2009年02月10日

夫の家出

2009/2/10

「夫の家出」       
少し年上のお洒落なAさんと、こんな話をしました。 まさか、叱られるとは思いませんでしたよ。 話を合わせているつもりでしたから。

「友だちが奥さんと別居しているんだけど、ホテル代が月20万かかるんだって」と、Aさんが言った。
「友だちのご主人が家出しちゃったのですか?」
「新聞をパラリとめくる音が煩くて、奥さんがテレビ観ているのに気になる、と言って怒るんだって」
「新聞をパラリより、テレビの方が煩いでしょ」

「そうなんだけど、理屈抜きで嫌なのでしょ」
「嫌なら奥さんが出ればいいでしょう」
「女が家を出るわけないでしょ! 根が生えているんだから」
「そんなもんですか」

「毎月20万払うのはもったいないから、家を買うことにしたんだって」
「お金持ちなんですね」
「私のせいじゃないかと心配してるのよ」
「貴女のせい…?」

「だって、家を出ちゃったのよ」
「新聞読むと文句言われるからでしょう」
「それだけじゃないでしょ」
「だから、理屈抜きで嫌なんでしょう」

「私のせいかも…」
「奥さんのせいでしょう」
「別居しているのよっ!」
「一人で退屈しているかも知れませんね。 遊びに行って上げたら?」
「あんた、常識ないね! 亭主がいるのにそんなこと出来るわけないじゃない!!」

突然怒り出しました。 私のせいでしょうか? 話を合わせるのも楽じゃありません。 どこから歯車の噛み合せが狂ったのでしょうか。 さっぱり分かりません。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月08日

北海道、未来の夢

2009/2/8

「北海道、未来の夢」         
地球が温暖化しているかどうかは私には分かりません。 ただ、北海道が温かくなっていることは、肌で感じています。 

24歳のころ、東京から帯広に転勤し、厳しい寒さにしばれました。「しばれる」とは体験しなければわからない超極寒気温を表す方言です。 帯広市郊外は市内より10度も低く、マイナス30度以下になる日も珍しくはありませんでした。 

あれから43年たちました。札幌市中央区に住んでいますが、「しばれる」という方言も忘れそうです。寒さで苦労することなど滅多にないのです。 地域、環境も変わりましたが、個人的にはだんだん温かくなったと感じています。

「客観的にはどうなっているのだろうか」と、思っていたらタイミングよく北海道新聞に、気象予報士菅井貴子さんの話しが載っていました。 

「札幌は100年間で平均気温が2.3度上がっている。学者の計算では100年後の北海道は、年間平均気温で3度から4度、オホーツク海側では5度上がる」そうです。

北海道の気温が、今の東北地方の気温になると言うのです。 28年前、札幌から仙台に転勤したころのことを思い出しました。 リンゴとイチゴが特段に美味しかったのです。これにはビックリしました。

ところで、日本の食糧自給率は39%と言われていますが、北海道は200%です。 100年後は、今の東北の気候になるそうです。 そのときリンゴとイチゴを作ったらどうなるでしょう。さぞかし美味しいでしょうね。 

温かい北海道は海産物に加えて、美味しい果物の産地にもなります。 オマケに自給率200%。 北海道の未来は、まさにバラ色ですね。

温暖化は防がなければならない。しかし、明るい部分はないかと、自分なりに、身近なことを参考に考えてみました。 

夢ですね。 素晴らしい夢です。しかし、捨て難いですね。 

「みなさん、北海道に移住しましょう! 人口が2倍になっても、ご飯食べられます」とか、言ってみたいです。 
これも夢です。 1945年にみた夢と同じです。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月06日

中福祉中負担とは?

2009/2/6

「中福祉中負担とは?」       
麻生首相は「中福祉中負担」というが、中福祉とはなんだろうか。意味不明である。 一方、中負担の意味ならすぐ分かる。今は小負担だから税金を上げよという意味だろう。

田中首相の「日本列島改造論」や池田首相の「所得倍増論」は分かり易いスローガンである。功罪はともかく当時の国民に夢を持たせた。 

「中福祉中負担」では夢も希望も感じない。 むしろ「高福祉高負担」の方が夢や希望がもてる。 なんといったって「高福祉」というバラ色の夢が入っているのだ。

人は老いる。自分の世話が自分でできなくなる。寝たきりになり、糞まみれになり、腹が減り、痛みに苦しんで死ぬ。 しかし、高福祉ならこれらをやわらげることができる。

あるいは、障がいがあっても、それを援助する社会的なシステムがある。 子どもを安心して生み育てることができる。 憲法で保障された文化的生活を誰もができる。

夢と希望がある素晴らしい社会と思う。 しかし、問題もある。言うまでもなく高負担のことである。 国民一人ひとりが負担に耐えられるかどうかが問題だ。

世の中にはお金持ちも、貧乏人もいる。 その中間の人も沢山いる。 その中で高負担に耐えられる人は、お金持ち及び、それに近い人たちである。

ところが、高負担に耐えられる人は、そもそも高福祉など不要な人たちだ。 高額な保険をかけたりして、個人的に高福祉を実現できる人。 彼らにとって高福祉+高負担=高負担に過ぎない。

言うまでもなく、貧乏人及び、それに近い人にとっては、高福祉+高負担=高福祉 となる。 私はこれを「非算術算術」とと呼んでいる(笑)。

このように「高福祉高負担」と言っても、立場によっては意味が正反対になる。 「中福祉中負担」にすれば大岡裁きの
「三方一両損」になるのだろうか?

Google検索で"非算術算術"と入力しても何もでません。 非算術演算あるいは、非算術加減法ならあります。そもそも計算式自体が怪しげですね。

「三方一両損」といっても、誰と誰と誰が三方か、この記事では明確でありません。 

ものごとを正確に書こうとすると、ドンドン長くなり、だんだんつまらなくなります。この問題でいつも悩んでいます。

あいまいを笑ってごまかす苦笑です nakapa心の川柳
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月04日

雪まつりでなくて良かった

2009/2/4

「雪まつりでなくて良かった」         
明日から2月11日まで、札幌市最大のイベント「さっぽろ雪まつり」の開催です。 大通公園が主会場ですが、第二会場は2005年までが真駒内、2006年から08年までが さとらんど、そして今年は「つどーむ」へと転々としています。

このことについて同年輩のAさんと話しました。
「さとらんど でやってみたけれど上手くいかなかったな」
「私は真駒内の代替会場として中島公園をお薦めしました」
「あんたのホームページで勧めても何にもならないだろう」

「実は、真駒内会場廃止が決まった2005年に、札幌市による『雪まつり市民ワークショップ』が5回開催されました」
「それで?」
「私も30人の市民委員の一人として参加していたのです」
「あ、そう…」
「その席で中島公園を勧めたのです」

「理由は?」
「いろいろありますが、交通が便利なことです。地下鉄2駅が中島公園に直結、市電電停徒歩2分、パス亭も周辺に数ヶ所あります」

「分かった、分かった」
「それに何んといっても『徒歩』。これが重要です。 大通会場より薄野会場に行けば、あと300mで中島公園です。この300mはスノーキャンドルで繋げば、大通から中島公園まで連結状態ですよ」

「なるほど、どうして中島公園にならなかったのだ」
「当初、中島公園は有力な第一候補でした。さとらんどは市の意向みたいですね」
「市民ワークショップの役割は何なのだ」
「よくある話ですから、それは横において置きまして、新聞で発表された、中島公園がダメな理由が凄いですね。今考えるとですが」

「どこが、すごいんだ」
「第一の理由は分かります。さとらんどと比べれば狭いです。しかし、第二会場としては十分でしょう。 大通、薄野、中島公園と連結した状態で考えるべきです」

「その他の理由は?」
「それが、笑っちゃうのです」
「いいから、早くいいな」
「違法駐車、警備員、近隣への騒音です。これは、どこでやっても起こりえる問題です」
「そりゃそうだ」

「警備員など大通、薄野とまとめて考えれば少なくてすむはずです。違法駐車取り締まりも同様です」
「中島公園がダメという理由が警備と駐車と騒音とはな。うん、笑っちゃう。 これは、さとらんどを諦めた理由と同じじゃあないか。」
「まさにその通りです。どこでもダメということです」

「あんたら、市民委員は5回のワークショップで一体なにをしていたのだ」
「最初から結論は決まっていたようです。事情通の話ですが…」
「あんたは事情通ではないからな。お気の毒様」

「いえいえ。『ゆきあかりin中島公園』があります。こちらの方が、静かで幻想的です。夢もありますよ」

「それなら、なんで雪まつりワークショップで中島公園を勧めたんだよ」
「札幌市民としての立場からですね。大通・薄野・中島公園という、コンパクトな会場でで賑わいを作る方が祭りとしては楽しく盛り上がります」
「そりゃあ、そうだろうな」
「中島公園近所の住民としては静かな、『ゆきあかり』の方がいいですね」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2009年02月02日

雪まつり第二会場変遷

2009/2/2

「雪まつり第二会場変遷」       
2月5日から11日まで「さっぽろ雪まつりです。 雪まつり第一会場は、皆さんご存知の大通公園です。 

第二会場は4年前に真駒内会場が自衛隊の都合で廃止して以来、迷走しています。 第二会場として3年間賑った「さとらんど」でしたが、廃止されました。

今年からは丘珠自衛隊に隣接する「つどーむ」で開催されることになりました。

「今年の雪まつり『さとらんど』の代わりに『つどーむ』になったらしいな」と、同年配の友人、Aさん。
「当然ですよ」

「予想以上の来場者で賑っていたのに、どうしてだ」
「そうですね。初回は10万も来れば御の字と思っていたのに、約18万人の来場者がありました」
「ほう、そんなに来たのか」
「次の年は21万人、3年目の去年は26万人の大賑わいです」

「盛況なのに、なぜ他に代えるんだ」
「いろいろありますが、主因は運営費の赤字ですね」
「お客が多いのになぜだ?」
「来場者の大半が車で来たからです」
「バス賃払わないから赤字?」

「1週間に13万人が車で来る状況を考えてみて下さい」
「壮観だな」
「除雪も警備も大変ですよ。巨大な駐車場だから交通整理が大変です」
「端から端まで歩くのも大変だな」

「吹雪きもなくて交通止めがなかったのは幸運というしかありません」
「あの辺りの道路はよく吹雪で閉鎖になったな」
「どこが道路だか見えなくなってしまったこともありましたよ」
「なんで、そんな所に決まったのだ」

「私は中島公園がいいと言ったのですが…」
「ああ、叉かよ。 あんたの話は結局、そこに行くんだな」
「来なくよかったですよ」
「なんで?」

「一時、雪まつり会場が中島公園に傾いたときがあったのですよ」
「それで、どうした」
「そうしたら、近所の若者が、nakapaさん、中島公園でやるんなら、雪像作り手伝うから。と言うんですよ」
「おっ! 頼もしいな」

「ビックリしましたよ。こんな反応もあるんだなと思って」
「当然だろう」
「そうですか。虚弱体質ですから、雪像作りは私には無理ですよ」
「達者なのは口だけか」
「他にもありますよっ!」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園