2009年01月13日

格差社会解消法

2009/1/13

「格差社会解消法」         
「格差社会の問題点は上の人が下の様子が分からないことにあります」
「カップメン400円の麻生首相のようにだな」
「それは小さな問題です。他にもっといろいろ大きな問題が…」
「下の人間だって上のことは知らんぞ」

「そうです。二極化してお互いに見えないのです」
「それじゃあ、あいこじゃないか」
「それは違います。上の人は権力や権限をもっています」
「それに、お金も土地も株券もだな」

「平等に持っているものもありますよ。命、心、
それに選挙権です」
「そろそろ選挙も近いな、政治番組でも観て、
情報収集しなきゃあな」
「テレビは観ない方がいいですね」
「それでは、どの党を選んでいいか分からないよ」
「党もいりません」

「自分の考えに一致する政策を進める党に入れる
べきじゃあないか」
「政策もいりません。必要なのは『チェンジ』です」
「だから、野党に入れてチェンジするのだ」
「それではチェンジになりません」
「なるっ! 野党に政権を持たせてチェンジだ」

「政党に属しない、名もない人がいいと思います」
「泡沫候補に入れろというのか!」
「格差社会の下の方の代表として…」
「オレは泡沫じゃない!」
「お伺いしますが、上流社会の方ですか?」

「そうではないが、そんな奴らに、この国は任せられない」
「格差社会の下の人が格差社会の上の人を選んだから、今のようになったのですよ。チェンジしたくないのですか?」

「だから、野党に…」
「ちょっと待って下さい。野党も含めて国会議員は
格差社会の上の人です」
「そう言えば、世襲議員も多いしな…」
「その通りです。 格差社会では2極化して、お互いに見えない状態になっているのです。 野党は格差是正とはいいますが、下が見えない点においては、与党と同じです」

「分かったようなことを言うけど、屁理屈だな」
「そうです。しかし、チェンジしようと思うなら下の者は下の者を選ばなければなりません」
「オレは、別にいいよ」
「どうにかしたいと思わないのですか?」
「胴は首から下だからね」
「そうですね。どうにもなりません」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月11日

中島公園冬景色

2009/1/11

「中島公園冬景色」  

中島公園の冬景色です。1月7日に撮影しました。 実際に公園に来て観れば、もっときれいです。 こんなこと言うのは、撮影者としては情けないですね。 
9日開催の写真展「北の野花に見せられて」に行ってきました。こちらの写真は凄くきれいです。おそらく実際よりきれいだと思います。アートですね!

札幌市中央区北3西3の富士フィルムフォトサロンで1月14日までの開催です。「厳しい冬を越えて咲く花の感情を表現している」そうです。
中島公園だって厳しい冬を表現していますよ。菖蒲池は凍結しているし、雪で覆われています。 
それでも豊平館、文学館、キタラなど温かい屋内施設は全てオープンです。暖は取れます。 ぜひ冬景色の撮影に来て下さい。冬の運動不足の解消にもなります。


クリックすると元のサイズで表示します
護国神社近くの鴨々川、オシドリは中州橋近くにも現れる

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄幌平橋駅裏の鴨々川は鴨のたまり場、以下同じ

クリックすると元のサイズで表示します
マガモ夫婦? 冬は結婚シーズン

クリックすると元のサイズで表示します
「腹減った、エサくれないの?」と、ジッと見るカモ

クリックすると元のサイズで表示します
冬の水場、鴨々川は冬でもカモの住める場所

クリックすると元のサイズで表示します
どんと焼き ここでお餅を 焼いちゃうの? nakapa心の俳句

クリックすると元のサイズで表示します
札幌護国神社 おみくじ

クリックすると元のサイズで表示します
札幌護国神社 吹流し

クリックすると元のサイズで表示します
国指定重要文化財豊平館、前の池は雪の下

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園北側(薄野側)に、更にビルが建設中

クリックすると元のサイズで表示します
めざしたのは、最高級の響き、札幌コンサートホール

クリックすると元のサイズで表示します
ポプラと、東京以北唯一のアンツーカー・テニスコート
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物

2009年01月09日

まさか! の朝の食卓

2009/1/9

「まさか! の朝の食卓」  

「Aさんは人生には上り坂下り坂、それに『まさか』がある。
と、よく言ってましたね」
「そして、あの素晴らしいシャンソン・リサイタル!」

「私も、その『まさか』なんですよ!」
「ほう、嬉しそうだな」
「道新『朝の食卓』に書かせてもらいました」
「まさか?」

退職後の人生は、予想外に楽しくエキサイティングだ。 新しい出会いが毎日あるような気がする。 

今年は北海道新聞のコラム、「朝の食卓」の執筆を頼まれた。 私にとっては驚きである。もちろん、初めての経験だ。

先日の道新「読者の声」にこう書いてあった。「定年までが人生のリハーサルとすると、その後の時間こそが本番で、人生の収穫期に当たる」。 まさにその通りと思っている。

私にとって、定年後の人生こそ本番のような気がする。振り返ってみれば、それまでの人生は、あまりにも受動的だった。

仕事に誇りをもっていたし、喜びを感じることもあった。 しかし、私にとって仕事とは、ひたすら義務を果たすことだった。 

与えられた仕事は神経をすり減らすだけで、創造性のかけらもなかった。 ミスするかも知れないという不安感は、退職するまで消えなかった。

それ故に、「退職してからが本番であり、収穫期である」という考えには素直にうなずけた。 本番の人生は予想をはるかに超えて、楽しくて有意義なものとなった。

世間に通用する経験も知識も無いことが、なんの障害とも感じない。興味を感じたことには、何にでも手が出せるようになった。 

いつの間にか「楽しい気分」が「恥ずかしい気分」に勝ってしまっていた。 何のことはない、子どもに戻ったようなものだ。

今では苦手なカラオケまで楽しんでいる。 「お前みたいな下手なヤツは、歌えと言われても歌うな」と言われたことなど忘れ去ってしまった。

「そんなの関係ねえ」と言う感じで「カラオケクラブ」で歌っている。 

もし、六大学野球には東大が入ってなかったら面白くないかもしれない。この例えは分かり難いかも知れないが、ここまでしか言えない。

楽しめるのは、まわりの人たちの優しさ、温かさのお陰と思う。 たまには、パラパラと拍手までして、励ましてくれるからありがたい。

しかし、これはやり過ぎ。評価無しで歌わしてくれるだけで十分楽しめる。「ここを直せば、もっと良くなる」と言われても直せない状態だ。 

そんなことで叉、新しい発見をしてしまった。
「子どもとシニアは下手でも許される」

子どもの場合はこれからの成長に期待が出来るので当然だが、シニアについては こう考えたらどうだろう。 

励まして元気にして「寝たきり」にさせないのが、社会の為だ。 このように、都合よく解釈して、遠慮なく励ましてもらうことにした。 

ブログに駄文を綴っても一部の心優しき人は面白いと言って励ましてくれる。 感謝!

退職後の人生は、健康と人に恵まれ、日々新しい発見がある。 こんな思いを今朝の「朝の食卓」に書いてみた。

気がつけば、活字となった拙文を見て、うっとりとしている自分が居る。 「まだ小学生」と言いながら、しっかりと「老人力」を身につけている。

用語解説:老人力
赤瀬川原平著 1998年流行語大賞。

加齢による衰えを肯定的に捉える言葉。使用例:
「そんなことを言って、恥ずかしくないのか!」
「老人力がついたんだ」

その他、何でも肯定できる、老人にとって便利な言葉。 
使いすぎに注意! 良薬は劇薬?
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月07日

中島公園がスタートに!

2009/1/7

「中島公園がスタートに!」       
毎年、年明けは楽しいニュースが北海道新聞の一面を飾ります。 新年の希望ですね。

今年は中島公園がフィニッシュで毎年開かれている「北海道マラソン」です。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園東側園路 ランナー

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園自由広場手前 ゴール

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園ゴール前 観覧席

中島公園がゴールだった「北海道マラソン」は、今年から大きく変わります。制限時間を4時間から5時間に緩和して、観光地をめぐるルートに変更するのです。

去年までは真駒内スタート、中島公園がゴールでしたが、今年は中島公園をスタート。平岸周辺まで南下した後に北上。

前田森林公園付近で折り返し、北大キャンパス内などを経て大通公園をゴールとします。

中島公園東側の豊水通がスタート地点になるそうです。 制限時間を1時間延長したことで、参加人員は5000人から8000人に増えると見込まれています。

市民ランナーの持ちタイムの一番多い分布は4時間台だそうです。 多くの市民がマラソンに参加できるようになります。

ちなみに去年までの4時間制限では毎年、約5000人のランナーの内、2000人前後がリタイヤしています。 

暑い夏に短時間で走らなければならない「北海道マラソン」は過酷なレースと言われてきました。

将来、7時間にして3万人参加を目指すという話もあります。 また、それに反対するムードもあります。 

競技性を重視するか観光イベントとするか。その中間がいいのか、議論すべきことがいっぱいあります。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年01月05日

都心から700mの自然

2009/1/5

「都心から700mの自然」       
R札幌駅と地下鉄大通駅を結ぶ地下通路もあと1年余りで完成します。 地下街とか地下通路は雪国に住む人々にとっては単なる通路ではありません。

運動不足になりやすい冬場、快適に歩ける唯一の場所です。 今では寒いより辛いのは氷でツルツルのになった冬道歩行です。 
ウオーキングは大またで早めにと言われていますが、これほど危険な歩き方はありません。ツルツル道路の基本は小股のチョコチョコ歩き。しかも下を見ながらです。 情けない姿ですね。

札幌駅、大通間を結ぶ地下通路が完成すれば、都心のほとんどの所から薄野まで地下を快適に歩いてくることができます。 そこから700mほどの位置にあるのが中島公園です。
中島公園は冬でも全面的に遊べる唯一の公園と言っても過言ではありません。 歩くスキーの無料貸出もやっています。 手ぶらで来てもスキーを楽しめるのです。

雪国の冬でも、都市の生活は便利です。唯一の欠点は自然から離れてしまうことと思います。 地下街出口より、僅か700m、歩いて10分足らずの所にある自然は大切と思います。
札幌が将来、更に発展するとしても、この自然だけは守ってほしいと思います。 小さな公園ですから、都市化の波にさらされやすい状態にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
藻岩山、手前は凍結した菖蒲池

クリックすると元のサイズで表示します
池が凍結すると、水鳥は中島公園内の川に来る

クリックすると元のサイズで表示します
公園のいろいろな場所から観れる札幌の父なる山、藻岩山
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園

2009年01月03日

だんだんのタンバリン

2009/1/3

「だんだんのタンバリン」  
テレビはほとんど観ないのにNHKの朝のドラマだけは、40年以上観続けている。 不思議なことに、終わった番組にはぜんぜん興味がわかない。 

思い出そうとしても思い出せない、ほとんど忘れてしまっている。 ただひたすら、今、進行しているドラマだけを興味深く観ている。

「だんだん」にでてくる、あのタンバリン兄ちゃんは何だろう。 いつもタンバリンばかりやっている。 普通パーカッションが兼ねたり、ボーカルがやったりしていると思うが、どうなのだろう?

しかし、このドラマに出てくる人で一番私に似ているのが、このタンバリン兄ちゃんである。 だから言い方も、つい、きつくなってしまう。他人事とは思えないのだ。

どこが似ているかというと、「好きだけど、できない」。 この点がそっくりなので嫌になる。 ドラマで自分に似てる人をみるのはホントにつらい。 

その行動は、パッとしないが、気持が分かるのでつらい。 一生懸命やっても、報われないのが分かっているから、観ていてもせつない。

もう、そろそろだろうな。 あのタンバリン兄ちゃんが退場するのは。 と思っていたら年末にそれを予告するような場面があった。 来るべきものが来た感じだ。

なんとか、他の道で幸せになれるといいのだが。 気をもんでいる。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記