2007年12月02日

首領の息子(後編)

2007/12/2

「首領の息子(後編)」         
近所のバラックに住んでいた窃盗団の首領が逮捕され、その息子(Kちゃん)が激しい苛めに遭いました。しかし、Kちゃんは果敢に抵抗しました。

近所の悪がきも、小便かけられて黙ってはいません。更なるいじめが始まります。そのたびにお婆さんが血相変えて「Kちゃんをなぜいじめるの!」と怒鳴り込んできます。Kちゃんのお父さんが捕まった後は、満州(中国東北)から引き上げてきた独身のお婆さんが、その子の面倒をみていたのです。 

兄達もレストランでご馳走になった、ご恩があるので、立場が微妙でした。悪がきとKちゃんの間でいつもオロオロしていました。 お婆さんも身寄りがなく、その首領にはそれなりの「ご恩」があったのだと思います。 

底辺の生活は、思いやりなど何処吹く風、みんな生きるのに必死です。 全ては貸し借りです。 首領が刑務所を出るまでKちゃんの面倒をみるのは、貧乏なお婆さんにとって大きな貸しになります。この「貸し借り」の中でも人情が発生する余地があるのです。終戦直後の必死の生活を一面的にとらえてはいけません。
クリックすると元のサイズで表示します

昔は好かったなどと思ったことは一度もありません。 昔から脱出できて本当に好かったと、幸せに感じています。 今の映画「男たちの大和」「硫黄島からの手紙」もいい映画ですが、時代考証はどうなっているのだろうと疑問符が付く場面はいくつもあります。

時が経つと過去のことは忘れられるだけでなく、不正確になります。「雲流れる果てに」「人間魚雷回天」など戦争体験者が作った昔の映画を観ると違いがよく分かります。もちろん、こちらは正確です。

「昔が好かった人」は実際にいたでしょう。しかし、「昔が悪かった人」は圧倒的に多いと思います。経済、治安、道徳あらゆる面でです。気分的には現在は不安な時代です。しかし、昔は現実的に不安でした。病気になったら働けなくなり食えなくなって死ぬと思い、ビクビクしながら生活していた人は少なくなかったと思います。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記