2008年08月05日

歩いて映画を見に行く

2008/8/5

「歩いて映画を見に行く」  
〜街にブラブラ歩いて映画を見に行く〜
子供の頃よく道玄坂(渋谷)までブラブラ歩いて映画をみに行った。当たり前のことと思っていたが、東京を離れてみるとこれが意外に難しい。九州から北海道まで約20か所で生活したが、歩いて映画に行ける場所に住んだことはない。ここに転居してやっと歩いて行けるようになった。しかも、60歳以上はシニア割引で千円だから有り難い。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが我家から一番近い薄野の映画館、徒歩20分

先日、「歩いても歩いても」をみた。ドラマとしても良かったが、大きなスクリーンに映る料理する台所の様子も意外に迫力がある。あるいは、お墓のある山道、階段のある風景が美しい。もちろん、この映画の主題は美しい景色ではなく、立場の違う家族の微妙な関係。

たまたま木曜日だったのでレディスデイ(女性は千円)の割引目当ての女性で込み合っていた。満席の館内で男は私をふくめて二人しか居ないようだった。もう一人の男をみていると、なんだか場違いのマヌケのように見えたから、私もそうみえたに違いない。好き好んでこの日に行ったわけではない。知らなかったのだ。

女性と言ってもほとんど60歳以上のシニア割引対象者だから、他の日でもよさそうなものをと、少し不満に思った。午前中映画を見ている人はほとんどシニア割引の人達だ。この世代の人は若いとき映画をよく観ているし、価格にも敏感だ。年配者は若い人が余り入らない昼間の座席を埋めるので映画館側のメリットも大きいと思う。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記