『さとらんど』の代わりに『つどーむ』になったらしいな」と、同年配の友人、Aさん。
「当然ですよ」

「予想以上の来場者で賑っていたのに、どうしてだ」
「そうですね。初回は10万も来れば御の字と思っていたのに、約18万人の来場者がありました」
「ほう、そんなに来たのか」
「次の年は21万人、3年目の去年は26万人の大賑わいです」

「盛況なのに、なぜ他に代えるんだ」
「いろいろありますが、主因は運営費の赤字ですね」
「お客が多いのになぜだ?」
「来場者の大半が車で来たからです」
「バス賃払わないから赤字?」

「1週間に13万人が車で来る状況を考えてみて下さい」
「壮観だな」
「除雪も警備も大変ですよ。巨大な駐車場だから交通整理が大変です」
「端から端まで歩くのも大変だな」

「吹雪きもなくて交通止めがなかったのは幸運というしかありません」
「あの辺りの道路はよく吹雪で閉鎖になったな」
「どこが道路だか見えなくなってしまったこともありましたよ」
「なんで、そんな所に決まったのだ」

「私は中島公園がいいと言ったのですが…」
「ああ、叉かよ。 あんたの話は結局、そこに行くんだな」
「来なくよかったですよ」
「なんで?」

「一時、雪まつり会場が中島公園に傾いたときがあったのですよ」
「それで、どうした」
「そうしたら、近所の若者が、nakapaさん、中島公園でやるんなら、雪像作り手伝うから。と言うんですよ」
「おっ! 頼もしいな」

「ビックリしましたよ。こんな反応もあるんだなと思って」
「当然だろう」
「そうですか。虚弱体質ですから、雪像作りは私には無理ですよ」
「達者なのは口だけか」
「他にもありますよっ!」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園