2008年10月21日

nakapaの人生相談5

2008/10/21

「nakapaの人生相談5 」         
〜相談ないから これでお仕舞〜

レビ、ラジオの人生相談を聞いていて、歯がゆく思い人生相談始めたが、これでお仕舞とする。 私は間違っていない、しかし相談がない以上続けられない。

「けっきょく、従者になることにしました」と、サトさんは言った。
「ジュウシャって、何?」 もはや やる気は失せている。

「いやですねえ。二人暮らしはどちらかが従者になるしかない、と言ったでしょう!」
「あっ、そうだったね。奥さんにドンキホーテを押し付けたんだ。それは賢い」

「人の考えを理解する能力がないのだから説得は不可能です。 毎日ケンカも楽じゃないですからね。従者になって大人しく言うことを聞くことにしました」

「奥さんは優しいから、100%言うこと聞いてもヘトヘトになってつぶれる心配はないし、いいと思うよ」

人で暮らしていると客観的にみる人がいない。どちらかが相手に尽くすか、我慢しないと毎日が喧嘩になる。 

男でも女でも惚れられて結婚して、尽くされるのが一番楽だが、そんな人は少ない。

ほとんどの人は何となく一緒になったのだから、尽くしも尽くされもしない。 後ろ向きの意味でイコール・パートナーである。 

手がガマンしてくれない以上、自分がガマンしなければならない。しかし、一方的な我慢はストレスがたまる。ストレスがたまっては楽しい生活ができない。 

これでは何の為にガマンしているか分からない。 自分なりのストレス解消法が必要だ。 その極意を考えてみた。

<ストレス解消法、同居人=妻からみて夫、又はその逆>
その1
 言うことを聞き、尽くすふりをして、同居人の機嫌をよくさせて働かせ、楽できる環境をつくる。

その2
 同居人の外出時はなるべく家にいて、自由にやりたいことをやる。

その3
 同居人が居るときはなるべく理由をつけて外出するか個室にこもる。

その4
 話し相手が居ないからという理由で話しかけない。 最後に気分を悪くさせられるのは自分であることを忘れないこと。


トレス解消法のつもりが、「べからず集」みたいになってしまった。 

要は安全間隔を取ること。 車間距離のようなものである。 これさえ守れば事故はゼロ。

さっそくプリントアウトして、この極意をサトさんにプレゼントした。もう相談には乗れないから、これを読んで夫婦舟を巧みに操って欲しい。

「なんですか、これ?」
「ガマンの暮らしを支援する。ストレス解消の極意だよ」

「逃げ回っているだけでしょ」
「逃げるが勝ちよ」

「負けるが勝ちでしょ」
「そうとも言うな。 五十歩百歩だ」
「もうよしましょう」

  歯がゆくて人生相談 始めたが相談ないから これでお仕舞
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月20日

10月20日の中島公園

2008/10/20

「10月20日の中島公園」         
〜中島公園紅葉最新情報10月20日撮影〜

この頁は全て10月20日朝の撮影です。 中島公園駅から公園に入り直進し池に突き当たったら、右折して菖蒲池西側を散歩するイメージで画像を並べました。 

島公園駅近くの銀杏並木。そろそろ黄葉です。工事のため移動した銀杏も帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

パークホテル側から観た池越しの藻岩山。 ここから観ると仰角8度、山が一番美しく観える角度です。
クリックすると元のサイズで表示します

売店Midori辺りから見た小道のある半島。 西側(右)は日本庭園で、茶室八窓庵も3年7か月ぶりに復元されました。
クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲池北西側。 前の画像を反対側から観たところです。ここは園路から外れて小道になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

豊平館近くの菖蒲池の看板。 新設された看板です。キタラに行く途中にあります。園路の池側が緑地になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

キタラ前広場に近い橋。鴨々川から分かれて小川になっています。この川は菖蒲池に水をそそいでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

