2008年06月29日

第1回野外彫刻清掃(実施)

2008/6/29

「中島公園野外彫刻清掃」         
中島公園が一番にぎわう「札幌まつり」も終わり、次は札幌のイベントで一番にぎわう豊平川花火大会です。このような中で、「中島公園モニュメント研究会」が発足しました。 

代表は「札幌彫刻美術館友の会会長」です。 このブログの管理人nakapaもお手伝いをすることになりました。

「中島公園モニュメント研究会」立ち上げのきっかけは去年の夏起こった「野外彫刻悪戯事件」です。 当面の活動は札幌市民共通の財産である中島公園の野外彫刻をきれいにすることです。

さっそく、第1回目の「中島公園の彫刻とモニュメントの清掃」が2008年6月29日9時から12時まで行われました。

札幌彫刻美術館友の会等の美術愛好者と中島公園近所の住民など中島公園ファンが共同して行う意義深いイベントとなりました。 全部で30人くらい参加しました。

単に清掃作業だけでなく、彫刻についての説明、そして、その彫刻を清掃する際の注意事項も聞きました。

彫刻の素材はブロンズ、コンクリート、御影石など、いろいろありますが、それぞれ性質が異なるので、別々の清掃法が必要なことが分かりました。

野外彫刻の清掃で重要な注意点が2点ありました。 彫刻を痛めないこと、怪我をしないこと。いずれも事前に聞いておかないと、おろそかになり易いことです。

彫刻がキレイになることが、何よりの喜びになった楽しい半日でした。

以前、私が運営している「中島パフェ」に「サクラマス」の情報をくださった、橋本さんから、今日の清掃の写真を提供して頂きました。 以下に、表示します。 説明文は私が付けさせてもらいました。 

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫の「森の歌」は難物です。高すぎて大変。脚立を使ってもやっと半分。水をかけるのが精一杯でした。バケツでかけるのですから、並大抵ではありません。オリンピックの競技に入れたいくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します
「森の歌」で奮闘したので、大部慣れてきました。 これは「四翁表功碑」だそうです。 高いところの作業は若い人が積極的に登ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫の「猫とハーモニカ」です。耳が壊れています。コンクリート製なので、洗剤は使えません。優しく丁寧に拭いて上げなければなりません。 このくらいの高さだと彫刻を抱っこするような気分になれます。可愛く感じますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
同じく山内壮夫の「笛を吹く少女」。等身大で立っている感じです。かなり、背の高い少女です。笛はありません。最初からないのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
山内壮夫の「母と子の像」です。管理人nakapaも穴の中に手を入れてコチョコチョッと拭いています。作業をしたり写真を撮ったり、相変わらず中途半端のボランティアです。おまけに写真は、まだ整理がつかず、一緒に参加していた橋本さんのをお借りしている始末です。

クリックすると元のサイズで表示します
「母と子の像」はホントに可愛いですね。みんなでなぜ回しています。楽しみながらきれいになりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「木下成太郎先生像」は当時の彫刻会の第一人者、朝倉文夫の作品です。当時のプロンズ像は大砲にする為、潰されてしまいました。唯一残った貴重なブロンズ像です。しかし、台座はガタガタ、草が生え、像はカラスの糞まみれでした。
草取りから、水掛、カラ拭き、ワックスがけの一通りの作業で見違えるように、キレイになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしいブロンズ像によみがえりました。今日の作業で一番満足の行く結果でした。みなさん、お疲れ様でした。そして、有難うございました。

以上、急いで書きました。間違い等あるかもしれません。後ほど修正することをお許しください。
タグ:彫刻友の会
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント