2007年12月12日

マッサージのS先生(後編)

2007/12/12

「マッサージのS先生(後編)」         
私は家の中を修羅場にしたくはない。 自分が我慢すればすむ事なら、なんとか穏便にすませたい。 分からず屋のQPと喧嘩するかわりに、自室にこもって、パソコンにQPの悪口を書くことが、そんなに暗いだろうか。 名案と思った、この対応をS先生に「暗いね〜。アッハッ、ハッ、ハ〜」と笑い飛ばされてしまった。

どこの世界でも意見の対立はあるものだが、順序立てて説明し、二三の裏づけになる証明さえすれば、少なくとも、そのことについては納得してもらえるものである。大抵の場合は「君の言うことは分かる。しかし、......」ということになる。しかし、QPの場合は全く違う。「それは違う。 悪いのはあんた」の一点張り。 何回も説明して、例を挙げて証明してみせても同じことである。

「男は外に出れば7人の敵がいる」と よく言われるが、家の中にこんな強敵がいるとは、夢にも思わなかった。 うかつにも、退職して家にいて初めて気が付いたことである。

二人っきりの喧嘩は仲裁が入らないので、限りなく続く。 私は「説明と証明」。 一方、QPは「あんたが悪い」の一点張り。 両者のエネルギー消費量を考えれば勝敗の帰趨は明らかである。

「苛められて悩んでいるときはパソコンに語しかけると、答えを出してくれるんですよ」と私。
「暗いね〜。パソちゃんは何て言ってたの?」
「QPは良い人だけど、相手の身になって考えることが出来ないんだ。 と言ってました」
「正直なのね」
「そういえば......、嘘つかないですよ。 約束は守るし、時間も正確。 それから......」 
いつの間にかQPの良い点ばかりを話し続けていた。

「だいぶ明るくなったじゃない。 嬉しそうな顔して」
「えっ! 見えるんですか」
「見えますよ。はっきりと......。 QPさんの勝ち誇った顔が」
クリックすると元のサイズで表示します

純白の銀世界に映る木の影がとても美しく、真っ白な半紙に描いた書のようだ。私の心も、この雪のように真っ白でありたい。白いからこそ、影が美しく見える。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記