キタラ裏(西側)の鴨々川。 中島公園の西側を流れています。川に沿った道は雰囲気のある散歩道です。
クリックすると元のサイズで表示します

中州橋(キタラ南側)より観た鴨々川。一般道路より、一号、二号、三号の三つの中州橋を渡って中島公園に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します

行啓通からキタラへの道路。 公園内唯一の一般道路です。キタラ駐車場へと続いています。
クリックすると元のサイズで表示します

東岸から観た菖蒲池周りの紅葉。 今まで歩いてきた反対側です。東側ですから午前中は紅葉がきれいに撮れます。
クリックすると元のサイズで表示します

菖蒲池東岸の散歩道(南側)。 道なりに歩いて行くと中島公園駅です。左に池、右に森。 とてもよい散歩道です。
クリックすると元のサイズで表示します

情報画像、地下鉄中島公園駅のエスカレーター出入口は
2009年3月末までに完成予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2008年10月19日

nakapaの人生相談4

2008/10/19

「nakapaの人生相談4」         
〜ドンキホーテか、従者か〜

サトさんは7歳下の定年男性。又相談にやって来た。 私がヒマそうだから来てくれるのか、相談事があって来るのかよく分からない。

「無理して相談に来なくてもいいんだよ。 せっかく来たんだから思い出話でもしようか」

「そうですね…。先輩にはよく足を引っ張られました。 花巻に一件、あれはヤバかったですよ。 あの時……」

「それはそれとして、今日は何の相談だい」
「思い出話はいいんですか」
「せっかく遠くから来たのだから、相談にのってあげないとね」

「女房が、退職してうるさくなったと言うんですよ」
「一日中顔を突き合わせていたら、そう思われるよ」

「90%は譲っているんですよ。 うるさいのは一体どっちだと言いたいですよ」

「一つでも反論したらうるさいといわれるよ。 一言も反論してはいけないんだよ。 分かる? 一言もだよ。 居候は静かにしているものだ」

「居候?」
「家でゴロゴロしている年金爺さんのことだよ」

「それでも100%言うこと聞くなんて情けなくないですか」
「譲るなら100%。譲らないのも100%。 中途半端はダメだよ」
「話し合うのが人間の知恵というものでしょ」

「3人以上いればな…。2人では話し合いにならんのだ」
「はぁ?」

「二人暮らしは勝負の世界。話し合いの余地はないね。勝って恨まれ、負けて悔しがり、妥協すれば双方が不満を持つ」
「厳しいですね」

「二人暮らしの舞台にはドンキホーテと従者の二つの役しかないのだ。 どちらか好きなほうを選べばいいんだよ」
「ドンキホーテはご主人様ですよね」

「だけど、ドンキホーテはドンキホーテだよ」
「もっと立派なご主人様だっているでしょう」
「他所に行けばね」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月18日

nakapaの人生相談3

2008/10/18

「nakapaの人生相談3」  
〜人生相談をやりたい訳〜

が人生相談を始めたのには、ちゃんとした訳がある。テレビやラジオで聴く人生相談の回答があまりにもお粗末だからである。

答者はマスコミの寵児、いわゆる人気者だ。常に羨望あるいは尊敬の眼差しで見つめられている。一方、相談者と言えばヨボヨボでクタクタな哀れな人たちだ。彼らはいつも人々から無視され、冷たい視線を受けている。

じことをしようとしても周りの反応はまったく違う。例えば「人の輪に入る」こと。人気者の回答者にとって極めて簡単なことだが、嫌われ者の相談者にとっては至難の技である。

答者は「人の輪にはいりなさい。そこから道が開ける」と簡単に言うけれど、陰気でヨボヨボの相談者なんか誰も仲間に入れたくないのだ。そこに入らなければ道が開けないとするならば、前途は絶望的である。

「そういう訳で苦労人の私が人生相談に乗り出したんだよ」
「相談が一つあります」
「どうぞ」
「ソファに座って動いたりすると、ソファーがズレるのですよ」
「床がフローリングだったな。滑り止めをつければいいだろう」

「100円ショップで買っても、ソファが4脚だから1個100円としたら400円かかりますね」
「それがどうしたと言うのだ」
「400円もするなら東急ハンズで買った方がいいのじゃないですか」
「そんなこと、相談するまでもないだろう」
「今日は相談日でしょ。相談者だれもいないみたいですね」

計なお世話だ、キズつくな〜、まったく。困った人を救いたいから人生相談を始めたのに、真面目な相談は一件もない。どこの誰もがズレている。どなたか相談にのってくれないかな。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月17日

nakapaの人生相談2

2008/10/17

「nakapaの人生相談2」          
〜私の夢は人生相談回答者〜

「シニアになったら人生相談」。これが私が抱いていた長年の夢である。 

パソコンがネットに繋がると、さっそく「メル友コーナー」に登録。 「人生相談承ります」と掲示板に書き込んだ。

「さて、忙しくなるぞ」と、待ち構えたが一週間たっても一通のメールも来ない。

 「変だな〜、故障かな?」と思って、5人の同年輩の見知らぬ男性にテストメールを送った。

3人の親切な男性から返信があった。 内容はみな同じようなものだ。 「メル友に登録したらメールが来ると思ったら大間違いですよ」

苦節6年、ようやく相談者が現れたが、退職したばかりの職場の後輩だ。 ここではサトさんと呼ぶことにする。 

「別れたい」と相談に来たサトさんの問題を見事に解決。 好調なスタートを切った。

それでもサトさんは相談に来た。 ヒマを持て余している私を慰めに来ているつもりかもしれない。 そう思えるほど相談内容がくだらないのだ。 

「いつも飲んでいる薬の置き場所を居間から台所に変えようとしたら、女房がエライ剣幕で文句を言うんです」

「そんなこと、いちいち言いに来ないでよ。これでも結構忙しいんだよ」

「相談がぜんぜん無いと、こぼしていたじゃあないですか」
「そりゃあ、そうだが…」

「私が建てた家なのに、少しでも便利に使おうとすると大騒ぎになるんです」
「そりゃあ、大変だね〜」

「完全に女房に占領されてしまたのです。私の家がですよ!」
「時効だね」
「はぁ?」

「長い間、家のことは奥さんに任せきりだったろう」
「それが何か…」

「時効とはね、一定の期間、その権利を行使しないと、その権利が消滅してしまうというものなんだよ。諦めな」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月16日

nakapaの人生相談

2008/10/16

「nakapaの人生相談」  
〜お前は既に別れている〜

七つ下の定年男性から相談を受けた。人生相談は大好きなので張り切ってしまった。
 
「あなたは一番よい選択をしましたね。 私に相談すれば問題は速やかに解決されるでしょう」

「退職して二人暮らしを始めて女房の正体が分かったのです。もう別れたいですね」
「心配いりません。 あんたは既に別れています」
「はぁ?」

「生まれてから現在に至るまでズ〜ッと別れているじゃあないですか。 今更法律的に別れる必要などありません!」
「家庭内別居を勧めるんですか?」

「別居はお金がかかりますよ。あるんですか」
「う〜ん? 家の中を二つに分けるとか…」

「バカなことは止めてください。小さな家を半分にしてどうするんですか! 不便になるだけですよっ」
「じゃあ、どうしたらいいんですか」

「今のままでいいのです」
「それが最悪だから、相談に来たんです。もう帰ります。 
来るんじゃなかった」

「ちょっと待った! 
問題を解決したいのなら、最後まで聞きなさい!!」
「いいですよ。最初から期待していなかったんですから、
ダメでもともとです。拝聴しましょ」

「奥さんは買物、サークルなど、よく外出しますね。
その間あんたは一人でしょ。 あんたが外出すればあんたは一人。 書斎にこもればあんたは一人…。
 
寝ているときもあんたは一人でしょ。 
まさか一緒に寝たりしていないでしょうね?」

「いえいえ、とんでもない!」
「しっかりと別れているじゃあないですか。それ以上別れたって、自分の生活が不便になるだけですよ」

「何だか、はぐらかされているみたいですね」
「アンタが私を騙しているのですよ」
「はぁ?」

「奥さんと仲良くしたいのに、なついてくれないものだから、別れたいとか言っちゃって♪」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月15日

強くて明るい女性たち

2008/10/15

「強くて明るい女性たち」  
去年の今頃は中島公園は「サクラマス遡上騒動」で大騒ぎだった。 遡上なら川を上るはずなのに下ってきている。 それでも皆喜んでいた。

しかし、サクラマスの死骸をカラスが突っつくのを見かけるようになってからは人々の反応は変わってきた。 このまま放置してはまずいのではないかと。

クリックすると元のサイズで表示します
しばらくすると死骸がアチコチに

専門家の話ではサクラマスが中島公園に来たところで、生きては行けないということだった。 
鴨々川のサクラマス遡上・産卵の新聞報道があってからは、観察に訪れる人も多くなった。 

クリックすると元のサイズで表示します
一人で落ち着いて撮れば上手く行く 

サクラマスを驚かさないように、そおっと写真を撮っていると、後ろから声がする。

「あ〜、だめだめ。 もっと姿勢を低くしないと」
振り向くと年配だが、かなりお洒落な女性が立っている。

「私、写真屋に勤めていたのよ。 カメラ持ってこなくて残念だわ」
「(姿勢を)低くすると水面が反射して光るんですよ」

こちらはモニターを見ながら撮っているので、反射しているかどうかは言われなくても分かるのだ。 それでも彼女は指示を連発する。

「もっと低くしなけりゃダメ! 水面ギリギリで撮るのよ」
無茶を言っちゃー困る。 そんなことできる訳ない。

身体は固いし腰痛もちだ。 しょうがない。 切り上げ時だなと、立ち上がる。 

「あら、もう帰るの?」
”あなたがいたのでは落ち着いて写真も撮れません”と言いたいのはやまやまだが、口から出さずに飲み込んだ。

「いろいろご指導ありがとうございます。 きっといい写真が撮れていると思いますよ。 こちらがホームページのアドレスです」

と言って名刺型のチラシを渡す。 どんなに悔しくても、これだけは忘れない。

「そ〜ぉ。これからなのにぃ」
しばらく木の陰に隠れて、彼女が立ち去るのを見届けることにした。


「さあ、撮るぞ!」と再び川に近づくと、今度は違うおばさん。サクラマスをじっと見て「美味しそうだね」と一言。

「食べちゃだめですよ」と冗談めかして言うと、
「食べられないよ〜。 私、獲れないから〜。 ワハハハハハ、ワ〜ハッハ〜、ワ〜ハッハ〜」

サクラマスはなかなか撮れなかったけれど、笑いがとれてしまった。 しかも、こんな簡単に。 

家に帰ってつぶやく。 
「小さな幸せ、いっぱいあるけど大きな幸せないなぁ」
「あんたに大きな幸せなんか来たら、ビックリして死んじゃうよ」

そうかもしれない。
そんな終わり方もいいかもしれないと思った。
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2008年10月14日

10月14日の中島公園

2008/10/14

「10月14日の中島公園」         
少し、くどいようで恐縮ですが、中島公園紅葉案内です。直ぐに終わってしまうのであせっています。 

時々刻々色が変わっているような気がします。この後には厳しい冬が待っています。今年最後のお祭りのようなものです。ご容赦ください。

10月14日の中島公園は、ますます秋色になってきます。全体で4割ていどが色づいている感じです。これからは中島公園が一番美しくなる季節です。

クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池東側の森、正面は「木下成太郎先生像」。

クリックすると元のサイズで表示します
藤棚から日本庭園をみたところ。

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館近くの橋、左に小さく日本庭園入口が見える。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ広場近くを流れる川。

クリックすると元のサイズで表示します
更に上流に進む。

クリックすると元のサイズで表示します
上の橋を真横から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します
正面は札幌コンサートホール・キタラ。 行啓通からの道路。

クリックすると元のサイズで表示します
中島体育館裏。左側はフリマでお馴染みの自由広場。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄幌平橋駅からキタラに向う園路。左側は自由広場。

クリックすると元のサイズで表示します
護国神社。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川に架かる橋、向こうの橋が行啓通の南14条橋。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨々川水遊び場、向こう側は行啓通。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2008年10月13日

お風呂でケンカ

2008/10/13

「お風呂でケンカ」  
我家の風呂は早い。夕食前に入るので17時過ぎには入り終えている。 その日はちょうど日ハム・オリックスをテレビ観戦していた。

この試合に勝てば西武との決勝戦である。とても目が離せる状態ではない。

それなのに「ちょっと、来てよ」とやかましい。 何回も呼ぶので嫌になってしまう。用事があれば、こっちに来ればいいのだ。

やっとチェンジになったので風呂場に行くと身体を洗っていた。 まるまる裸のQPがお湯が少ないと言って、血相変えて怒っているのだ。

「あんたが余計なことするから、お湯が減っちゃったじゃない! 湯船に半分しかないよ」

「ここを押せば増えるでしょ。 自分で押してください」
「あんたが減らしたから悪いんじゃない」

クリックすると元のサイズで表示します
  湯量の上の▲を押すと増え、▽で減る、簡単でしょう

どうやら湯量を調節した私に、全責任を押し付けないと気がすまないようだ。 

所詮は誰が蛇口をひねるかの問題である。 風呂に入っている人がひねればいいのに、なぜ怒るのだろう。

ときどき、訳の分からないことを要求されて困っている。 『ひねるとジャー出る』がボタンになっただけで、何もかも分からなくなってしまうのだ。 

お風呂は使い始めて7年たつが、「自動ボタン」以外触ったことがない。終われば「お風呂が沸きました」と報告までしてくれる。人間様は入るだけだ。 

前の日にボイラー系統の点検があり、担当者が「どこか異常がありませんか?」と聞くと、QPが「お風呂のお湯が多すぎるので、もったいないのですが…」。

「ここを押すと湯量が増えて、こちらを押すと減ります」と、丁寧に説明してくれた。 なぜかQPはポッと顔を赤らめた。 湯量が多いのはお風呂の故障と思っていたに違いない。

減らしたのは確かに、私だがQPが担当者に教わっていて、「ええ、ええ」と返事をしていたのだ。 私は側で見ていただけ。 当然、QPは理解しているものと思っていた。

「少なかったらボタンを押して増やせばいいでしょ」
「あんたが減らしたんだから、増やしてくれなきゃダメ!」
「ボタンを押すだけですから簡単でしょう」
「簡単ならやってよ!」

相手が他人だと自分の間違いに気付いて、ポッと顔を赤らめるのに、このずうずうしさは一体なんだろう。
 
外に弱く内に強い。他人に優しく、身内に非情。 もっと公平にふるまえないものか? 同居人としてはとても辛い。分かって下さいこの気持。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月12日

10月11日の中島公園

2008/10/12

「10月11日の中島公園」       
10月11日の中島公園です。 中には葉が落ちてしまった木もあります。 しかし、これからが紅葉本番です。10月中旬あたりから見ごろになると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
中島公園駅からキタラに向う園路です。藤棚の辺りから見た日本庭園です。

クリックすると元のサイズで表示します
豊平館前の池です。 池の西端ですから、市電電停に行く出入口に近い方です。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌コンサートホール・キタラ南側の森です。 こちらのイチョウが黄葉していますが、中島公園駅近くはまだです。

クリックすると元のサイズで表示します
更に南に行くと鴨々川です。 中州第2号橋が見えています。

クリックすると元のサイズで表示します
ボート乗場の営業もそろそろ終了です。 ひっくり返したボートは今年は使いません。

クリックすると元のサイズで表示します
「木立のギャラリー」は10月26日まで開催中です。小中学生、一般から応募して作品が展示されています。 

クリックすると元のサイズで表示します
文学館です。 公式ホームページ→ 北海道立文学館
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中島公園