2008年10月04日

第2回野外彫刻清掃(実施)

2008/10/4

「中島公園野外彫刻清掃」         
芸術の秋です。 中島公園モニュメント研究会では、芸術と歴史の公園、中島公園の野外彫刻の清掃を行いました。同会では「だれでもできる彫刻のお掃除を行います。ちょっとだけ参加、見学だけでも歓迎です。お友達を誘って参加して下さい」との呼びかけのチラシをつくり、ボランティアを募りました。
 
第2回中島公園野外彫刻清掃は9月28日(日)9時から12時までの予定で行われましたが、少し時間をオーバーしたようです。 16名の方々が彫刻清掃に汗を流しました。単に清掃をするのではなく、彫刻の説明を聞いたり、材質にあった清掃法を学んだりしながら、中島公園に点在する野外彫刻をきれいにしてくれました。有難うございました。 次回は来年の春と聞いています。 私も参加するつもりです。

彫刻清掃に参加した北海道コミュニケーションズの橋本さんが写真を送ってくれました。お言葉に甘え、このブログで使わせてもらいます。橋本さん有難うございました。


クリックすると元のサイズで表示します
武蔵野美術大学創設者「木下成太郎先生像」、先ず水をかける

クリックすると元のサイズで表示します
台座に隙間が出来、草が生えているので除草作業

クリックすると元のサイズで表示します
「木下成太郎先生像」の清掃完了、きれいになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
彫刻を美しく見せるには、周りの除草も大切です

クリックすると元のサイズで表示します
母像を囲む多数の子供の像や牛、馬、羊と言った動物が…

クリックすると元のサイズで表示します
仕上げはワックスをかけてから乾拭きをします

クリックすると元のサイズで表示します
小野健寿の「のびゆく子等」、菖蒲池の北にあります

クリックすると元のサイズで表示します
四翁表功之碑、4人の開拓功労者を顕彰して建てられた

クリックすると元のサイズで表示します
人は怪我しない、彫刻を疵つけないことが前提の作業

クリックすると元のサイズで表示します
キタラのシンボル「相響」は安田侃の作品、まず説明を聞く

クリックすると元のサイズで表示します
丸くて美しく、磨けばさらにきれいになる

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園ほぼ中央の芝生の広場にある「猫とハーモニカ」

クリックすると元のサイズで表示します
彫刻を計測しデータベース作成の資料にする、「鶴の舞」

クリックすると元のサイズで表示します
「猫とハーモニカ」「鶴の舞」「笛を吹く少女」は山内壮夫作

クリックすると元のサイズで表示します
「森の歌」とこの「母と子の像」を含め5点が山内壮夫作品
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント