2008年06月08日

カラオケ別れ道

2008/6/8

「カラオケ別れ道」
冗談ではない。私たちの話に割り込んだBさんの一言で、危うく別れ別れで帰ることになるところだった。
 
私はトボトボ歩いて、Aさんは車で、左と右に泣き別れ。ひょっとしたら永遠の別れになったかもしれない。お互い先は短いのだ。

カラオケの前にちょっとした事件
今日は楽しい3人カラオケ。 いつもの時間に、いつもの場所で1か月ぶりの再会を楽しみにしていた。 
しかし、カラオケボックスに入ったトタンに嬉しい気分も吹き飛ぶような「事件」が起こった。

原因は1匹の小さなハエ。 あちらこちらに飛んだあげく入口の近くにポッと止まった。 
「うるさいな。追い出してやろう」と思ってドアを開け、止まっているハエを帽子であおった。 

ハエは開けたドアから出ないで反対方向に飛んで行ってしまった。 そのとき「なんでぶっつぶさないのよ」と、険のある声がした。

振り向くとAさんが目をつり上げて、私をにらんでいる。 今まで見たことがないような怖い顔をしている。 こんなことで怒らなくてもいいのにと不快に思った。

わが家では無意味な殺生はしない。 虫が入ってくるとティッシュで軽く包んでティッシュごとベランダに棄てる。 虫が出て行ったのを見届けてテッシュだけを回収、ゴミ箱に棄てることにしている。

ハエはAさん側の壁に止まった。 「そちらに行きましたよ」というと、Aさんは情け容赦がない。 その辺にあった紙を丸めて思いっきりたたいた。

わずかに外れたが、ハエは床に落ちた。「まだ動いていますよ」というと、「ぶっ殺してやる!」 と言いながら思いっきり踏んづけた。
「ぎゃー!!」私がハエならそう叫んだだろう。

「なにも殺さなくていいのに、拾って外に出せばすむことでしょう」
「なに言ってんのよ。手が汚れるじゃない」
「靴がよごれましたね。25万円の靴が泣いてますよ」

それは足を折って入院したときに、おねえさんからもらった100万円の見舞金で買った、Aさん自慢の靴である。

カラオケ中のさや当
「弱いからだに〜 かさねた無理を〜♪」
と歌いだすと、とたんにAさんが横やりを入れた。

「弱い女がそんなに好きかい!」言い方にトゲがあるから冗談には聞こえない。

別にそうゆうわけではないが、次の歌詞を聞かせたいのだ。今のAさんにピッタリではないか。
「かくしていたのか 濃いめの化粧〜♪」

奇麗と思っていたが、ハエの一件の後ではそのようにしか見えない。感情の変化で同じ顔が違って見えるから不思議だ。

「強い女は嫌いかい!」
少しは静かにしてほしい。ハエを一匹殺したくらいでそんなに強がることはない。バカらしい。私は熱唱中だ。口答えもできやしない。

「いくども色を 変えながら 枯れて淋しく 散ってゆく〜♪」 どうだ、まいったか。と心の中で叫んだ。私だって皮肉の一つも言ってやりたい。 直接は言えないから、精一杯感情を込めて歌ってやった。 

幻の別れ道
カラオケ店は家からバスで30分くらいだが、帰りはAさんが最寄の地下鉄駅まで送ってくれる。
ハエの一件が尾を引いているようだ。 いつもなら「乗って行かない」と声をかけてくれるのだが、今日は違う。  

「バス何時?」とAさん。
「まだ42分ありますね」

そばにいたBさんが口を出す。
「歩いて行けばいいじゃない。真っすぐ行けば豊平川。後は簡単よ」。 確かに道順は簡単だが、1時間もかかりそうだ。

今日はバスで帰るつもりだったが、Bさんに歩けと言われて気が変わった。
「乗せてくれない」と、Aさんに頼んだ。
 
意外にもこころよく乗せてくれた。車の中でAさんがいった。
「歩くの嫌なの?」
「嫌じゃないけど、お名残惜しいでしょ」
「そう。 私もお茶でも飲もうかと思ったのよ」
それで、バスの時刻を聞いていたのだと分かって、ホッとした。

「Bさんの一言がなければ、今ごろ二人でお茶でしたね」
「そうね…」
「これから行きましょうか」
「いいわよ。すんだことだから」

「ハエをぶっつぶせ」と怒ったのは本気だ。だから、それを引きずって帰りたくなかったのだと思う。 長い付き合いだが、お茶に誘われたのは初めてだ。

Aさんは決して謝らない。 その代わり命令を下す。 「いろいろありましたが、丸ごとひっくるめて付き合ってください」。メールにこう書いてくる。

これは命令形。犬に対して 「オイデ」「オスワリ」「マテ」と命じるのと基本的には同じと言えるかもしれない。 ふと、つまらないことを考えてしまった。なぜだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

「仲直りしたのか、次が楽しみだろう」
「それがダメなのです」
「なんで?」
「Aさんのボーイフレンドが京都から来るんですよ〜」

”港のヨーコ”のふしで言う。「あんた、Aさんの なんなのさ♪」
「渡世人とは、つらいもんです」
「そんなセリフはニヤワンぞ」

「ええ、そのワンの方でして…」
「なに?」
「私はAさんのポチです」
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月07日

火事です外に出て下さい

2008/6/7

「火事です外に出て下さい」  
〜火事です直ちに外に出てください〜
2002年8月初旬のことですが「ここに住んでからもうじき一年になる。考えてみればこの一年良いことばかりだったな」とかいつものとおり幸せな気分で眠りにつきました。

しばらくすると「ピーヨーピーヨー 火事です。直ちに外に出てください。」と繰り返しの けたたましい警報で目が覚めました。

適当な服装に着替え鍵と財布を持って、まず正確な状況をと考え東側のベランダに出て右左を見た。しかし、煙も見えず火も見えない。異臭もしない。

次に西側を調べてみようと反対側のベランダに向かうと、「何やってんの!外に出ろと言ってるでしょ!みんな逃げてるよ!」となんとも喧しい。

本当に火事なら出火場所、風向き、余裕時間等、状況把握が先なのに、やみくもに警報機の指示に従うとは如何なものかと思いながらも差迫った危険も無さそうなので外にでました。

一階のロビー(写真)に降りると大勢の住人が集まっていました。短パンにサンダル履きの人がいるかと思うと夏なのにジャンパーを着込んでリュックをしょっている人もいました。

クリックすると元のサイズで表示します

リュックの中は防災グッズかなとか考えていました。多くの女性はハンドバックを手にしていました。中身はたぶん貴重品かな?

消防も警察も来ました。だんだん情報も入るようになると警報が出てる室が留守だと言うことが分かりました。

いずれにしろ調べるために中に入らなければなりません。鍵が無いので窓を壊して入るとか言ってました。火事騒ぎが収まるのにおよそ2時間かかりました。
タグ:事件事故
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月06日

6月6日の中島公園

2008/6/6

「6月6日の中島公園」         
6月14日から16日は中島公園最大のイベント「札幌まつり」です。お祭りを前にした中島公園の様子をお伝えします。

クリックすると元のサイズで表示します
お祭り準備終了の売店Midori。目玉はそばとアイスクリーム。


クリックすると元のサイズで表示します
散ってしまった日本庭園の藤です。

クリックすると元のサイズで表示します
東屋のなくなった日本庭園。これが見れるのは今年だけです。お祭りのついでに「寄ってらっしゃい。見てらっしゃい」

クリックすると元のサイズで表示します
満開過ぎて、散り始めた藤棚の藤。中島公園駅よりキタラへの園路です。

クリックすると元のサイズで表示します
「増水注意」の鴨々川、従来の5倍の水を流している。
(札幌コンサートホール・キタラ裏)

クリックすると元のサイズで表示します
上記、鴨々川沿いの散歩道。増水した水の流れの音が涼しげです。

クリックすると元のサイズで表示します
「札幌祭り」の準備中。プレハブ建設中です。「迷子センター」でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
今回のオマケ画像は、中島公園がすっかり気に入ってしまった猫です。  「札幌まつり」まで、あと1週間です。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬

2008年06月05日

「札幌まつり」まで後9日

2008/6/5

「札幌まつり準備」         
「札幌まつり」は6月14日〜16日だが、その準備は園芸市の終わった次の日から始まる。なんと言っても中島公園最大のイベントである。先ず、自由広場に見世物小屋をつくる準備から始まる。それから電気の配線。これがすごい! 夜の中島公園を煌々と照らすのだ。

中島公園を散歩していると分かるが、園内に電柱がない。ところがお祭りの日には電柱が沢山立つ。どうやってあの大きな電柱を立てるのだろうかと疑問をもった人はいないだらうか?

クリックすると元のサイズで表示します
お祭り準備のため電柱を立て電線を張っている。
タグ:札幌まつり
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年06月03日

自宅のベランダから観る花火

2008/6/3

「花火大会の思い出」         
7月に入ると札幌で最大のイベント豊平川花火大会が、なんと3回もあります。1年中で一番にぎわうイベントです。

古い話で恐縮ですが、2002年7月転居して初めて、豊平川花火を観たとき、とても感激して、こんなメールを東京の兄に送りました。

下手な写真ですが、花火の雰囲気だけは分かってもらえると思います。ベランダから花火が観えるのです。

この日は32万人集まりました。外は大混雑ですが、こちらは貸切の天井桟敷で見る気分です。百円ショップで椅子を買ってきて座席もつくりました。

麦茶も用意して大名気分です。ここに越してからは小さな幸せを感じることが多いのですが、小さな不幸もあります。札幌で一番高いマンションが今春建ってしまいました。写真にあるとおり花火の邪魔です。

クリックすると元のサイズで表示します
お粗末な画像ですが、雰囲気だけは分かると思いまして。
タグ:豊平川花火
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年06月02日

川清掃ボランティア

2008/6/2

「川清掃ボランティア」         
公園を管理するのは札幌市ですが、多くのボランティアの協力があります。ライオンズクラブ、札幌コンサートホール職員、地元町内会、学生・若者グループなどいろいろです。私どもも町内会主催の清掃に参加しました。この公園は大好きなので「うんときれいにしてやるぞ」と張り切って行きました。転居したばかりの2002年春のことでした。

定刻前に行ったのですが、すでに清掃作業は始まっていました。奥さま方は川べりの掃除をし、男共はみな長靴をはいて小川の中のゴミ取りをしているではないですか。「しまった」と思わずつぶやきました。長靴は引っ越したとき全部捨ててきたので持っていないのです。なにぶん雪かきにしか使ったことなかったものですから。仕方がないので奥さま方から少し離れたところで「捨てるんじゃなかったな〜」とか「買わなきゃならんかな〜」と考えながら一人さみしくタバコの吸殻を拾っていました。

こんなことがあったので今回の清掃に先だって新しい長靴を買いました。川掃除専門の長靴となりました。今ではこれを履いて張り切って川の中にはいっています。知り合いも増えたし、掃除も上手になりました。今では楽しい「クリーン鴨々川清掃運動」です

クリックすると元のサイズで表示します

清掃作業が終わったら川に木炭を置いて水質浄化
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川

2008年06月01日

モニュメント研究会

2008/6/1

「モニュメント研究会」       
鴨々川に清流を取り戻すことはもちろん、子供たちが安心して水遊びが出来る環境を整えることも大切だ。

ガラスの破片なども取り除いて置きたい。こんな思いで「クリーン鴨々川清掃運動」に参加した。

クリックすると元のサイズで表示します

6月1日、新設の「中島公園モニュメント研究会」として鴨々川清掃運動に参加した。

この研究会は去年の夏、山内壮夫の彫刻「母と子の像」の悪戯事件を契機に、「このような悪戯は絶対にやめよう」という趣旨で発足した。

当面の目的は中島公園に散在する約15点の野外彫刻を清掃して奇麗にすることだが、事情があって「モニュメント研究会」という名称(仮称)になっている。

今の所は準備段階で、メンバーは美術関係者、中島公園近所の住民など、8名ほどで構成されている。私も近所の住民として参加している。

第1回目の野外彫刻清掃を6月29日9時から12時の間で行うことにしている。野外彫刻を大切にして、親しんでもらえるきっかけになることを願っている。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鴨々川