2008年10月28日

八窓庵は復元したが

2008/10/28

「八窓庵は復元したが」         
国指定重要文化財の八窓庵は中島公園のシンボル的存在です。その八窓庵が、保護しているプレハブ小屋と共に潰れてしまいました。2005年の3月のことでした。復元費用、約1億円はプレハブ設置業者の全額負担となりましたが、復元完成までに3年7か月かかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

プレハブ小屋に保護された八窓庵は日本庭園の奥にあり、日本庭園は冬期間閉鎖されています。誰にも見られない状況で、倒壊が進行してしまいました。もし、日本庭園が冬でも開園して、人が通れる状況なら、この倒壊は避けられたかも知れません。

冬の中島公園を散歩する、ほとんどの人はリピーターです。毎日同じようなコースを歩く人が多いのです。小さな変化も見逃しません。当時は空前の積雪で、毎日のように積雪による建物の倒壊がニュースになり、積雪地に住む人は誰もが心配していました。 つまり、誰もが「この建物は大丈夫かな?」と注意を払いながら見ていた状況があったのです。

もし、八窓庵を保護するプレハブ小屋に傾き等の変化があれば、いち早く見つけ関係者に連絡した可能性は充分にあります。積雪など自然界の攻撃から守るためには多くの人目は必要です。いきなりプレハブ倒壊となる場合も、あるかも知れません。しかし、多くの場合は前触れがあります。
タグ:日本庭園
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設